FX のやり方

レバレッジについて

レバレッジについて
出典:GMOクリック証券公式サイト(https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/study/18.html)

レバレッジ効果とは?その意味や計算式をわかりやすく解説!

レバレッジとは少しの力で大きな作用が生み出せるテコの原理のように、少額の証拠金に対してより大きな額の運用ができることを指します

■リスク分散のメリット
レバレッジ取引は一見、手持ちの資金が少ない人だけにメリットがあるように思えますが、実際は資金を豊富に持っている人にもメリットがあります。例えば、1億円の自己資金を持っており、1000万円だけを証拠金として先物取引に投資したとします。そして、その1000万円に10倍のレバレッジ比率をかければ、1億円の取引ができることに。そこで仮に1000万円の損が出たとしても、残りの9000万円で他の取引を行えば、そこで利益が出て、損をカバーできる可能性があります。つまり、資金が豊富な場合は、レバレッジを掛けながら色々な投資先に分散投資をできるので、リスクを分散しながら利益を狙えるというメリットもあるのです。

レバレッジ比率とは?計算式を解説

借り入れ額÷証拠金(自己資金)=レバレッジ比率(倍)

レバレッジ比率による利益と損失例

レバレッジのリスクや注意すべき点

■ロスカットの存在
レバレッジについては、リスクや注意すべき点も知っておかなければなりません。まず、売買が確定していないタイミングでの損失(含み損)が大きすぎると、「ロスカット」と呼ばれる強制決済をされてしまうので注意が必要です。ロスカットとは、証拠金が一定の割合まで減少すると、口座のすべての保有ポジション(自分自身が今持っている注文)が強制的に決済されてしまう仕組みのこと。損失後も取引を継続したい場合は、不足した証拠金を追加しなければならないので注意しましょう。ロスカットの基準は取引をしている金融機関により違うので、チェックが必要です。

■レバレッジによる損失の拡大
また、レバレッジ比率を高く設定することのリスクについても考える必要があります。前項で説明した通り、レバレッジを高く設定すれば得られる利益がその分増えますが、損失もその分大きくなります。とくに、先物取引の場合は取引できる期限が決まっているので、レバレッジを高く設定しすぎて損失を期日までに取り戻せないと、甚大な損失を抱えることになる恐れも。得られる利益だけではなく、背負う可能性のある損失にもしっかり目を向け、自分に合ったレバレッジ比率を設定することが大切です。

大きな収益を得るために!不動産投資のレバレッジについて徹底解説

iPhone

・自己出資率が50%で、1,000万円の物件を購入した場合
不動産の収益率は10%を見込んでいましたが、実際は3%しか収益を上げられませんでした。
金額としては、100万円の収益予想が30万円にまで落ち込んでしまいます。
金利が5%の場合、500万円の借入金に対し25万円の利息を支払わなければなりません。
残る利益は5万円となってしまい、さらにローンの返済をすれば利益はごくわずかに止まります。
それでも、赤字になるのは避けることができそうです。

・5%の出資率で1億円の投資をした場合
同様に見込みの収益率10%に対して実際が3%の収益率だったとしてみましょう。
1,000万円の収益予想が300万円にまで落ち込むことになります。
支払いの方はというと、金利5%が借入金9,500万円にかかり、475万円の利息を支払わなければなりません。
300万円の収入に対し475万円の支払いですから、この時点で175万円もの赤字が生じています。
このうえローンの返済も加わることを考えると、そのリスクの大きさを感じずにはおれません。

このように、レバレッジには運用失敗時のマイナス幅をも増大させる効果があります。
収益効率ばかりに目を取られ、この危険性を見落せば、逆に巨額の負債を抱え込むことにさえなりえます。
レバレッジは有効な手段ではありますが、同時に慎重さを要求される手法でもあるのです。

不動産投資のご相談・お問い合わせで レバレッジについて 「不動産投資の基本がわかる書籍」等 プレゼント!

失敗しても立て直せる借金

それでは、どの程度までレバレッジをかけてもよいものなのでしょうか。
その基準の大前提となるのは、万が一失敗してしまっても元の状態を取り戻せることです。
元の状態とは、この投資で多少の損を出しても、最終的に借金の返済が完了することを指します。

借金の返済をするためには、利息の支払いを含む支出が収益より大きくなることが大前提です。
しかし万が一、不動産収入が大幅に減少してしまった場合には、不動産収入以外から支払いを補填することになります。
したがって、はじめに次の投資計画以外の自分の収入から借金返済に充てられる額を見積っておかなければなりません。

レバレッジを活用すれば自己資本のみでの運用をした場合に比べて効率的な収益を見込めます。
しかし、レバレッジのための借金がリスクを伴うことにも注意が必要です。
自身の資金状況を精査したうえで、投資を効率化する手段として無理のない範囲で運用してみてはいかがでしょうか。

レバレッジを効かす - LBO、SPC、NRL、LBOローン、ターム・ローン、コミットメント・ラインとは?

レバレッジを効かす - LBO、SPC、NRL、LBOローン、ターム・ローン、コミットメント・ラインとは?

不動産取引では購入する不動産を担保にして、そして、不動産建設では建設する不動産や収益を担保にしてレバレッジを効かせた取引は珍しくありません。
建設業者に自宅を建ててもらうと、自宅に抵当権を設定しますね。
不動産の外、航空機や船舶などその運行によって安定した収益(CF、キャッシュ・フロー)が期待できる動産の購入の際に利用されることもあります。
私の事務所からほど近い六本木ヒルズの開発などもレバレッジ・ファイナンスを利用しました。 レバレッジについて
また、恐らく、今、私のデスクの眼下で建設が進められている虎ノ門・麻布台の再開発もこのファイナンス手法を使っているのではないかと思います。
他の大型開発や再開発もレバレッジを効かせたファイナンス手法を使っています。
建設予定のビル群とそこからの収益を担保として複数の金融機関から貸付け(シンジケート・ローン)を受け、それらのビルからの収益(将来CF、キャッシュ・フロー)や売却益以外からは債権回収はしないというノンリコース(Non-Recourse)の融資で大型開発や再開発の資金を調達しています。

4.なぜレバレッジが必要となるのか。

通常のローン(Recourse Loan、リコース・ローン)は、借り手の信用に基づいて融資を行い、返済の原資として借り手の全財産が返済責任の対象となります。
よって、銀行は基本的に借り手の資産や返済能力がないと貸しません。

5.バイアウト(Buyout、買収)

LBO(Leveraged Buyout、レバレッジド・バイアウト)のレバレッジについては、上記2.で説明しました。
では、LBO、buyoutとは、どのような意味でしょうか。 レバレッジについて
皆さんは、MBOとかMBIという用語でbuyoutやbuyinという単語には馴染みがあることと思います。

MBO(Management Buyout)とは、企業の現経営陣が経営権を確保するため、その企業の株式や事業を買収することです。
一方、MBI(Management Buyin)とは、企業の再建のために外部から経営の専門家をいれるために、その企業を買収することです。
このようにMBOは現経営陣が自社を買収して一旦出て行くのに対し、MBIは外部から経営陣が入ってくるという違いがあるのですが、MBIは概念上、MBOの一種として分類され、結局、LBO(buyout)とは買収というほどの意味で理解して頂いて結構です。
なお、現経営陣と外部の経営専門家達とが共同で企業を買収することをBIMBO(Buy-In Management レバレッジについて Buyout)と言います。

6.LBO(Leveraged Buyout)のスキーム

LBO(Leveraged Buyout)のスキーム

(1)投資ファンド

LBOは、元々はプライベート・エクイティ・ファンド(Private Equity Fund、未公開株ファンド)などが自己の保有する資産の外に、投資先の資産や将来キャッシュフローなどを担保に金融機関から資金を調達し、投資した企業の資産売却益や事業改善後のキャッシュフローで借入金を返済していく投資手法であり、これを金融機関から見ると、レバレッジド・ファイナンスというファイナンス手法になります。
最終的にIPO(Initial Public Offering、株式公開)や第三者への株式売却という出口戦略を目指します。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)は未上場会社に投資して利益を投資家に還元するファンドであり、一方、バイアウト・ファンド、企業再生ファンドなどは上場企業や成熟企業への投資事業を行うファンドですが、慣例的に、ベンチャー・キャピタル・ファンド、バイアウト・ファンド、企業再生ファンドなどを広くプライベート・エクイティ・ファンド(Private Equity Fund)と呼びます。

(2)事業会社による企業買収事案

  1. A社は、SPC(Special Purpose Company、特別目的会社)を設立する。
    (受け皿会社と呼ばれます。通常、株式会社ではなく、合同会社を設立します。)[i]
  2. SPCは、銀行、ファンドなどから借入を受ける。
  3. SPCは、1)の出資金と2)の借入金で、ターゲット企業B社を買収する。
  4. SPCは、買収したターゲット企業B社を吸収合併する。

そして、このように実質的な借り手であり、企業の買収者であるA社に返済義務が発生しないローンをNRL(Non-Recourse Loan、ノンリコース・ローン)と言います。
債権者は実質的な借主に対してRecourse(請求)しないローンです。

LBOファイナンスはこのようにスキームとしてはシンプルですが、通常のローン(Recourse Loan)と異なり、銀行やファンド等の金融機関は単に借り手の資産を評価するのではなく、買収対象企業の将来CF(将来キャッシュフロー)や企業価値、成長性、収益性を厳しく分析しなければなりません。 レバレッジについて
従って、(実質的)借り手側からすると、借入の審査は厳しくなり、借入条件も厳しくなって、自社の資産や信用で借入を行う場合に比較して借入コストは高くなります。
これを買収対象企業に負担させることになります。

これらの事情から、買収対象企業の経営陣は借入コストの負担や経営の自由度を制約されることを嫌い、買収交渉が難航する原因となり得ます。
そこで、この点が交渉で重要となる訳ですが、買収対象会社の経営陣に、今回の買収が買収対象企業にとってもプラスであることを、資料を作成して説明し説得して行く必要があります。
経営陣は通常一枚岩ではないので、一人一人切り崩して行きます。

7.LBOローン

上記のように、NRL(Non-Recourse Loan、ノンリコース・ローン)の貸付条件は、通常のローン(Recourse Loan)よりも厳しくなります。
それでは、以下、具体的に見ていきましょう。

(1)種類・期間(ターム)

① ターム・ローン

まず、貸付資金を買収資金に充当する長期ローン(Long-term Loan)です。
ターム・ローンと呼ばれます。通常、5年か、それより少し長い貸付期間です。
このターム・ローンは、a)毎期、約定した金額の弁済をする「ターム・ローンA」と、b)返済期限に一括返済する「ターム・ローンB」とに分かれます。これら「ターム・ローンA」と「ターム・ローンB」との支払総額は大体同じに設定します。

「ターム・ローンA」(Term Loan A)は、貸付金融機関が借り手に要請して提出させたデュー・デリジェンスの結果(買収対象企業の過去の業績や将来の事業計画などの精査に基づくデュー・デリジェンス報告書)を考慮し想定した将来CF(キャッシュ・フロー)に基づいて弁済可能金額を割出して弁済金額を設定します。

「ターム・ローンB」(Term Loan B)は、期限に一括弁済するローンですが、必ずしもその期限に全額弁済ができる保証はないので、通常、弁済できない部分については期限到来時にリファイナンス(refinance)することができる旨の条項を入れます。

② コミットメント・ライン(リボルバー)

ターム・ローンは長期ローンですが、買収対象企業が買収完了後に収益と支出のタイミングのズレなどから運転資金が不足するときのため短期ローンを受ける必要が発生する可能性があるため、買収後の運転資金補充のため一時的な借入のための枠を銀行等に約束(コミットメント)してもらう短期のローン条項をLBOローン契約の中に入れます。
これをコミットメント・ライン(Line of Credit、コミットメント枠、融資枠)またはリボルバー(Revolver、運転資金)と呼びます。

① ローン実行前

② ローン実行後

i) 借入利息

まず、借入利息ですが、LBOファイナンスは、買収リスク(買収された企業の事業の成長についてのリスク)を部分的に金融機関にも負わせるスキームですから、通常のコーポレート・ファイナンス(コーポレート・ローン)よりも借入利息は高くなります。
通常、TIBOR & Spread(タイボー(Tokyo Interbank Offered Rate、東京銀行間取引金利)+スプレッド(上乗せ))の変動金利で設定します。
TIBORは、短期金融市場での銀行間取引市場の実勢を反映した指標金利です。
スプレッド(上乗せ)は、Pricing Grid(価格グリッド、企業の信用度)で決定します。(なお、皆さんお馴染みのリボ(LIBOR、London Inter-Bank Offered Rate、ロンドン銀行間取引金利)は、2021年末で廃止されます。)[ii]

銀行の融資は通常、変動金利です。
なぜ変動金利になるかというと、銀行が日本銀行(以下、日銀)から調達する政策金利が変動するからです。 レバレッジについて
日銀は不景気になると市中銀行が企業に融資し易くするため政策金利を引き下げます。
逆に、景気が改善すれば金利を引き上げます。銀行としては固定金利では逆ザヤのリスクがあるので、変動金利にせざるを得ないのです。

銀行の金利には、上記のような「スプレッド貸し」と「短期プライムレート」があります。
「スプレッド貸し」では、スプレッド(上乗せ)が銀行の利益です。これは貸付先の企業の信用度で決定します。
短期プライムレートとは、各銀行が企業に1年以内の融資をするときの最優遇金利です。銀行ごとに異なります。
短期プライムレートは、預金による調達金利 & 利ざや(スプレッド)で設定します。
各企業に融資する際の金利は、短期プライムレート レバレッジについて & 貸し倒れリスクです。
貸し倒れリスクとは当該企業の信用力で、信用力があり貸し倒れリスクが低ければ、上乗せ金利は小さくなります。当該企業の格付けの変動によって金利が変動します。

ii) コミットメント・フィー

通常、買収対象企業のすべての子会社が連帯保証をします。
一方、買収する企業は債務を負わないだけでなく、保証義務も負わないのが普通です(NRL、Non-Recourse Loan、ノンリコース・ローン)。

但し、買収する企業が保有することとなる買収対象企業の株式には、担保権が設定されます。
つまり、買収する企業にとっての投資リスクは、SPC(Special Purpose Company、特別目的会社)を設立するために自己資金により拠出した金額に限定されることになります。

(4)特約条項

LBOローンでは、アファーマティブ・コベナンツ(Affirmative Covenants[iii])、ネガティブ・コベナンツ(Negative Covenants)およびファイナンシャル・コベナンツ(Financial Covenants)などの特約条項を入れます(アファーマティブ・コベナンツはto-do List、ネガティブ・コベナンツは not-to-do Listのようなものです)。
というのは、LBOローンは、買収対象会社の買収後のキャッシュ・フロー(CF)や資産のみが返済原資となりますので、買収対象会社の経営を管理する必要があるからです[iv]。
また、これらの条項が守られていることをモニタリングするため、文書やデータの提出や報告を義務付けたり、監査権を規定したりします。

① アファーマティブ・コベナンツ(Affirmative Covenants)

② ネガティブ・コベナンツ(Negative Covenants)

レバレッジについて ファイナンシャル・コベナンツ(Financial Covenants)

(5)事業開始後のLBOローンのリファイナンス

「ターム・ローンB」(Term Loan B)につき説明したリファイナンス(refinance)と異なり、LBOローン締結後、事業が順調に推移した場合、LBOローンによる借入条件を改善するため、アレンジャーの銀行と交渉し、シンジケート・ローン契約を締結し、支払利息の減少による資金調達コストの低減や制約事項の解除による設備投資戦略の実行などによる収益の改善や事業拡大を図るという道を辿ることもあります。

レバレッジを効かすことにより、小さな資本で大きな取引が可能になります。
規模の大きな企業を買収することによって大きなシナジー効果が期待できる場合には、LBOローンは選択肢の一つとして検討に値します。
他方、レバレッジを効かした取引によって買収される企業にとっては、LBOローンの仕組みや条項を知らずに安易に買収に同意すると、事業経営につき予期せぬ様々な足かせをはめられることになります。

また、事業会社がLBOファイナンスを利用して他社を買収しようとする場合、買収対象企業との交渉の外に、ファイナンスをする銀行やファンドなどの金融機関とのローン契約の交渉が必要となります。
そして、金融機関により厳格な買収対象企業の事業、財務、税務、法務、人事、その他のデュー・デリジェンスの実行義務を負わされます。 レバレッジについて レバレッジについて
通常のM&Aでもビジネスのために買収するのですから事業デュー・デリジェンスが最も重要ですが、LBOファイナンスを利用する場合には特に事業デュー・デリジェンスが重要になります。
とは言え、その他のデュー・デリジェンスもビジネスに大きな影響がある場合があるので、経験や調査能力があり精度の高いデュー・デリジェンスができ、コミュニケーション能力のある会計事務所、税理士事務所、法律事務所の選択が重要となります。それと共に、これら事務所のフィー・コントロールも重要となります。

[ii] 英中央銀行(Bank of England)は、LIBORに代わるボンド建て銀行間翌日物金利(SONIA)の改革を、欧州中央銀行(ECB)はユーロ建ての銀行間取引金利(EURIBOR)の見直しを、米連邦準備銀行(FRB)はドルLIBORに代わる指標を、それぞれ検討しています。

[iv] 事業再生を目的としたDIPファイナンス(Debtor in レバレッジについて レバレッジについて Possession Finance)でも、経営のモニタリングの必要があり、類似のコベナンツ条項を設定します。

[v] EBITDA:Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation レバレッジについて and Amortization. 税引前利益に特別損益、支払利息、減価償却費を加えて算出される利益。

[vi] DSCR=FCF÷(元本弁済額+金利) FCF:Free Cash Flow. 企業活動の継続に必要な資本(運転資本や設備投資)を再投資した後の余剰資金。株主に配分できるキャッシュ。企業活動から自由な資金という意味でフリーという。

FXのレバレッジとは?レバレッジの意味や活用法を詳しく解説!

FXのレバレッジとは?レバレッジの意味や活用法を詳しく解説!

出典:外貨オンライン公式サイト(https://www.gaitameonline.com/fx-info_w04.jsp)

てこの原理は、小さい力で重いものを動かすことができる原理のことですが、 投資で言えば少ない資金で大きな資金を動かす レバレッジについて 、要するに借りるようなイメージが基本となっています。

FXにおけるレバレッジ

FXにおけるレバレッジは、 証拠金を担保にすることで、資金以上の取引ができる仕組み のことを言います。

株におけるレバレッジ

投資信託におけるレバレッジ

FXでレバレッジを利用する3つのメリット

出典:GMOクリック証券公式サイト(https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/study/18.html)

  • 少額でも投資できる
  • 大きなリターンを見込むことができる
  • 下落相場でも利益が見込める

少額でも投資できる

レバレッジを利用することで、資金以上の取引を可能にするため、 少額でも投資することができる 、ということは大きなメリットと言えるでしょう。

大きなリターンを見込むことができる

レバレッジを利用することで、 大きなリターン(利益)を見込むことができる こともメリットと言えます。

レバレッジを利用することで、 少額な資金で大きなリターンを見込むことができる のは、FXならではの特徴と言えるので覚えておきましょう。

下落相場でも利益が見込める

レバレッジでは、売り注文時にも取引が可能になるため、 下落相場でも利益が見込める ことも、FXの特徴と言えます。

FXでレバレッジを利用する2つのデメリット

出典:くりっく株365公式サイト(https://www.clickkabu365.レバレッジについて jp/about_cfd/about_cfd04.html)

  • リスクも大きい
  • 手数料や税金もかかる

リスクも大きい

レバレッジは、少額かつリターンも見込める一方で、その分 リスクも大きい のは言うまでもありません。

手数料や税金もかかる

FXでレバレッジを利用するとどう変わる?

出典:外貨どっとコム公式サイト(https://www.gaitame.com/beginner/leverage.html)

レバレッジ5倍のケース

この時、40万円の証拠金に対して10万円の利益なので、 利益率25% です。

レバレッジ25倍のケース

ただ、8万円の証拠金に対して10万円の利益なので、 利益率は125%と非常に高い のが分かります。

FXでレバレッジを活用する際の3つのポイント

出典:GMOクリック証券公式サイト(https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/study/04.html)

  • 【ポイント1】実効レバレッジを意識する
  • 【ポイント2】ポジションを持ちすぎないようにする
  • 【ポイント3】証拠金は多めに預けておく

【ポイント1】実効レバレッジを意識する

実効レバレッジとは、 純資産額に対して現在保有しているポジションが何倍に達しているかを示した数値 です。

【ポイント2】ポジションを持ちすぎないようにする

【ポイント3】証拠金は多めに預けておく

高いレバレッジで利用できるおすすめのFX口座6選!

  • GMOクリック証券
  • MATSUI FX
  • DMM FX
  • みんなのFX
  • LIGHT FX
  • 外貨どっとコム

GMOクリック証券

レバレッジについて レバレッジについて レバレッジについて
レバレッジ 最大25倍
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.5銭
※原則固定
通貨ペア数 20
最低通貨単位10,000
取引手数料 無料
デモ取引 可能
取引開始までの時間 最短翌営業日
    レバレッジについて
  • 業界最大手の安定かつ信頼できるFX口座
  • アプリやツールの利便性の高さから万人受けと高評価
  • 特典も非常に魅力的

FXツールバー インターネットで、為替・指数・商品のリアルタイムレートが確認できる
プラチナチャート FXネオの全通貨ペアとCFDの全銘柄から表示、チャートを見ながら注文が可能
はっちゅう君FX+ 新規・決済・ドテン注文の即時注文が可能なツール
GMOクリックFXneo スマホから取引・管理できるアプリ
FX Watch Apple Watchと連携することで、Apple Watchから取引が可能

MATSUI FX

出典:松井証券公式サイト(https://fx.matsui.co.jp/?mnu=hd)

レバレッジについて
レバレッジ 最大25倍
※1倍/5倍/10倍/25倍の4つのコースから選べる
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.5銭
通貨ペア数 20
最低通貨単位 1
取引手数料 無料
デモ取引 可能
取引開始までの時間 最短3日間
  • レバレッジのコースを4つの中から選択・固定ができる
  • 1通貨から取引ができるので少額投資から利用できる
  • 特典が非常に豪華

MATSUI FXは、 レバレッジのコースを自分に合わせて選択できる ので、おすすめです。

レバレッジについて
レバレッジ 証拠金率
スタンダード25倍コース 25倍 4%
低レバレッジ10倍コース 10倍 10%
低レバレッジ5倍コース 5倍 20%
レバレッジなしコース 1倍 100%

また、MATSUI FXでは、 1通貨から取引できるため、少額投資にも非常におすすめ!

DMM FX

レバレッジについて
レバレッジ 最大25倍
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.5銭
通貨ペア数 21
最低通貨単位 10,000
取引手数料 無料
デモ取引 可能
取引開始までの時間 最短1時間
  • 口座開設数80万以上で使いやすいサービスが満載
  • ポイント保有ランクに応じて貯まり現金化も可能
  • 新規口座開設&取引で高還元キャッシュバック

DMM FXは、 口座開設数80万以上と実績と使いやすいさが定評のFX口座 です。

また、 スマホアプリ「DMM FX」では、入出金から情報の閲覧、取引まで全て行うことができる ので、非常に使いやすいのが特徴です。

みんなのFX

レバレッジについて
レバレッジ 25倍固定
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.2銭
通貨ペア数 29
最低通貨単位 1,000
取引手数料 無料
デモ取引 可能
取引開始までの時間 最短1時間
  • レバレッジが25倍固定なので高いレバレッジで利用したい方向け
  • スプレッドの狭さが特徴で評価も高いFX口座
  • 約定率99.9%!

みんなのFXは、レバレッジが25倍固定なので、 高いレバレッジを利用したいという方はおすすめのFX口 座です。

みんなのFXでは、 スプレッドの狭さが特徴で、取引コストを抑えることができる ので、多くの投資家から高評価のFX口座と言えます。

LIGHT FX

出典:LIGHT FX公式サイト(https://lightfx.jp/)

レバレッジ 最大25倍
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.4銭
通貨ペア数 29
最低通貨単位 1,000
取引手数料 無料
デモ取引 不可
取引開始までの時間 最短翌日
  • 約定力99.9%が特徴のFX口座
  • 業界最高水準のスワップポイント
  • スプレッドの狭さも特徴

LIGHT FXは、 約定率の高さやスワップポイント、スプレッドの狭さが特徴 のFX口座です。

外貨どっとコム

レバレッジ 最大25倍
基準スプレッド ドル/円:0.2銭ユーロ/円0.4銭
通貨ペア数 30
最低通貨単位 1,000
取引手数料 無料
デモ取引 可能
取引開始までの時間 最短当日
  • スプレッド・スワップポイントが優れたFX口座
  • 自分でロスカット設定ができるのでリスクを抑えることができる
  • FXに関する情報が豊富

外貨どっとコムは、 スプレッドやスワップポイントに定評があり 、取引においておすすめのFX口座と言えます。

また、外貨どっとコムでは、セミナーやマネ育チャンネルを開設しているので、 FXに関する情報が豊富なこともおすすめの理由 と言えます。

レバレッジに関するQ&A

出典:外貨どっとコム公式サイト(https://www.gaitame.com/beginner/leverage.html)

【DMM Bitcoin】新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書締結のお知らせ

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、株式会社オーバース(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 義仁 )及び株式会社 coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)の3社において、IEOのための基本合意書を締結いたしました。
本合意書に基づき、今後受託販売契約を締結後に、2023年初(予定)に株式会社オーバースのIEOによる資金調達及び株式会社DMM Bitcoinにおける取引開始を目指します。


■IEOとは
IEO(Initial Exchange Offering)とは、暗号資産交換業者が開設する暗号資産交換所での取引開始を前提とした新規暗号資産による資金調達の手段です。IEOにおいては、企業あるいはプロジェクトが新規暗号資産を発行し販売することによって対象事業のための資金調達を行いますが、暗号資産交換業者は当該対象事業等の審査(一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)及び金融当局による審査を含む)を行った上で、新規暗号資産の販売及び取引開始の手続きを実施します。

■新規暗号資産「NIDT」について
新規暗号資産(Nippon Idol Token NIDT)はイーサリアムブロックチェーン上で発行されるユーティリティ・トークンです。新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行され、利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援及び支援を行うことができ、活動拠点であるメタバースやその中で展開されるコンサート、イベント、NFT(トレカ・ゲーム)等などのアイドル活動全体において、NIDTエコシステムが形成されます。

■株式会社オーバースによる新しいアイドルグループの創造
株式会社オーバースは、IEOによって調達した資金をもとに、新しいアイドルグループを創造(募集、選考、選定、育成)するプロジェクトを邁進しています。本プロジェクトにおいて、当該アイドルグループは「ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」をミッションとしてアイドル活動を展開していきます。
本プロジェクトにおいては、アイドルグループを、メンバーの募集から選考、選定及び育成まで、一から作り上げていきます。また、楽曲のリリース、コンサート、種々のイベントあるいはグッズの制作・販売などの従来のアイドル活動に加えて、NFT(ノン・ファンジブル・トークン)に代表されるブロックチェーン技術を活用したデジタルグッズの提供を行うとともに、メタバース内においては現実世界では実現できなかったアイドル活動を展開し世界中に発信していきます。加えて、既存のアイドルが直面している数々の課題への解決についても、本プロジェクトで実現していく予定です。
さらに、本プロジェクトでは、アイドル分野において著名な有識者を総合プロデューサーに迎える方向で準備しており、当該アイドルグループのマネジメントや楽曲制作及び販売についても、豊富な経験のある企業と業務提携を行います。
加えて、今回発行及び販売を行う新規暗号資産については、当該アイドルグループへの応援や支援に役立てるべくそのユーティリティ性を考慮した設計を行い、広く流通させていきます。

▼全体概念図


▼対象事業スキーム

▼今後のスケジュール(予定)
2023年初: IEO実施
2023年春: メンバー募集・選考
2023年夏: メンバー最終選考、決定、育成 レバレッジについて 新アイドルグループ結成
2023年秋: 新アイドルグループお披露目
2023年冬: 新アイドルグループデビュー、メタバース始動

■株式会社DMM Bitcoin 会社概要
会社名: 株式会社DMM Bitcoin
代表者: 田口 仁
設立日: 2016年11月
事業内容: 暗号資産交換業、暗号資産証拠金取引業
所在地: 東京都中央区
資本金: 5,725百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
URL: https://bitcoin.dmm.com

■株式会社オーバース 会社概要
会社名: 株式会社オーバース
代表者: 佐藤 義仁
設立日: 2022年3月
事業内容: エンターテイメントコンテンツの企画、制作、開発
所在地: 東京都千代田区
資本金: 5,000万円(資本準備金含む)
株主: エンターバース合同会社
株式会社gumi(東証プライム市場上場)
株式会社東京通信(東証グロース上場)
お問合せ先 :[email protected]

■株式会社coinbook 会社概要
会社名: 株式会社coinbook
代表者: 奥秋 淳
設立日: 2018年5月
事業内容: 暗号資産交換業、ブロックチェーン技術を利用したデジタル知的財産の発行・流通市場の運営
所在地: 東京都港区
資本金: 1,322百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00026号
URL: https:レバレッジについて //coinbook.co.jp/
お問合せ先: [email protected]

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心! レバレッジについて
※1:2022年6月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト
URL: https://bitcoin.dmm.com/

▼口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: レバレッジについて https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

▼マーケットレポート
テクニカル分析やファンダメンタルズ分析など、暗号資産の相場状況を見る際の参考としてご覧いただけます。
URL: https:レバレッジについて //bitcoin.dmm.com/useful_information/market_report
-------------------------------------------------------------
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。
《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。
《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる