バイナリー オプション 日本

高金利通貨に潜むワナとは

高金利通貨に潜むワナとは
フィナンシャルドゥが取り扱いを開始するオートローンの概要は、下記の通りです。

【17-13】「志 青山に在り」から「人間 到る処 青山有り」へ―李白、蘇軾、釈月性

image

李白永眠の地がこの場所に定まった経緯について、ある興味深い逸話が残されている。李白が没した直後、その遺体は、宣州当塗県の「龍山」に埋葬されていた。それから五十五年経ち、周辺一帯を統治する宣歙池等州観察使に就任した范伝正(生没年不詳)は、李白の子孫を探し求め、ついにその孫娘二人を見つけた。二人はそれぞれ陳氏の妻、劉氏の妻として農民の戸籍に名を連ねており、粗末な身なりながら、何処か高雅な物腰であった。話を聞くと、李白の長子にして二人の父である伯禽(?~792?)はすでに没しており、頼るべき人もいないのだという。続けて話は二人の祖父である李白に及ぶ。「先祖 志 青山に在り、宅兆を遺言するも、頃(このころ)属(たま)たま多故なれば、龍山の東麓に殯らる。地 近くして本意に非ず」。すなわち、李白は生前、「青山」に終焉の志を抱いていたが、樣々な原因から叶わず、また孫娘の力では改葬もままならなかったのだ、という。「地 近し」とは、先に李白が葬られた当塗「龍山」が、当塗「青山」の西三キロメートルの距離に位置していたことを踏まえる。

image

古代中国では、地方に着任した長官が、現地の著名人の功績を称えて、記念の楼閣を築いたり文集を編纂したりすることは積極的に行われており、政務の一環でもあった。加えて、范伝正の父・范惀は、生前の李白と交遊があったため、范伝正は赴任地に眠る大詩人・李白の子孫を積極に探し求めたのであろう。孫娘二人の話を聞いた范伝正は、すぐさま当塗の県令であった諸葛縦(生卒年不詳)を伴い、李白墓を当塗「龍山」から当塗「青山」へ改葬した。一連の経緯は、范伝正の残した碑文「唐左拾遺翰林学士李公新墓碑並序」に詳しく記載されている 高金利通貨に潜むワナとは 高金利通貨に潜むワナとは [1] 。現在の李白墓は、李白の遺言「志 青山に在り」を反映した場所に置かれていることになる。

依遅動車馬 依遅として車馬を動かし
惆悵出松蘿 高金利通貨に潜むワナとは 惆悵として松蘿を出づ
忍別青山去 忍びて青山に別れ去るも
其如緑水何 其れ緑水を如何(いかん)せん

君登青雲去 君は青雲を登りて去り
予望青山帰 予は青山を望みて帰す
雲山従此別 雲山 此より別れ
涙溼薜蘿衣 涙 薜蘿の衣を溼(うるお)す

群公誰讓位 群公 誰か位を讓らん
五柳独知貧 五柳 独り貧しきを知る
惆悵青山路 惆悵たり青山の路
煙霞老此人 煙霞 此の人を老ゆ

聖主如天万物春 聖主 天の如くして 万物 春なり
小臣愚暗自亡身 小臣 愚暗にして 自ら身を亡(うしな)う
百年未満先償債 百年 未だ満たざるに 先ず債を償(つぐな)い
十口無帰更累人 十口 帰する無くして 更に人を累せん
是処青山可埋骨 是(いた)る処の青山 骨を埋(うず)む可し
他年夜雨独傷神 他年 夜雨 独り神を傷ましめん
与君世世為兄弟 君と世世 兄弟と為り
又結来生未了因 又 結ばん 来生 未了の因

男児立志出郷関 男児 志を立てて郷関を出づれば
学若無成死不還 学 若し成る無くんば死すとも還らず
埋骨豈惟墳墓地 骨を埋むるに 豈に惟だ墳墓の地のみならんや
人間到処有青山 人間 到る処 青山有り

グローバルモビリティサービスとフィナンシャルドゥが業務提携 IoTデバイスを活用したFinTechローンとFinTech保証サービスを提供

Global Mobility Service株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員/CEO:中島徳至、以下「GMS」)と、株式会社ハウスドゥ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:安藤正弘、証券コード:3457)の100%子会社である株式会社フィナンシャルドゥ (本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:鈴木剛、以下「フィナンシャルドゥ」)は、従来オートローン※1の審査に通過しづらかった若年層や高齢層などの与信審査通過枠を拡大する、画期的なFinTechオートローン、及びオートローンを提供するファイナンス会社に対する保証サービスを日本国内において提供を行うことを目的とした業務提携を締結したことをお知らせ致します。 ※1オートローンとは、マイカーローンや自動車ローンなどの総称です。

GMSは、独自開発の自動車の遠隔起動制御を可能にするIoTデバイス「MCCS※2」とモビリティサービスプラットフォーム「MSPF※3」を活用し、従来は与信審査に通過しづらかった人々へオートローンの提供を可能にしたFinTechサービスモデルを構築し、フィリピンを始めとした新興国市場及び国内市場に提供してきました。
フィナンシャルドゥは、不動産事業を全国展開する株式会社ハウスドゥの100%子会社として、「不動産担保ローン」や「リバースモーゲージの保証」を始めとした革新的な不動産金融サービスを提供し、継続的な成長を続けてきました。フィナンシャルドゥはGMSとの提携により、ハウスドゥ!グループとして初めてオートファイナンス市場へ参入します。
フィナンシャルドゥは、まず2018年5月下旬(予定)に「MCCS付オートローン」の取扱いを開始し、これまでオートローンの審査に通過しづらかったお客様を中心に、ローンサービスの提供を行います。
また今後、「MCCS付オートローン」の取扱いを検討するファイナンス会社に対して保証サービスを提供することで、ファイナンス会社が従来の審査ではローンの提供が不可能であった顧客層にも安全かつ積極的にローンを提供することを可能にし、新たな市場開拓の機会を創出していきます。

※2「MCCS」とは、Mobility-Cloud Connecting Systemの略称で、自動車の位置情報を特定すると共に、安全に自動車のエンジン遠隔起動制御を行い、センシングを可能にするシステムです。
※3「MSPF」とは、Mobility Service Platformの略称で、モビリティを対象とした管理・制御・データ分析等を行い、クラウド上でOpen APIを通じた外部システムとの連携を可能にするプラットフォームシステムです。

<業務提携によるMCCS付オートローン イメージ図>

フィナンシャルドゥが取り扱いを開始するオートローンの概要は、下記の通りです。

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンド

特集住人も購入検討者も必読!マンション管理Prologue 高金利通貨に潜むワナとは 日常管理も修繕もままならない管理不全の恐怖がそこに!マンション管理制度が4月から大転換 管理崩壊マンション防げるかPart 1 管理組合のヒトモノカネ問題モノ編 修繕できないマンションが激増する? 「大規模修繕クライシス」の深層老朽マンション最後の関門「建替え」 資金・立地・組合の壁どう越えるカネ編 「金持ち組合・貧乏組合」の分かれ目は? 管理費・修繕積立金問題解決法ヒト編 高金利通貨に潜むワナとは 理事がいない、総会で合意できない… 人材問題の解決方法はどこだ・・・

便利な購入方法

90%OFFクーポンプレゼント中

週刊ダイヤモンド (2019年11/9号)

特集
5G大戦

Prologue ラグビーW杯の熱気を届ける 5Gプレサービス開始 幕を開けた新時代
産業を激変させる 5G超入門

Part 1 何に期待? 悩みは? 専門部署は? 上場企業アンケート徹底解剖
245社へのアンケートで判明 企業の5G(秘)取り組み状況
新時代のインフラは万全か 5G通信は22年にも本格化 基地局整備を急ぐ通信キャリア
キャリアの基地局を待っていられない 12月から免許申請開始 「ローカル5G」に熱視線
Interview 三瓶政一●大阪大学教授、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)技術委員長

Part 2 こう使えばいいのか! 高金利通貨に潜むワナとは 5G活用完全ガイド
画像、ケーブルレス、IoT、AI… 5G有効活用の5カ条
政府主導で世界一を目指す 韓国「5G+戦略」最前線
Interview 宮川潤一●ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼CTO

Part 3 スマホ、基地局工事、素材… 沸騰! 5G市場全リスト
本誌記者が体験! ドコモ、KDDIも注力 VR端末の実力
アナログな基地局建設は3社寡占 “5G特需”の山分けなるか
5G関連 厳選77銘柄リスト

(1)Close Up 関電非難がブーメランになった経産相 大臣更迭に透ける原発“塩漬け”
(2)Close Up 渋谷駅の「目玉」複合高層ビル開業 東急らの陰でメリット得るのは?
(3)Close Up 銀行や仮想通貨業界などが対象に マネロン国際審査団が日本上陸

為替市場 透視眼鏡
1ドル100円への下落を当面回避 あくまで米大統領選までの小康か●田中泰輔

金融市場 異論百出
中国が「トランプ再選」に傾く? 米中貿易戦争の形勢変化に注意●加藤 出

週刊ダイヤモンド (2019年11/16号)

特集
腰痛・膝痛・肩痛
医師が教える治療法
整骨院の裏側

Part 1 利用者も知らぬ間に“犯罪”に加担している!? 公的保険5000億円を吸い込む 接骨、鍼灸、あん摩マッサージ指圧の深い闇
不正をしなければ生き残れない? 繁栄から大淘汰時代に突入する接骨、鍼灸、マッサージの世界
柔道整復 年収3000万円のはずが500万円以下に!? 歴史の要請と保険で成長した柔道整復術の継承に迫る危機
Column 交通事故専門をうたう接骨院の裏側 軽い気持ちで欲をかけば身の破滅も
Interview 三橋裕之●日本柔道整復師会理事
あはき 右肩上がりで伸びる療養費 業界悲願の新制度が導入も素直に喜べない悲しい理由
Column 鍼灸の効果は本当にあるのか── 脳神経外科医がその秘密に迫る
養成学校 目下の“負のスパイラル”の元凶!? 柔整師・鍼灸師の養成学校が粗製乱造されたあきれた裏事情
Column 市販の手袋やTシャツが数万円!? 治療用装具にはびこる不正の実態
無資格マッサージ ちまたにはびこる「無資格マッサージ」 健康被害多発で問われる“痛みのプロ”の選び方
Interview 上田孝之●全国柔整鍼灸協同組合専務理事

Part 2 その手術、薬、本当に必要ですか? 自宅でできる! 「痛み治療」の新常識
慢性的な痛みは国民病であり経済的な損失は3兆円以上
生活習慣や不安やストレスが痛みを強くして慢性化させる
腰痛を解消! 1回3秒、1日2回で痛みを予防 「これだけ体操」で腰痛借金を返済しよう
肩こりを解消! PCやスマホ作業時は頭の重さが5倍近くに 日中は首と肩甲骨を動かし夜間は枕で体の軸を整える
膝痛を解消! 筋肉量が急低下中のメタボ中高年は必見 変形性膝関節症を予防する膝裏伸ばしと力こぶ運動
治療薬を知る! 薬漬けによる副作用に要注意 湿布から処方箋まで痛みに効く薬の最新事情
Column 現在の診療報酬体系では無駄な薬や手術は減りにくい
Column グルコサミンなどのサプリは関節痛の改善に役立つのか?

Part 3 メスを入れずに治す! 高金利通貨に潜むワナとは ロボットで超正確! 腰痛・膝痛・肩痛 医師が教える最新 治療・手術
出血が減り、注射一回でOKの新薬も! 痛みの治療にも患者に低負担の「低侵襲化」の流れが加速
痛みの最新治療
腰 新注射薬「ヘルニコア」なら3日で職場復帰 腰椎椎間板ヘルニアを手術しないで注射で治す
膝 股関節 19年に整形外科で初めて導入された手術 ロボットシステムが医師の“失敗”も制御する 高金利通貨に潜むワナとは
膝 外傷で欠損した軟骨を再生 ヒトiPS細胞から作られた軟骨を移植する
肩 上がらなかった手が上がるようになる 肩腱板断裂症の“救済”療法 リバース型人工肩関節置換術
高齢者 整形外科単独ではダメ チーム医療が高齢患者には不可欠
Column 最新『腰痛診療ガイドライン』 注目すべきポイントは? 問題の「強オピオイド」も載っている
Interview 新井貞男●日本臨床整形外科学会理事長に聞く

(1)Close Up 高金利通貨に潜むワナとは サービス事業で462億ドル稼ぐアップル “iPhone依存”脱却の兆し
(2)Close Up デジタル戦略に垂れ込める暗雲 ネット販売で苦戦する生損保のじり貧
(3)Close Up 海外事業では2400人規模のリストラ JT、止まらない国内販売減少

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる