ビットコイン攻略法

金融商品に係るリスクについて

金融商品に係るリスクについて
信用リスクとは

リスク・手数料等説明ページ

個人向け国債は発行から1年間、原則として中途換金はできません。なお、保有者がお亡くなりになった場合、または大規模な自然災害により被害を受けられた場合は、発行から1年以内であっても中途換金が可能です。
個人向け国債は、原則として、個人のみ保有可能であり、個人以外への譲渡は認められておりません。
個人向け国債は、当社においては原則として、その償還日または利子支払日の2営業日前および前営業日の2日間を受渡日とするお取引はできません。

その他留意事項

投資信託の取引に係るリスクや手数料

投資信託の取引により
損失が生じるおそれがあります。

(おもなリスク)

1 金融商品に係るリスクについて 価格変動リスク

投資信託に組み入られている株式や債券が 「値上がり」あるいは「値下がり」する可能性 があります。したがって、投資元本が保証 されているものではなく、これを割り込むこと があります。

2 信用リスク

3 為替変動リスク

4 カントリーリスク

5 その他のリスク

投資信託の手数料などについて

その他お取引に関する情報

1 クーリングオフについて

2 金銭・有価証券の預託、記帳および振替に関する契約のご案内

3 金融ADR制度に関するご案内

<当社に対するご意見・苦情に関するご連絡窓口>

当社に対するご意見・苦情等に関しては窓口で承っております。
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-1-1
電話番号:045-225-6556
受付時間:月~金 9:00~17:00(振替休日を含む祝日、12月31日~1月3日を除く)

<金融ADR制度のご案内>

金融ADR制度とは、お客さまと金融機関との紛争・トラブルについて、裁判手続き以外の方法で簡易・迅速な解決をめざす制度です。
金融商品取引業業務に関する苦情および紛争・トラブルの解決措置として、金融商品
取引法上の指定紛争解決機関である「特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談
センター(FINMAC)」を利用することができます。

住所:〒103–0025 東京都中央区日本橋茅場町 二丁目1番1号 第二証券会館
電話番号:0120–64–5005
(FINMACは公的な第三者機関であり、当社の関連法人ではありません。)
受付時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分
ただし、祝日(振替休日を含みます)および年末年始(12月31日~1月3日)を除く。

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

金融ADR制度とは、お客様と金融機関との紛争・トラブルについて、裁判手続き以外の方法で簡易・迅速な解決を目指す制度です。
金融商品取引業業務に関する苦情及び紛争・トラブルの解決措置として、金融商品取引法上の指定紛争解決機関である「特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)」を利用することができます。

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 二丁目1番1号 第二証券会館

この「リスク・手数料等説明ページ」又は契約締結前交付書面について、書面での送付・お渡しをお求めの
お客様は当社監査部 (096-322-8888) (096-322-8888) までご遠慮なくお申し付けください。

株式(普通株式)

価格が変動する代表的な投資商品である株式は、主に投資した発行体(企業等)の業績等の変動および需給悪化により価格が変動し、売却の際に、買値より低い価格となり、損失が発生することがあります。「株式投資はリスクがあって恐い」とよくいわれます。確かに、株式投資は「ハイリスク・ハイリターン」ですので、リスクはつきものです。しかしながら、リスクを正確に見極め、正しく対応すればおそれることはありません。 たとえば国内株の場合、 株のリスクには、主に以下の3つがあります。

  1. 1.値下がりリスク
  2. 2.会社が倒産するリスク
  3. 3.売買できないリスク(上場廃止となる場合や取引所でシステム障害(トラブル)が起きて売買ができない場合などが考えられます。)
  1. 1.損切り(ロスカット)ルールを定め、実行する。
  2. 2.複数の銘柄を買ってリスクを分散させる方法(いわゆる資産分散)
  3. 3.購入する時期(タイミング)をずらして、高値で一度に全部買ってしまうことを防ぐ方法などが挙げられます。

CB(転換社債型新株予約権付社債)

新株予約権証券

ETF(上場投資信託)

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。基準価格等が、特定の対象指標(株式指数、債券指数、REIT指数)の上昇率・下落率に連動することを目指した金融商品です。計算の元となる指数が経済情勢等の影響を受けて価値が下落することにより、価格下落により損失が発生することがあります。

  • ETFの中には、従来の伝統的な商品とは異なる特性を持った商品があります。これらの商品は対象指標の大幅な変動により、元本の大幅な棄損などの損をする可能性がありますので、商品の内容を十分にご確認ください。
  • レバレッジ(ブル)型・・・対象指標に対して+2倍の変動のあるように設計された商品
  • インバース(ベア)型・・・対象指標に対して-1倍、-2倍の変動のあるように設計された商品
  • エンハンスト型・・・一定の投資成果を実現するための新しい指標に連動するように設計された商品(カバードコール指標 ・リスクコントロール指標 ・マーケットニュートラル指標など)
  • その他のリスク
  • 早期償還リスク:市場動向の急変した場合などで管理会社等が運用の継続が困難と判断した場合は早期償還(払い戻し)を行う可能性があります。商品ごとの条件等は別途ご確認ください。
  • 個別商品の概要や投資リスクは、東京証券取引所のホームページからご確認いただけます。
  • 東京証券取引所のETFに関する情報のホームページ https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/

REIT(不動産投資信託)

インフラファンド

優先株式

価格変動リスク

信用リスク

為替変動リスク

価格変動リスク

信用リスク

為替変動リスク

換金や売却が制限される場合

金融商品会計基準についてじっくり解説

金融商品会計基準についてじっくり解説

債権の会計処理は、債権の額から貸倒引当金を差し引いて、貸借対照表上に表示すると説明しました。貸倒引当金の額は、債権が回収できなくなる可能性を考慮した妥当な額でなければなりません。債権によって、回収可能性の高さは変わってきますので、一律で見積高を算出するのは適切な会計処理とはいえないでしょう。そこで、貸倒引当金を計算するにあたって、金融商品会計基準では、債権を 「一般債権」、「貸倒懸念債権」、「破産更生債権等」に区分し、区分ごとに貸倒見積高を算定する ことと定めています。

一般債権とは、貸倒懸念債権にも破産更生債権等にも区分されない、回収に重大な問題の発生していない債権のことです。一般債権を相手先ごとに見積もるのは数も多く困難なため、過去の貸倒実績で貸倒引当金を算出する「貸倒実績率法」を使って、一般債権全体をまとめて貸倒引当金を計算します。

貸倒懸念債権

貸倒懸念債権とは、債務の弁済に遅れが出ているなど、破産はしていないものの、経営に重大な問題がある一般債権よりリスクの高い債権をいいます。貸倒懸念債権の貸倒引当金の計算で使われるのは、 「キャッシュ・フロー見積法」と「財務内容評価法」 になります。

破産更生債権等

破産更生債権等は、経営破綻している、または実質経営破綻に陥っているなど、回収がほぼ不可能と見込まれる債権をいいます。破産更生債権等の貸倒引当金は、財務内容評価法によって行います。貸倒懸念債権と異なるのは、回収の見込みがほとんど失われているということ。相手の支払い能力がないとみなしますので、 債権額から担保を差し引いた全額を貸倒引当金に します。

破産更生債権等

ヘッジ会計

ヘッジ取引とは、リスクを回避するために行う取引のことをいいます。金利上昇による金利変動や、日本円と米ドルなど為替変動によるリスクを回避、あるいは軽減することを目的に行われる取引です。

ヘッジ手段としては、デリバティブ取引が用いられており、デリバティブ取引は時価評価が原則で、損益も当期に認識することとなっています。しかし、為替予約を使ったヘッジ取引なら為替予約の額と決算日の価額の差は、当期の損益にすべて含めるのが妥当とはいえません。ヘッジ対象は、決算をまたいだ取引履行まで影響のあるもので、期間を配分して損益を認識するのが適切と考えられるためです。

そのため、ヘッジ取引については、 ヘッジ会計 といわれる会計処理を行って決算書に期間損益を適切に反映するようにします。ヘッジ会計においては、原則的には繰延ヘッジ、例外的に時価ヘッジを行います。また、一定の要件を満たす場合には、為替予約の場合には振当処理、金利スワップの場合には特例処理といった例外も別途定められています。

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

価格変動リスク

金利が上昇するとき や、 金融商品に係るリスクについて 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 金融商品に係るリスクについて 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

リスク・手数料等説明ページ

上場有価証券等書面・契約締結前交付書面

金利が上昇するとき や、 買い手が少ないとき は、債券の価格は下がり損をすることがあります。

価格変動リスクとは

価格変動リスクとは

債券は基本的には発行会社等(企業や国等)の財務状況が大きく揺るがない限り、発行時に定められた金額で償還される金融商品で、満期まで持ち続けることが基本的な考え方です。
しかし、満期前に途中売却(換金)する場合は、市場価格(時価)での売却になるため、売却価格が購入価格を下回り、損をすることがあります(売却価格が購入価格を上回ることもあります)。
市場価格が変動する主な要因として、金利の変動が挙げられます。(一般的に、金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。)なお、保有する債券の買い手が少ないときは希望する価格での売却(換金)ができず、低い価格での売却となり損をすることがあります。

信用リスク

債券の発行会社等(企業や国等)や保証会社等の 財務状況の悪化等により債務不履行が起こり 損をすることがあります。

信用リスクとは

信用リスクとは

為替変動リスク

外貨建て債券の場合、 購入時より円高 になっていると 円で換算した場合 には損をすることがあります。

為替変動リスクとは

為替変動リスクとは

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる