バイナリーオプションのコツ

騰落レシオ

騰落レシオ
株式

ADR 日本株 全銘柄一覧

ADRとは「米国外の外国企業や外国政府,あるいは米企業の在外法人子会社などが発行する有価証券に対する所有権を示す証書」のこと。 くだけて言うと「米国で売買される外国企業の株式」のこと。もちろん日本企業のADRも取引されています。数十の日本企業のADRも取引されており、日本の夜間もニューヨークの市場でADR価格は変動しています。 ADRは米ドルで取引されていますが当サイトでは、東証株価と比較することができるようにリアルタイムで円換算を行って表示しています。「ADR東証比」がプラスになっていればADRの価格にプレミアムがついている状態ですので、翌日の東証での株価は上昇することが期待できますし、逆もまた然りです。

取引時間は日本時間の23:騰落レシオ 30-6:00(サマータイム時は22:30-05:00)です。

PTS(Proprietary Trading System/私設取引システム)

PTSとは証券取引所以外で売買される電子取引システムのこと。以前は複数のネット証券で夜間取引を行っていましたが、現在ではメジャーなところだとSBI証券のみ。指値注文のみしかできず出来高も比較的少ない為に約定率は低くなりますが、夜間に売買ができる点・手数料が低い点などのメリットは大きいです。東証で買った株をPTSで売ることも出来ます。

取引時間
デイタイム・セッション 8:20-16:00
ナイトタイム・セッション 19:00-23:騰落レシオ 59

掲載対象:2019年8月時点で日本株のADR登録銘柄は300程度の銘柄があります。ADRを分類するとADR企業主導で発行するスポンサードADRと世界メガバンク(BNY,CITI,DB,JPM)が発行するノンスポンサードADRに分けられます。市場で分類するとNYSE・NASDAQ上場銘柄とOTC(店頭取引)銘柄に分けられます。 上場銘柄は20弱、それを含んだスポンサードADR銘柄は80銘柄程になります。残りはノンスポンサードADRです。 当サイトでは実際に売買する人以外に見る価値の無い一部の取引量の少ないノンスポンサードADRは掲載の対象外としており、上場ADR含むスポンサードADR全銘柄と掲載対象見直し時から概ね3ヶ月以内に取引があったノンスポンサード銘柄を掲載対象としています。

企業名横のマーク N=NYSE上場銘柄、Q=NASDAQ上場銘柄、s=スポンサードADR (ソートもこの分類)。太字の企業名は当サイトで主要銘柄として設定している銘柄です。

ADR-東証 ADR円換算から東証株価を引き東証株価で割った数値。+1.0%なら東証株価よりADRが1.0%高く取引されていることになります。ADRのデータが古い場合はグレーアウト。平日21時にリセット。

ADR\ ADR円換算。ADR株価に為替レートを掛けさらに銘柄一定の倍率を掛けた値。

ADR v 円換算時倍率変更等を考慮していない純粋なADRの出来高です。時間外で発生した取引は出来高のみ更新されます。(詳細ページのNASDAQチャートで値動が確認が出来ます。)プレオープンは通常取引の1時間半前[22時(夏時間21時)]から始まります。

日本株暴落、騰落レシオでの底打ちの目安は?

株価チャート

株式

騰落レシオとは

直近の騰落レシオ

日経平均株価6日騰落レシオ
25日騰落レシオ

過去の6日騰落レシオ

2016年6月16日(木)28.92
2016年2月12日(金)26.11
2016年1月21日(木)22.19
2016年1月12日(火)21.42
2015年9月8日(火)29.16
2015年8月25日(火)15.89
2014年10月17日(金)25.65
2014年4月14日(月)26.騰落レシオ 騰落レシオ 45
2013年10月7日(月)29.59
2011年8月9日(火)21.43
2011年3月15日(火)24.43

2015年8月25日(火)15.騰落レシオ 89 17806円 ⇒ 8月28日(金)19136円(+1330円)⇒
2015年9月8日(火)29.16 17427円 ⇒ 9月9日(水)18770円(+1343円)⇒ 9月29日(火)16930円

2016年1月12日(火)21.42 17218円 ⇒ 1月13日(水)17715円(+497円)⇒
2016年1月21日(木)22.19 16017円 ⇒ 2月1日(月)17865円(+1848円)⇒
2016年2月12日(金)26.11 14952円 ⇒ 3月14日(月)17233円(+2281円)⇒ 4月8日(金)15821円

2016年6月16日(木)28.92 15434円 ⇒ 6月23日(木)16238円(+804円)⇒ 6月24日(金)14952円

過去の25日騰落レシオ

2017年4月17日(月)68.06
2016年2月12日(金)57.72
2016年1月21日(木)53.82
2016年1月12日(火)57.86
2015年9月24日(木)64.49
2014年10月21日(火)69.35
2013年6月26日(水)68.09
2012年6月4日(月)59.32
2011年8月22日(月)63.31

2015年9月24日(木)64.49 17571円 ⇒(9月29日(火)16930円で底打ち)

2016年1月12日(火)57.86 17218円 ⇒
2016年1月21日(木)53.82 16017円 ⇒ 騰落レシオ 騰落レシオ
2016年2月12日(金)57.72 14952円(一旦底打ち)

騰落レシオと日経平均

Exxon Mobil株式は2022年当初から約60%上昇 石油製品の需給バランスが逼迫し、同社に大きなアドバンテージ 長期投資家は現在の水準で同株を購入を検討する余地あ.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

騰落レシオ
日経平均株価27,448.00+168.20+0.62%
日経225先物 (F)27,448.0+188.0+0.69%
韓国総合株価指数2,685.90+0.00+0.00%
NYダウ32,990.12-222.84-0.67%
独DAX14,388.35-187.63-1.29%
S&P/ASX 2007,219.10+7.90+0.11%
米ドル指数101.948+0.182+0.18%
1,騰落レシオ 838.25-10.15-0.55%
原油 WTI115.13+0.46+0.40%
21.510-0.178-0.82%
米国綿花2番138.33-0.64-0.46%
排出権84.00+0.03+0.04%
米国シカゴコーン750.10-2.90-0.39%
米国コーヒー231.85+2.40+1.05%
騰落レシオ
ドル/円129.15+0.47+0.37%
ドル/ウォン1,245.60+3.14+0.騰落レシオ 25%
ユーロ/ドル1.0718-0.0014-0.14%
ユーロ/円138.44+0.33+0.24%
トルコリラ/円7.騰落レシオ 8692+0.0382+0.49%
豪ドル/円92.72+0.40+0.43%
ポンド/円162.67+0.53+0.33%
騰落レシオ
大塚ホールディングス4,402.0+113.0+2.63%
ソフトバンクグループ5,341.0-38.0-0.71%
トヨタ自動車2,191.0+68.5+3.23%
三菱UFJフィナンシャル・グループ742.7+13.0+1.78%
ブイ・テクノロジー2,985.0+72.0+2.47%
東芝5,786.0+16.0+0.28%
みずほフィナンシャルグループ1,541.0+22.0+1.45%

米国株式市場=反落、インフレ動向に注目

本日の株式市場:ダウ工業株30種平均は下落、しかし5月通月では乱高下する展開が続いたが上昇

米財務長官、インフレ見通し「間違っていた」 抑制が最優先

IHIが7%高など重工業株が軒並み高い、防衛力強化や装備品の輸出緩和を好感

騰落レシオ

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

騰落レシオを使って日経平均の動きを予想しよう!

投資

騰落レシオとは

騰落レシオの計算方法

例 )10日間の騰落レシオを求めたいとき。
10日間の値上がり銘柄数の合計を10日間の値下がり銘柄数の合計で割って求めます。

10日レシオ=過去10日間の値上がり銘柄数÷過去10日間の値下がり銘柄数×100%

騰落レシオの見方

  • レシオ120%以上は、要警戒。目先天井圏であり反落する可能性が高い。
  • レシオ70%以下は底値圏の可能性が高く、上昇に転じる可能性が高い
  • 短期相場を見たいとき・・・6日
  • 中期相場を見たいとき・・・25日

短期の相場を見る6日レシオ 過去事例

もう一つの例は、2019年 4月です
2019 4月5日に、6日レシオ158.97をつけた日が天井。
その後4月11日に6日レシオ65.63をつけて底入れした後、相場は大きく反転上昇しています。

中期の相場を見る25日レシオ 過去事例

2018年 9月16日に25日レシオ136.04をつけたあたりが中期的な天井圏となり、
10月29日に25日レシオ71.16をつけ中期的な底値圏となっているのがわかります。

また、2018年 12月3日に25レシオ123.40をつけた日が中期的な天井圏、
12月25日に65.64をつけたところが中期的な底値圏となっているのがわかります。

25日レシオが120を超えてきたらポジションを手仕舞い。
25日レシオが70を下回った買いを検討する。
これらを徹底すれば地合いによる大怪我を未然に防ぐことができ、パフォーマンスアップに繋げることができます。

騰落レシオ

当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズ・ウェブへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
個人情報等を必要としないご意見ボックスの性質上、「質問」や「問い合わせ」を頂いても回答は行えません。 御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
※「トレーダーズ・メールマガジン」の配信停止につきましては、お申込いただいたメール配信サービス「まぐまぐ」にてお手続きください。 まぐまぐの配信停止はこちらをクリック。

  • プロ向け市場、インフラファンドの銘柄は個別の詳細ページはありません。

銘柄名 現値 前日比 騰落率
ACCESS 639 +60 +10.36%
菱洋エレク 2,290 +180 +8.53%
北の達人 194 +15 +8.38%
騰落レシオ 騰落レシオ
銘柄名 現値 前日比 騰落率
イビデン 4,435 -300-6.34%
ベイカレント 38,250 -2,400 -5.90%
イーレックス 1,946 -109 -5.30%
銘柄名 ターゲット
INPEX 2390→2790円
石油資源 3500→4160円
サッポロHD 2200→2700円
アサヒ 5100→5000円
ローソン 5000→4700円
騰落レシオ騰落レシオ
発表日 銘柄名 変更箇所 上下
05/31 アドウェイズ 最終
05/31 ピープル 1Q最終
05/31 東京通信 最終 ×
05/31 マツモト 最終 ×
05/31 ファースト住 中間経常 ×
騰落レシオ
銘柄名 騰落率 5日平均 乖離率
生化学 +4.19% 770.6 +3.03%
神戸鋼 +0.29% 675.2 +0.71%
騰落レシオ 騰落レシオ 騰落レシオ
銘柄名 騰落率 5日平均 乖離率
三井松島 -1.12% 3,015 -0.79%
ブイキューブ -6.15% 909.6 -4.46%
川崎船 -3.48% 10,334 -0.90%

騰落レシオ
日経平均 27,438.34 +158.54
TOPIX 1,935.85 +23.18
マザーズ 676.81 +5.56
NYダウ 32,990.12 -222.84
ナスダック総合 12,081.39 -49.74
騰落レシオ 騰落レシオ
ドル/円 129.04 +0.34

当サイトに掲載している内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者に帰属します。掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。
当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc.、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。
当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。
当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZHフィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる