FX初心者必見

トレンドの定義

トレンドの定義

C. カテゴリでは、 Google があらかじめ用意したカテゴリを選択できます。キーワードが異なる複数の意味を持つ時、対象テーマを絞り込むのに使用します。例えば「ジャガー」という自動車ブランドを検索対象としたい時、動物のジャガーを除外するために自動車カテゴリを選択します。

「トレンド」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

トレンドはバブル時代には「トレンディー」(またはトレンディ)として、”流行の先端”や”最新ファッション”などもてはやされる言葉として流行しましたが、現在はトレンドだけが使われ、「トレンディー」はまったく見聞きしなくなりました。
トレンドが一般的には流行として定着しているのに対し、投資や金融では株やFX相場における相場分析や解明で毎日のように使われています。それは、株やFXと投資の種類が変わっても、基本的には上昇トレンド・下落トレンド・持ち合いトレンド(レンジ相場)の三つしか存在しないからです。
持ち合いトレンドはあまり好まれない表現で、レンジや横ばいなどと呼ばれる事が多く、上下のどちらかに動く流れを「トレンド」とするのが相場では多いです。

トレンドの由来

トレンドの直訳は”トレンドの定義 流行”で、”流行”は中国からの漢語とされます。物事が川の流れのように広がり知れ渡る事で、良い事だけでなく厄病など悪い事が流行る事でも用いられていました。
昭和のバブルブームの頃はトレンディーが定着していましたが、その後はトレンドが広く用いられ、最近ではSNSブームやキーワード検索の際には、人気ある言葉をトレンドとします。
投資の面では、これもFXブームの恩恵がかなり強く、ネット証券や個人投資家が増えた事で、チャート分析を誰でも行えるようになり、自然と上昇トレンドや下降トレンドが広まりました。

トレンドの文章・例文

トレンドの定義 例文1. トランプ政権になりトレンドが転換した
例文2. 日本も増税でトレンドが下落に変わるだろう
例文3. 投資はトレンド分析が付きものだ
例文4. 短期と長期取引ではトレンド分析が相反する
例文5. 日本人はトレンドに左右されやすい
トレンドほど投資と投資以外の世界でも、日常的に使われる言葉はないものです。便利で語路も良く、意味も分かり易いのが広まった根幹にあるのでしょう。投資格言では、「トレンドに逆らうな」や「トレンドはフレンド」などがあり、それほど親しまれています。

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

【2022年注目】IT、ICTのトレンドキーワードを解説!政府白書から見る現状分析と今後の予測とは?

日本のIT戦略を技術・人材の両面から支えるために設立されたIPA(独立行政法人 トレンドの定義 情報処理推進機構)がIT社会の動向を調査・分析してまとめている白書です。2009年から『IT人材白書』、2017年から『AI白書」が刊行されてきましたが、昨今のデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴ってITとビジネスが密接な関係になってきたことから、これらが統合されて新たに『DX白書 2021』となりました。

1. 「デジタルトランスフォーメーション」

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)」は、『DX白書 2021』と白書のタイトルになり、テーマの中核に据えられていることからも非常に重要なキーワードだと認識されていることが分かります。日本の成長戦略を示すものとして、今後しばらくはIT、ICTにおける重要キーワードの1つとして使われていくことになりそうです。

『令和3年 情報通信白書』では、デジタルトランスフォーメーションは一般的に使われている定義は厳密には一致していないとして、物質的な情報をデジタルに変換するデジタイゼーション(Digitization)とサービス提供方法をより良く構築するデジタライゼーション(Digitalization)と区別した上で以下のように定義しています。

2. 「データサイエンティスト」

データサイエンティストの重要性は『平成26年版 情報通信白書』ですでに指摘されていました。ここでは、データサイエンティストの明確な定義は存在しないと前置きした上で「単に企業内/組織内のデータを集約して処理するだけの人材ではなく、そこから有用な知見を引き出した上で、企業の意思決定に活かすことのできる人材(「平成26年版 情報通信白書」より引用)」と解説しています。DXによる事業変革の中核を担う人材を示すキーワードとして、今後しばらく注目を集めていくことになりそうです。

3. 「AI」と「IoT」

コンピュータやインターネットの処理速度が飛躍的に向上したことで、人工知能(AI)の高度化、モノのインターネット化(IoT:Internet of Things)が進みロボットも進化。『平成30年版 情報通信白書』ではこの流れを業務効率化の視点などから導入目的を「業務の自動化」「可視化・分析」「その他・業務支援」と分類・概観しています。『令和3年版』では、すでにAIによる業務の効率化の取り組みが実用レベルで進んでいて、現在「安心・安全で信頼性のあるAIの社会実装」が推進されているとしています。

4. 「アジャイル」と「DevOps」

5. 「RPA(業務自動化)」

日本の労働生産人口が減少しつつある中、生産性を向上させるための取り組み「働き方改革」が国策として進められています。従来より少ない人数でより生産性を高めるための施策として「RPA(Robotic Process Automation)」が注目されています。人手不足に対応するために、業務の自動化を可能にするRPAの導入を多くの企業が進めている状況です。

Googleトレンドの使い方!人気キーワードがわかる無料ツール

7013_001.png

トレンドの定義
https://trends.google.co.jp/trends/

Google トレンドは、キーワードやトピックの検索回数トレンドを確認できるWebベースのツールで、 Google が2006年から提供しています。

最初は Google Labsで試験的に提供されていましたが、2008年の Google Insights for Searchとの統合なども経て、現在は1つの独立したツールとして広く活用されています。

2. Googleトレンドの特徴

3. Googleトレンドの基本メニュー

Google トレンドでは、 Google 検索、YouTube、 Google ニュースのデータを参考に、トラフィックが急上昇した上位のキーワードや動画、ニュースを確認できます。任意のキーワードやトピックのトラフィック推移も確認できます。

1. 調べる

01.jpg


左上のメニューアイコンをクリックし、左サイドバーの「調べる」をクリックします。

7013_003.png


「検索キーワードを追加」欄をクリックし、検索ボリュームの推移を調べたいキーワードを入力します。

7013_004.png


キーワードを途中まで入力すると、検索キーワードやトピックが予測表示されますので、任意のキーワードやトピックを選択します。

7013_005.png


トピックを選択すると、キーワードを含むかどうかや言語にかかわらず、同じものを意味する別のキーワードもデータ対象に含まれます。例えば「アメリカ」というトピックを選択した場合、「アメリカ合衆国」のみではなく「United States of America」や「US」なども含まれます。

2. 急上昇キーワード検索

02.jpg


左上のメニューアイコンをクリックし、左サイドバーの「急上昇ワード検索」をクリックします。

03.jpg

04.jpg

メールアイコンクリック後の、登録の画面です。 Google アカウント にログインしていると、急上昇ワードのメール通知設定ができます。

05.jpg

<>の矢印アイコンをクリックすると、急上昇ワードの情報をウィジェットとして埋め込むための HTML コードが発行されます。

06.jpg


一番右上のアイコンをクリックすると「 RSS フィード」を表示できます。

07.jpg

表示された RSS フィードの URL を、 RSS リーダーソフトに入力することで急上昇ワードを RSS トレンドの定義 フィードとして登録できます。

3.Years in Search:検索で振り返る

08.jpg

左上のメニューアイコンをクリックし、左サイドバーの「Years in Search:検索で振り返る」をクリックします。

09.jpg

右上バーの「2019」から対象年を選択。 ページ を下にス クロール していくと、その年話題になった人物、ニュース、本など、様々なカテゴリでキーワードのランキングが表示されます。

10.jpg

上部バーの「日本」をクリックすると、国を選択できます。その右は、対象の年です。急上昇ワードがその日や、直近24時間に急激にトラフィックが増えたキーワードを対象としているのに対し、Years in Searchランキングは年間で検索数が増えたキーワードを対象としています。

11.jpg

左上のメニューアイコンをクリックし、左サイドバーの「登録」をクリックします。 トレンドの定義 Google アカウント へのログイン画面が表示されますので、ログインします。

12.jpg

13.jpg

4. Googleトレンドの数値

7013_019.png

Google トレンドの調査結果は、 Google の検索回数をもとにしていますが、検索回数の実数ではなく、0〜100の相対的なスコアに変換されます。100は調査対象のキーワードが最もよく検索されている時点で、データとグラフの基準値となります。

5. Googleトレンドの使い方

1. キーワードを入力して人気度を調べる

14.jpg

7013_021.png


「検索キーワードを追加」欄をクリックし、検索ボリュームの推移を調べたいキーワードを入力します。

7013_022.png


キーワードを途中まで入力すると、検索キーワードやトピックが予測表示されますので、任意のキーワードやトピックを選択します。

7013_023.png


次のキーワード・トピックは、「+比較」欄をクリックして入力します。

7013_024.png


これを繰り返し、一度に最大5つの検索キーワード・トピックのデータを比較できます。グラフのすぐ上のメニューで、データ対象の①国、②期間、③カテゴリ、④検索の種類を選択します。

7013_026.png


A. 国では、初期設定の全ての国のほか、特定の1つの国を選択します。例えば日本を選択すると、全ての国では最も多く検索されていた「xbox」というキーワードが、日本では最も少なくなります。

7013_027.png


B. 期間では、初期設定の過去5年間のほか、特定の期間を指定できます。最も古いデータでは、2004年から対象となります。

7013_028.png


C. カテゴリでは、 Google があらかじめ用意したカテゴリを選択できます。キーワードが異なる複数の意味を持つ時、対象テーマを絞り込むのに使用します。例えば「ジャガー」という自動車ブランドを検索対象としたい時、動物のジャガーを除外するために自動車カテゴリを選択します。

7013_029.png


D. 検索の種類では、ウェブ検索、画像検索、ニュース検索、 Google ショッピング、YouTube検索の中から、対象を選択できます。

2. 地域別のインタレスト

7013_030.png


ページ をス クロール すると、各地域でどのキーワードが最も高くランク付けされたかが、世界地図の形式で表示されます。

7013_031.png


上部メニューで、データ対象の①国、②期間、③カテゴリ、④検索の選択を変更すれば、地域別のインタレストの表示も変わります。例えば、国を日本に絞ると、世界地図から日本地図になります。

3. 関連キーワード

7013_032.png


該当のキーワードを検索する ユーザー が、同じく検索しているほかのキーワードです。枠内右上のプルダウンで「注目」と「人気」から選択できます。「注目」は検索回数が急激に増えたキーワードで、「人気」は検索回数の絶対数が大きいキーワードです。

7013_033.png


上部メニューで、データ対象の①国、②期間、③カテゴリ、④検索の選択を変更すれば、地域別のインタレストの表示も変わります。例えば、国を日本に絞ると、日本でよく検索されているキーワードが表示されます。

6.Googleトレンドの活用法

グラフの見方はわかっても、 Google トレンドをビジネスに活用していく具体的な方法が想像できないという方もいるかもしれないので、例を紹介しておきます。
たとえば、以下は2019年の「焼肉」というキーワードの検索数の推移です。

15.jpg

  • 焼肉店の キャンペーン や仕入れの参考にする
  • トレンドの定義
  • この時期を狙って「おすすめの焼肉店〇選」のような ブログ 記事をアップ、SNS等で拡散する
  • 時期に合わせて焼肉店を紹介するYouTube動画をアップする

また以下は2019年度の オンライン 対戦ゲーム「Fortnite」の検索数推移。

16.jpg

GoogleトレンドはAdWordsキーワードツールと組み合わせて使うのがおすすめ

大量のキーワード調査や検索回数の把握には向いてませんが、 ブログ や SEM のメインキーワードの選定や、長い期間を対象としたマーケット調査の用途には力を発揮します。

同じく Google が提供するキーワードリサーチツールであるAdWords キーワードアドバイスツール は、直近数年以内の月間検索数の平均を、10万~100万といった大まかな規模感とともに表示します。

AdWords キーワードアドバイスツール と上手く使いわけ、組み合わせながら、日々のWeb業務に活用しましょう。

また、 BtoB における ブログ やオウンドメディアなどの コンテンツ の手法を掲載した資料をご用意しています。よろしければご覧ください。
コンテンツマーケティングを始める前に知っておきたい!BtoB向け・9つのコンテンツ手法

SEO SEO(Search Engine Optimization)とは、GoogleやYahoo!などのサーチエンジン(検索エンジン)で、特定キーワードで検索が実行されたとき、ホームページが表示される順位を上げるためのさまざまな施策のことです。

DXとは?いまDXが急がれている理由とは

DX(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)とは、「進化するテクノロジーによって人々の生活をより良いものに変化させる」という概念です。2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱しました。 学問的な用語としてうまれたDXの概念は、日々の暮らしや仕事など生活のあらゆる面が対象ですが、近年はビジネスの場面で語られることが多くなってきました。

デジタルトランスフォーメーションはなぜDXと略されるの?

デジタルトランスフォーメーションは英語で「Digital Transformation」と書くので、頭文字をとるとDTですが、なぜDXと略されるのか. ?それは、「Transformation」の「trans」には「cross」と同じような意味があり、英語圏では「cross」は省略して「X」とも書かれるため、「trans」を「X」に置き換えてDXと略されるようになりました。

DXとIT化の違いは?

IoTやAIなどのテクノロジーを活用するIT化とDXは似ているようですが、大きな違いがあります。 IT化やIT導入は技術としてITを活用することです。たとえば、帳簿を紙からデジタルに移行したり、連絡手段を電話や手紙からEメールやチャットツールに置き換えるのも、IT化の一つです。ただ、これだけではITを使って既存の業務プロセスが効率化されただけで、DXとはいえません。 DXはデジタル技術の活用によってビジネスモデルやサービス自体を変革させ、企業の在り方や働き方、ワーカーの生活にいたるまで、既存の価値観や枠組みを覆すほどの大きな変化を及ぼします。 IT化はDXに欠かすことはできませんが、経営戦略的にビジネス変容をさせることを見据えたうえでIT化を進めなければ、DXを実現することはできません。

今、なぜDXが注目されているの?

企業優位性の確保

IT技術の進化

2025年の崖

2025年の崖とは

●既存のシステム(レガシーシステム)の老朽化に対して、デジタル市場の拡大とともに増大するデータを活用しきれなくなる ●メインフレーム(機関情報システムなどに使用される大型コンピュータ)の担い手の高齢化による世代交代の必要性が生じる ●テクノロジーの進化に伴って先端IT人材が不足する その結果 ●市場の変化に合わせてビジネスモデルを変更できず、デジタル競走の敗者になってしまう ●レガシーシステムの維持管理費が高額化して、業務基盤そのものが維持・継承できなくなる ●人材不足によってサイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失などのリスクが高まる

アクセンチュア、21世紀を再定義するための7つのトレンドを発表

Fjord Trends 2021では、パンデミックによって混乱や悲劇が生まれた一方、生活するうえで何が重要なのかを見直し、地域社会とのつながりに目を向け、また、在宅時間を創意工夫によってさらに価値あるものへと変える人が増えていることも紹介している。このような時代において企業は、不安定な経済下で生き残りをかけて戦いつつも、生活者の絶えず変化する期待を理解し、運用面、そしてコミュニケーション面から応えることで、生活者の共感を深める必要があるという。

Fjord Trends トレンドの定義 2021では、21世紀型のルネサンス形成にどのように貢献できるか、企業への実践的なアドバイスとともに、ビジネスや生活者の行動、社会について7つのトレンドを紹介している。

  1. 歴史的転換期:パンデミックによって人々が物事を体験する場所や方法が変わり、慣れ親しんだ快適さから切り離された感覚が生まれた。多くの人にとって仕事や買い物、学習、交流、育児、健康管理など、社会とのあらゆる接点が変わる中、ブランドは人々との関わりについて新しい方法を模索し、新たな体験を提供することが求められている。
  2. DIYイノベーション:急激な生活の変化に伴って人々は、例えばアイロン台をデスク代わりにしたり、親が先生になったりと、クリエイティビティを発揮して困難を乗り越えようとしている。そして、このような人間の創意工夫がイノベーションの源泉につながり、テクノロジーは人々のアイデアを後押しする新たな役割を担うようになった。政治家からパーソナルトレーナーまで、SNSやテレビゲームなどのプラットフォームを活用したイベントなどを開催し、メッセージを発信している。ブランドの役割は、完成されたソリューションを提供することから、人々がイノベーションを生み出す環境を整えることに移り変わっている。
  3. 新しい時代の組織のあり方:在宅勤務は、いわばオフィスに住んでいると言っても過言ではなく、雇用主と従業員との関係にも大きな影響を与えている。自宅からビデオ会議に参加する際の服装について最終決定権を持っているのは誰か、または在宅勤務者のプライバシーを保護する責任は誰にあるのかなど、新たな課題も浮上している。ワクチン接種が開始されたが、人と仕事、そして雇用主と従業員との関係には恒久的な変化が起こっている。あるべき就業環境について今後も試行錯誤が続くとしている。
  4. インタラクションの旅立ち:生活者はスクリーンを通して外の世界とつながる時間が増え、その結果、簡単に使えるデジタル・テンプレートが、ときにオンライン体験を代わり映えのないものにしていることに気づき始めた。企業は、オンライン体験に大きな感動や喜び、思いがけない偶然の出会いを提供するために、デザインやコンテンツ、観客間での交流の方法を再考しなければならない。
  5. 流動的なサプライチェーン:製品の入手方法やサービスの受け方が変わり、企業はサプライチェーンや物理的な拠点について再検討を迫られている。また、かつては店舗で購入し満足していたが、今は購入前から、顧客にどこで喜びを感じてもらうのか考え直さなければならない。そのために企業は、組織全体を柔軟かつ迅速に適応させていく必要がある。サステナビリティの観点からも、今後さらなる変化が期待できるという。
  6. 共感への挑戦:パンデミックはさまざまな社会問題や不平等を浮き彫りにした。生活者はブランドがどのような立ち位置で何を表現しているか注視している。企業はブランドにとって重要なテーマを再確認し、それを実際に体現する必要がある。
  7. リチュアルの消失と創造:生活の中で大切にされてきたリチュアル(儀式・習慣)が失われ、人々の幸福感に影を落としている。従来のリチュアルに込めてきた幸せや安らぎを取り戻せるよう、企業の支援が求められている。企業は、失われたリチュアルによって生まれた人々の心の隙間を理解し、それを埋める新たな仕掛けを設計する絶好の機会に恵まれているという。

アクセンチュア インタラクティブのグループ最高経営責任者であるブライアン・ウィップル(Brian Whipple)氏は「私たちがこの1年間で見てきたように、テクノロジーは混乱の中で人間の創意工夫を支援する強力なツールになり得ます。私たちが直面している社会の大きな変化を、2021年には希望をもって再定義しなければなりません。そのために何を考え、行動するか、何を残して何を捨てるかが問われています」と話した。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる