FX戦略編

オプションの概要について

オプションの概要について
mineoユーザーなら誰でも
無料で使える
助け合いのサービス!

グーグル、サービス終了を発表した無償版「G Suite」ユーザーに救済策を約束

Googleは2012年12月に無償版の新規提供を終了したが、既存ユーザーは継続してサービスを利用できた。同社は1月に入り、2022年5月1日で従来の無償版G Suiteは利用できなくなり、7月1日までに有料のGoogle Workspaceサブスクリプションにアップグレードする必要があるとユーザーに通知した。従来の無償版G Suiteでは、「@gmail.com」ではなく独自のウェブサイトドメインのGoogle電子メールアドレスを使用することができる。

問題の1つは、提供終了の影響を受けるユーザーは、データをローカルファイルとしてエクスポートする「Google Takeout」オプションで、「Google Play」や「YouTube」から購入済みのコンテンツをエクスポートできないことだ。

Googleはサポートページをアップデートし、新たなセクションで、「従来の無償版G Suiteを個人的に利用し、Google Workspaceのサブスクリプションへのアップグレードを望まない」ユーザーへの対応について説明している。

「Google Workspaceのサブスクリプションへのアップグレードは、現在従来の無償版G Suiteを利用しているすべてのユーザーにとってシームレスな移行となる。しかしわれわれは、従来の無償版G Suiteをビジネス目的で利用しない可能性があり、ほかの選択肢に関心を寄せているかもしれないユーザーもいることを理解している。皆さんのグループのユーザーが10人以下で、従来の無償版G Suiteをビジネス目的で利用しない場合、管理者アカウントにサインインし、更なる情報を提供してほしい」と書かれている。

またGoogleは、Workspaceにアップグレードしたくないと判断したユーザーでも、「その他のGoogleサービスや、従来のエディションのアカウントを使って、Google Workspace以外のサービスで購入した有料コンテンツ(Google Playで購入した映画など)は引き続き利用できる」としている。

ユーザーに表示されるアンケートには、従来の無償版G Suiteを個人的に利用するのか、仕事で利用するのか、あるいは両方かを尋ねる質問がある。また、このアンケートフォームを提出することで、「Googleがこの情報を利用して、従来の無償版G Suiteに関連する、カスタマイズされたアップデートや特典を提供する」ことに合意することになると書かれている。

スマートラウンドが、ストックオプション管理サービス「SO管理smartround」をリリース!

■スマートラウンド代表砂川のコメント
岸田内閣の成長戦略の中核をなすスタートアップ・エコシステムの構築。その具体的施策のひとつとしてスタートアップが優秀な人材を確保できるように、ストックオプション制度を見直すことが議論されています(私も5月18日のイノベーション・エコシステム専門調査会で提言させていただきました)。
ストックオプションは、役員や従業員がその価値を理解し、適切に享受できる環境が整備されて初めて、インセンティブとしてその目的を果たすことができます。ところが、これまで日本では必要最低限の書面手続きでストックオプションが付与され、その後は適切なサポートも提供されないことが一般的でした。これではその価値がしっかり理解されることは難しく、役員や従業員のモチベーション向上にもつながりません。
そこでスマートラウンドでは、これまで3000社近いスタートアップを支援してきた経験を生かし、ストックオプション制度が見直されるこのタイミングで、スタートアップとその役員・従業員がそれぞれストックオプションを簡単に管理し、その価値を理解できるようにするためのサービスを提供することにしました。
「SO管理smartround」が、スタートアップの成長に少しでも寄与できれば嬉しく思います。

  • 「SO管理smartround」サービスページ:https:オプションの概要について //jp.smartround.com/startup/so-management-info/
  • 会社全体のストックオプションの発行状況、発行個数や未割当個数、行使状況などをダッシュボードで把握することができます。
  • 「証券データ」と連動しており、登録したストックオプション内容を資本政策などに反映することができるため、面倒な二重管理が不要です。

  • 保有者ごとのストックオプションの行使、譲渡、消却を管理できます。
  • CSVデータによる保有者データの一括インポートが可能です。
  • 入力したデータは、新株予約権原簿としてエクスポートが可能です。
  • ​従業員が急増している急成長中のスタートアップや、ストックオプションを複数回発行する予定のあるスタートアップでも安心してお使いいただけます。

  • 発行要項、権利行使条件、IPO時の想定株価など詳細な条件を設定できます。
  • ストックオプション発行後に株式併合・分割などがあった場合、自動で行使時の取得株数などの情報が再計算されます。

ストックオプションの募集内容

ストックオプションの募集内容

  • ご利用ガイド:https://help.オプションの概要について smartround.com/so_management_top
  • デモご希望の方・勉強会の案内をご希望の方はこちら:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdCeaPDUGGhGO0jnpSJ9UxYa3kGI2nhYwerePA3kZ82D7SK8A/viewform?usp=sf_link

■今後の開発予定の機能
上記の機能に加えて、今後以下の機能の追加も予定しております。
(1)役員や従業員などのストックオプション保有者の専用アカウント
役員や従業員などのストックオプション保有者に対し、専用のアカウントを発行できます。このアカウントを通じて、保有者は自身の保有するストックオプションをいつでも確認できるようになります。また、資本政策smartroundと連携してIPO時の想定リターンを確認したり、権利確定のスケジュールを確認することもできます。
これまでストックオプションによるインセンティブを役員や従業員が簡単に把握することは困難でしたが、このツールを通じてインセンティブを可視化することで、役員や従業員のモチベーション向上や離職防止を実現することができます。
(2)これまで紙で行われていた、ストックオプション行使申請を電子化
これまで紙面で対応することが多かったストックオプションの行使申請を、SO管理のサービス内で完結できるようになります。申請書の自動作成やワークフローの管理もできるので、バックオフィスの負担を減らすことができます。

■先着10社に「SO管理smartround」無料キャンペーンを実施
ストックオプション管理ツール「SO管理smartround」のリリース記念として、ご応募いただいた先着10社限定で「SO管理smartround」を1年間無料でご利用いただけるキャンペーンを実施いたします。
〈キャンペーン内容〉
「SO管理smartround」を1年間無料でご利用いただけます。
〈ご応募条件〉
・「SO管理smartround」をご利用いただけること
・ストックオプションを既に発行している企業であること
・無料期間中のユーザーインタビューにご協力いただけること(インタビューの内容はご利用者様の声として、公開をお願いする可能性があります。)

  • ご応募はこちらから:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdDvR4I7g8tJzi4DoGq1hrJde07-I-xZAp3zfzNtyC7oC5j2A/viewform?usp=sf_link


■デモ・勉強会への参加をご希望の方
デモや、ストックオプションに関する勉強会の案内をご希望の方は下記フォームにご入力ください。勉強会へは、これからストックオプションを発行する方や、ストックオプションの発行を支援する方(投資家や士業の方など)もご参加いただけます。

  • デモ・勉強会参加希望者フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdCeaPDUGGhGO0jnpSJ9UxYa3kGI2nhYwerePA3kZ82D7SK8A/viewform?usp=sf_link


■smartroundについて
「smartround」はスタートアップと投資家のためのデータ作成・管理プラットフォームです。
現在、2900社を超えるスタートアップが利用、投資管理smartroundを有料契約いただいているVCなどの投資家も47社に拡大しております。
〈スタートアップ向けサービス〉
株主総会、資本政策、経営管理など、スタートアップ特有の管理業務を効率化。smartroundで必要な情報を整理するだけで投資家とのコミュニケーションもスムーズに行えます。他社サービスの特典やアクセラレータープログラムなどのスタートアップ向けお得情報も満載!
〈投資家向けサービス〉
投資先や検討先から、資本政策、招集通知、会社情報、財務情報を統一フォーマットで共有してもらい管理業務を効率化。スタートアップも、各投資家への個別対応が不要になるので事業により集中できるように。

マイネ王は、全国のmineoユーザーや
mineoスタッフたちが交流している
コミュニティサイトです。
コミュニティサイト
マイネ王

前へ

次へ

mineoって
どんなサービス?

わたしの「ちょうどいい」 マイピタ 音声通話+データ通信 5GB 1,518円/月 わたしの「ちょうどいい」 マイピタ 音声通話+データ通信 5GB 1,518円/月 選べるデータ容量は4種類 もちろん余ったデータ容量は翌月に繰り越し! 選べるデータ容量は4種類 もちろん余ったデータ容量は翌月に繰り越し!

フリータンクを活用すると

ユーザーみんなから
パケットをもらえるから安心

mineoユーザーなら誰でも
無料で使える
助け合いのサービス!

さらに!パケット放題 Plusに加入すると

データ容量を使い切っても
低速モードでイライラしない!
最大通信速度1.5Mbpsの
節約モードで使い放題に

  • 問題なく利用できた
  • やや遅さを感じたが利用できた
  • 利用に支障があった・利用できな
    かった

ご利用いただいた
mineoユーザーの96%が
「十分な速度」と回答しました。

十分な速度でちょうどよい 77% 十分だがやや遅い 19% 遅い 4%

○ mineoユーザーアンケートより n=1,869

株式会社スマートラウンドがストックオプション管理サービス「SO管理smartround」をリリース

株式会社スマートラウンドがストックオプション管理サービス「SO管理smartround」をリリース

岸田内閣の成長戦略の中核をなすスタートアップ・エコシステムの構築。その具体的施策のひとつとしてスタートアップが優秀な人材を確保できるように、ストックオプション制度を見直すことが議論されています(私も5月18日のイノベーション・エコシステム専門調査会で提言させていただきました)。
ストックオプションは、役員や従業員がその価値を理解し、適切に享受できる環境が整備されて初めて、インセンティブとしてその目的を果たすことができます。ところが、これまで日本では必要最低限の書面手続きでストックオプションが付与され、その後は適切なサポートも提供されないことが一般的でした。これではその価値がしっかり理解されることは難しく、役員や従業員のモチベーション向上にもつながりません。
そこでスマートラウンドでは、これまで3000社近いスタートアップを支援してきた経験を生かし、ストックオプション制度が見直されるこのタイミングで、スタートアップとその役員・従業員がそれぞれストックオプションを簡単に管理し、その価値を理解できるようにするためのサービスを提供することにしました。
「SO管理smartround」が、スタートアップの成長に少しでも寄与できれば嬉しく思います。

「SO管理smartround」の概要と特徴

「SO管理smartround」は、ストックオプションを一元管理するためのツールです。
ストックオプションの発行や割当状況、および保有者ごとのストックオプション取得・行使・消却状況といった情報を管理できます。会社全体の発行個数や未割当個数、行使状況などを自動計算してダッシュボードに表示することで、これまでスプレッドシート等で管理していた場合に起こりがちであったヒューマンエラーによるトラブルから大切な情報を守ります。
また、SO管理smartroundで入力した情報はsmartroundの資本政策や証券データと連動しており、ストックオプションとその他の証券をsmartroundで一元管理することができます。このため、例えばストックオプションを付与した後に株式分割が発生したケースなどでも、ストックオプション行使時の取得株数を自動計算することができます。
今後、役員や従業員などのストックオプション保有者が専用アカウントから自身のストックオプションや想定リターンをいつでも確認できる機能、これまで紙で行われていたストックオプション行使申請を電子化する機能などを提供する予定です。

Adobe Experience Platformでのデータ暗号化

Platform と外部コンポーネントとの間で転送されるすべてのデータは、HTTPS を使用した安全な暗号化された接続を通じて実行されます TLS v1.2.

一般に、データは次の 3 つの方法で Platform に取り込まれます。

    の機能を使用すると、Web サイトやモバイルアプリケーションは、取得のステージングと準備のために Platform Edge Network にデータを送信できます。 オプションの概要について Adobe Experience Cloudアプリケーションやその他のエンタープライズデータソースから Platform に直接データをストリーミングします。
  • 非AdobeETL(抽出、変換、読み込み)ツールは、 バッチ取得 API 消費に関して

データがシステムに取り込まれ、 保存時に暗号化されるその後、次の方法で Platform サービスによって強化し、システムから取り出すことができます。

    を使用すると、データをAdobe・アプリケーションやパートナー・アプリケーションに対してアクティブ化できます。
  • 次のようなネイティブ Platform アプリケーション Customer Journey Analytics および Adobe Journey Optimizer また、データを使用することもできます。

保存中のデータ

Platform オプションの概要について で取り込まれ、使用されるデータは、接触チャネルやファイル形式に関係なく、システムで管理されるすべてのデータを含む、非常に精度の高いデータストアであるデータレイクに保存されます。 データレイクに保持されるすべてのデータは、分離された Microsoft Azure Data Lake ストレージ 組織に固有のインスタンス。

Azure Data Lake Storage および Cosmos DB での保存データの暗号化方法について詳しくは、 Azure の公式ドキュメント.

このドキュメントでは、Platform でのデータの暗号化方法の概要を説明しました。 Platform でのセキュリティ手順について詳しくは、「 ガバナンス、プライバシー、セキュリティ Experience Leagueで オプションの概要について Platform セキュリティに関するホワイトペーパー.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる