株取引

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

高機能を超えた自動トレンドラインシステム
「ディスプレイ」設定画面

ボイスボットの比較11選。4つの目的別の選び方

独自開発のAI技術により電話応対業務のDX化に貢献するボイスボットサービス。手厚いサクセスサポートプログラムに定評があり、目的達成に向けた要件定義から、対話デザイン、導入後のAIチューニングまでオールインワンで提供する。
主な機能はカスタム音声合成、FAQ検索、ヒアリング、割り込み発話、SMS・メール・LINE送信、オペレーター転送、プッシュ操作、予約枠の代替案提示、アウトバウンド、管理画面/ダッシュボードなど。システム連携も充実しており、SalesforceやZendesk、Slack、各種DBなどとの連携が可能。
予約、夜間応対、あふれ呼応対、アウトバウンド、定期便変更、修理受付など幅広い用途で活用できる。

  • 料金:月額10万円〜 初期費用10万円〜

LINE AiCall(LINE株式会社)

LINE AiCall公式Webサイト

LINE社が開発した音声認識によりデバイスの操作を可能にするAIアシスタント「LINE CLOVA」のAI技術である「CLOVA Speech」(音声認識) 、「CLOVA Voice」(音声合成)、「会話制御」の仕組みを組み合わせて、自然な会話を実現したボイスボット。
すべての技術が自社開発なので、きめ細かく個別チューニングが可能な点が特徴。利用開始前の構築段階から、想定ユーザーや利用シーンに合わせた表現、会話速度、音声認識時間などをチューニングできる。
電話での問い合わせ内容の確認や受け付け結果の通知、関連情報などをLINEで通知できる。
PBX(構内交換機)やLINE音声通話など、現在利用中のシステムとの連携も可能。APIが用意されており、予約台帳システムやCRM、社内業務システムなどとデータ連携が可能。

ロボット自動受付サービス(株式会社電話放送局)

ロボット自動受付サービス公式Webサイト

コールセンターの受電業務を半自動化・完全自動化する対話型IVRサービス。同社DHKクラウドサービスから提供される従来型IVR(プッシュ操作や録音)の上位版。ユーザーのプッシュ操作不要で、発話で処理を完結する。
同時着信300回線以上への対応が可能で、瞬間的に大量のコールが入る業務にも利用可能。
受付内容をテキストに起こし、利用者がSMSで受け取れる。また、利用者用のマイページ機能があり、SMSで受け取った内容に誤りがあったら専用サイトで補正可能。
オプション機能も充実しており、商品名などの読み上げが可能な「音声合成」のほか、受付内容を利用者にメール送信できる機能、利用者がIVR操作に失敗した場合など設定した条件に合致する場合にコールセンターへ転送する機能などが揃う。APIによる既存システムやDBとの連携も可能。

AIコンシェルジュ(株式会社TACT)

AIコンシェルジュ公式Webサイト

自社開発の対話エンジンを採用した自動応答(ボイスボット)サービス。問い合わせ内容をAIが解釈し、最適な回答を抽出。抽出した回答を音声合成で返答する。受付完了のメッセージや問合せフォームのURL等をSMSで送信することや、ボイスボットで受けた電話をオペレーターに転送することも可能。APIで既存のシステムとの連携にも対応している。
また、発話内容は音声とテキストで保存でき専用画面から履歴の閲覧できるため、課題発見に役立てられる。データの修正、メンテナンス、レポートの活用法など定期ミーティングによるサポートも充実。
企業の代表電話への問い合わせを自動的にテキスト化して内容を担当者へ連携する「代表電話受付サービス」も特長的な機能の一つ。

  • 料金:月額20万円~/回線、初期費用150万円~

COTOHA Voice DX Premium(NTTコミュニケーションズ株式会社)

COTOHA Voice DX Premium公式Webサイト

(出所:COTOHA Voice DX Premium公式Webサイト)

MOBI VOICE(モビルス株式会社)

MOBI VOICE公式Webサイト

3ステップ、最短5分で電話自動応答サービスを公開できるボイスボットサービス。外部のシステム会社に依頼せずに社内の担当者がシナリオ作成や変更ができるので、柔軟かつスピーディな運用ができる。
ダッシュボード機能が用意されており、利用状況が一目で分かる仕様。シナリオ利用数、番号別受電・発信数、日別・時間別受電・発信状況など詳細なデータをすぐに確認できるため、問い合わせ内容のトレンド予測や、コールセンターのマネジメントにも活用できる。
また、テキスト化された発話内容の必要な部分だけを、オリジナルの通話音声で簡単に聞き直すことができるため、チューニングしながら質の高い電話自動応答サービスの運用できるようになる。
通常の環境であれば、同時着信100件、専用環境であれば1,000件の同時対応が可能。大手企業のコールセンター、電気・ガス・水道や自治体などの公共サービスなど、顧客・利用者からの電話が集中するサービスでも安心して利用できる。

    高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 料金:月額15万円〜、初期費用30万円〜 別途オプション料金

AI電話サービス(株式会社NTTドコモ)

AI電話サービス公式Webサイト

SyncLect IVR(株式会社ヘッドウォータース)

SyncLect IVR公式Webサイト

AIで質問意図を音声から判別し、QAを行う電話版ボット。WebサイトのFAQ情報やマニュアルから自動的にデータ収集し、FAQボットの型に成形する。成形したFAQは音声だけでなく、テキストベースのチャットボットにも応用が可能。音声FAQ、チャットFAQ、メールFAQを 自動化できる。
コールセンターで受けた顧客の声のログをすべて取得し、ビッグデータとして保持。機械学習で自動的にカテゴリ分類してBIツールでデータの可視化を行う。さらに、AIが回答できていない質問のログを取って、AI電話対応の対応するラインナップ増の指標として活用できる。

BEDORE Voice Conversation(株式会社BEDORE)

BEDORE Voice Conversation公式Webサイト

(出所:BEDORE Voice Conversation公式Webサイト)

音声認識、音声対話エンジンで自動音声対話を行うボイスボット。音声聞き取りエンジンが文脈に合わせて高精度で利用者の意図を抽出。利用者との対話の分岐や聞き返しなど、対話フローを柔軟に構築できる。
商品・サービス名などの固有名詞や独特な言い回しなどをあらかじめ辞書登録して聞き取り精度を向上できるほか、登録情報の更新依頼などの定型的なアウトバウンドコールにも対応。
そのほか、ユーザーが発話した言葉から余分な情報を削除して電話番号や注文番号などを抽出し、ログに記録する機能や、ユーザーへSMS送信してURLへの誘導や情報提供ができる機能など業務効率化を後押しする機能が充実。

ボイスボット(AI音声自動応答サービス)(株式会社KDDIエボルバ)

ボイスボット(AI音声自動応答サービス)公式Webサイト

commubo(株式会社ソフトフロントジャパン)

commubo公式Webサイト

音声会話AIロボット機能を「電話」のインタフェースを通じて提供するボイスボット。既存の電話システムに接続して利用できるため、導入コストを大幅に削減できる。
「ハキハキした女性の声」「優しい男性の声」などの7種類の音声を用意し、スムーズで自然な発話音声を実現。追加費用なしで自由に選択できる。 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
また、管理用のWebベースのダッシュボードから、会話シナリオの編集や会話内容の確認が可能。ボイスボット運用を社内で行いたい企業にもおすすめ。
音声認識、会話AI、音声合成等の処理を同一システム内で処理し、ボイスボット処理のために外部とは通信しない仕組み。すべての通信を暗号化しており、HTTPSはもとよりSIP + TLS 高機能を超えた自動トレンドラインシステム や SRTPなど、既存のIP電話システムに合わせた暗号化通信を設定できる。プライベートクラウドやオンプレミス構成にも対応。APIで、外部サービスとの連携も可能。

液晶ディスプレイのリフレッシュレートとフレームレートについて

スタートメニュー

スタートメニュー

2.Windowsの設定より、「システム」を選択

Windowsの設定

Windowsの設定

3.システムの項目にある「ディスプレイ」より、「ディスプレイの詳細設定」をクリック

「ディスプレイ」設定画面

「ディスプレイ」設定画面

4.ディスプレイの詳細設定より、「ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します」をクリック

「ディスプレイの詳細設定」画面

高機能を超えた自動トレンドラインシステム 「ディスプレイの詳細設定」画面

5.プロパティウィンドウが表示されるので上部のタブより、「モニター」を選択

ディスプレイのプロパティウィンドウ

ディスプレイのプロパティウィンドウ

6.モニタータブにある「モニター設定」より、リフレッシュレートの確認、設定を行う

「モニター設定」画面

「モニター設定」画面

「モニター設定」変更画面

「モニター設定」変更画面

高リフレッシュレートに対応するゲーミングモニター

144Hzや240Hzといった60Hz以上の高リフレッシュレートに対応する液晶ディスプレイ(ゲーミングモニター)は、ゲームなどの激しく画面が動くような場合でも、画面上の高速で移動するオブジェクトの輪郭がはっきりと見やすくなり、映像も滑らかになります。
これは一般的な60Hzの液晶ディスプレイが約0.016秒毎に画面が更新されるのに対し、144Hzであれば約0.高機能を超えた自動トレンドラインシステム 007秒、240Hzであれば約0.004秒毎に画面が更新されることで画面のコマとコマの間が描画され、滑らかな映像表現が可能となっています。
また、液晶ディスプレイによっては、「フレーム補完機能」を持つものがありますが、主に映像や動画向けの機能で、通常のコマとコマの間を「予測」して追加をする機能で、非常に滑らかな映像を見ることができます。

動画、ゲームのフレームレートとの関係性

リフレッシュレートに加え、動画再生やゲームをプレイする際に表示の滑らかさの指標となる値としてフレームレート(fps = frame per second)があります。
パソコンにおけるリフレッシュレートとフレームレートの関係性については以下のとおりで、どちらも動画視聴や快適なゲームプレイのためには重要な値になります。

リフレッシュレートとフレームレートの関係性

リフレッシュレートとフレームレートの関係性

フレームレート(fps)
ディスプレイに出力する側(PCに搭載されるGPUまたはグラフィックスカード)が1秒間に送信する画面(コマ)の数

リフレッシュレート(Hz)
映像を表示する側(液晶ディスプレイ)が1秒間に更新する画面(コマ)の数

フレームレートは一般な動画で24~30fps、ストリーミング配信などで60fpsのものがあります。
ゲームにおけるフレームレートは動画と同様に30fpsもしくは60fpsが一般的ですが、プレイするゲームタイトルにより60fps以上に対応するものもあります。
また、ゲームをプレイされる際のフレームレートは動画などの一定したフレームレートを保つ映像と異なり、シーンに応じてフレームレートが変動します。そのため、フレームレートとリフレッシュレートの同期が出来ていない場合、映像が左右にずれて表示されたり、映像にカクつきが発生するといった現象が現れます。主な現象は下記の通りです。

ティアリング(Screen tearing):画面が左右にずれて表示される

ティアリングについて

高機能を超えた自動トレンドラインシステム ティアリングについて

スタッタリング(Screen stuttering):画面のカクつき

スタッタリングについて

スタッタリングについて

フリッカー(flicker):画面のちらつき

ゲーミングモニターのティアリングやスタッタリングを防止する機能

高リフレッシュレートに対応するゲーミングモニターでは「G-SYNC」や「FreeSync」といった、ティアリングやスタッタリングを防止する機能を搭載した製品があります。
これらの機能は液晶ディスプレイのリフレッシュレートと、グラフィックスカードの映像出力のフレームレートを同期させるもので、高リフレッシュレートと組みあわせると、もっともなめらかな映像を得ることができます。
以下、対応する機能により名称が異なります。

ティアリングやスタッタリングを防止する機能

ティアリングやスタッタリングを防止する機能

・V-SYNC(Vertical Synchronizing Signal、垂直同期信号)
ディスプレイ側のリフレッシュレートに同期してグラフィックスカード側が映像出力のフレームレートを調整する機能で、同期の速さはリフレッシュレートに固定されます。
ティアリングを最小限に抑えますが、映像出力のフレームレートが下がりリフレッシュレートを下回ると、スタッタリングが発生することがあります。

・Adaptive VSync
NVIDIAが開発した技術で、V-SYNCと同様にディスプレイ側のリフレッシュレートに同期してグラフィックスカード側が映像出力のフレームレートを調整します。
Adaptive VSyncではフレームレートがリフレッシュレートを下回る際にV-SYNCを無効化してティアリングに加え、スタッタリングも最小限に抑えます。
同期の速さはリフレッシュレートに固定されます。

・NVIDIA Fast 高機能を超えた自動トレンドラインシステム Sync
Fast SyncはAdaptive VSyncをさらに進化させた機能で、GeForce 10シリーズ以降で対応するV-SYNC無効化時と同程度の低遅延と、ティアリングのない描画を両立できます。

・AMD Enhanced Sync
AMDが開発した技術で、V-SYNC無効化時と同程度の低遅延と、テアリングのない描画を両立できる技術です。

・AMD FreeSync
ディスプレイのリフレッシュレートを出力デバイス(グラフィックスカード)のフレームレートに適合させるAMDが開発した技術です。スタッタリングもティアリングもほぼ発生しなくなり、もっとも滑らかな映像を得ることができます。
FreeSync技術を利用するためにはFreeSyncに対応するグラフィックスカードとディスプレイが共に必要となります。

・NVIDIA G-SYNC
ディスプレイのリフレッシュレートを出力デバイス(グラフィックスカード)のフレームレートに適合させるNVIDIAが開発した技術です。FreeSync同様、スタッタリングもティアリングもほぼ発生しなくなり、もっとも滑らかな映像を得ることができます。NVIDIAが認証する設計と仕組みをとるため価格がその分高いものが多くなります。
G-SYNC技術を利用するためにはG-SYNCに対応するグラフィックスカードとディスプレイが共に必要となります。

AMD FreeSync、NVIDIA G-SYNCの仕組み

AMD FreeSync、NVIDIA G-SYNCの仕組み

・G-SYNC Compatible
NVIDIAのグラフィックスカードで出力される可変フレームレートの映像に対し、FreeSync対応液晶ディスプレイでもG-SYNCの機能が利用可能となる技術です。

「ケアするお洗濯」で
衣類も長持ち
Miele洗濯機・
衣類乾燥機・洗濯乾燥機

ミーレランドリー機器の設置イメージ

ミーレのお洗濯でケアしながら、お気に入りの洋服を大切に長く着続ける。それ自体が、サステナブルな暮らしに繋がります。
創業以来、サステナビリティはミーレのDNA。1台の製品を「長く使い続けられる」製品設計を信条とし、ランドリー製品も20年の使用*に相当する厳しい製品テストを実施しています。またお洗濯の際、衣類の量や吸水率を自動検知し、必要最低限の水量と電力量に調節する、環境に優しい機能も。洋服にも環境への優しさにも、とことんこだわっています。
購⼊後のメンテナンス・サポート体制なども万全に整えていますのでご安心ください。

  • *詳細はこちら:miele.co.jp/20years

ミーレランドリー機器と洗剤

時代やトレンドにとらわれない
タイムレスで美しいデザイン

⾰新的な機能を搭載しつつ、無駄を削ぎ落としたシンプルで美しいプロダクトデザイン、直感的に操作できるインターフェースなどが評価され、ミーレの洗濯機は iF Design Award をはじめ世界有数のデザイン賞を受賞しています。
インテリアに溶け込む、あえて⾒せたくなるデザインで、暮らしにこだわる世界中の⽅々にも選ばれ続けています。

ミーレランドリー機器の設置スタイル

ミーレランドリー機器の設置スタイル

ミーレランドリー機器の設置スタイル

ミーレランドリー機器の設置スタイル

ミーレランドリー機器の設置スタイル

ミーレランドリー機器の設置スタイル

並べる・積む・ビルトイン
スペースに応じて選べる
設置スタイル

  • ※画像は日本仕様と異なります
  • ※可能な設置方法はモデルにより異なります
  • ※別途アクセサリーや工事が必要になる場合もあります

ミーレ業務用ランドリー機器が並んでいるところ

病院や消防、ホテルでも
世界のプロも支持するミーレ洗濯機

テニスの聖地、ウィンブルドンでも使われるミーレ業務用ランドリー機器

テニスの聖地、ウィンブルドンでも使われるミーレ業務用ランドリー機器

ご愛⽤者の声

Miele×&Premium Mieleで叶える、ケアする洗濯

大切なものをケアをしながら使っていくと
愛しさが増していく

洗濯のプロとMiele

汚れを落とすだけの洗濯ふうから
衣類にダメージを与えずに洗う洗濯へ

Mieleのある暮らし

存分に使い込んで
洗濯の時間を楽しみたい

若い頃から憧れだったというミーレの洗濯機は、設計事務所 ima とともにリノベーションをしたキッチンに設置。洗濯機から棚のサイズや位置を算出し、スチールラックを組み合わせてオープンな棚を制作したのだそう。「Miele は優れた機能がなにより魅⼒的。まだ 使いこなせているとは⾔えず、これから使いこんで洗濯を楽しみたいですね」 。

Instagram

海外製ならではの耐久性、
高温洗いが魅力

素材や汚れに応じた最適な
仕上がりに

ミーレが世界で初めて*導入した
洗剤自動投入システム搭載!
イノベーティブな販売モデルをご紹介

ミーレ洗濯機(W1)・ミーレ洗濯乾燥機(WT1)
主な機能 素材に合わせた多彩なプログラムで
理想を超えた洗い上がりを実現します。

⾐類量に応じて洗剤を⾃動投⼊ TwinDos

TwinDosで使われるミーレ洗剤

スチーム効果でしわを伸ばす プレアイロニング/スチームスムージング

プレアイロニング/スチームスムージングのイメージ

洗濯プログラムの最後に、洗濯物が高湿度で温かいドラムの中で回転されるオプションのプログラムです。このスムージング効果によって、アイロンがけの手間を最大50%低減されます。
*「プレアイロニングは」WT1(WTR860 WPM)、「スチームスムージング」はW1に搭載

特別なお⼿⼊れに専⽤カプセル洗剤 CapDosing

ミーレのカプセル洗剤

ウールやスポーツウェアなど、特別な素材に合わせた専⽤洗剤を1回分ずつ密封したカプセル洗剤を洗剤コンテナにセットするだけで最適なタイミングに⾃動投⼊します。⾵合いや機能を損なわず理想的に洗い上げます。 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
*WTD160 WCSはアプリからのみ操作可能

落ちにくい汚れにアプローチ しみ抜きオプション

しみ抜きオプションのイメージ

しみ抜きオプションを選択し、しみ抜き剤を投入してプログラムをスタート。予備洗いが追加されたり、本洗いが延長されることで、プログラムがしみを落とすように自動調整されます。しみの付いてしまった衣類をしっかり洗い上げます。
*WTR860 WPMは、23種類のしみのリストから該当するしみを選択可能。

残留水分を検知し乾燥レベルを自動調整 PerfectDry

乾燥機に衣服を投入

アイロンの手間を削減 SteamFinish

衣類にスチームを噴射している様子

⼈にも地球にも優しい EcoDryテクノロジー

フィルターと熱交換器

製品⻑寿命と⾼エネルギー効率、環境性能 - 特許取得のフィルターシステムとお⼿⼊れ簡単な熱交換器の相互作⽤により、ヒートポンプ式 T1乾燥機の耐⽤年数を通じて低いエネルギー消費と短い乾燥時間を維持します。

好きな⾹りに包まれる FragranceDos 2

フレグランスフラコンの画像

「フレグランスフラコン (別売)」を使⽤して、乾燥しながらお好みの⾹りで⾐類を包みます。
⾹りはフランス・プロヴァンス地⽅の⾹⽔スペシャリストが特別に開発。2つの⾹りをセットできるため、気分やご家族のお好みで⾹りを切り替えたり、強さを調節することができます。

ランドリー製品 主な特長

アプリで遠隔操作 Mieleアプリ

ミーレWiFiアプリのイメージ

4つの機能で優しいランドリーケアを PerfectCareテクノロジー

ハニカムドラムでの洗浄イメージ

4つの機能の相互作用で、いつも最適な洗濯・乾燥を実現します。衣類を優しく包み込むハニカムドラム、乾燥レベルを自動調整するPerfectDry *1 、時間とエネルギーを節約するサーモスピン機能 *2 、糸くずを自動で除去する糸くず取り機能 *2 。衣類への優しさにこだわり抜いた仕上がりに。
*1 PerfectDry:W1なし
*2 糸くずとり、サーモスピン:WT1のみ

環境に優しい選択を 消費電力・消費水量を確認

ミーレランドリー機器の操作パネル

素材に応じて最適な仕上がりに ミーレ専⽤洗剤

ミーレ専用洗剤が並んでいるところ

ミーレ販売モデル
ラインナップ

2022春 価格も選べる最新モデルが登場!
アプリ連動の [email protected] 搭載 ミーレ洗濯乾燥機 WT1 洗濯から乾燥までを1つのプロセス・機器で。
限られたスペースでも、理想的な
ランドリーケアを。

ミーレ洗濯乾燥機WTD160 WCS

NEW

WTD160 WCS

ミーレWT洗濯乾燥機WTR860 WPM

NEW

WTR860 WPM

スマホ連携洗濯機&乾燥機(ヒートポンプ式) ミーレ洗濯機(W1)・ミーレ衣類乾燥機(T1) 最新洗濯機と⾐類乾燥機で完成する、
理想のトータルランドリーケア。

ミーレW1洗濯機WCI660 WPS

WCI660 WPS

洗濯容量9kg。
たっぷり洗える⼤容量、99.99%以上の細菌を除去する
衛生的な洗浄性能が魅力。
垂直の操作パネル、TwinDos、CapDosing、EcoFeedback 搭載、
専用アプリからの操作に対応。

ミーレT1衣類乾燥機TCJ680 WP

TCJ680 WP

乾燥容量9kg。
⼤容量9kgの乾燥容量。
乾燥専⽤機だけのワンランク上の乾燥仕上げが魅⼒。
EcoDryテクノロジー、FragranceDos 2 、アイロンがけの⼿間を省く「SteamFinish」搭載、専用アプリからの操作に対応。

ミーレ洗濯機
設置上の注意

1)200Vコンセントをご⽤意ください ミーレの洗濯機は200Vの電源で動作するため、設置場所付近に200Vのコンセントが必要です。既に200V機器をご使⽤の場合や単相3線式回路設置済みの場合は、電気⼯事は分電盤からコンセント設置個所までの屋内配線⼯事のみとなります。配線状況や容量によっては屋外⼯事も必要となるため、設置前下⾒の際に確認させていただいております。 2)洗濯パンの除去が必要です ミーレの洗濯機は洗濯パンを除去しての設置となります。お住まいの住宅で洗濯パンの除去が可能か、事前にご確認ください。 3)床下補強⼯事が必要になる場合があります 床⾯の補強が必要になる場合がございます。お住まいの環境により補強の⽅法は異なりますので、事前にお問い合わせください。なお、洗濯機は⽊造住宅の2階以上の設置はお控えいただいております(乾燥機は設置可能です)。

ハイビートの歴史的モデル 「ロンジン ウルトラ-クロン」

■ロンジン ウルトラ-クロン – 100年におよぶスポーツ計時の歴史
1914年以来、高振動周波数ムーブメントの計測装置を用いたストップウォッチにより数々のスポーツ競技会でタイムキーパーを務めてきたロンジン。計時用に開発した技術は後に時計に応用され、1968年には他のウルトラ クロン ウォッチと同様、月差1分、日差2秒の精度を保証する高振動周波数ムーブメントを搭載した初のダイバーズウォッチ ウルトラ クロン ダイバーを発表。現代でも高度な技術が要求されるほどの当時としては前代未聞の性能を誇りました。

1914: CAL. 19.73N
初の高周波振動数
ムーブメント ストップウォッチ
1/10秒まで計測可能

1916: CAL. 19.73N
高周波振動数 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
ムーブメントウォッチ
1/100秒まで計測可能

1938: 高機能を超えた自動トレンドラインシステム CAL. 24LINES
高周波振動数
ムーブメント スキー競技用ストップウォッチ

1957: CAL. 260 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
プロ仕様 高周波振動数ムーブメントウォッチ
フライバック機能付

1959: CAL. 360
初の高周波振動数
ムーブメント搭載腕時計

1966: CAL. 431
高周波振動数
ムーブメント搭載腕時計
初代ウルトラ-クロン発表

1968: CAL. 431
高周波振動数ムーブメント 初の防水時計
ウルトラ-クロンダイバー発表

●20世紀初頭に登場し1960年代に再度復活したクッション型ケース
ダイナミックで現代的な美しさを備えるサテンポリッシュ仕上げ
●ロンジン初のサファイアベゼルインサート
グラデーションはレッドラッカーで分針とマッチ
輝度の高いSLNを数字と12時位置のトライアングルに使用
●視認性の高い文字盤
マットなグレインブラックにシルバーのインデックス
●「ロンジン ウルトラ-クロン」ロゴ
オリジナルピース同様の高振動周波数を表すロゴ
●エクスクルーシブムーブメント 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
5Hzの高周波ムーブメント
●TIMELAB証明取得
取得ブランドも数少ないTIMELAB認証取得

■Timelab証明とは
Timelabウォッチラボは、ジュネーブに本拠を置き、ウォッチについてさまざまな認定を行う機関。同ラボは独立した中立の立場で運営されています。 TIMELABのクロノメーター証明を公式に取得するには、ムーブメントだけでなくウォッチ全体に対して15日間の試験が行われます。実際の使用状況を想定した、様々な位置と温度で、ISO 3159:2009の厳格な規格への適合を確認するテストが行われます。

L2.836.4.52.8
予価:459,800円(税込)
発売予定:6月

L2.836.4.52.9
予価:487,300円(税込)
発売予定:6月

TIMELAB認定クロノメーター、高振動周波数自動巻ムーブメント、L836.6 、11½ リーニュ、シリコン製ヒゲゼンマイ、25石、 36,000 振動/時、パワーリザーブ最大52 時間、時、分、秒機能、クッション型Ø 43 mm厚さ13.60mm、ステンレススティールケース、スーパールミノバ®サファイアインサート単方向回転ベゼル、ねじ込み式ケースバック、ねじ込み式リューズ、ケースバックに高振動周波を表すシンボルである”Ultra-Chron”ロゴと” ULTRA- CHRONOMETER officially certified”の文字を刻印、グレイン加工ブラックダイアル、4つのスーパールミノバ®を塗布したシルバーインデックス、下部に高振動周波を表すシンボルである”Ultra-Chron”ロゴ、スーパールミノバ®を塗布したロジウムプレート(時、秒針)、赤(分針)、30気圧防水 (300メートル)、多層反射防止コーティングされたボックス型サファイアクリスタル 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 、ブラウン尾錠付レザーストラップまたはステンレススティールブレスレット、ダブルセーフティーフォールディングクラスプ、プッシュピース式開閉システム、赤ラインの入ったブラックナイロン尾錠付NATOストラップとストラップ交換ツールの入った木製特別ウォッチボックスで販売

■ロンジンについて
1832年創業のスイスの時計ブランド。今年190年を迎える歴史の中で時計史に名を残すタイムピースを作り続け、確かな技術力によって築き上げた高い信頼性を誇ります。世代を超えた世界中のファンに支持を受け、かつてはオードリー・ヘップバーンが広告モデルを務め、アルバート・アインシュタインも愛用。スイス時計の輸出額の上位ブランドとしても数えられ、現在150か国で展開。「翼のついた砂時計」ブランドロゴは、世界知的所有権機関に登録されている最も古いロゴとしても知られています。

フューチャーアーキテクト、AI-OCRプラットフォームサービス「Future OCR(R)」業務自動化率9割を超える手書き日本語AIモデルを提供

フューチャー株式会社(証券コード:4722)の主要事業会社であるフューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神宮由紀、以下フューチャーアーキテクト)は、AIを活用したOCR(Optical Character Recognition:光学文字認識)プラットフォームサービス「Future OCR(R)」に、手書きの日本語を高精度に読み取れるAIモデルを追加し、2022年6月より提供開始します。

フューチャーアーキテクトは様々な業界で培ってきた業務改革のノウハウをベースに実運用に耐えうるAIを開発し、2021年からAI-OCRプラットフォームサービス「Future OCR(R)」を提供しています。今回「Future OCR(R)」から新たに提供するのは、多様な文字に対応する手書き日本語AIモデルです。画像ノイズに強く、擦れや傷のある複写式伝票や解像度が低い文字画像、枠線を含む文字も読み取ることができ、AIによる手書き日本語入力業務の自動化率は91.40%(※1)、読み取り精度は99.49%(※2)を達成しています。また、住所や商品名等を自動補正する機能を有し、対象帳票をAIに学習させることでさらに自動化率や読み取り精度を向上させることも可能です。

当社は2019年にSGシステム株式会社とともに、佐川急便株式会社の配送伝票入力業務をAIによって自動化するシステムを開発し、手書き数字を自動認識させることで月間8,400時間の業務を自動化した実績(※3)があります。その後もAI-OCRを活用し、海外BPO(Business Process Outsourcing)利用ユーザーの国内業務回帰や基幹システムへの連携によるエントリー業務の自動化、RPA(Robotic Process Automation)と組み合わせたBPR(Business Process Re-engineering)などを推進してきました。


■「Future OCR(R)高機能を超えた自動トレンドラインシステム 」手書き日本語AIモデルの特長
1.画像ノイズに強く、解像度の低い文字画像や枠線を含む文字も読み取り可能
2.手書きのひらがな、カナ、英数字のほか地名、建物、社名、氏名等の漢字、及び様々な活字フォントにも対応
3.自然言語処理を応用し、書き間違いや文字飛ばしによる住所の誤記載を自動補正 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
4.特殊文字への対応やさらに高い自動化率、読み取り精度が必要な場合の「AI学習サービス」も提供

※1.手書き住所欄1,000万件(2.5億文字)の入力業務がAIによって自動化(ヒトの補正不要)された結果を算出
※2.※1において、AIが手書き住所欄(平均25文字)をすべて正しく読み取った結果。1文字単位での精度は99.96%
※3.(参考) プレスリリース「佐川急便の配送伝票入力業務を自動化するAIシステムが本稼働」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000347.000004374.html


■本件に関するお客様からのお問合せ先
フューチャーアーキテクト株式会社 末安、鹿野
TEL:03-5740-5721 E-mail:[email protected]

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる