外為トレードバトル

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは

資産100万円を投資元本として一括投資に取り組んでいくことを想定してみましょう。

知っておきたい投資の基本! 長期・分散・積立の3つの考え方を解説

知っておきたい投資の基本! 長期・分散・積立の3つの考え方を解説

図表1

出典 金融庁 投資の基本

・複利効果によって保有期間が長いほど利益が増加する
・長期間の保有で良い成果と悪い成果が平準化され、収益率が安定する
・日々の値動きに感情を左右されず、メンタルを安定させながら運用できる
・購入後は原則として放置が多くなるため、忙しい方でも始めやすい

分散投資とは?

図表2

出典 日本証券業協会 投資のはじめ方

・資産の分散:資産レベル(株式20%・債券10%など)や投資先の銘柄(A社40%・B社30%など)で分散させてリスクを低減できる
・時間の分散:購入タイミングをズラして少しずつ購入することで、1回当たりの購入金額を平準化できる
・地域の分散:異なる国ごとで資産、銘柄、通貨などを複数購入してカントリーリスク(国や地域ごとでの政治・経済状況で価格が変動する可能性)を低減できる

積立投資とは?

・つみたてNISAや株式累積投資(るいとう)などの積立を前提とした商品であれば、月々100~1000円での少額から始められる
・時間分散が自然にできるため、投資リスクを低減できる(金融商品が高額なときに大量に買い付けることを防げるなど)
・自動買い付けの商品が多いため、購入タイミングを考えずに済む

図表3

出典 金融庁 投資の基本

積立投資は資産形成に最適 メリット・デメリットや失敗しないポイントとは

しかし、積立投資は、値動きする投資信託を毎月一定額ずつ購入するため、安いときにたくさん購入し、高いときには少ししか購入しないということを自動的に行うので、いつからでも始めることができます。
一定額の取引なので、投資信託の値段である基準価額が値下がりしていくときは安値で購入できるチャンスとなり、逆に値上がりした時に高値でたくさんの口数(くちすう=取引を行う際の単位)を買ってしまう失敗がありません。長期間上がったり下がったりを繰り返す間には、安値の時にたくさんの口数を購入でき、結果的に平均の購入単価を下げることができます。こうした積立投資の効果をドルコスト平均法といいます。

積立投資の特徴

積立投資のメリット・デメリット

メリット デメリット
ドルコスト平均法の効果で、長期間には平均の購入単価を下げられる可能性が高い 元本割れする可能性がある
元手がなくても少額からいつでもはじめられる 手数料がかかる
国内外の株式や債券などに分散投資がしやすい 売却益や分配金に税金がかかる
海外の資産にも手軽に投資できる 短期間で大きく増やすことがむずかしい
分配金を再投資すれば長期間には複利運用の効果が得られる 自分で投資先を考えたい人にとっては物足りない

わかる選べるNISA投資 わかる選べるNISA投資

02 積立投資に失敗しないポイント

金融商品 単利・複利比較

手数料などのコストを考慮

分散投資をする

分散投資とは、値動きの異なる複数の資産を組み合わせて運用することです。
分散投資には、投資対象となる資産の分散、地域や国の分散、時間の分散などがあります。このうち、時間の分散は一度にまとまったお金を投資しないことですので、積立投資ですでにできています。

特集 不動産ファンドの仕組みとメリット・デメリット

不動産ファンドの仕組みとメリット・デメリット

◇空室リスク
空室が発生すると家賃収入が得られなくなります。それでもローンの支払いなどは継続していかなければなりません。空室期間が長くなればなるほど経済的な負担は増していきます。また、中古マンションの場合、現在入居中の入居者が転居した後に次の入居者がなかなか決まらないということもあります。例えば、近隣に新築のマンションが建ったり、家賃の安いマンションがあったりすると、入居希望者がそちらに流れてしまう可能性があります。


■不動産特定共同事業法に基づく不動産ファンドの仕組みとは

◇任意組合型
任意組合型では、投資家はまず不動産の共有持分を取得します。そして、投資家と事業者は任意組合契約を結びます。次に投資家は、持分を組合に現物出資し、組合が不動産の管理・運営を行い、得られた収益を投資家へ分配します。 この方法では、実際の不動産を共同所有という形で取得することになります。例えば、1口100万円、5口から購入可能など、通常何億円もするような不動産物件の一部を比較的少額で取得することができます。なお、権利関係は実際に不動産を所有している場合と同じですので、登録免許税や不動産取得税など登記のための費用がかかります。

◇匿名組合型
匿名組合型では、投資家は匿名組合に資金を出資します。そして、組合がその出資金によって不動産を取得し、管理・運営を行います。運営によって得られた収益は投資者へ分配されます。任意組合型では、投資者が現物不動産を取得し現物出資していたのに対し、匿名組合型では、金銭を出資するという点が大きく異なります。また、匿名組合型では、投資家が不動産の所有権を持つわけではありません。事業者が所有者として登記されるため、投資家が登記にかかる費用を負担する必要はありません。


■不動産投資信託の種類

◇公募ファンド
公募ファンドは広く一般に投資者を募るファンドのことです。例えば、証券会社、銀行、保険会社などで扱われていたり、新聞やテレビなどで宣伝されていたりします。公募ファンドは主に不特定多数の個人投資家に対して販売されます。また、公募ファンドは証券取引所に上場されており、株式と同じように経済状況や需要と供給などの影響によって日々価額が変動していきます。売買する際も株式投資と同じような方法で行うことができるため、換金性に優れているという特徴があります。

◇私募ファンド
私募ファンドは、証券市場に上場されておらず、事業法人や機関投資家など一部の投資家だけを対象に販売されるファンドのことです。私募ファンドでは投資家が限定されていることもあり、家賃収入などのインカムゲインだけでなく、売却によるキャピタルゲインを目的としたハイリスク・ハイリターンな運用をするものも多くあるようです。また、最少投資金額は公募ファンドでは数万円程度から購入できるのに対し、私募ファンドでは億単位で必要になるという特徴もあります。


■不動産ファンドを利用するメリット・デメリット

◇不動産ファンドを利用するメリット
まず、比較的少額で始めることができるのがメリットといえます。実際の不動産を購入しようとすると、多額の費用が必要になりますが、不動産ファンドを利用する場合、同じ予算でも分散投資が可能になります。例えば、マンションの1室だけ、あるいはアパート1棟だけを所有する場合などは、地震が発生した場合や周辺の家賃相場の下落などのリスクが集中します。また、所有している不動産で事件が起きれば、その損失は非常に大きいものになりかねません。しかし、不動産ファンドを利用することで、複数の物件に分散投資することが可能になります。また、一定の金額ずつ追加で購入していくこともできるため、時間的にもリスクを分散させることができます。さらに、相続する際に分割しやすいというメリットもあります。相続人の数に合わせた口数を取得しておくことで、スムーズに遺産を分割することも可能になります。

◇不動産ファンドを利用するデメリット
一方デメリットは、期待したほどの収益が得られないかもしれないということです。不動産ファンドには大勢の出資者がいるため、一人当たりが受け取れる分配金が少なくなる可能性があります。また、ファンドの運営にはコストがかかるので、そのコストも投資家が負担する必要があります。さらに、不動産ファンドの種類は非常に多くあるので、自分に最適なファンドを選ぶために慎重さが求められます。それぞれのファンドの特徴やスキームなどをしっかりと理解したうえで投資をしないと、思わぬリスクを抱えることにもなりかねません。

短期金利に連動し金利リスクを抑えた、日本の「MMF」(2)主な投資信託商品 投資信託のうち、公社債投資信託の代表的な商品は、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)があります。これは前に述べた米国のMMF(マネー・マーケット・ファンド)を参考にして作られました。 米国のマネー・マーケット・ファンドは、その名前の通り、マネー・マーケット、つまり短期金融市場の短期債券に投資を行うものですが、日本のマネー・マネジメント・ファンドは残存期間が1年以上の債…

「契約型」と「会社型」に分かれる投資信託の形態前回の続きです。 分散投資のメリットは 投資信託の形態としては契約型と会社型があります。契約型は前に述べた信託契約を用いている方式であり、わが国では一般的なタイプです。信託を用いていますので、財産の保管が確かであるといわれています。 投資信託の債券、株式は信託財産として信託銀行に保管されますが、その信託銀行が破綻しても信託財産はその信託銀行の固有の財産とは別に分別管理されていますので安全です。こうした信託財産の安…

金融商品の分散には「国債・投資信託」等の選択肢も今回は、実際にどのような形で分散投資を行っていくべきなのか、そのポイントについて具体的に解説していきましょう。 分散投資のメリットは まず、「金融商品の分散」については、不動産ファンドだけでなく、別の種類の投資商品、たとえば本書の第2章で取り上げた国債、投資信託、リート、さらには株式に投資するという方法が考えられるでしょう。 これらの商品には市場で価格が変動するリスクがありますが、不動産ファンドに投資していれば…

投資対象の選別には「知識」「経験」が必要だが…山田:ゆっくりと長い時間をかけて資産運用をしていけばいいことはわかりましたが、何に投資したらいいのか、僕にはさっぱりわかりません。 高橋:もちろん手間暇かけて投資対象を選別していく方法もありますが、そのためにはかなりの資金と知識、経験がないと難しいですよね。でも、実はズボラでも投資できる方法もあるんですよ。 山田:ホントですか? その方法とは何ですか? 高橋:それは、インデックスファンドを使…

一括投資は危険?「価格変動を抑えた運用でかしこくお金を増やそう」


資産100万円を投資元本として一括投資に取り組んでいくことを想定してみましょう。

しかし、この運用の結果を積み上げていけば、20年で265万円(元本+165万円)にまで運用効果を得ることができることが可能です。

価格変動を抑えた運用の重要性

投資の上でリスクとリターンは、いつも表裏一体の関係であることを覚えていただきたいです。

つまり、「一括投資においては価格変動をいかに抑えるか?」という考え方が極めて重要なポイントになります。そして、中長期的に続けることで着実に資産を増やすことが可能になってくるのです。

ご相談&ご提案事例

このご相談に対して「一括投資」と「積立投資」を併用して運用することをご提案しています。

具体的なご提案内容

このご提案によって資産運用を行う場合、3年後の効果については資産を120%超にまで運用できることが期待できると分かりました。

まとめ:一括投資における2つのポイント

一括投資において、投資信託相談プラザでは「ローリスク&ローリターン」「価格変動をおさえる」の2つのポイントをおさえた運用方法を提案しております。

ローリスク&ローリターンを優先する

この考え方は、長期的かつ堅実に資産を増やしたい方におすすめです。

価格変動をおさえる

投資信託相談プラザが提案する資産運用

私たちIFAが、公正中立的な立場から証券会社選びから商品選び、アフターフォローまでサポートさせていただきます。

IFAとは?資産運用相談する上でのメリットやデメリットを解説

準大手証券会社にて約10年間勤務。社内表彰多数。 セールスとしてではなく、中立的な立場で真摯にお客様と向き合いたい!という思いから転職を決意。 現在、多くのお客様の資産コンサルティングを行いながら、IFAの認知度向上を目指し各地でセミナーを企画。顧客にとって真の資産運用アドバイスを実現するため、幅広い知識習得や情報の提供にも努めている。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

「IFAとは?」無料で配布中!

「IFAとは?」無料で配布中!

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

分散投資のメリットは

投資信託とETFの違い

(1)取引所に上場しているか

ETFは以下の2つの時間中、東京証券取引所で取引ができます。
・月曜日~金曜日 9:00~11:30
・月曜日~金曜日 12:30~15:00

(2)いつ価格が更新されるのか

(3)指値注文(さしねちゅうもん)ができるのか

ETFは指値注文ができる 一方、 投資信託は指値注文ができません
つまり、ETFは自分で価格を指定して取引を行えますが、投資信託は自分で価格を指定した取引ができません。

(4)投資銘柄数

投資銘柄数は、 ETFは約250種 である一方、 投資信託は約6,000種 もあります。
ただし、ETFはほとんどすべての証券会社で250種すべての取引ができますが、投資信託は金融機関により扱う銘柄数が大きく異なります。 投資信託を行う際には銘柄数なども確認してから、金融機関を選択するようにしましょう。

(5)保有期間中の手数料(信託報酬)

一般的に ETFの方が投資信託よりも、保有期間中の手数料は安い傾向 があります。
保有期間中の手数料は、商品を保有している日数で決まります。 長期保有を考えている方は、信託報酬を考慮して証券会社や金融機関を選択しましょう。

(6)購入時の手数料

購入時の手数料は、銘柄や取引する金融機関、証券会社によって違います。
したがって、 ETFと投資信託のどちらが安いかは一概にいえません

(7)売却時の手数料
ETFでも投資信託でも、 売る際に手数料 がかかります。
売却時の手数料も、金融機関、証券会社で異なるので確認しておきましょう。

投資信託とETFのどちらがおすすめ?

投資信託が向いている人
専門家に任せきりたい人は投資信託の方が向いているといえます。

ETFが向いている人
長期運用を考えている人はETFの方が向いているといえます。

そもそも投資信託とは

投資信託とは、 投資から集めたお金を、専門家が運用し得た利益を投資家に分配するシステムのこと です。
金融機関によってどの銘柄に投資するのかが異なるため、よく調べてからお金を出資する必要があります。

投資信託のメリット

1:少ない金額で投資ができる
投資信託はたくさんの投資家からお金を集めるので、一人当たりの投資金額が少なくても始めることができます。
もちろん、その分だけ配当も少なくなりますが、1万円から始められるものもあるので気軽に投資を行えます。

2:分散投資ができる
リスクを分けるという意味で分散投資は非常に有効な手法です。
しかし、分散投資を個人で行おうとすれば、その分だけ費用が重なります。
その反面たくさんの投資家からお金を集めているので、投資信託では少ない金額で分散投資を行うことができます。
少額から始めることができ、リスクの分散させられるのが投資信託の一番の魅力です。

3:専門家に資金運用を任せられる
投資を始めたいけど、自分で何をしたらよいか分からない、そういう方でも投資信託なら大丈夫です。
運用は投資のプロが行ってくれるので、資金が急になくなったりする可能性は極めて低いです。

4:基準価格が毎日更新される
基本的に毎日、基準価格は更新されます。
また、基準価格が妥当か監査法人などの監視を受けているので、安全性は高いといえます。

5:種類がたくさんある
投資対象には、債券や株式、不動産など様々です。
しかも、個人では直接購入できない海外の銘柄があったりします。
このように、投資信託にも色々な種類があるので確認しておきましょう。


投資信託のデメリット

1:元本が保証されない
得た利益だけでなく、損失も分配されます。
したがって、元本割れに危険性があることも認識しておきましょう。
マイナスになった分は保証されないので、投資信託を始める前に知っておきましょう。

2:手数料がかかる
投資信託を行う際にかかる手数料は以下の3つです。

3:リアルタイムで売買できない
株のようにリアルタイムで価格が変動するわけではないので、いわゆるデイトレードはできません。 初心者でやろうとしている人はいないとは思いますが、知っておきましょう。

そもそもETFとは

ETFは 上場投資信託 と呼ばれ、日経平均株価やTOPIX、NYダウなどの指数に連動するように運用されている投資信託の一種です。
証券会社に口座を開くことで取引が可能になります。

ETFのメリット

1:1銘柄に投資するだけで分散投資ができる
ETFの投資対象である指数は複数の銘柄で構成されています。
そのため、1つの銘柄に投資するだけで分散投資ができ、個別企業の株式に投資するよりもリスクを抑えることができます。

2:値動きが分かりやすい
ETFは指数の動きに連動して価格が変動します。
そのため、値動きがとても分かりやすくなっています。

3:保有コストが安い
ETFは投資信託と比べると保有コストが低く抑えられます。
そのため、長期的に保有したい方はコストを下げることができるので、おすすめです。

4:リアルタイムで取引できる
ETFは取引所が開いている時間ならいつでも取引が可能です。
東京証券取引所なら、月曜日~金曜日の以下の2つの時間で取引が可能です。
・9:00~11:30
・12:分散投資のメリットは 30~15:00

ETFのデメリット

1:投資信託の価格と異なる可能性がある
銘柄の値段は、「市場価格」と「基準価格」の2つがあります。
ETFの場合は「市場価格」を参考に、投資信託の場合は「基準価格」を参考にして最終的な価格が決定されます。
詳しい仕組みは省きますが、参照している価格が違うため、投資信託の価格と大きくかけ離れる場合があります。

2:自動積み立てに対応していない場合がある
投資信託は自動積み立てに対応していますが、ETFではまだ対応していない証券会社があります。

3:分配金が再投資されない
ETFは投資信託の場合と異なり、決済時に一度すべての利益を分配します。
そのため、 利益が自動的に再分配されることがありません
得た利益を再投資したい場合は、手動で行うようにしましょう。

ここまで、投資信託とETFの違いについてまとめてきました。
投資信託、ETFともに一長一短なので、 自分の目的に合わせて選択 するようにしましょう。

資産形成の無料相談はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる