FX入門〜初心者におすすめ

レベルを活用する方法

レベルを活用する方法
筆者の投稿例:LinkedInを活用するビジネスパーソンの層を見ることができる表示

勉強に集中する方法とは?今すぐできる10のコツ、専門家に聞きました!


株式会社集中力 代表取締役。 一般社団法人 日本集中力育成協会 理事長。 前職のミズノ株式会社時代「サメ肌水着」などの特許を約30個出願。

テレビ出演 NHK レベルを活用する方法 レベルを活用する方法 Eテレ 中高生に大人気の『テストの花道』『Rの法則』など多数。

勉強に集中するにはどうすればいい?

つまり“集中力をつける”こととは、“必要なときに集中力を発揮できるようになる”ことと同じといえるのです。

集中に導くルーティンができてしまえば、練習のときは本番のように緊張感をもって集中することができ、本番では練習のようにリラックスしつつ集中もできるというわけです。これが“必要なときに集中力を発揮できる”、つまりは“集中力をつける”ための秘策なのです。

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【トレーニング・運動編】

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【トレーニング・運動編】

「深呼吸してます!」 (nabemi 高校3女子・神奈川)

専門家が教える集中する方法と持続させるコツ【トレーニング・運動編】

1.余分な力が入らない姿勢を作る

姿勢が良ければ体に力が入らず、集中力も持続します。

2.「5・3・8深呼吸」で脳に酸素を送り込む

集中力を持続させるには、深い呼吸が必要なのです。

そこで考えたのが、「5・3・8深呼吸」という方法。この方法なら、誰でも正しい深呼吸ができます。

方法は簡単です。鼻から大きく5秒間息を吸います。次に3秒間息を止めて、8秒間かけて口からゆっくりと息を吐ききります。

3.ポイントを作って目の焦点を合わせる

視線を一点に集めることで、集中状態に入れます。

おすすめなのは、机や筆箱などに小さな丸いシールを貼ってそこに視線を合わせること。

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【食べ物編】

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【食べ物編】

専門家が教える集中する方法と持続させるコツ【食べ物編】

4.お米をひと粒ひと粒食べる

五感を鍛えれば鍛えるほど、トータルとしての集中力は高まります。毎日の食事という日常生活の一部にトレーニングを組み込めば、いざ机に向かったときの集中力が磨かれますよ。

5.直前に糖分を取る

脳は糖分を必要としますから、勉強前に甘いものを食べることは効果的です。

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【音楽編】

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【音楽編】

専門が教える集中する方法と持続させるコツ【音楽編】

6.音楽で脳のα波を引き出してリラックスする

この結果から、人が集中するためには適度な感覚的刺激が必要だということがわかりました。

音楽も感覚的な刺激として活用ができます。

ヒーリングミュージックや好みの音楽を聴くと、脳がリラックスした状態を示す、8〜13Hzの脳波(α波)を出している状態になりやすいそうです。

7.あえてノイズを流して脳を刺激する

音楽として没入してしまうことのない音を流して、それを脳がシャットアウトする状態を作ることで、集中力が高まるのです。

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【受験勉強編】

みんながやってる集中する方法と持続させるコツ【受験勉強編】

専門家が教える集中する方法と持続させるコツ【受験勉強編】

8.目標を小分けにしてみる

そんなときは、やらなければいけないことを細分化して、それを達成することを目標にしてみるといいでしょう。

9.友達と先生ごっこをしてみる

自習室や友達との勉強会をすると、その場の緩やかな強制力が働くので集中力が持続します。

10.ゴールを入学試験よりもちょっと先に設定する

そんなときは受験にフォーカスするのではなく、受験より少し先の「大学に入った後のこと」を目標にしてみましょう。

ゴールを少し先に設定する意識をもつことで、本番のゴールまで力一杯駆け抜けられるのです。

まとめ:自分なりの集中するためのルーティンを作れば本番でも集中できる!

自分なりの集中するためのルーティンを作れば本番でも集中できる!

「集中する方法と持続させるコツ」をまとめると

1. 良い姿勢を作る
2. 深呼吸で脳に酸素を送る
3. 目の焦点を合わせる

4. ご飯を食べる時、最初の5粒はひと粒ずつ味わう
5. 甘いものは勉強前に少しだけ食べる

6. 好きな音楽や癒しの音楽で脳をリラックスさせる
7. 聞き込まない程度のBGMを流して集中する

8. 人に教えることを意識して勉強する
9. 目標を小さく分けて達成する
10. 合格したらやりたいことに目標を置く

▼『机に向かってすぐに集中する技術』(フォレスト出版)▼

▼本の購入はこちら▼

情報システムは現代社会の基本的なインフラとなっており、それを支える情報技術者は高度の能力を有するプロフェッショナルであることが望まれます。ところが、我が国においては情報技術者のプロフェッションが確立しておらず、プロフェッショナルとしての能力を可視化する適当な手段もないのが実情です。そこで、本学会では「認定情報技術者制度」(CITP制度)を創設しました。この制度は、高度の専門知識と豊富な業務実績を有する情報技術者に「認定情報技術者」(CITP:Certified IT レベルを活用する方法 Professional)という資格を付与することにより、その能力を可視化するとともに、資格を有する情報技術者からなるプロフェッショナルコミュニティを構築することを目的としています。

資格制度の概要

情報技術の分野は発展のスピードが特に速いため、情報技術者はつねに新しい知識やスキルを習得する努力を求められています。最近の国際標準でもCPD(継続研鑽、Continuing Professional Development)を前提とした資格更新制度が必須とされるようになってきています。本資格は有効期間を3年としており、更新に際しては所定のCPD実績が条件となります。

資格制度の意義

グローバルに通用する資格

IP3(International Professional Practice Partnership)というのは、情報処理国際連合(IFIP:International Federation for Information Processing)が設立した国際的な相互資格認証を推進する組織です。情報処理学会はボードメンバーとしてIP3の活動に参画しています。IP3は、関連する国際標準に基づいて各国の資格制度を認定します。

情報技術者を対象とする資格制度に関する国際標準としては、ISO/IEC 24773(ソフトウェア技術者認証)およびISO/IEC 17024(適合性評価:要員の認証を実施する機関に対する一般的要求事項)があります。CITP制度はこれらの国際標準と整合性があります。現在、ISO/IEC JTC1/SC7/WG20ではISO/IEC 24773の改訂が進みつつありますが、情報処理学会は同規格のエディタを出しており、改訂作業にも参画しています。

ビジネス特化型SNS「LinkedIn」とは?人事が採用活動に活用する7つのポイントを紹介

リンクトインの位置づけ

LinkedInを活用するビジネスパーソンの層

筆者の投稿例:LinkedInを活用するビジネスパーソンの層を見ることができる表示

メリット3.全体として採用コストを抑えられる

LinkedInの場合、 無料での運用も可能 レベルを活用する方法 で、実際、で採用に成功している事例も多くあります。また、いくつかの有料プランも用意されていますが、何人採用しても一律同じ金額のため、活用次第で採用コストを大幅に下げることが可能です。

メリット4.採用広報〜応募、意思承諾までトータルで効く

LinkedInは、求人情報をLinkedIn内で掲載できるのが特徴です。 採用広報〜意思承諾まで、候補者と一貫してLinkedIn上でコミュニケーションが続けられる ため、深いリレーションシップを築くことが可能です。

LinkedInでは、後述する人事担当としての個人ブランディングに力を入れ、自社のPRも上手く織り交ぜて運用することも可能です。そのような方針で、ハイクラス人材を採用した事例も増えてきています。 候補者との深い関係性、そして「個人対個人の信頼関係」をベースとした採用が可能 なのです。

メリット5.マッチング精度、特にカルチャーマッチを最適化できる

LinkedInでは、人事も候補者も互いの経歴や人物を確認した上で先行が進むので、 精度の高いマッチングが可能 です。また、投稿やリアクションを通じ、互いにどんな価値観を大切にしているかも知ることができます。 単純なスペックやスキルの適合だけではなく、理想的な「カルチャーマッチ」を実現することができる のです。

LinkedInの使い方は?人事が採用活動に活用する5つの方法

1.ネットワークの拡大

まずは 知り合いにつながり申請を送りネットワークを広げることが重要 です。LinkedInでは検索窓に名前を打ち込めば、知り合いを簡単に探すことができます。また、メールのアドレス帳のインポートもできるので、効率的につながり申請を送ることも可能です。

また、LinkedInには、 自分のプロフィールを誰が見たかが分かる「足跡機能」 もついています。自分のプロフィールを閲覧したユーザーは個人や投稿に興味があることが多く、つながり申請を出すことでネットワークを広げられるでしょう。

2.プロフィールの充実

積極的につながり申請をしてネットワークを広げると同時に、 自分のアカウントのプロフィールを充実させることも重要 です。他のユーザーは、ユーザーのプロフィールを見て、つながり申請を承認するかしないかを決めるからです。

3.継続的な発信

単に「登録している」ことだけに満足せず、 可能な限りの「発信」を継続し、他者への情報提供や自己開示を進めることが大切 です。発信するとなると身構える人も多いですが、特に難しく考える必要はありません。

  • 仕事を通して発見した気づき
  • 自社の好きなところや魅力

4.他のユーザーとの交流

他のユーザーとの「交流」も、SNSの運用においては極めて大切な要素です。フィードに流れてくる投稿に対して 「いいね」や「コメント」で反応し、積極的に関係性をつくる意識 を持つことです。

また、SNSのアルゴリズムは、「コミュニティに貢献する人」を強くサポートする働きをしてくれます。 積極的にレスポンスをしたり交流することで、自分の露出や注目度も上がっていくという仕組み です。

5.DMの活用

LinkedInで会社・企業ページを作成する方法

LinkedInの会社ページを作成するには、個人アカウントから設定します。LinkedInホーム画面の右上にある [その他]のアイコンを選び、一番下に表示されている[会社ページを作成] をクリックすると作成できます。

会社ページの作成

LinkedInで採用活動をする際に設定しておきたい会社ページの項目

1.ヘッダー

ヘッダーの編集

2.カバー写真

3.管理者の設定

4.フォロワーを招待する

LinkedInで採用活動をする際に知っておきたい有料機能

1.スカウト機能

スカウト機能を使うと、 つながりのないLinkedInユーザーにもDMが打てる ようになります。LinkedInでは「InMail」と呼ばれ、加入するプランによって1カ月で送信できるInMailの数が変わります。知名度の低いスタートアップ企業でも十分な活用が可能で、ソーシャルリクルーティングの利点だといえるでしょう。

2.カルチャーページ

会社ページ自体は無料で作成できますが、法人向け有料プランを利用すると、採用広報媒体としての機能を充実させることができます。それがこの「カルチャーページ」で、これを利用すると、 通常の企業概要よりもより多くの情報を掲載することが可能 となります。

たとえば 会社の採用ピッチ資料を掲載したり、フォトギャラリーを作成して会社の雰囲気を伝えたり と、会社のビジョンやカルチャーを多くの人に知ってもらうことが可能です。LinkedInの会社ページ自体が、充実した採用媒体の役割を果たすということです。

1.デスクトップ(PC)
── テキスト広告
── レベルを活用する方法 タイムライン上に表示される広告
── 画面右側のバナー広告

2.スマートフォン
── タイムライン上に表示される広告

3.メールボックス画面
── DM風の広告

LinkedInを採用活動に活用するときの7つのポイント

ポイント1.企業アカウント中心ではなく、「個人アカウント」を中心に運用する

「会社でSNSを活用するときは、企業アカウントを運用するものだ」という発想になりがちですが、企業アカウント(LinkedInでは「会社ページ」)中心ではなく「個人アカウント」中心の運用がおすすめです。企業軸の発信ではどうしても宣伝のようになり、無機質な運用になりがちです。企業アカウントであっても、 「個人」を前面に出したSNS運用の方が支持を得やすく なります。 「共感」がポイント です。

共感を得やすい内容とは、 一般論や正論ではなく、自分の体験を踏まえた、「心に響く」内容 です。 例えば以下の図で、縦軸の「有益性」はあっても、横軸で左側の一般論に終始する投稿ばかりだとファンは増えません。一般論よりも、具体的な話、自己開示が十分な話が大切なのです。

有益性と一般論の図

企業アカウントの場合、運用している人の姿がなかなか見えません。実際、セミナーの案内や求人情報など、 PR主体の無機質な発信ばかりになっている企業アカウントは多い です。そのような運用では人の共感が得られにくく、会社へのファンも増えにくいといえます。

ポイント2.個人アカウントを複数メンバーで運用する「チーム戦」が有効

ポイント3.発信者(採用担当など)の「個人としての想い」を十分に共有する

また、 レベルを活用する方法 カルチャーマッチが十分だと、入社後のミスマッチが起こりにくく、短期離職防止 にもつながります。

ポイント4.一方的な発信のみに終始せず、「交流」を心がける

LinkedInでの採用活動に限らず、 SNS運用で大切なことは「ファンづくり」 です。ユーザーは、採用人事からの発信を通じて「この人が発信しているなら、良い会社なんだろう」と、会社の魅力に気付くことができます。

さらに、 一方的に発信をするだけではなく、積極的に他者にリアクションやコメントを返して「交流」するという意識が大切 です。

ポイント5.短期決戦ではなく、転職潜在層との「長い付き合い」をするつもりで運用する

「候補者体験(CX/Candidate Experience)」が、これからの採用業務の鍵です。LinkedInに登録しているユーザーは、 今すぐ転職したい人から、良い企業があったら考えたいという人までが幅広く混在 しています。

また、 仮に選考に落ちてしまったとしても、「あの企業だったら友達にすすめたい」と思われる企業であることが大切 です。長い目で個人との関係性を着実に築いていく、そのプロセスにおいてLinkedInは強い力を発揮します。

ポイント6.自社Webサイト(オウンドメディア)と連携させる

LinkedInなどのSNSでの発信は「フロー」の効果は大きいですが、 情報を「ストック」するには不十分 なこともあります。ユーザーが「この投稿や記事をまた見たい」と思った時に、SNSのタイムラインを遡って探すのは大変です。

ポイント7.SNS個人アカウント運用は、自分自身のキャリアアップとなる

LinkedInなどの個人アカウントは、個人の所有物です。 在籍している企業のブランディングや採用に寄与しながらも、長期的には「自分自身の価値向上」つながるという考えを持つことが大切 です。

LinkedInの企業アカウント事例

事例1.株式会社UZUZ

事例2.株式会社レイン

事例3.株式会社アースメディア

LinkedInを人事が活用する際のポイントまとめ

  • 企業アカウントよりも、個人アカウントの運用を軸に据えること
  • 自分の「オリジナルストーリー」を発信し、ファンをつくること

LinkedInを有効に活用してカルチャーに合った人材を獲得し、そして、 「自分自身の価値向上」も同時に達成するという意識が大切 です。

画像はすべて筆者提供
共同執筆 : アースメディア 坂本真梨絵

リンクトイン(LinkedIn)での採用活動に関するQ&A

リンクトイン(LinkedIn)とは? LinkedInは2003年5月にサービスを開始した、世界最大級の「ビジネスSNS」です。実名登録で、面識のない相手と積極的につながることが推奨されているのが特徴です。世界中で「仕事にSNSを活用したいビジネスパーソン」に幅広く支持されています。 リンクトイン(LinkedIn)で採用活動を行うメリットは? LinkedIn内ではプロフィール欄で経歴を確認することが容易であり、求人情報を掲載することもできるため、採用広報から応募、意思承諾まで一貫してコミュニケーションすることができます。また、現在の日本ではLinkedInのユーザーには外資系の経歴やハイクラスの人材が多い傾向があるため、そういった人材を費用をかけずに獲得できる可能性があります。 リンクトイン(LinkedIn)を採用活動に利用する方法は? まずは、知り合いにつながり申請を送りネットワークを広げることが重要です。同時に、自分のプロフィール欄も充実させるようにしましょう。そのうえで、継続的に情報を発信し、ほかのユーザーにも積極的にいいねやコメントなど反応をして信頼関係を構築してから、DMを送るなど直接のコミュニケーションをとりましょう。

PR TIMESのご利用を希望される方は、以下より企業登録申請をお願いいたします。 登録申請方法と料金プランをあわせてご確認ください。

このシリーズの記事

最初から読む 【PR TIMESノウハウ】メディアリストの作成・設定方法

この記事のライター

株式会社アースメディア代表取締役。 1997年同志社大学法学部卒業後にインテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社、人材紹介事業の立ち上げメンバーとして事業企画を担当。 2003年HRテックのジョブダイレクトを創業、2008年リクルートによるM&A提案を受け事業を売却。現在は、リンクトインなどの各種ソーシャルメディアを基盤とする「ソーシャルリクルーティング」の可能性を追求する事業を展開中。

社会人に求められるビジネススキルとは?スキルアップのために実践すべき習慣

社会人に求められるビジネススキルとは?スキルアップのために実践すべき習慣

社会人

社会人でスキルアップの重要性を感じている人は少なくありません。
スキルアップして仕事に余裕ができれば、新しい仕事にチャレンジする機会が生まれ、さらなるスキルアップを目指せるでしょう。
資格を取得してスキルを証明できれば、お給料アップに繋がる可能性もあります。

スキルアップするには、日々の努力の積み重ねが不可欠です。 レベルを活用する方法
しかし、時間が限られている社会人がスキルアップするためには、どうしたらいいのでしょうか。
ここでは、社会人に求められるビジネススキルと社会人が実践すべきスキルアップに繋がる習慣について解説します。

社会人として求められる5つのビジネススキル

マナースキル

マナースキルとは、業務を遂行するうえで必要となる基本的なマナーの総称です。たとえば、対人関係における基本的な挨拶や名刺の渡し方などを指します。

そういったマナーを当たり前に習得していなければ社会人として欠陥があるとみなされてしまうのです。

対人スキル

対人スキルは、関係者との意思疎通を円滑にはかるためのスキルです。仕事は個人で行うもののように見えても、会社全体の方針の中で行います。そのため、チームで成果をだすことが求められているので、対人スキルは必須といえるでしょう。

PCスキル

PCスキルに関しては、WordやExcel操作に限らず、パソコンに何らかの異常が起きた際に適切に対処できる人が求められます。エラーや誤作動が起きた際に、どのように対処すべきかの選択肢をいくつか持っている人が重宝されるでしょう。

プレゼンテーションスキル

会社が行う事業や扱う商品について、説得力のある伝え方ができるようなプレゼンテーションスキルも求められます。的確に情報を伝達し、相手を説得できるスキルは、 営業はもちろん、それ以外のすべての業務の役に立ちます。

問題解決思考スキル

問題が起こったときに、その問題の本質を捉え、解決策を導くスキルも必要です。問題点があるときに、その原因を突き止め、どうすれば解決することができるのかを論理的に考えることができると、評価アップにつながる可能性があります。

1.資格取得のための勉強をする

資格取得は有効なスキルアップの手段ですが、一つ、気を付けるべき点があります。
転職の時などにおいては、資格を持っていることに加えて実務経験が重要視されるという点です。
ビジネス関連の資格に挑戦する前には、 今の職場で十分実務経験が積めるかどうかを見極める 必要があります。

資格取得はスキルアップの目標設定が明確

・仕事で役に立つ
・昇格など人事で必要とされる
・給料がアップする可能性がある
・転職で有利
・資格があると信頼されやすい

資格取得をするための勉強法

・試験日から逆算して学習計画を立てる
・反復学習で記憶を定着させる
・睡眠時間を確保し、健康管理をきちんとする
・1日の生活を書き出し、無駄を減らす
・1日5分でもいいから毎日学習する
・過去問を徹底的にやる

社会人に役立つ資格の一例

【語学、国際ビジネス関連】
・実用英語技能検定:2級以上の取得がおすすめ
・TOEIC:750~800点程度がビジネスで役立つレベルの目安
・貿易実務検定:A~C級がある。まずはC級取得で基礎固めがおすすめ
・国連英検(国際連合公用英語検定):英語圏の情報を集めたり、電話対応ができるレベルのB級の取得をしたりすることがおすすめ

【事務関連】
・秘書検定:事務職として働く社会人のスキルアップなら、2級が目安
・ビジネスコンプライアンス検定:初級取得でも、日常業務で必要な法律やコンプライアンス知識取得は十分
・ビジネス文書検定 :2級で正確で論理的なビジネス文書が作成できるレベル

【デザイン・クリエイティブ関連】
・ウェブデザイン技能検定:3級は受験資格に実務経験の制限がないので、働き始めの人にもおすすめ
・インテリアコーディネーター
・DTPエキスパート

【IT・コンピュータ関連】
・MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト):企業で一目置かれるのはエキスパート(上級)レベル。Excelのマクロが組めるなど、高度のスキルの証明になる。
・ITパスポート試験
・プロジェクトマネージャ試験
・情報セキュリティスペシャリスト

【財務・金融関連】
・日商簿記検定:ビジネスの現場で必須レベルの簿記3級をまずは目指すのがおすすめ
・ファイナンシャル・プランナー (AFP/CFPR) :FP技能士2級合格でAFP/CFPRの受験資格が得られるので、2級取得を目指すのがおすすめ。
・米国公認会計士 (USCPA)
・住宅ローン診断士

【不動産・建築関連】
・宅地建物取引士
・管理業務主任者
・住宅ローンアドバイザー

2.ビジネス書や新聞などを読む

・ビジネスの新しい知識を取り込むことができる
・仕事ですぐに活用できるアイデアを得ることができる
・社会情勢について知ることができる

ビジネスに役立つ雑誌・新聞の一例

・日本経済新聞
・日経ビジネス
・週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

3.研修やセミナー、講習会などに参加する

最新の情報を吸収しながら自分を磨くことができる

また、セミナーや講習会には「人脈を広げることができる」という側面もあります。
同じセミナー・講習会を受けているということは、同じ目的がある人が集まっているということです。
受講生同士で積極的にコミュニケーションを取ることも良いでしょう。

・様々な業界の情報を吸収できる
・ビジネスの最新情報を知ることができる
・仕事の成果をあげるヒントが見つかる
・モチベーションがあがる

スキルアップセミナー・講習会の一例

・タイムマネジメントセミナー
・ビジネス文章アップ講座
・FX入門セミナー

4. 専門にとらわれず、趣味などの幅を広げる

自分の領域を広げれば将来の変化に対応できる

・知識が増えることで教養が深まる
・趣味を通して新たな出会いがあり、人脈が広がる
・新しいものに触れることでインスピレーションを生み出す力が備わる

趣味とスキルに繋がる効果

・ベストセラー小説を読む→世相を感じ取れる、コミュニケーションツールになる
・人気のお店をまわる→人気の理由が探れる、刺激を受ける
・旅行やキャンプに行く→見聞が広がる、気分転換になる、コミュニケーションツールになる

趣味を深めて取得できる資格・検定

・語彙読解力検定(民間資格)…正確な日本語を操る能力を認定
・キャンプ・インストラクター試験(民間資格)…キャンプのインストラクターになる試験
・日本ビール検定…日本のビールの歴史・製法・原料や飲み方などの知識を認定

今回ご紹介した内容を、以下にまとめます。 レベルを活用する方法
【社会人に必要な5つのスキル】
・マナースキル
・対人スキル
・PCスキル
・プレゼンテーションスキル
・問題解決思考スキル

【スキルアップのための4つの習慣】
・仕事で実務経験が積める資格取得を目指して勉強する レベルを活用する方法
・仕事に役立つ本や新聞を読んで常に情報を取り込む
・セミナーや講習会などに参加し、新しい知識を吸収する
・趣味を持ち、仕事以外のところからも刺激や知識を得る

いざというときの障害対応――その準備と有効な対処法は?

発生した障害がどの程度のレベルなのか、どのような対応をすべきかを、マニュアル化しておきます。
修復後にユーザーに情報を通知しておく程度で良い軽微な障害なのか、あるいは一時的にサービスを停止する必要があるほど重篤な障害なのか。障害レベルに応じて必要な対応は異なりますし、それによって現場のユーザーに与える影響は大きく変わります。そこで、想定される障害をいくつかのレベルに分け、それぞれにとるべき対応を設定しておきましょう。レベル分けはあまり細かくするとかえってわかりにくくなりますので、4~5段階程度にまとめておくのが無難です。
これをユーザー全員に周知しておき、障害が起こった際には障害レベルとともに必要な追加情報を発信するようにします。また、ユーザーへの対応のほか、障害発生および復旧の報告先と連絡手段なども決めておきましょう。

障害発生時の作業の流れ

1. 影響範囲を確認して各部署に連絡する

障害の多くは、単独の原因で発生することは少なく、いくつかの要因が絡み合って起こるものです。そのため、障害が発生している部分だけでなく、関連するほかの部分にも不具合が起こっている可能性もありますので、周辺状況を含めて確認しましょう。
また、データベースやウェブサーバーへのアクセスに障害が起こっている場合には、社内はもちろん、外部へのサービス提供が滞っていないかも確認しておきます。
障害範囲が確認できたら、必要に応じて各部署へ障害発生をアナウンスします。障害レベルによっては不要である場合もありますが、サービスへの悪影響が少しでも懸念されるなら、関連部署と障害情報を共有すべきでしょう。その際は、事前に策定しておいた障害レベル設定に合わせた対応をとります。

2. 監視システムによる自動復旧を試みる

監視システムが稼働していれば、監視対象部分に不具合が起こったり、特定の障害パターンがログに現れたりした場合、監視システムが自動的に再起動を行い、復旧を試みます。これは、障害復旧の最初のプロセスです。
自動復旧の対象となるのは、事前に設定しておいた部分のみですが、スクリプトを組んでおけば、それ以外の部分への自動復旧も可能です。
この段階で改善されない場合、あるいは自動復旧の対象外である場合には、エンジニアによる復旧対応へと移行します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる