外為オプション取引

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは
As cloud computing クラウドブローカーとは evolves, combinations of cloud services will be too complex and untrustworthy for end consumers to handle their integration, クラウドが発展していくなかで、それらを組み合わせることはエンドユーザにとって非常に複雑で分かりにくいものになっています。 Gartner predicts that as cloud services are adopted, the ability to govern their use, performance and delivery will be provided by cloud service brokerages. These brokerages will use several types of brokers and platforms to enhance service delivery, and, ultimately, service value. ガートナーでは、クラウドを業務に適用する際の、クラウドの利用、性能、そして提供などの管理がクラウドサービスブローカーによって行われると予想します。ブローカーは、提供されるサービスの拡張や、究極的にはサービスの価値の拡張をするために、いくつかのプラットフォームの仲介を行うことになるでしょう。

メッセージ・ブローカー

メッセージ・ブローカーは、メッセージング・ミドルウェア・ソリューションまたはメッセージ指向ミドルウェア(MOM)ソリューション内のソフトウェア・モジュールです。 このタイプのミドルウェアは、アプリケーションのコンポーネント間のデータ・フローを処理する標準化された手段を提供して、開発者がアプリケーションの中核ロジックに集中できるようにします。 また、分散通信層として機能するため、複数のプラットフォームにわたるアプリケーションでの内部通信を可能にします。

メッセージ・ブローカーは、メッセージの検証、保管、経路指定、適切な宛先への配信を行うことができます。 また、他のアプリケーションとの間で仲介役として機能するため、受信側の場所やその活動状態、数を知らなくても、送信側がメッセージを発行できるようにします。 これにより、システム内のプロセスとサービスの分離が容易になります。

非同期メッセージング(15:11)では、メッセージ・ブローカーにより可能になるアプリケーション間通信のタイプに言及しています。 非同期メッセージングは、貴重なデータの損失を防ぎ、パブリック・ネットワークでよくある断続的な接続や遅延の問題が発生した場合でもシステムが機能を継続できるようにします。 非同期メッセージングでは、メッセージが他のメッセージと相対的に正しい順序で確実に一度だけ配信されることが保証されます。

メッセージ・ブローカーのモデル

  • Point-to-Pointメッセージング:メッセージの送信側と受信側の間に1対1の関係がある、メッセージ・キューで使用される配信パターンです。 キュー内の各メッセージは単一の受信側にのみ送信され、一度のみコンシュームされます。 メッセージの処理が一度のみでなければならない場合、Point-to-Pointメッセージングが必要になります。 このメッセージング・スタイルに適したユースケースの例としては、給与計算処理や金融取引処理などがあります。 これらのシステムでは、それぞれの支払の送信が確実に一度のみ行われるという保証を、送信側と受信側の両方が必要とします。
  • パブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング:「pub/sub」と呼ばれることが多いこのメッセージ配信パターンでは、各メッセージのプロデューサーはメッセージをトピックにパブリッシュし、複数のメッセージ・コンシューマーはメッセージを受信したいトピックをサブスクライブします。 トピックにパブリッシュされたすべてのメッセージは、そのトピックをサブスクライブしているすべてのアプリケーションに配信されます。 これは、メッセージのパブリッシャーとそのコンシューマーとの間に1対多の関係がある、ブロードキャスト・スタイルの配信方式です。 例えば、航空会社が航空機の着陸時間や遅延状況の更新を配信すれば、複数の関係者がその情報を利用できるようになります。 航空機の保守と給油を行う地上勤務員、荷物係、次の飛行の準備をする客室乗務員や操縦士、公共の場に通知する電光掲示板の操作者などが利用者として想定されます。 このシナリオで使用するためには、パブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング・スタイルが適しています。

クラウド・アーキテクチャー内のメッセージ・ブローカー

クラウドネイティブ・アプリケーションは、柔軟性、拡張性、迅速な導入など、クラウド・コンピューティングの固有のメリットを活用するよう構築されています。 これらのアプリケーションは、マイクロサービスと呼ばれる個別で再使用可能な小さいコンポーネントで構成されます。 各マイクロサービスは、デプロイした後に互いに独立して実行できます。 これは、どのマイクロサービスも、システム内の他のサービスに影響を与えることなく、更新、拡大、または再始動できることを意味します。 コンテナにパッケージ化されることが多いマイクロサービスは、複数が連携してアプリケーション全体を構成します。各マイクロサービスには、他とは異なる可能性があるデータベースやデータ・モデルを含めて、それぞれ独自のスタックがあります。

メッセージ・ブローカーは、ハイブリッドクラウド環境内のオンプレミス・システムとクラウド・コンポーネントの間の通信を管理するためによく使用されます。 メッセージ・ブローカーを使用すると、サービス間通信に対する制御が強化され、データがアプリケーションのコンポーネント間で安全に、信頼性高く効率的に送信されるようになります。 メッセージ・ブローカーは、マルチクラウド環境の統合において同様の役割を果たせるため、異なるプラットフォーム上にあるワークロードとランタイムの間の通信を可能にします。 また、個々のクラウド・ホスティング・サービスが要求ごとにオンデマンドで実行される、サーバーレス・コンピューティングでの使用にも適しています。

メッセージ・ブローカー対 API

REST APIは、マイクロサービス間の通信によく使用されます。 Representational State Transfer(REST)という用語は、Webサービスを構築する際に開発者が従うことができる、一連の原則と制約を定義します。 これらに従うサービスは、均一で共有されたステートレスのオペレーターと要求のセットを介して通信できるようになります。 アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)は、RESTルールに準拠している場合にサービスでの相互の対話を可能にする、基本となるコードを示します。

REST APIは、Hypertext Transfer Protocol(HTTP)を使用して通信します。 HTTPは公衆インターネットの標準トランスポート・プロトコルであるため、REST APIは広く知られており、頻繁に使用され、広く相互運用されています。 ただし、HTTPは要求/応答プロトコルであるため、同期的な要求/応答が必要な状況で使用するのが最適です。 これは、REST APIを介して要求を行うサービスは、即時応答を期待するように設計されている必要があることを意味します。 応答を受信するクライアントがダウンすると、送信側サービスは、応答が来るまでブロックされます。 フェイルオーバーとエラー処理ロジックを両方のサービスに構築する必要があります。

メッセージ・ブローカーは、サービス間の非同期通信を可能にするので、送信側サービスが受信側サービスの応答を待機する必要がなくなります。 これにより、メッセージ・ブローカーが使用されているシステムでの耐障害性とレジリエンシーが向上します。 さらに、メッセージ・ブローカーを使用すると、パブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング・パターンはサービス数の変更を直ちにサポートできるため、システムの拡張が容易になります。 メッセージ・ブローカーは、コンシューマーの状態も追跡します。

メッセージ・ブローカー対イベント・ストリーミング・プラットフォーム

メッセージ・ブローカーは、メッセージ・キューやパブリッシュ/サブスクライブを含む複数のメッセージング・パターンをサポートできますが、イベント・ストリーミング・プラットフォームはパブリッシュ/サブスクライブ・スタイルの配信パターンのみを提供します。 イベント・ストリーミング・プラットフォームは大量のメッセージを使用するために設計されており、すぐに拡張可能です。 レコードのストリームをトピックと呼ばれるカテゴリーに配列し、事前に指定された時間だけ保管できます。 ただし、イベント・ストリーミング・プラットフォームはメッセージ・ブローカーとは異なり、メッセージの配信を保証したり、どのコンシューマーがメッセージを受信したかを追跡することはできません。

メッセージ・ブローカー対 クラウドブローカーとは ESB(エンタープライズ・サービス・バス)

エンタープライズ・サービス・バス(ESB)は、企業全体にわたって実装されるサービス指向アーキテクチャーで使用されることがあるアーキテクチャー・パターンです。 ESBでは、一元化されたソフトウェア・プラットフォームが、通信プロトコルとデータ・フォーマットを、アーキテクチャー内のすべてのサービスとアプリケーションが共有できる「共通言語」に結合します。 例えば、受信した要求を1つのプロトコル(XMLなど)から別のプロトコル(JSONなど)に変換できます。 ESBは、自動プロセスを使用してメッセージ・ペイロードを変換します。 クラウドブローカーとは 一元化されたソフトウェア・プラットフォームは、接続、ルーティング、要求処理などの他のオーケストレーション・ロジックも処理します。

メッセージ・ブローカーのユースケース

  • 金融取引と決済処理:支払が確実に一度のみ送信されることが重要です。 メッセージ・ブローカーを使用してこれらのトランザクションのデータを処理すると、支払情報が失われず、偶発的な重複もないことが保証されます。また、受信の証明が提供され、中間ネットワークがダウンしたときでもシステムは確実に通信できます。
  • e-コマースの注文の処理と履行:ビジネスをオンラインで行っている場合、ブランドの評判の高さは、Webサイトとe-コマース・プラットフォームの信頼性によって決まります。 メッセージ・ブローカーは、強い耐障害性を持ち、メッセージが一度だけコンシュームされることを保証する機能があるため、オンライン注文の処理に非常に適した選択肢となっています。
  • 保存時と移動中の機密データの保護:業界の規制が厳しい場合、またはビジネスが重大なセキュリティー・リスクに直面している場合は、エンドツーエンドの暗号化機能を備えたメッセージング・ソリューションを選択します。

メッセージ・ブローカーとIBM Cloud

メッセージ・ブローカーは、組織がクラウド・ジャーニーにおいてアプリケーションのモダナイズを行うにつれて、新しい種類の重要性を担うようになっています。 Fortune 100の85%の企業を含む、世界で最も成功した企業の多くは、IBMのメッセージ・ブローカー機能を利用しています。これは、今日のアジャイル開発環境、マイクロサービス・ベース・インフラストラクチャーとハイブリッドクラウド・インフラストラクチャー、幅広いシステム・タイプと接続の要件をサポートするように構築されています。

クラウドブローカーサービスの提供について ~顧客ニーズに最適なクラウド基盤の選定から複数クラウド基盤の統合的な管理・運用をサポート~

これまでNTTデータは自社データセンターやNTTコミュニケーションズのパブリッククラウド「Bizホスティング Cloud n 」 注2 を利用し、クラウドサービスを提供してきました。それらのサービス提供により蓄積してきたノウハウを活用し、顧客ニーズにより柔軟に対応するため、今回AWSをラインナップに追加しました。さらに今後ディメンションデータが提供するManaged Cloud Platformにも対応予定です。

マルチクラウドコントロールサービス

【図】

「マルチクラウドインフラ提供サービス」におけるクラウドサービスラインナップの拡充

『BizXaaS プラットフォームサービス Flex-A』の提供開始

AWSのクラウド基盤をベースに、そのサービス利用時に必要となるシステム運用、バックアップサービスを付加した包括的なメニューとして、『BizXaaS プラットフォームサービス Flex-A』を新たにラインナップに追加しました。

サービスの特長

  • AWSサービス利用までのリードタイム短縮

サービス名称の変更について

サービス名称 内容
BizXaaS プラットフォームサービス Base(旧称:BizXaaS プラットフォームサービス) 当社データセンター上の仮想サーバーに監視・バックアップを付与した運用サービス
BizXaaS プラットフォームサービス Flex-C(旧称:BizXaaS プラットフォームサービス Flex) NTTコミュニケーションズが提供するパブリッククラウド「Bizホスティング Cloud n 」に、監視・バックアップを付帯した運用サービス
BizXaaS プラットフォームサービス Flex-A(新設) AWSに監視・バックアップを付帯した運用サービス

今後について

Hinemos ® クラウド管理オプション

2013年5月27日ニュースリリース

  • 注1 MM総研による市場予測
  • 注2 Bizホスティング クラウドブローカーとは Cloud n
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「Managed クラウドブローカーとは Cloud Platform」は日本国内における株式会社ディメンションデータの登録商標です。
  • Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、およびAWSはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
クラウドコンピューティングビジネスユニット
浅野、金本
TEL:050-5546-9940

クラウドに付加価値を与える「クラウドブローカー」の登場をガートナーが予想、総務省ではクラウド連携に8億の研究予算

As cloud computing evolves, combinations of cloud services will be too complex and クラウドブローカーとは untrustworthy for end consumers クラウドブローカーとは to handle their integration,

クラウドが発展していくなかで、それらを組み合わせることはエンドユーザにとって非常に複雑で分かりにくいものになっています。

Gartner predicts that as cloud services are クラウドブローカーとは adopted, the ability to govern their use, performance and delivery will be provided by cloud service brokerages. These brokerages will use several types of brokers クラウドブローカーとは and platforms to enhance service クラウドブローカーとは delivery, and, ultimately, service クラウドブローカーとは value.

ガートナーでは、クラウドを業務に適用する際の、クラウドの利用、性能、そして提供などの管理がクラウドサービスブローカーによって行われると予想します。ブローカーは、提供されるサービスの拡張や、究極的にはサービスの価値の拡張をするために、いくつかのプラットフォームの仲介を行うことになるでしょう。

1. Cloud Service Intermediation(クラウドサービスの仲介)
クラウド(場合によっては複数のクラウド)の上にサービスを構築して利用者に提供する。その際に、ID管理やアクセス管理といった管理も行う。

2. Aggregation(クラウドサービスの統合)
複数のクラウドのサービスを統合して提供する。その際に、データの統合やプロセスの統合などを行う。

3. Cloud Service Arbitrage(クラウドサービスの調停/抽象化)
クラウドサービスの調停/抽象化はクラウドサービスの統合と似ているが、クラウドサービスの統合が、統合されるクラウドサービスが変化しないことを想定しているのに対し、クラウドサービスの調停はつねに顧客が柔軟にクラウドサービスを変更できるようなサービスを提供する。例えば、メールサービスを比較してより条件がよいところがあれば乗り換える、など。
(追記:「調停よりも抽象化の方が分かりやすいのではないか、という指摘があり、超訳ではありますがたしかに分かりやすいので、「調停」を「調停/抽象化」に変更しました。2009/8/13)

サービスブローカーとは

アプリケーションを構築する際には、組織内のオンプレミス・データベースであれ、Amazon Web Services などのパブリッククラウドのメッセージングサービスであれ、プロバイダーからサービスを選択し、利用するための合理的な方法が必要です。サービスカタログは、チームがそういったサービスを見つけるためのものですが、消費者とプロバイダーをつなげるために必要なすべての機能を提供するわけではありません。

サービスブローカーとは

サービスブローカーは、消費者とプロバイダーの間をつなぐ役割を果たします。ブローカーは提供されるサービスに関する情報を保持して注文、プロビジョニング、およびこれらのサービスと消費者が構築するアプリケーションの接続に関するこまごまとした処理を実行し、これまで IT オペレーションが複数のインフラストラクチャ管理ツールで行っていた手順を自動化します。

Red Hat® OpenShift® のサービスブローカーは、アプリケーション・プラットフォームとサービスブローカー間の標準インタフェースである Open Service Broker API をベースにしています。Red Hat は、コンテナのエコシステム内でコラボレーションを行って Open Service Broker API を進化させ、OpenShift Service Catalog のベースとなる Kubernetes Service Catalog に貢献できることを誇りに思っています。

ハイブリッドクラウド戦略を支えるサービスブローカー

Red Hat は Amazon Web Services (AWS) と緊密に連携し、Red Hat OpenShift 内から AWS サービスのプロビジョニングと使用を容易にする AWS Services Broker を開発しました。AWS Service Broker と Red Hat OpenShift を組み合わせることで、オンプレミスのリソースとパブリッククラウドから最適なインフラストラクチャとサービスを使用して、優れたアプリケーションをより迅速かつ簡単に構築することができるようになります。

GCP サービス ブローカーをインストールする

ブローカーを実行するには、Cloud Resource Manager API と Identity and Access Management API が必要です。有効にするには:

API を有効にする

プロジェクトで Cloud サービスをプロビジョニングするために、Kf では少なくとも次の API を有効にすることをおすすめします。

このリストの API を有効にすることでサポートを追加できる他のサービスも、GCP サービス ブローカーでサポートされるようになります。

サービス ブローカーをインストールする

GCP サービス ブローカーのクローンをローカルのワークステーションに作成して、 cd でその位置に切り替えます。

values.yaml ファイルを編集し、 broker.service_account_json の値を key.json のコンテンツ全体を含む文字列に設定します。

省略可: 残りのプロパティを確認し、環境に合わせて必要な部分を変更します。

本番環境で実行している場合は、 mysql.embedded を false クラウドブローカーとは に設定し、自動バックアップとフェイルオーバーを行う外部 MySQL データベースの認証情報を提供します。

GCP サービス ブローカーの Kubernetes Namespace を作成します。

ブローカーのインストールを確認する

kf marketplace を実行します。次のような出力が表示されます。

GCP サービス ブローカーがインストールされます。このブローカーを使用してサービスを作成し、Kf でデプロイするアプリにバインドできます。

Except as otherwise noted, the content of this page is licensed under the Creative Commons Attribution 4.0 License, and code samples are licensed under the Apache 2.0 License. For details, see the Google Developers Site Policies. Java is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる