オプション取引とは

みんなのFXとの違いも比較

みんなのFXとの違いも比較
まいこ

最速資産運用

手数料が格安 手数料が非常に安く、外貨預金の10分の1以下。 売りと買いのどちらからでも入れる 円高でも円安でも収益が得られるチャンスがある。 レバレッジ効果 少ない投資で大きな収益が得られる。 小額から投資が可能 レバレッジを使えば、数万円単位から投資が可能。 流動性が高い 世界最大の金融市場なので流通量や取引量が非常に多く、取引が成立しないことは皆無。 透明性が高い 世界最大の金融市場なので透明性が高く、インサイダー取引が発生する可能性が低い。 スワップ金利がもらえる可能性 取引する二国間の金利差により、スワップ金利は決まる。 低金利通貨で高金利通貨を買えば、毎日スワップ金利を受け取ることができる。 スワップ金利はFX業者によって異なる。 税制優遇措置がある 「先物取引に係る雑所得等」として、20.315%の申告分離課税で完了。 みんなのFXとの違いも比較 先物取引やCFD等との損益通算が可能。 差損が出た場合、3年間繰越可能。 24時間取引 サラリーマンや主婦などでも、空いた時間にリアルタイムで取引可能。 情報収集が楽 株式投資に比べると投資対象が少ないので、情報収集がしやすい。 みんなのFXとの違いも比較 多彩な決済方法 指値や逆指値など、自動的に決済する方法が用意されている。 指値: 指定価格より高ければ売り、指定価格より安ければ買い。 逆指値: 指定価格以下なら売り、指定価格以上なら買い。

FXの欠点

元本保証がされていない 売買した瞬間にスプレッド(為替間のレート差)や手数料が発生するので、必ず一回は元本割れをする。 為替変動によるリスクが大きい レバレッジをかけた場合、為替変動による損失が大きく膨らむ。 [対策] バランスの取れたレバレッジを心がける。 スワップ金利を支払う可能性 低金利通貨で高金利通貨を売れば、毎日スワップ金利を支払う必要がある。 金利変動リスクがある スワップ金利を受け取っていても、二国間の金利差が縮まれば受取額は減る。 オンライン取引のリスク インタ-ネットで売買する場合、FX業者のサーバや自分の通信機器の障害等で、取引ができなくなることがある。 FX取引業者の信用リスク FX取引業者の倒産により証拠金が全額返還されない可能性がある。 [対策] みんなのFXとの違いも比較 FX取引業者は業務や財産に関する説明書類を備え置くことが義務付けられているので、財務状況が過不足なく開示されているFX取引業者を選ぶ。 [対策] 顧客から預った証拠金が信託保全(分別管理)されているFX取引業者を選ぶ。 [対策] 取引所(クリック365)に登録されているFX取引業者の信用度は比較的高い。 強制ロスカット 必要証拠金額が足りなくなるとマージンコールが発生し、追証(追加で証拠金を入れること)しなければ強制ロスカットされ、損失が確定してしまう。 [対策] 指値や逆指値などでリスクヘッジを行なう。 24時間取引 仕事中や寝ている間の急激な為替変動により、大きな損失を被ることがある。 [対策] 指値や逆指値などでリスクヘッジを行なう。

FXの税金(基本)

申告要件 利益が20万円を超えたら要申告(給与所得者の場合)。 FX取引に関する費用を必要経費として計上可能(通信代、パソコン代、書籍代、セミナー代等)。 「先物取引に係る雑所得等」として、20.315%の申告分離課税で完了。 「先物取引に係る雑所得等」(先物取引やFX、CFD等)の中で損益通算が可能。 差損が出た場合、3年間繰越可能。(「先物取引に係る雑所得等」内において控除)

FXの税金(事業所得で申告する方法)

FX取引については、仮に事業所得で申告しても、先物取引という性格上「継続して安定した収益が得られる可能性」が実務上なかなか認められないため、雑所得として取り扱われることがほとんどです。事業所得として認められるのは、限定的であると思われます。
そこで、法人化を検討することになるのですが、手間とコストがかかるため、二の足を踏むことになります。
では、事業所得での申告が認められる方法はないのかというと、実はあります。安定的な手数料収入等が見込める金融商品取引業者に登録すればいいのです。
大まかな流れ 金融商品取引業者として所轄の財務事務所に個人で登録する。 登録完了後、FXを自己勘定取引する。 金融商品取引業者の種類 第一種金融商品取引業 みんなのFXとの違いも比較 第二種金融商品取引業(*個人登録が可能) 投資運用業 投資助言・代理業(*個人登録が可能) 金融商品取引業者としての業務 登録が比較的容易な投資助言・代理業(投資顧問業)を選択する。 インターネット等を通じて、自らの経験をもとに、投資レポートを直接販売したり、投資ツールを公開し継続的に有料サポートを実施。 投資助言・代理業としてのスキルを向上させるために自己勘定取引を同時並行的に実施。 みんなのFXとの違いも比較 注意点 実際に投資助言・代理業(投資顧問業)を行なう必要がある。 登録免許税15万円の他に、供託金500万円~が必要となる。(供託金の代りに、銀行との保証委託契約でも可能) 事業規模とみなされると、事業税を納付する必要がある。 「先物取引に係る事業所得」として申告分離課税することになるが、申告方法を含め、税務署に事前確認しておいた方が無難。

関連する資産運用情報

金融株式カテゴリ

クレジットカード ポイント還元率比較ランキング みんなのFXとの違いも比較 ポイント還元率1%以上のカードを還元率順にランキング比較。利用額(年1万円~2000万円)や年会費を加味した実質的なポイント還元率を自動計算。 株式取引手数料ゼロの証券会社 株式の取引手数料が無料になる証券会社を比較解説。株式投資や信用取引、株式投資信託、転換社債等について。 証券会社格付け比較ランキング 証券会社の信用格付け(格付け機関5社分)を一括して一覧表示。毎月更新中。 CFDとは CFD投資の種類やメリット、デメリット、税金について。 FXスワップ(売り買い)比較ランキング 通貨ペア別にスワップポイントの高い順にFX業者をランキング比較。米ドル/円,ユーロ/円,英ポンド/円,豪ドル/円,NZドル/円,カナダドル/円,スイスフラン/円,南アランド/円,トルコリラ/円,ユーロ/米ドル,英ポンド/米ドル,豪ドル/米ドル,ユーロ/豪ドル,英ポンド/豪ドル。

「TradingView(トレーディングビュー)」の
有料機能を無料で使う裏ワザがあった!
大人気のチャート分析ツールを賢く使おう

大人気のチャート分析ツール「TradingView」が、トレイダーズ証券の[みんなのFX]と[LIGHT FX]で使える!

トレイダーズ証券の みんなのFXとの違いも比較 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の2つの口座で、2021年8月28日(土)からチャート分析ツールの 「TradingView」 が提供されるようになりました!

TradingViewが、2021年8月28日(土)よりトレイダーズ証券[みんなのFX]と[LIGHT FX]で提供されるように

上のバナーは [みんなのFX] の公式サイトに掲載されているもので、「世界の利用者1500万人超」となっていますが、「TradingView」の公式サイトによると、「TradingView」のアクティブユーザーは月間3000万人

ハイスペックでありながら手軽に利用できるのが魅力で、アプリをインストールする必要がなく、ウェブブラウザ上で利用が可能。また、100種類以上の基本的なテクニカル指標だけでなく、「TradingView」のユーザーが作成した10万種類以上のテクニカル指標も使うことができます。

そして、FXの通貨ペアだけでなく、株価指数や個別株、CFDなど、世界中の主要な金融商品のレートやチャートを表示することができ、複数の銘柄を1つのチャート上に表示して比較したり、チャートの過去の値動きをリプレイしたりすることも可能。

これらの機能はすべて、無料の「Basic」プランで利用できますが、有料のプランを利用すると、さらに多くの機能が追加されます。有料プランは使える機能によって、「Pro」、「Pro+」、「Premium」の3種類が用意されています。

TradingView有料プラン

トレイダーズ証券で提供が始まった「TradingView」は、 [みんなのFX] や [LIGHT FX] に口座を持っていれば無料で使うことができ、さらに「TradingView」の有料版でしか使えない機能の一部も無料で提供されているとのこと。

トレイダーズ証券版のTradingViewでは有料版でしか使えない機能の一部も、無料で提供されている

有料版でしか使えない機能の一部も、トレイダーズ証券の「TradingView」で使える!

通常の「TradingView」では有料版でしか使えない機能でありながら、トレイダーズ証券の [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では使える機能を紹介しましょう。

● 1つのタブに「最大6枚」までチャートを表示できる

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、1つのタブに最大で6枚のチャートが表示できます。通常の「TradingView」では、無料版では1つのタブに1枚のチャートしか表示できず、有料版でも「Pro」なら2枚、「Pro+」でも4枚までしか表示できません。

トレイダーズ証券版TradingViewチャート画面

● テクニカル指標の「テンプレートを無限に保存」できる

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、複数のテクニカル指標の組み合わせをテンプレートとして、無限に保存することができます。

テクニカル指標は組み合わせて使うことも多いですから、複数のテンプレートを保存できた方が便利です。「TradingView」は、無料版でもかなり使えるツールですが、使い込もうと思うと、このあたりがネックになって、有料版のメリットを痛感するので、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] で無限にテンプレートを保存できるのは、かなり魅力に感じるでしょう。

● チャートの時間軸に「秒足」が使える

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、チャートの時間軸に無料で「秒足」を表示させることができます。通常の「TradingView」では、有料プランで最高ランクの「Premium」だけでしか「秒足」を利用することができません。

トレイダーズ証券版TradingView・秒足チャート

「TradingView」の「Premium」プランは月額で約60ドルかかるので、それなりに利益を上げられるトレーダーでないと、ハードルが高いですが、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」なら口座を開設するだけで利用できるので、初心者でも躊躇なく使うことができますよ!

● 「1つのチャートに26種類以上のテクニカル指標」を表示できる

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では、1つのチャートに26種類以上のテクニカル指標を表示できます。通常の「TradingView」の無料版では、最大で3種類までしかテクニカル指標を表示できず、有料プランの最高ランクとなる「Premium」でも25種類までなので、 [みんなのFX] と [LIGHT みんなのFXとの違いも比較 FX] の「TradingView」は、「Premium」プランを超える数を表示できるということになります。

26種類以上のテクニカル指標を一度に表示することは、さすがにあまりないのかもしれませんが、通常の「TradingView」では4種類以上のテクニカル指標を表示させようと思えば、それだけで月額で約15ドルがかかることになります。4種類のテクニカル指標を表示させるシーンならありえそうなので、そう考えると、 [みんなのFX] [LIGHT FX] の「TradingView」を使うメリットは大きいのではないでしょうか。

● みんなのFXとの違いも比較 広告の表示がない

[みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」には、広告の表示がありません

TradingViewの基本的な使い方を解説する動画も公開中。トレイダーズ証券のユーザーでなくてもためになる!

トレイダーズ証券[みんなのFX] の公式サイトでは、「TradingView」の基本的な使い方について解説する4本の動画を公開しています。各動画の内容は、下記のとおり。

TradingViewの基本的な使い方解説動画

トレイダーズ証券が提供する「TradingView」の説明にはなりますが、現役為替ディーラーがおすすめのテクニカル指標を紹介している動画の「トレードに必須!インジケーター&ストラテジー」などは、通常の「TradingView」を利用している方にも使える内容となっていますので、「TradingView」の初心者も参考になると思います!

トレイダーズ証券の「TradingView」では足りないところは、通常版や他社の「TradingView」で補うという手も

一方、通常の「TradingView」なら無料の「Basic」プランでも使えるのに、トレイダーズ証券が [みんなのFX] と [LIGHT FX] で提供している「TradingView」では利用できない機能もあります。

たとえば、チャートに表示できる銘柄は [みんなのFX] と [LIGHT FX] で取り扱いのある29の通貨ペア(米ドル/円ラージを含む)のみです。

テクニカル指標も通常の「TradingView」に搭載されたすべてではなく、トレイダーズ証券が厳選した87種類になります。とはいえ87種類でも、FX会社が独自に提供している取引ツールに搭載されたテクニカル指標の数に比べると圧倒的に豊富。特に、初心者にとってはテクニカル指標の数が多すぎても混乱しかねませんので、厳選されているのはむしろ、ありがたいことかもしれません。

いずれにせよ、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] みんなのFXとの違いも比較 が独自に提供している「シンプルチャート」と比較すると、「TradingView」のチャート機能は格段に豊富です。

シンプルチャートとトレイダーズ証券版TradingViewの違い

また、複数の銘柄を1つのチャートに表示して比較する機能も、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」には搭載されていません。さらに、トレードの練習や手法の検証などにも利用できる、チャート上で過去の値動きをさかのぼって再生する「バーのリプレイ」の機能もありません。

こうした、 [みんなのFX] と [LIGHT FX] の「TradingView」では使えない機能は、通常の「TradingView」や、 サクソバンク証券 、 ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF GX] など、トレイダーズ証券以外で「TradingView」を利用できるFX会社に口座を開設して併用するのも良いかもしれません。

サクソバンク証券の「TradingView」はサクソバンク証券の口座と連携することで、サクソバンク証券で取り扱っている150通貨ペア以上を通常の「TradingView」を使って取引することができます。ほかにも、サクソバンク証券が取り扱う外国株式や株式CFDも、「TradingView」から取引できるようになっています!

ご自身のトレードのレベルや取引する銘柄に合わせて、いいとこどりで各社のTradingViewを利用すれば、無料でも十分にニーズを満たせる可能性があります。

「TradingView」が未経験の方は、まずは手軽に通常の無料版か、トレイダーズ証券の [みんなのFX] と [LIGHT FX] みんなのFXとの違いも比較 の「TradingView」で、使い勝手を試して魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

[みんなのFX]と[LIGHT FX]の両方で、最大5万3000円がキャッシュバックされる新規口座開設キャンペーンを実施中!

トレイダーズ証券[みんなのFX] では現在、新規口座開設と一定期間内の取引量に応じて、最大5万3000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

トレイダーズ証券[みんなのFX]の公式サイト

まず、2022年6月30日(木)までにザイFX!を経由して [みんなのFX] に新規で口座開設を行い、申し込み日から60日以内に [みんなのFX] で5万通貨以上の新規取引を行うと、もれなく3000円がキャッシュバックされます。

さらに、2022年7月1日(金)午前5時50分までの新規口座開設と、口座開設を申し込んだ月の翌々月末最終営業日が終了するまでに30万通貨以上の新規取引を行うと、取引量に応じて1000円~最大5万円がキャッシュバックされます。

最大5万円キャッシュバックの新規口座開設キャンペーン・条件

トレイダーズ証券[LIGHT FX]の公式サイト

トレイダーズ証券の [みんなのFX] 、そして [LIGHT FX] の新規口座開設をお考えの方は、お得なキャンペーンの利用をお忘れなく!

>>> トレイダーズ証券[みんなのFX]の最新スペック詳細 はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください
>>> トレイダーズ証券[LIGHT FX]の最新スペック詳細 はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

海外FXと国内FXの違いとは?結局どっちが良いの?

海外FX国内FX

DMMFX LINE みんなのFXとの違いも比較 FX ヒロセ通商 外貨ex マネーパートナーズ 楽天証券 SBI FXトレード FXブロードネット 外為どっとコム 松井証券 JFX株式会社 GMOクリック証券 OANDA 外貨プライム FXTF セントラル短資FX LIGHT FX インヴァスト証券 みんなのFX 外為ジャパン 外為オンライン マネックス証券

ボーナスが期待できない

少額からFXを始めたい人や ノーリスクで始めたい方にとって海外FXのボーナスは非常に魅力的 であると言えるでしょう。

そのほとんどは、 「〇〇円分取引したら〇〇円キャッシュバック」のようなキャッシュバックボーナス です。

見ての通り、5,000円のキャッシュバックを受け取るだけでもかなりの金額を取引しなければいけません。

このように、国内FXのボーナスはほとんど期待することができないため、 少額から始めたい方やノーリスクで始めたい方には不向きである と言えます。

ゼロカットがない

海外FXのゼロカットとは」でも解説していますが、海外FXでは ゼロカットシステムによって資金が0以上になることはありません。 みんなのFXとの違いも比較

しかし、国内FXでは「追証」という、言わば借金を背負うリスクがあります。

そもそも最大レバレッジが25倍である国内FXで残高がマイナスになることはあまり考えにくいとは言えますが、万が一にも借金を背負ってしまう可能性があることは トレーダーにとってなかなかのリスクである と言えるでしょう。

ほとんどの業者はMT4が使えない

MT4は世界中のトレーダーが愛用し、世界中のトレーダーがMT4に表示されているチャートでトレード しています。

他のトレーダーの心理を読み解く必要があるFXにおいて 独自のプラットフォームを使うのはあまりおすすめできません。

海外FXをおすすめする人

結論、 少額から一気に稼ぎたい と考えている人です。

  • 借金は絶対にしたくない
  • でも、少額から一気に稼ぎたい
  • できればノーリスクで始めたい

レバレッジが高ければ高いほど資金は少なく済むわけですから、その 高いレバレッジと業者ごとに設定されている最小取引単位を組み合わせることで少額からでも一気に稼ぐことが可能 になります。

また、海外FXには豪華なボーナスも用意されていますから、 ボーナスを活用すればノーリスクで大きく稼ぐことも十分に可能 です。

国内FXをおすすめする人

  • すでにまとまった資金があり、レバレッジが必要ない人
  • 安全な環境でコツコツと資金を増やしたい人

国内FXは、最大レバレッジが25倍という規制があるため、 健全なトレードをするにはある程度まとまった資金が必要 みんなのFXとの違いも比較 みんなのFXとの違いも比較 になります。

そのため、国内FXをおすすめできる方は、 ある程度まとまったお金が用意できている方や、万が一まで考えて安全にトレードできる環境がほしいという方 と言えるでしょう。

海外FXを使う際の注意点

  • 金融ライセンスや出金拒否の有無
  • 税金は累進課税
  • レバレッジをかけすぎない

金融ライセンスや出金拒否の有無

国内FXに比べ、安全性がやや低いと言える海外FXですが、 「金融ライセンス」や「過去に出金拒否などのトラブルはあったか」などを確認 みんなのFXとの違いも比較 しておくことで比較的安心して利用できます。

そもそも金融ライセンスを取得していない業者は論外ですが、金融ライセンスを取得している業者であれば、ある程度信頼できる業者と言えます

まともな海外業者であれば、よほど悪質なトレードをしない限り出金を拒否されることはありませんが、 一部には詐欺のような海外業者も存在するため、しっかりと確認する ことをおすすめします。

税金は累進課税

さらに言えば、 収入によっては海外FXの方が税金が安くなる 場合もあります。

しかし、 得た利益によっては国内FXよりも税金が多くなる ことを覚えておきましょう。

国内FXであれば税金は一律で約20%ですが、海外FXは累進課税です。一定の額を超えた場合は国内の税金よりも高くなります。

初心者にとってはあまり関係のない話ですが、 FXで稼げるようになったときは海外FXの方が多く税金を取られてしまう ということは覚えておきましょう。

レバレッジをかけすぎない

最大レバレッジが25倍しかかけられない みんなのFXとの違いも比較 国内FXに比べて圧倒的に資金効率を高める ことができます。

しかし、今後FXで稼いでいきたい方は無闇に最大レバレッジをかけて取引しないように注意しましょう。

資金管理を行っていないレバレッジでの取引は、たとえ運良く勝ち続けたとしても いつかは破産してしまう でしょう。

国内FXを使う際の注意点

  • レバレッジが低いから安全とは限らない
  • みんなのFXとの違いも比較
  • 追証のリスク
  • スプレッドの変動

レバレッジが低いから安全とは限らない

レバレッジが高いから危険というわけではないのと同様に、 最大レバレッジが25倍だから安全というわけではありません。

そもそも最大レバレッジが25倍ということは、高いレバレッジをかけるよりも元手となる資金が必要になってきます。

たとえ 最大レバレッジが25倍であってもロスカットで資金をすべて失う可能性は十分にある のでトレードをする際は注意しましょう。

追証のリスク

しかし、 ゼロカットシステムのない国内FXで損失を出した場合、追証によって追加の入金を迫られます。

急激な価格変動が起きた場合などで追証が発生する可能性も十分にある ので、国内FXで取引する場合は注意しましょう。

スプレッドの変動

通常の値動きや時間帯であればそこまで心配する必要はありませんが、 急激な価格変動や、取引量の少ない時間帯はスプレッドが変動する可能性があります。

そのようなトラブルを避けるためにも 要人発言に注意を向けたり、取引量の少ない時間帯はトレードを避ける などの対策を行うことが大切です。

国内FXと海外FXの税金の違い

国内FXと海外FXの税金の違い

  1. 国内は一律20%(申告分離課税)
  2. 海外は累進課税(最大50%)
  3. 国内と海外、どちらのFXの税率が高いのか?
  4. 平均年収の日本人なら、海外の方が税率が高い

国内は一律20%(申告分離課税)

国税と地方税の合計が一律20% となっています。

国税15%+地方税5%=20%

みんなのFXとの違いも比較 国税庁のルール

  1. 所得の種類は「先物取引に係る雑所得等」
  2. 所得税は15%
  3. 地方税は5%
  4. 課税方法は「申告分離課税」

④の「申告分離」とは「他の収入や経費と合算しない」 という意味です。

合算しないから20%で固定できる」と考えると、意味がわかりやすいでしょう。

まいこ

合算すると固定できないのは「普通の税金は、税率が変動する」からです。

かずき

累進課税のことですが、本来税率は「固定されていないのが基本」なんですね。

その 基本から逸れるために「確定申告を分離する」 必要があるのです。

海外は累進課税(最大50%)

つまり、固定の税率がなく 「稼げば稼ぐほど増える」形です(最大50%)。

累進課税

    みんなのFXとの違いも比較
  1. 「登録金融機関以外」だと、
  2. 「申告分離課税」ではなく、
  3. 「注1」のルールにする

まず①の「登録金融機関」ですが、 海外FXの業者はすべて「無登録」 です。

登録業者一覧

このようなPDFですが、 登録業者の「所在地」 も書かれています。

登録業者

当然ながら「 日本に支社や支店がなければ、日本の金融庁の登録業者にはなれない 」ためです。

しかし、この場合は 完全に日本の法律に従っているため「海外FX業者とはいえない」 のです。

  • ブランドがグローバルなだけ
  • 会社の所在地は日本
  • ルールも日本のFX

あすか

もちろん、金融庁に認められることは大きなことです。

かずき

そのため、国内FXに分類されることは、オアンダ・ジャパンにとっても良いことだといえます。

何はともあれ、このように「登録業者一覧の住所に海外がない」ことから「 海外FX業者はすべて無登録 」といえます。

「注1」のルールとは何か

もう一度振り返ると、 無登録の業者には「申告分離課税が適用されない」 ということが書かれていました。

そして「注1」の内容が適用されるということでした。

国税庁のルール

どんなルールだったかというと「 FXの所得が雑所得になる 」というものです。

雑所得は「総合課税」の対象である

  • 100万〜200万円の部分は、10%
  • 200万〜300万円の部分は、20%

そのような疑問がないよう 「各ゾーン」を「超過した分」に「累進した税率をかける」 というのが、超過累進税率の意味です。

国内と海外、どちらのFXの税率が高いのか?

そういえる理由は「 20%の税率は、年収330万円未満の人の税率 」だからです。

国税庁のルール

見てのとおり、 所得税の税率が10%なのは「年収329万円」まで です。

上の表は 「所得税だけ」で10% ということです。

住民税は一律10%

総務省

その他、わずかに「均等割」もかかるのですが、 収入によって変動する住民税は「一律10%」 ということです。

平均年収の日本人なら、海外の方が税率が高い

日本人の平均年収は、おおよそ「433万円」 みんなのFXとの違いも比較 です。

平均年収

それだけの「やや低所得な人の税率」が適用されることを考えると、 国内FXの「一律20%」の方が安い(低税率) といえます。

FXの課税ルールの補足

これは「 国内ならできる、海外ならできない 」が結論です。

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

税金の種類が所得税

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

【まとめ】海外FXと国内FXの違い

  • 国内FXと海外FXのどちらにするかは 求めるトレードによって決める
  • 国内FXは安全性は高いが、レバレッジは最大で25倍までしかかけられない
  • 海外FXは最大レバレッジ1,000倍以上でのトレードが可能だが、安全性はやや低い
  • 国内FXがおすすめな人はすでにまとまった資金がある人
  • 海外FXがおすすめな人は少額から一気に稼ぎたい人
  • 国内FX、海外FXどちらもデメリットを把握しておく

安全性に不安があるという方でも 最大手であるXM Tradingを利用すれば問題ない でしょう。

入手難易度の高い金融ライセンスを取得しており、過去の出金拒否などのトラブルはありません。 このことからも安全性・信頼性においては非常に高い海外業者といえます。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FX業者選びで悩んでいます。(FX暦 2ヶ月) 外為オンラインを使っているのですが、 外為ジャパンかみんなのFXかDMMFXに変えようかと思います この三社でやるメリット、デメリットがあれば教えてください!!

FX業者選びで悩んでいます。(FX暦 2ヶ月)

外為オンラインを使っているのですが、

外為ジャパンかみんなのFXかDMMFXに変えようかと思います

この三社でやるメリット、デメリットがあれば教えてください!!今のところ、スキャルで203ピプス勝てているのですが、

連れにスプレッドが高いからほかの業者に変えたほうがいいと

言われ、上記の三社のどれかがいいと言われました。

確かに比べると最大1.8銭くらい違う(ポンド円)ので何回もトレードすると

損だなぁとも思います。

ベストアンサーに選ばれた回答

>外為オンラインを使っているのですが、外為ジャパンかみんなのFXかDMMFXに変えようかと思います。この三社でやるメリット、デメリットがあれば教えてください!

私は、「外為ジャパン」をよく使ってます。

私にとって、この業者を使う最も大きなメリットは、「時間成行き注文が使えること」ですね。→「時間成行き注文」というのは、今から37分後とか、2時間52分後に「成行き注文を執行する」、という注文方法です。私の場合、「ストップ注文」のほかに、「トレイリングストップ注文」、「時間成行き注文」のどちらか、または、両方を併用したい、というケースが多いので、この業者のシステムはありがたいです。ちなみに、「みんなのFX」も、「外為ジャパン」と同じシステムを使っているようです。

最大のデメリットは、チャートが貧弱なことです。→もっとも、これはMT4を使えば回避できますが。


>今のところ、スキャルで203ピプス勝てているのですが…

ひょっとすると、あなたは「天才タイプ」かも知れませんね。→FX暦 2ヶ月でスキャル、しかも、203ピプス勝てている…というのは、非常に珍しいと思いますよ。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,みんなのFXとの違いも比較 000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

あ、なんかおもしろい質問発見ww。
えーと。 私もヒロセ好きです。
クリックも口座を持ってますが暇つぶしにバイナリオプションで遊ぶ程度と株をナンボか持ってます。
FXのメインでは使いませんね。
安心できるとこはしろくまさんの回答にある大きい所を選んだほうがいいでしょう。

先月のヒロセ、カレーはいまいちでしたがなにかくれる発想は好きですね。
キャッシュバックって燃えないですけど食品だと燃えますw
買えばいいんでしょうけどねw

初心者でポン円取引で203PIPs勝ってたらすごいですよ!
何回の取引で勝率どれくらいかはわかりませんがいいですね。

ただ、今後取引を続けるようならポン円はちょっと難しいと思います。
いまからずっとポン円でやり、エキスパートになる可能性もないとは言えませんが難しいですよ。
下にいるあんぽんたんはINRだのZARだのHKDだのAKBとか言ってますがそちらも論外ですね。
もしほんとに勝ててるならこう取引したら勝てました。的なの公開してもらえるとあ~なるほどその方法なら勝てるかもね~とか言えるんですがなんとも・・・。
ユロドルに関してですが取引量が多く、「まともな人」がたくさん取り扱ってる通貨なので読みが利きます。
なぜならそれなりのテクニカルポイントでは反転するし、抜けたら抜けたで走ってくれる。
また、利点として大きいのはオーダーがFXニュースなどで見れるので事前に走りやすそうなとこ、反転しやすそうなとこといったポイントを見つけやすいです。
私はFXWAVEで見てますがドル円、ユロ円、豪ドルドル、ユロドル、ポンドルの市場オーダーは昼過ぎに必ず確認します。
ポン円は配信されませんのでそういった意味では参考にならないというか読みにくいということがあります。

私の第一の師匠はポン円とユロ円しか取引してませんでしたが年3000万ほどをコンスタントに稼いでました。
週に2,3回トレードするだけでしたがすごい人でした。
いまはFXをされてませんがポン円ユロ円のエキスパートですね。

質問者様がどうされるか自由だと思いますがしろくまさんおっしゃるように会社選びも大事ですが通貨選びも大事ですよ。
頑張ってください。

私のお勧めはヒロセ通商、JFXです。
お金ももらえて昼ごはんも支給してくれるんですよ!。
なんておいしいww


さて、、、
またか・・・。

質問者様はdanbeya2000氏に騙されないようにしてください。
このひとは6年も専業してて(うそだとおもうけど)それなのに税金、家賃を滞納できちゃうようなレベルの人です。
暇があったら過去の回答を追っかけてみるといいでしょう。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=danbeya2000

氷のオッチャンがいうように通貨選びは非常に重要でポン円は非常に難しい通貨です。
私は指標時にワナをしかけておくくらいで普段はいじりません。

一番楽なのはユロドルです。
抜いたPIPsの割に収入は劣りますがテクニカルに忠実で非常に稼ぎやすく逃げやすい通貨です。

またちょこちょこスキャでとるならポンドドルも面白いかと思います。
ちなみにカン違いしたあほは
>ユーロドルが一番の機関投資家の騙しあいの通貨ペアじゃねーか
と言ってますがこれはポンドルのことです。 みんなのFXとの違いも比較
ちょっとした癖があり、一日10~15PIPsを2回ほどほぼ確実に抜ける時間帯があります。

ほかの通貨も観察した上で取引されれば上達も早いかと思います。
変な人に騙されちゃだめですよw

補足
おやオッチャンまで標的に入りましたかw

>仮にお前が勝ってるトレーダーとしても人を見下し、陰湿な行為、言動。

これ、違いますよ。
danbeya2000氏は視野が狭いので自分ばっかり言われて悔しいんでしょうが、ここで回答している人でまともな回答者は以前からまともでない回答者の反論をしています。
勝っているから見下しているのではなく間違っているものを修正しすこしづつでもレベル上げるのに必死です。
以前しろくまさんにしてもp_piyoさんにしても「もうやだ」と投げ出されておりましたがつまらない20ドルは日本円でいくらですか?みたいな質問には答えませんが相場にたいしてちゃんと向かっている方に対しては回答をつけてくださるようになりました。
残念ながら質問者のレベルが低く、間違った回答にベストアンサーがついたりすることもありますが少なくともマイナー通貨を勧めるようなあほーの言うことは反論せずにいられません。

何度も言いますがdanbeya2000氏はFXでカテで回答しないように
>>>何回も言うけど相場師は常に孤独なんだって!!
>>>自分の意見を持て!!
わかったから一人でやってなって。他人を巻き込まないように!

再補足
はいはい
ポン円は「したことがない」 じゃなくて 「しない」ですね。
メインではないのでレートを覚えるほどやりません。
指標時にドル円が動きそうな時に20PIPsほどかすめ取る逆指値を入れてるんですね。
意識としては「ドル円」の動きで「ポン円」の値幅を取りに行ってます。
なので指標10分前に上下に逆指値入れる以外でレートを見ないので当然覚えてません。
メインはユロドル。
面倒だから見てる通貨,たまにでも取引する通貨全部書いときましょうね。
ドルストで EUR,GPB,CHF,AUD,NZD,CAD,JPY
クロスで EUR/GBP,EUR/AUD,EUR/CHF
円がらみで EUR,GPB,NZD.AUD
ユロドル、ポンドル以外は月に2,3回ほどトレードすれば多いほうです。
ちなみにZARってなに?ww
ってくらい見ません。ましてやINRって???
寝言は寝てから言ってくださいw
いや起きててもいいからもうこないで頼む!

業者選びの前に、通過ペア選びという指摘がしろくまさんから、なされています。

それに対して、だんべやさんから、初心者に対して、マイナー通貨が勧められています。

これは、とても重要なことですので、私の意見を述べさせて頂きます。


私は商品、株、FXとやりますが、いずれのアセットも、流動性の低い銘柄を手がけて、生き残った人間はいません。

もちろん、これは私の狭い範囲でのことですが、それでも流動性の低い銘柄を手がけると、身を滅ぼします。

これは私の確信です。
定常性が確保れている間は、一億を超え、二億、三億といきますが、一旦、相場が崩れると、全てを吐き出し、さらに追い込まれる羽目になります。

しかし、流動性が高い銘柄であれば、逃げれます。
身ぐるみ剥がれることはなく、再起が可能なのです。

ですので、流動性の高い通過ペアを選択してください。

値動きが大人しいとか、ボラがどうとかいうまえに、相場が崩れた時に逃げることのできる程度に流動性が確保されている銘柄を選ぶべきです。

この考え方は、定常性が確保されている現状では、切実さが感じられず、したがって説得力がないのだろうと思います。しかし、相場というのは、溜まった灰汁を抜くため、何度でも、市場内部の者、すなわちポジションを持っている人間を殺しにかかってきます。

そのとき、逃げる機会を与えてくれるのは、流動性の高い銘柄だけです。

初心者こそ、流動性の高い銘柄で上達を目指し、技術が向上し資金が増加した上で、流動性の低い銘柄を手がけても良いと思います。

ただし、上達した人間は、流動性の低い銘柄は手がけなくなると思います。

以上、オッチャンの心からのアドバイスです。




追加で。
だんべやさん。

株の話はしてません。
みんなのFXとの違いも比較
相場全体の話です。

一般化するために銘柄と表現しました。稚拙なつっこみをされてますが、めんどくさいだけです。


みんなのFXとの違いも比較

あと、だんべやんは、損切りすれば逃げられると思っていますが、本当の意味で相場が崩れている局面で、損切りの相手方が存在するのは、流動性の高い銘柄、流動性の高い通過ペアです。

相手方が出現するまで、相場は逆行し続けます。だんべやさん、意味わかりますか?

国語も不自由で、考え方も稚拙。加えて知識もなければ経験もない。無駄に何年もFXやってきて、それが相場の全てだと思っているようにしか思えませんよ、だんべやさん。

繰り返しますが、流動性こそ全てです。
利益の源泉は、多様な相場参加者が参入しているからこそ、存在し得るので、超マイナー通貨は、アウトライヤーでは破綻するのみです。

私の話を、塩漬けとか、損切りとか、そういう技術的な話と勘違いするってことは、相場について深堀りしたことはないのでしょうね、だんべやさん。

それだけで、貴方が下手くそだということが明確にわかりますよ、だんべやさん。

下手くそなのに、なぜ回答しようとするのか、私には理解できません。
考えの浅いだんべやさんの回答が、質問者のお役に立てるとは私には到底思えないのです。

だんべやさん、流動性が高いことが何を意味しているか、貴方には一生わからないでしょうし、従ってなぜしろくまさんやピヨさん、ニャンコ先生などの回答者が、利益を継続的にあげているかも、理解できないのでしょう。

だんべやさんは、ずっと超マイナー通貨でしこしこやってればいいのではないですか。

しかし、他人をだんべやさんのような、小さな、薄い相場の世界へ招き入れるような真似だけはしないでください。



追加2

だんべやさんは、私に次のように指摘してくださいました。

>まずFXは現物取引でなく先物取引だって事は知ってるよな?


FXは、先物取引ではありません。
証拠金取引ですし、差金決済されますし、この点では先物取引と似ています。

しかし、先物は限月制度です。FXは違います。

したがって、FXは、あえて言うなら、先物取引に類似した金融商品、とでも言うのでしょうか。

だんべやさん、この違いわかりますか? みんなのFXとの違いも比較
わからないから、得意になって、FXは先物だと私に指摘なさったのではないですか?


ブローカーの中には、先物取引の一種と解説してあるところもありますが、証拠金取引であることと、差金決済であることが似ているだけで、あくまでも異なる取引です。



だんべやさん、限月制度ってわかりますか?

FX自動売買ツールのあるおすすめ口座は?方法を比較した結果を発表

本サイトではFX初心者にはGMOクリック証券 FXネオをおすすめしています。自動売買機能はありませんが、2020年のFX取引高は世界No.1、国内では9年連続No.1の実績※があります。
FX初心者から上級者まで世界中で利用されており、FX以外の投資にも対応しているのが魅力の1つです。
スマホアプリの使いやすさやチャートの見やすさも特徴のため、スマホで投資デビューしたい人におすすめの口座です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

FX自動売買を使うならみんなのシストレがおすすめ

FX

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

FX

楽天FXの手数料や口コミ評価を紹介!mt4やキャンペーンも解説

FX

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ?ユーロ円など通貨ペア別に比較

FX

FXのレバレッジとは?おすすめのかけ方や計算方法を解説

FX

LINE FXの口コミ評判やキャンペーンを初心者に簡単解説!

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる