初心者バイナリオプション戦略

インバース型ETFについて

インバース型ETFについて

ETFのリスク

レバレッジ型ETFとは、原指標(TOPIXなど)の日々の変動率に一定の倍数を乗じて算出されるレバレッジ型指標に連動するETFを指します。
レバレッジ型ETFは、値動きや想定されるリターンが通常のETFとは異なる特性があります。
中長期にわたりレバレッジ型ETFに投資をする場合、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性があるため、留意が必要です。
また、原指標の上昇と下落が相互に繰り返されるような相場においては、複利効果により、原指標と比較して指数のパフォーマンスが逓減して行くという特性があります。
それにより投資者は利益を得にくくなりますので、留意が必要です。

インバース型ETFのリスク

インバース型ETFとは、原指標(TOPIXなど)の日々の変動率に一定の倍数を乗じて算出されるインバース型指標に連動するETFを指します。
インバース型ETFは、値動きや想定されるリターンが通常のETFとは異なる特性があります。
中長期にわたりインバース型ETFに投資をする場合、原指標の変動率とインバース型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性があるため、留意が必要です。
また、原指標の上昇と下落が相互に繰り返されるような相場においては、複利効果により、原指標と比較して指数のパフォーマンスが逓減して行くという特性があります。
それにより投資者は利益を得にくくなりますので、留意が必要です。

リンク債型ETFの信用リスク

リンク債型ETFとは、主に金融機関が発行する指標に連動した投資成果を目的とする債券(リンク債)に投資することで、ETFの一口あたり純資産額の変動率と対象指標の変動率を一致させる運用手法を採るETFを指します。
ETFが投資対象とするリンク債は、その償還価格が指標の動きに連動するようにリンク債発行者が保証しており、リンク債を保有することにより、ETFの一口あたり純資産額の変動率は指標の変動率に一致します。
リンク債型ETFでは、一口あたり純資産額の変動率と指標の変動率の間に乖離(トラッキングエラー)が発生しませんが、リンク債の発行者の信用リスクが存在します。

OTCスワップ型ETFの信用リスク

OTCデリバティブ取引に投資するETFの代表例として、OTCスワップ型ETFがあります。
OTCスワップ型ETFとは、ETF発行者と主に金融機関との間で、連動対象の指標のリターンを交換するトータルリターンスワップ契約を結ぶことで、ETFの一口あたり純資産額の変動率と対象指標の変動率を一致させる運用手法を採るETFを指します。
OTCスワップ型ETFでは、トラッキングエラーがありませんが、スワップ契約のカウンターパーティーの信用リスクが存在します。

先物型ETFのリスク

先物型ETFとは、先物取引の価格を用いる指標に連動するETF又は主に先物取引に投資を行うETFを指します。
先物価格は限月(先物の決済期間) インバース型ETFについて * の違いによって、その価格が異なります。その理由は「時間的価値」によるものです。時間的価値とは、現時点から限月までの期間における価格変動に対する期待を表すものです。
また、商品先物は保管コスト等も先物価格に反映されます。
一般的に、限月までの期間が長ければ長いほど、将来の価格の不確実性が増すことから、時間的価値は大きくなり、先物価格は高くなります。先の限月の先物ほど価格が高い状態のことを「コンタンゴ」と呼びます。
一方、目先の波乱要因等により、近い限月の先物ほど価格が高い状態のことを、「バックワーデーション」と呼びます。
こうした要因により、先物型ETFは、先物取引の次限月以降の限月への乗換え(ロールオーバー)に伴い、損益が発生する場合があります。
特に、商品先物取引や日経VI先物等のボラティリティ指数先物取引等は、コンタンゴになることが多くなる傾向があり、こうした先物価格を参照する先物型ETFは、ロールオーバーを繰り返すことで減価していく場合があります。
そのため、とりわけ中長期の投資を行う場合には留意が必要といえます。

You インバース型ETFについて must read the following information before proceeding. When インバース型ETFについて you have read the information set out below, please click on the "I confirm that インバース型ETFについて インバース型ETFについて I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information インバース型ETFについて and to continue.

This website is directed only インバース型ETFについて at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of インバース型ETFについて インバース型ETFについて the NEXT FUNDS are not offered for sale インバース型ETFについて or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does インバース型ETFについて not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided インバース型ETFについて on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials インバース型ETFについて contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the インバース型ETFについて インバース型ETFについて solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any インバース型ETFについて person in Japan.

Furthermore, the information on this インバース型ETFについて website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide インバース型ETFについて any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision インバース型ETFについて インバース型ETFについて of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any インバース型ETFについて U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

楽天レバレッジETF、楽天証券なら手数料が0円。

レバレッジ型・インバース型 ETF等(ETN含む)は、主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品です。レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率のレバレッジ倍(又はマイナスのレバレッジ倍)とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。上記の理由から、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品といえます。投資経験があまりない個人投資家の方が資産形成のためにこうしたETF等を投資対象とする際には、取引の仕組みや内容を十分理解し、取引に伴うリスク・コストを十分に認識することが重要です。レバレッジ型・インバース型 ETF等に係る商品の特性とリスクについてはこちらをあわせてご確認ください。

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

【信用取引にかかるリスク】

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込) インバース型ETFについて
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで インバース型ETFについて 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

インバースやダブルインバースのETFとは何ですか?

管理人ひっきーからの回答

まず、「インバース」とは、「反対の」という意味を持っています。また、「インバース型のETF」とは、日経平均株価のような 株価指数とは逆の動きになるETF (上場投資信託)です。つまり、日経インバースというETFを買った場合には、 日経平均株価が下がれば 利益が出る 仕組みになっています。

具体的な例でお話ししますと、インバース型のETFを買っているとして、「日経平均株価が 1% 下がれば、逆に 1% の利益が出る」仕組みなのです。なぜ、相場と反対に動くかというと、このETFは先物取引などを巧みに使って、株価下落時に儲かるしかけとなっているからです。

インバース型ETFの特徴

他にも「ダブルインバース」というETFがあり、これは、株価指数に対して「ダブル=2倍」の値動きを目指します。つまり、日経平均株価が インバース型ETFについて 1% 下がれば、2倍の 2% 利益が出るような仕組みになっています。

インバース型ETFの買い方ですが、ETFなので株と同じように銘柄コードがあり、株を買うような感覚で注文することができます。おすすめのETFは 出来高がしっかりとある ものです。ピックアップして、表にしました。

銘柄コード ETF名(上場投資信託)
1571 NEXTFUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信
1580 日経平均ベア上場投信

銘柄コード ETF名(上場投資信託)
1357 NEXTFUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
1360 日経平均ベア2倍上場投信
1459 楽天ETF‐日経ダブルインバース指数連動型

ただし、インバース型のETFには 重大な欠点 があります。それは、長期保有を続けると、 どんどん価値が小さくなってしまう ことです。下のチャートをご覧ください。

日経平均株価と日経インバーースのチャート比較

これは、日経平均株価と日経インバースの5年チャートです。 赤線 が日経平均株価の変動率で、 青線 が日経インバース(1571)です。 本来、この2つはまったく正反対に動かなければなりませんが、0からスタートして、5年後の最新の状態を見てみると、日経平均株価は「+10%」のところにあり、日経インバースは「-40%」のところにいます。後者のパフォーマンスがよくないことがわかります。

ここでは、詳しい解説は省略しますが、日々の株価変動で、上昇と下落を繰り返していくと、指数に対して負ける構造になっているのです。よって、 短期的な運用に向いている 商品で、長期的に保有するとかなり不利な商品といえます。これは絶対に覚えておいてください。

【レバレッジ型3倍ETFに強み】Direxion

ブル型のETFは、そのETFの連動指数が上昇すると現物株と同様にETF自体の価格も上昇しますが、商品自体にレバレッジが効いています。例えば、S&P500に連動している「Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)」の場合、S&P500が前営業日から10%上昇すると、「Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)」は30%上昇します。逆に、S&P500が下落するとETF価格の下落率にもレバレッジがかかりますので、活用には注意が必要です。(※)

一方、ベア型のETFは、ブル型のETFと逆の性質をもったETFです。つまり「Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)」の場合、S&P500が下落することで、ETFの価格は上昇します。
具体的な活用方法としては、例えば、米国市場全体が下落するかもしれないと考えている際に、ベア型のETFを利用することで下落局面でのリスクヘッジが可能となります。

② レバレッジ型3倍はディレクションETFだけ

本コンテンツは情報提供が目的であり、投資その他の行動を勧誘する、あるいは、コンテンツ中の個別銘柄を勧誘、推奨するものではございません。また、過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。
また、ブル型・ベア型ETFの値動きはそれらのETFの運用で目指している値動きをする前提で記載しています。
ETFの運用状況によっては、上記記載のような値動きにならないことがありますのでご注意ください。

マネックス証券のディレクションETF残高ランキング(米国)

インバース型ETFについて
1 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF(SPXL) 0.95%
連動指数
S&P500種指数(S&P 500 Index)のパフォーマンスの300%に当たる投資成果を追求
2 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー S&P 500 ベア3倍 ETF(SPXS) 0.95%
連動指数
S&P500種指数(S&P 500 Index)のパフォーマンスの-300%に当たる投資成果を追求
インバース型ETFについて
3 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー テクノロジー株 ブル 3倍 ETF(TECL) 1.08%
連動指数
テクノロジー・セレクト・セクター指数の300%
インバース型ETFについて
4 銘柄名(ティッカー) 経費率
ディレクション・ザックス・MLP・ハイ・インカム・シェアーズ(ZMLP) 0.65%
連動指数
ザックスMLP指数
インバース型ETFについて
5 銘柄名(ティッカー) 経費率
ディレクション・デイリー・ゴールド・マイナー インバース型ETFについて インバース型ETFについて ブル 2倍 シェアーズ(NUGT) 0.95%
連動指数
NYSE アーカ・ゴールド・マイナーズ指数のパフォーマンスの200%に当たる投資成果を追求
6 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー 半導体株 ブル 3倍 ETF(SOXL) 0.96%
連動指数
PHLX 半導体・セクター指数の日々のパフォーマンスの300%
インバース型ETFについて
7 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー 20年超米国債 ブル3倍 ETF(TMF) 0.95%
連動指数
NYSE 20年プラス国債指数(NYSE 20 Year Plus Treasury Bond Index)のパフォーマンスの300%に当たる投資成果を追求
8 銘柄名(ティッカー) 経費率
ディレクション・デイリー・ヘルスケア ブル 3倍 シェアーズ(CURE) 0.95%
連動指数
ヘルスケア・セレクト・セクター指数のパフォーマンスの300%に当たる投資成果を追求
9 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー 米国小型株 ベア3倍 ETF(TZA) 0.95%
連動指数
ラッセル2000種指数(Russell 2000 Index)のパフォーマンスの-300%に当たる投資成果を追求
10 銘柄名(ティッカー) 経費率
Direxion デイリー 20年超米国債 ベア3倍 ETF(TMV) 0.95%
連動指数
NYSE 20年プラス国債指数(NYSE 20 Year Plus Treasury Bond Index)のパフォーマンスの-300%に当たる投資成果を追求

■米国上場のレバレッジ型・インバース型ETFを取引するにあたってのご留意事項

米国ETFの売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。また、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外ETFの場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。
対象指標は、変動率が原指標の日々の変動率の例えば2倍(レバレッジ指数)、-1倍(インバース指数)となるように算出されているため、前営業日と比較するとその変動率は原指標の2倍(レバレッジ指数)、-1倍(インバース指数)となりますが、 2営業日以上離れた期間での比較においては、複利効果により、一般的に、原指標の変動率のちょうど2倍(レバレッジ指数)または-1倍(インバース指数)にはなりません。
レバレッジ型指標、インバース型指標は、中長期にわたって投資をする場合、原指標の変動率とレバレッジ型指標、インバース型指標との変動率の乖離が大きくなる可能性がありますのでご留意ください。
特に、原指標が上昇・下落を相互に繰り返す場合、上記の複利効果によりレバレッジ指数、およびインバース指数は逓減していくという特徴があります。この場合、利益を得にくくなりますのでご留意ください。
2倍のインバース型指標に連動するETFは原指標に連動するETFに比べ市場価格と理論価格の値動きが大きいため、当該指標に連動するETFの市場価格がストップ高(ストップ安)となったのちも当該指標が上昇(下落)を続けた場合、市場価格と理論価格が乖離し、その結果理論価格に近い価格で売買することが出来なくなる可能性がより高くなるため、留意が必要です。なお、このような市場価格と理論価格の乖離は一般的には理論価格が呼値の制限値幅内の値となった際に解消されると考えられます。

過去10期以上の企業業績、長期間の配当履歴、気になる銘柄の一覧比較など、様々な機能を搭載した「銘柄スカウター 米国株」は、米国ETFの情報も掲載しています。
ランキング機能では、ETFに絞って配当利回りの高いものを表示することも可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる