口座開設アプリ

FXでよくある失敗例を紹介

FXでよくある失敗例を紹介
2000年1月-2020年12月

FXチャートの見方とは?初心者向けの基本的なチャート分析方法

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について FXでよくある失敗例を紹介
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

テレワークによくある失敗事例|成功のためのポイントとツール

テレワークでもコミュニケーションを円滑にできるよう、ITツールを導入しましょう。コミュニケーションツールの一つであるビジネスチャットには、プロジェクト単位でグループ(会議室)を作成できるものもあります。そういった機能を活用して、進捗や技術的な相談、情報共有などを気軽に行える環境を整備しましょう。また、こうしたツールの利用シーンは業務関連だけに留まりません。例えば業務以外の趣味のグループを作れば、テレワークでも社員同士の活発なコミュニケーションを促すことに繋がります。

ペーパーレス化を推進する

テレワークでは、社内で扱う紙の書類をそのままにしていてはいけません。書類のやり取りをするためだけに、出社しなくてはならないからです。まず、仕事上必要な書類や、請求書などといった簡単なものからペーパーレス化を進めます。最終的に契約書などの重要な書類についても電子化すれば、円滑なテレワークを実現できるでしょう。それだけでなく、生産性向上やビジネススピードの加速などといった、ペーパーレス化のメリットも享受できます。

データの取り扱いに関するルールを策定する

社外で業務を行うからといって、従業員がなんでもかんでも社外にデータを持ち出して良いというのはあまりに危険です。持ち出し可能なデータの種類を絞り、持ち出しを許可する部署や社員を限定するといったルールづくりを行いましょう。データにアクセスできる社員を限定するITツールの導入や、社内ファイルサーバのアクセス権限を見直すことも、情報漏洩リスクを減らす有効な施策です。

社員/部下を信頼する

しかし、部下がきちんと仕事をしているか心配になることも事実なので、進捗確認の方法を改めましょう。まずは部下に対して明確に業務指示を行います。例えば今日はこれを、明日はこれを、今週はこれをといったように、日毎や週毎に完了報告や進捗報告をもらうようにすれば、進行具合や問題点も把握できます。このようなタスク管理に適したITツールを導入すると、作業漏れや報告漏れを防ぐことができて便利です。

経営層などの理解を深める

上司が部下を信頼できても、さらにその上層にいる経営層がテレワークに不安を感じているケースがあります。このような場合、ITツールの導入やペーパーレス化といった新たな試みを考えても、スムーズに進まない原因になります。まずはテレワークでも業務ができることを説明し、ITツールなどの導入によって、より円滑に仕事が進むことを理解してもらいましょう。新しい働き方を説明して経営層の理解を得ることは、テレワークの成功だけではなく、企業の将来の生き残りや業績向上にも繋がる会社全体にとって重要な事項です。

リモートワーク用インフラのルール設定や、パソコンといった機器の支給

テレワークで使用するパソコンやネットワークについても、社内パソコンと同様のセキュリティ対策と使用ルールを定めます。例えば、自宅で使うWi‐Fiの暗号方式は「WPA2 Personal」以上とする(暗号化なしは絶対に避ける)、フリーWi‐Fiは使用不可、ネットワークの利用はVPNに制限する、仕事に利用するパソコンの共有フォルダは停止する、などです。また、社員が個人で所有するパソコンを業務利用させるのであれば、セキュリティ対策ソフトを支給、場合によってはパソコン本体の支給も検討しましょう。

テレワーク化の失敗防止に役立つITツール

勤怠管理ツール

テレワークの場合、仕事をする=出社という考え方ではありません。このため、タイムカードなどに代わる勤怠管理ツールが必要となります。勤怠管理ツールでは、スマートフォン向けのアプリやブラウザの操作で会社に現在の状況を通知できるため、どこで仕事をしていても、仕事を始めるときに「出勤」状態にでき、終了時に「退勤」できます。こうしたツールを活用し、労働時間の多い社員に対しては適切なコミュニケーションを取るようにしましょう。

ビジネスチャット

チャットツールのなかでも、特にビジネス向けのツールはビジネスチャットと呼ばれます。チャットでのコミュニケーションを実現するツールで、前述したように、プロジェクトや部署、趣味といったグループを作ってリアルタイムのやり取りが可能です。ファイルの送受信も可能なため、上手に活用することで、オフィスでの業務よりも生産性が向上できる効果も見込めます。

グループウェア

スケジュールやタスク管理、ビジネスチャットや勤怠管理機能など、グループウェアには多くの機能が内包されています。会社から社員へのお知らせなども掲載できる、社内ポータルサイトのような役割を担うことも可能です。もちろんグループウェアに含まれる機能だけを使い、他のITツールを使わないという選択肢もありますし、チャットやタスク管理は別のITツールを使うという選択肢もあります。

Web会議ツール

会議室に集まっての会議やミーティングができないテレワークでは、Web会議ツールの導入は必須ともいえます。パソコンにマイクとカメラを接続し(または内蔵されているマイクとカメラを使用)、映像と音声でのやり取りを複数名で行えます。ファイルの送受信やチャット、パソコンの画面を共有することも可能で、社内だけでなく社外とのやり取りにも便利に使えます。専用のソフトウェアをインストールするものや、ブラウザだけで利用できるものがあります。

リモートアクセスサービス

パソコンやスマートフォンなどから、別のパソコンを遠隔操作するITツールです。例えば社内のパソコンを自宅からリモートアクセスツールで遠隔操作すれば、大切な企業のデータを持ち出さずに作業することも可能です。また、どうしても社内からしかアクセスできないシステムがあったとしても、社内のパソコンを遠隔操作することで利用できます。

電子契約サービス

紙の契約書と同様に、法的効力を持った電子契約を実現できるサービスです。法的効力を持った電子ファイルを作成するためにはさまざまな知識が必要ですが、こうしたサービスを導入することで誰でも簡単に作成できます。電子契約だけでなく、社内決裁などに対応している電子契約サービスもあります。

テレワーク時の契約手続きを効率化する電子印鑑・電子契約サービス

「電子印鑑GMOサイン」を導入すれば、社員が押印や契約書の作成のために出社する必要はなく、すべて自宅から行えます。利用できる電子印鑑は、認印に相当するものと、実印に相当するものの2種類が使い分けられるため、社内決裁から社外との法的効力を持った電子契約まで対応しています。また、社内にあるこれまでの承認ワークフローをそのまま再現できるため、契約書の送付前に上司に決裁をもらうといった流れもスムーズに行えます。

テレワークを失敗させないためにはITツールの導入が鍵

テレワークはさまざまな要因で失敗してしまいます。そのほとんどが、上司やシステムが「新しい働き方に対応できていない」ことが原因です。一方で、これらは上司や経営層の意識改革に加え、ITツールの導入で解決できます。

また円滑なテレワークの実現には、紙の書類のやり取りが残っていてはうまくいきません。押印や契約書作成のために出社しなければならないのはナンセンスですし、その時間はビジネスにとって損失でしかないでしょう。テレワークの成功の第一歩は、「電子印鑑GMOサイン」のようなITツールの導入にあるといっても過言ではありません。

FXがはじめての方へ

株式投資がはじめての方へタイトルイメージ

マイルールを持ってFX取引を行っているBさん。
マイルール① 「現実的な利益目標を設定する」。Bさんは毎日のランチ代を稼ぐことを目指し1日1,000円の利益を目標に取引をしています。
マイルール② 「利益が一定額を超えたら銀行口座に出金する」。Bさんは稼いだ利益で投資額を増やしていくことをせず、自分が無理なくコントロールできる範囲で投資しています。
教訓: 無理なく続けられるマイルールを設定しましょう

失敗例①:損切できず、結果として損失が膨らんでしまった(Cさん)

少額からFXを始め、当初は一晩で収益を上げるなど順調な時期が続き投資を拡大。
ユーロ、ポンドを中心に短期売買でトレードしていたが、保有していたユーロ/円の値下がりにも関わらず保有をし続け、一度回復基調は見えたものの、そのタイミングで売り抜けが出来ず再び下落に。
耐えきれなくなり、ロスカット手前で自主撤退したが大きな損失が残った。
教訓: 損切ルールを作り、資産をしっかり守りましょう

ネオモバのFXとは?

FX口座開設までの流れ

  • すでにネオモバ総合口座をお持ちの方
    (クレジットカード登録完了の方)

    ログイン後 より、FX口座開設のお手続きが可能です。

お取引に関するご注意事項 FXでよくある失敗例を紹介
SBIネオモバイル証券で取り扱っている商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、SBIネオモバイル証券のご利用にあたっては、お取引の有無に係わらず、サービス利用料(月額)がかかります。サービス利用料(月額)は月間の株式取引約定代金により計算し、0円~50万円以下:220円、50万円超~300万円以下:1,FXでよくある失敗例を紹介 100円、300万円超~500万円以下:3,300円、500万円超~1,000万円以下:5,500円。以後、100万円ごとに1,100円が加算されます。(上限なし)(すべて税込)
各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、FX(外国為替証拠金取引)については、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回るおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細は、SBIネオモバイル証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介!

資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介!

コラム

資産運用に失敗するとどうなる?

・資産が減る
・借金をすることになる
・精神的苦痛やストレスを抱える
・損失資産を補おうと仕事で無理をして健康を損なう

資産が減る

資産運用に失敗すると、資産が減少するリスクがあります。資産運用の方法はさまざまありますが、そのほとんどは元本保証がなく、運用に失敗すると元本割れを起こします。元本割れを起こすと、当然ながら資産は減少してしまいます。

また、リスクとリターンは相関関係にあり、利回りが高い金融商品は元本割れを起こすリスクが高いです。つまり、高利回りの金融商品は短期間で大きな利益が得られる可能性がある反面、運用に失敗すると資産が大きく減少するリスクがあることを知っておきましょう。

投資金額以上の損をしてしまう場合がある

資産運用に失敗すると、投資金額以上の損をしてしまう場合があります。運用に失敗すると元本が返ってこないだけでなく、最悪のケースでは借金を抱えてしまうこともあります。

資産運用に失敗して借金を抱えるケースで多いのは、レバレッジ取引で追証が発生するケースです。FXや株の信用取引などがレバレッジ取引に該当し、レバレッジを効かせることで投入した証拠金の最大25倍の金額で取引ができます。

精神的苦痛やストレスを抱える

資産運用に失敗すると、精神的苦痛やストレスを抱えてしまいます。資産が減少すると誰でもショックを受けると思いますが、ストレス耐性が低い人はうつ病などの精神疾患を発症することがあります。

また、短期的な値動きに一喜一憂すると精神的に不安定になり、その状態が長く続くとストレスが常態化します。さらに相場が予想に反した値動きをすると、予想を外してしまったことで自責の念に駆られてしまい、それが原因で精神疾患を発症する方もいます。

損失資産を補おうと仕事で無理をして健康を損なう

資産運用に失敗すると、減らしてしまった資産を補おうとして仕事量を増やそうと考える方がいます。しかし無理をして労働時間を増やしても、結果として健康を損なってしまうことがあります。

また、海外金融商品に投資をして失敗すると、夜も相場の値動きが気になってしまい睡眠不足が続いてしまうことがあります。このような状態で仕事をするとミスや事故の原因になり、仕事にも悪影響が及びます。

資産運用のよくある失敗例や失敗談

資産運用のよくある失敗例や失敗談

運用の目的や目標金額を決めない

資産運用で最もよくある失敗が、運用目的や目標金額を決めず始めてしまうケースです。目的や目標を決めずにビジネスが成功することはほとんどありませんよね。

売買タイミングなどのルールを決めない

資産運用でよくやりがちな失敗が、売買タイミングなどのルールを決めないことです。先ほど紹介した目的や目標と同様、運用ルールを決めずにうまくいくケースは非常にまれであり、なんとなく資産運用を始めたほとんどの方が損をしてしまっています。

例えば株式では「この株式は必ず半年後に売却しよう」「5%でも株価が値上がりしたら売ろう」などと具体的な数値目標を決めておくことで、着実にコツコツと利益を増やしていくことが可能です。

そして特に注意すべきなのは、株価が値上がりをしているケースより、値下がりしているケースです。「いずれ戻るだろう」と放置して取り返しのつかないことになるケースもあるため、「元本が20%減ったら損切りしよう」など、自分で資産運用ルールを決めておくことが大切です。

分散投資ができていない

投資において重要なことは、「もしAが下がってもBが上がる」という状態になるように、金融商品や投資銘柄などの種類を分散して投資することです。分散投資は、リスクを分散しながら資産運用したい方は必ず実践すべき手法です。

運用を専門家に任せてしまう

資産運用初心者の方によくあるのが、運用の専門家に完全に任せっきりになり失敗してしまうというパターンです。もちろん運用の専門家は知識が豊富であり、金融商品の最新情報のキャッチアップも早いため、安心して任せられるかもしれません。

つまり専門家に運用を任せたとしても、それによって決してあなたの資金が保証されるわけではありません。資産運用にはすべて「自己責任」が伴うのです。

余剰資金を超えた金額で運用する

投資を始める上では、投資金額を見誤らずに「余剰資金」の範囲内で行うことが大切になります。それでは余剰資金を超えた金額で運用した場合、どのようなリスクが考えられるでしょうか。

なんとなく仮想通貨やFXに手を出す

仮想通貨やFXは手数料が株式取引よりも安く、24時間好きな時に売買でき、手軽な金融商品としてなんとなく始められます。しかしこれらは、短期間で大きく値上がりや値下がりをする「ボラティリティの変動が大きい」というハイリスクな特性を持つ金融商品です。

またFXに関しては、投資元本以上の金額でレバレッジをかけて運用することができるので、仮に失敗したときには損失額を補填するための資金が足りず、金融機関で借金せざるを得なくなります。

資産運用で借金など失敗しないためのポイント

資産運用で借金など失敗しないためのポイント

資産運用の目標をあらかじめ決めておく

資産運用で失敗しないためには、資産運用の目標をあらかじめ決めておくことが大切です。資産運用の目的や目標金額が明確だと、どのような金融商品で資産運用をすれば良いのかが自ずとわかります。

分散投資をしてリスクを減らす

資産運用での失敗を防ぐには、分散投資をしてリスクを減らすことが大切です。金融商品や投資銘柄などの種類を分散して投資すると「もし金融商品Aが下がっても金融商品Bが上がる」という状態になり、投資のリスクを分散できます。

なお、分散投資をする際は「資産(銘柄)の分散」だけでなく、「地域の分散」と「時間の分散」も考えましょう。地域の分散として複数の地域や通貨を組み合わせたり、時間の分散としてドルコスト平均法などで複数回に分けて投資をすることも、リスクの分散につながります。

「群衆の心理」に巻き込まれず感情に流されずに運用する

資産運用に必要なのは金融知識だけではありません。感情に流されず、常に市場と向き合い冷静に判断できるマインドが必要です。

2000年1月-2020年12月

これは、話題に上ることから投資家の資金が集まり価格が吊り上がってしまい、悲観論が拡がると一斉に資金の引き揚げが起こることから、暴落に繋がってしまうためです。

長期目線での運用を心がけ過度な売買を行わない

資産運用では、長期目線での運用を心がけることが大切です。「時間を味方につける」ことを忘れずに、ゆったりと構えて投資判断するようにしましょう。

個人投資家も例外ではなく、自分の運用能力や将来予測を過信してしまうことから必要以上に売買を行ってしまう傾向があります。

売却の判断は冷静に

個人投資家がよく陥りがちな失敗が、利益の出ている銘柄から売却することでポートフォリオが値下がりしている銘柄ばかりになってしまうことです。

損失回避性とは

勝った時いくら貰えたらやるか質問したところ、平均は250万円という結果でした。この結果から、人は損失に対し利益の2.5倍の痛みを感じるという結論が明らかになっています。

余剰資金の範囲内で運用する

「余剰資金=総資産額ー月収(手取り)×6か月分」

また余剰資金は「最悪の場合失っても生きていける」金額を表しているので、その資金が0円になっても生活できなくならないか、よく考えるようにしましょう。

自分でもお金の勉強を続ける

この姿勢はとても重要であり、自分で適切な投資判断するためには、きちんと金融知識を習得し、日々学び続けることが必要です。たとえ運用の専門家に任せたとしても、「自己責任」のマインドで自分でも学び続けることを怠らないようにしましょう。

資産運用で失敗したくない方はプロに運用を任せよう

ここまで見てきた通り、資産運用に失敗してしまうのは、知識不足はもちろん投資家としてのマインドや考え方にも原因があるケースが多いです。経験がないと結局何を買えば良いのかがわからず、なんとなく仮想通貨やFXを始めるなど、典型的な失敗例に陥ります。

安定的ヘッジファンド

まずは気軽にヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、投資のプロとしてなるべく失敗しないような運用方法を提案しているので、あなたが納得できる資産運用をサポートします。

貯金7,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

インフラファンドとは?メリットや仕組みを解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドおすすめ3選!タイプ別に紹介

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【分散投資とは?】資産運用における意味やメリットをわかりやすく解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

プライベートバンクの手数料は4種類!預かり資産金額や売買金額に対していくらかかる?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

国債投資とは?メリットやデメリット・リスク、期待利回りをわかりやすく紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

FX初心者によくある失敗9選!対策や失敗談も併せて紹介

FX失敗

湊

明日香

さくら

  • よくある失敗
  • 対策
  • 失敗経験のある方のリアルな体験談

リアルな失敗体験談を聞くことにより、 FXの危険性がわかりより正しくFX取引を行うことの重要性がわかる ため、是非参考としてください。

FX初心者がよくやってしまう失敗9選

  • 損切りができない
  • 高すぎるレバレッジ
  • 情報に流されてしまう
  • ナンピン取引
  • ポジポジ病
  • 経済指標の発表を確認していない
  • 「損大利小」の取引
  • スワップポイント狙い
  • たくさんの通貨ペアを取引する

損切りできずに強制ロスカット

FXで勝てない方の大半の原因は、損切りができないことです。
なぜならば、初心者の方ほど損失を嫌う傾向にあるから。

高いレバレッジをかけたギャンブル取引

早くお金を稼ぎたいという思いから、高いレバレッジをかけた取引を行いがちです。

TwitterやSNSの情報に流されてしまう

そもそもFX取引で 勝率100%はあり得ない ため、どんな方でも予想は外れます。
FXで勝っていくためには、他人の意見よりも自分の手法や相場観を磨き続けなければいけないのです。

無計画なナンピン取引

自分がエントリーした方向と逆の方向にレートが動いた際に、損失を軽減したいという理由からポジションを追加するナンピン取引を行う傾向にあります。

ナンピン取引とは、買い増しや売り増しをする行為のこと。
本来ナンピン取引は、正しい資金管理のもと行わなければなりません。
正しい資金管理とは、損失が2%を超えたら損切りやレバレッジを抑えた分割エントリーなどのこと。

ポジポジ病

1クリックで取引を行える手軽さや損失を取り返したいという理由から、FX初心者は何度も取引を行ってしまうポジポジ病に陥りがちです。

重要な経済指標の発表時間を知らなかった

プロスペクト理論による「損大利小」の取引

FX初心者の方は、含み益はすぐに利益確定し含み損はなかなか損切りできない「損大利小」取引を行いがちです。
なぜならば、プロスペクト理論が関係しているから。

スワップポイント狙いの失敗

高金利通貨を購入していればスワップポイントが貰えるという簡単な理由で、ポジションを放置するスワップポイント狙いの取引を行っている初心者の方が多い傾向にあります。

様々な通貨ペアに手を出しすぎてしまう

  • 日本の店頭市場で断トツ1位
  • スプレッドが狭い

初心者がFXで失敗(=大きな損失)をしないための5つの対策

  • 予想が外れた際はすぐに損切りを行う
  • 少額取引から始める
  • 少ないレバレッジから行う
  • テクニカル分析を覚える
  • 周りの情報を鵜呑みにしない

予想が外れたらすぐに損切りを行う

初心者の方は少額取引から始める

FX初心者の方は、まずは1,000通貨単位の少額取引から始めましょう。
少額取引から始めれば、リスクの少ない取引ができるだけではなく、より多くの取引経験ができ上達スピードも速まります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる