証券取引

オルタナティブ資産の運用とは

オルタナティブ資産の運用とは

リキッド・オルタナティブ

Image

本ページは、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成、あるいはシュローダー・グループの関係会社等が作成した資料を弊社が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。また本ページの内容は、いかなる財務、法務、税務に関する助言あるいは投資推奨を意図するものではありません。英語原文と本ページの内容に相違がある場合には、原文が優先します。本ページは、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。本ページ中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。本ページ中に業種、国、地域等についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、いかなる投資推奨を目的とするものではありません。予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではありません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。本ページに記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本ページ使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。本ページ中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、弊社はいかなる責任を負うものではありません。シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。本ページを弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。

オルタナティブ資産運用、2026年には23.21兆米ドルに - 英リサーチ会社Preqinより2022年版グローバルレポートを発表

” Home of Alternatives” をコンセプトに、オルタナティブ投資に特化したデータ、ツール、インサイトを提供するPreqin合同会社(本社イギリス、以下プレキン)は、2022年版の「Preqin Global Alternatives Report(以下グローバルレポート)」シリーズ計7冊と、「オルタナティブ投資動向2022」を公開しましたので、お知らせいたします。
無料ダウンロード:https://go.preqin.com/download-alternatives-in-2022-jp

オルタナティブ業界の運⽤資産残⾼(AUM)は2010年以来、毎年増加を続けてきました。業界のファンドマネージャー たちは、現在総額13兆⽶ドルを超える資産を運⽤しており、2026年末のAUMは23.21兆⽶ドルにも上る⾒通しです。
2021年は、オルタナティブ投資の歴史の中で、極めて重要な一年でした。各国政府や経済がパンデミックの影響を引きずる中、プライベートキャピタルとヘッジファンド業界は盛り上がりを見せました。資金調達から投資活動、パフォーマンスまで、すべてが好調に推移し、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル、プライベートデット、インフラ、天然資源がとりわけ良好なパフォーマンスを上げています。
2020年にレジリエンスを発揮したオルタナティブ資産は、2021年、急速に変化する環境の中でも、変化に適応し、うまく成長していけることを証明しました。債券をはじめとする伝統的資産からのリターン低下が予想されることから、年金基金やエンダウメント、ファミリーオフィス等の機関投資家は、オルタナティブ資産への投資意欲を高めていると言えます。

  • レポートサマリー(抜粋)

86%の機関投資家がこれまでと同額またはそれ以上の投資を予定
300を超える機関投資家が回答した2021年11月のプレキンサーベイによると、ほとんどの投資家が引き続きオルタナティブ投資プログラムにコミットしていることが明らかです。投資家は、オルタナティブ資産の高い絶対リターンとリスク調整後リターン、分散効果を高く評価しています。実際、平均86%のオルタナティブ投資家が、昨年、期待通りまたは期待以上のパフォーマンスが得られたと回答しました。資産をめぐる競争やバリュエーション、金利の上昇が投資家にとって最大の懸念事項となる中、半数以上(51%)の投資家が、今後12ヶ月、昨年と同額程度の投資を継続し、3分の1以上(35%)がオルタナティブ資産への投資を増やすことを検討しているもようです。

プライベートエクイティとベンチャーキャピタルがリード、ESG投資が加速

プライベート市場の「リテール化」がゆっくりと進む
米国司法省が確定拠出年金(401k)によるプライベートエクイティへの投資を一部認めるなど、規制改革の面で一定の進展が見られました。しかしながら、オルタナティブ投資の「リテール化(個人投資家への開放)」に向けた動きは、総じて遅れていると言えます。とは言っても、今後数年間の内に、個人投資家がオルタナティブ投資の領域で、より大きな存在感を放つようになるとプレキンは予測しています。「リテール化」の進展は、オルタナティブ業界の知名度や評判に多大な影響を与えることになるでしょう。これは、最終的には、ポジティブな展開となり、従来不透明であったオルタナティブ市場の透明性が高まるきっかけとなるかもしれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる