オプション取引活用術

戻り売りにフィボナッチを加える

戻り売りにフィボナッチを加える

描き方は、フィボナッチ・リトレースメントと同じで、高値と安値の2点をとるのが一般的です。

【GBPJPY】相場分析20200916 日足で下降トレンド転換/戻り売り3つの候補ポイント解説


日足(最上部チャート)
コロナショックからのV字回復による上昇5波(丸数字のオレンジの波)が週足下降チャネル上限到達で終了。
その後の下落で、日足の押し安値(赤の水平線)を割って下降トレンド転換となっています。
この時点で目線は完全に下となり、この後は青の波動イメージで示したように、エリオット波動でいう3波(もしくは5波)の下降波がスタートしていく動きが想定できます。
ということで戻り売りを狙っていきたいところですが、どこまで戻るかという点で3つの候補を解説します。

1.黄緑色のボックス
これまでの上昇トレンドのガイドとなってきた緑の破線上昇チャネルの下限まで戻るシナリオ。
今回の下落による下げを下降の1波とした時に、緑の破線上昇チャネル下限もブレイクしたわけですが、そのチャネル下限までのリターンムーブとなって黄緑色のボックス付近に戻る可能性があります。
下げの1波に対してはフィボナッチの2割戻し(0.786ライン)となるので、戻しが浅いですが、ポンドという動きの早い通貨であれば戻しの場所として考えておきたい一つのオプションです。

2.戻り売りにフィボナッチを加える 青のボックス
日足の押し安値ライン(赤の水平線)と月足下降トレンドライン(ピンク線)の付近まで戻るシナリオ。
下降の1波の過程でブレイクした月足の下降トレンドラインは、ブレイク後に一度価格が戻ってくるリターンムーブの候補として十分に可能性ありです。
加えて付近には日足の押し安値という重要ラインもあることから、これらが重なる青のボックスゾーンは戻りの可能性が高いと見ています。
下げの1波に対するフィボナッチRの4割、5割戻りのゾーンであり、戻しの割合としては十分です。

3.赤のボックス
赤の週足下降チャネル上限まで戻ってくるシナリオ。
エリオット波動でいうならば、上昇5波に対する調整波のうちフラット型を形成するケースです。
下げの1波に対するフィボナッチRの8割戻しと全戻しに近いですが、割と頻繁に出てくるケースなので、これもオプションとして十分に考えておきたいシナリオです。


描き方は、フィボナッチ・リトレースメントと同じで、高値と安値の2点をとるのが一般的です。

こうして描かれた円周とローソク足の接触する地点が、サポートやレジスタンスとして意識され、

戻り売りや押し目買いのポイントとされています。

フィボナッチアークは、フィボナッチ・リトレースメントの変形版 ともいえます。


このように同じ2点をとって描いてみると、

アークの曲線は、リトレースメントと頂点の距離を半径にして描かれており、

リトレースメントを発展させて、横軸(時間軸)にもアプローチしたオブジェクトなのです。

〇 MTで利用するには修正が必要

短い時間足でMT4、MT5のフィボナッチアークを使用するには、カスタマイズが必要 になります。


リトレースメントやタイムゾーンと同じようにアークを描いてみると、

解決法は、メタトレーダーへのスクリプト適用となります

※ スケールフィボナッチアーク - MetaTrader 5のためのスクリプト(MQL5)(注2)


MT5の「ファイル」メニュー → 「データフォルダを開く」 → 「MQL5」 → 「Scripts」 と開き、

最後の「Scripts」フォルダ内にダウンロードしたmq5ファイルを置きます

そして、いったんメタトレーダーを閉じて、再起動してください。


するとナビゲーターウィンドウの「スクリプト」の項目に、「ScaleFibonacciArcs」が表示されます。

これをダブルクリックするだけで、フィボナッチアークの縮尺が正常になります


これが修正前のフィボナッチアークです。


そこで、 ナビゲーターウィンドウの「ScaleFibonacciArcs」をダブルクリック します。


アークの縮尺が正しく修正されました。

一度適用すれば、あとは自動で修正されたままになるということはないので、注意してください

〇 必ずいったん削除して描き直す

さらに描いたあとの扱いにも注意が必要です。


トレード中にフィボナッチ系オブジェクトを書き換える機会はけっこうあります。

フィボナッチアークに関して、この2点を動かす描き直し方はNG です。

2点を動かして描き直した場合、円の比率はそのままに拡大、縮小されることになるので、

本来のアークの形状とは異なる状態での描き直しになってしまうからです


左がNGである2点を動かした描き直し です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる