ポジション取引戦略

海外FXのロールオーバーとは

海外FXのロールオーバーとは
【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

最高の海外FX会社9 社

詳細についてはスクロールしてください

FX会社の選び方

ブローカー規制:規制当局は、FX会社が合法かつ倫理的に運営されていることを確認することにより、トレーダーを保護します。日本の金融庁、 ASIC、FCA、CySECは、他の規制当局よりも優れたトレーダーの保護を提供します。一部のブローカーは、セイシェル、バヌアツ、バハマ、英領バージン諸島などの小島嶼国によって規制されています。これらの国の規制当局は一般に「オフショア」規制当局として知られており、トレーダーの保護はあまり得意ではありません。しかし、こうした国の規制では、より高いレバレッジ、ボーナス、より広範囲の取引資産が利用できます。

口座の監督:ほとんどのブローカーは、複数の信頼できる国際的な規制当局によって監督されています。自分の取引口座を監督するのがどの規制当局かを知ることが重要です。国際的に規制されているブローカーは、オフショアライセンスの下で取引口座を開設するのが一般的です。それらのオフショアライセンスでは、 ブローカーの破産、不正行為、またはマイナス残高保護がないなどの、不利な取引条件のさらなるリスクにさらされています。

ブローカーの取引条件と手数料:より優良なFX会社では、多くの場合、手数料が低くなります。つまり、スプレッドが狭く、最低入金額が少なくなります。取引の実行は非常に高速で、介入がほとんどないか、まったくない条件であるべきです。FX会社はまた、スプレッド、実行ポリシー、トレーダーが利用できるすべてのCFDの一覧を公開する必要があります。トレーダーは、日本の金融庁によって規制されているブローカーがマイナス残高保護を提供することは違法であることに注意する必要があります。そのため、トレーダーは、大きな損失が発生した場合にブローカーのお金を借りることになります。

ブローカーの教材と分析:ブローカーは初心者のトレーダーに、デモ口座とともに一貫性のある体系化された取引コースを提供するべきです。ブローカーは、取引の機会を目立たせ、完全な学習体験を提供するために、詳細な市場分析を提供する必要があります。ほとんどの金融庁規制ブローカーには日本語版のウェブサイトがありますが、教材と市場分析が英語のみの場合もあります。

ブローカーの取引プラットフォーム:ブローカーは独自の取引プラットフォームや、MT4、MT5、cTraderなどのサードパーティプラットフォームのサポートを提供します。ブローカーの中には両方を提供するところもあります。ほとんどのFXトレーダーは、一般的にプラットフォームに対する好みがあるので、複数のプラットフォームが利用できるブローカーでは、トレーダーが使用したいプラットフォームがある可能性が高くなります。

さざなみ投資法で儲けるFX必勝の方程式

To calculate the overall star rating and percentage breakdown by star, we don’t use a simple average. Instead, our system considers things like how recent a review is and if the reviewer bought the item on Amazon. It 海外FXのロールオーバーとは also analyzes reviews to verify trustworthiness.

Top positive review

Top critical review

There was a problem filtering reviews right now. Please try again later.

From Japan

There was a problem loading comments right now. Please try again later.

There was a problem loading comments 海外FXのロールオーバーとは right now. Please try again later.

There was a problem loading comments right now. Please try again later.

There was a problem loading comments 海外FXのロールオーバーとは right now. Please try again later.

There was a problem loading comments right now. Please try again later.

There was a problem loading comments right now. Please try again later.

After viewing product detail pages, look here to find an easy way to navigate back to pages you are interested in.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる