日本語で徹底解説

マーケティングの分析手法

マーケティングの分析手法
■SEO課題を自動抽出する 上位表示支援SEOツール

マーケティングの基本【顧客分析】とは?目的や方法をまとめて解説!

顧客分析とは、「顧客」について、あらゆる情報をもとにして様々な方法で分析することです。
それでは顧客分析の目的はどこにあるのか?…というと実は「自社を知ること」にあります。
まずは、この点についてご説明しましょう。

マーケティングの総合的な分析法の一つに「3C分析」という方法(フレームワーク)があります。
この3Cとは「Customer」、「Competitor」、「Company」それぞれの頭文字に当たります。
つまり、マーケティングとは「顧客」を知り、「競合(他社)」を知り、最終的には「自社」を知ることといえるでしょう。
その一環として顧客をより良く知るための試みが顧客分析です。
「自社の強みは何か?」「これからどういった商品やサービスを提供していくべきか?」といったことは、どの会社にとっても大きな関心事の一つに違いありません。

しかし、その答えは、社内に目を向けているだけでは見つからないでしょう。
競合他社や市場全体と比較して初めて自社の強みが見えてきます。
そして「これからどうすべきか?」についての答えは顧客が持っているのです。
マーケティングにおける顧客分析とは「自社の現状とより良い未来」を知るための非常に大切な試みということになります。

顧客分析がマーケティングで重視される理由

市場が立ち上げ段階から発展途上にある場合には、自社の提供するプロダクトが手放しで歓迎されることもあるでしょう。
なぜなら、他にまだ選択肢がないからです。
市場の初期段階においては、安価な価格設定の類似商品(コモデティ商品)でも利益が確保できます。 マーケティングの分析手法
しかし、現在は、あらゆる業界で市場が成熟期を迎えています。商品や情報が溢れかえっている状況下では、顧客の真のニーズを捉えたものしか売れないでしょう。
そこで重要になってくるのが顧客分析です。

顧客分析の流れ

顧客分析によって、まずは自社の商品やサービスの「現状を把握」しましょう。
その次に、これまでの「マーケティング施策の評価」を行います。
それらを踏まえて「新たなマーケティング戦略を決定する」という流れが顧客分析の基本です。
この一連の作業がもたらすプラス効果は、売れる商品と売れない商品の明確化(無駄なコストの削減)や効果的なマーケティング戦略の確立です。
顧客分析を行う最終的なメリットは、もちろん自社の業績アップに他なりません。

マーケティング初心者必見!顧客分析の4つのポイント

続いては、顧客分析の基礎となるマーケティング手法をご紹介します。
マーケティングにおける顧客分析を行う際に、必ず押さえておきたいポイントは以下の4つです。

①ペルソナを設定する

初めに「ペルソナ設定」と一般的な「ターゲット設定」の違いからご説明しましょう。
顧客分析におけるターゲット設定とは、メインとなる客層を「属性情報(世代や性別、職業、居住地域など)」でグループ分けして狙いを定めること。
例えば「子育て中の30代ファミリー」、「体育会系の男子大学生」といった具合です。

一方、ペルソナ設定とは「架空のプロフィール」を作成して自社のメインターゲットとなる「架空の人物(個人)」を想定することです。
ペルソナ設定の場合は「属性情報」に加えて「趣味や性格」、「ライフスタイル」、「人間関係」などについても事細かに決めていきます。
その人物を象徴する簡潔な「エピソード」を作成する場合もあります。
ペルソナを設定する際には、口コミやアンケート調査を活用して、最も典型的なユーザー像を絞り込んでいくと良いでしょう。

ペルソナを設定するポイント

ペルソナ設定をするメリットは、社内でメインターゲットとなる人物像(ペルソナ)を共有できることです。
さらに、顧客目線で物事を考えられるようになり、その結果、より顧客ニーズに合った商品やサービスを訴求できることです。
尚、自社のビジネスに最適なペルソナは時流によって常に変化します。ペルソナ設定を定期的に見直すことも忘れずに行いましょう。

②市場の成長性と規模を把握する

市場分析のポイントは、市場の「成長性」と「規模」を把握すること。
市場規模は一般的には「平均単価」×「流通量」という数値で表されます。市場規模とは、いわば「需要の大きさ」に当たります。
一方、市場の成長性は市場規模の伸び率のこと。前年比年率15%のプラス成長…といった表現の仕方になります。成長性は「需要の変化」に当たります。

市場の成長性と規模を把握するポイント

市場分析を行うと、市場が成長・成熟・衰退のうち、どの段階にあるのか見えてきます。
それぞれの段階で最適なマーケティング施策のあり方は違ってくるはずです。
市場全体の中で、自社のポジションをどの辺りに確保するか考えるためにも市場分析は非常に大切なポイントになります。

③顧客ニーズを把握する

個人(ミクロ)と市場(マクロ)両者に向けた視点を確保しつつ、いよいよ「顧客ニーズ」を探っていきます。
最も肝心で難しいのが顧客ニーズの把握です。
顧客ニーズを探るためには、顧客の購買頻度や購入金額といった「客観的なデータ」から分析する方法がありますが、これは冒頭でご紹介した2種類のうち、どちらかというとCRMにおける顧客分析に該当します。

顧客ニーズを把握するポイント

顧客ニーズを分析するコツはなかなか理解しにくいので、具体例を一つご紹介しましょう。
例えば、外資系の大手コーヒーチェーン店で顧客が購入したいのは、必ずしも定番のコーヒーや新作のスイーツではありません。
「ちょっと一息つける時間」や「テラス席のお洒落な雰囲気」にこそお金を払いたいという人もいるはずです。
アンケートや口コミを分析すると、上記のようなニーズが見えてきます。
顧客の本来的なニーズは意外なところにあるものです。
真の顧客ニーズや潜在ニーズがどこにあるのか?ということが分かれば、あとはそのニーズを満たすために、どのような商品やサービスを展開すれば良いか検討するだけです。

④顧客の購買意思決定プロセスをまとめる

マーケティングの分析手法
意思決定モデル 意味
問題認知 喉が渇いた、お腹が減った、車を買い替えたい…といったニーズの自覚
情報探索 問題解決のための様々なリサーチ行為
代替品評価 ピックアップした選択肢の中から比較検討していくプロセス
購買決定 購買の意思決定
購買後の行動 口コミや評価、SNS上での拡散など

人は何かものを買う時に、基本的には以上のようなプロセスを経ることが知られています。
この一連のプロセスを理解しておけば、どのプロセスに対してマーケティング施作を実行したら最も効果的か?といった検討やアプローチが可能になります。
購買意思決定プロセスに関しては、詳細な心理学・経済学的方法論があるので、興味を覚えた方はぜひ調べてみることをおすすめします。

顧客の購買意思決定プロセスをまとめるポイント

ちなみに、購買の意思決定モデルは、個人客と法人客(BtoBビジネス)の場合では若干事情が異なります。
意思決定において、個人の場合は感情的な要素、法人の場合は費用対効果や合理性が重視される傾向にあります。
マーケティング施策を講じる際には、個人と法人の意思決定の違いにも注目したいところです。

マーケティングにおける顧客分析の方法

それでは、いよいよ具体的な顧客分析の方法について解説していきます。
マーケティングにおける顧客分析の方法には実に多種多様なものがあります。それらのうち定評のある代表的な分析手法をご紹介しましょう。

【基本】まずは顧客情報を収集・蓄積

顧客分析を行う場合、顧客情報の収集とある程度の蓄積が必要となります。
主な情報収集の方法としては、直接・電話・インターネットによる「ヒヤリング(聞き取り)調査」、売り場視察やトラッキングの解析による「観察調査」、模擬店を出品する「実験調査」などがあります。
入出荷の記録やPOSデータといった「社内情報」も、必要に応じて有効活用しましょう。
ただし、扱う顧客情報があまりに膨大すぎても効果的な分析ができません。
以下のような分析方法を用いる際には、その都度、必要な情報だけを取捨選択することが肝心です。

①セグメンテーション分析

セグメンテーション分析とは、市場全体を年齢・性別・職種・趣味…といった属性による「セグメント」で分割して、そのセグメント毎に顧客分析していく手法です。
従来型の「マスマーケティング」は、特定のターゲットを定めずに、マスメディアを通じて広く宣伝活動を行うタイプの販売戦略です。
確かに、かつてはマスマーケティングが功を奏した時代もありました。

しかし、顧客のニーズが多様化・細分化している現在は、マスマーケティングに多額の費用をかけたとしても、必ずしもそれに見合う売り上げが期待できるとはかぎりません。
そこで、注目を浴びているのが「セグメンテーション分析」を活用したマーケティングです。
セグメントに分けると、各セグメントに属する顧客の趣向や行動パターンをより正確に把握できるので、効果的なマーケティング施策を打つことができます。

②RFM分析

  • 「Recency」…最近いつ購入したか?
  • 「Frequency」…どのくらいの頻度で購入するか?
  • 「Monetary」…これまでにいくら購入したか?

③デシル分析

デシルとは「10分の1」を意味するラテン語です。
デシル分析では、顧客全体を「購入金額の多い順」に「10個のグループに分ける」のが特徴です。
グループ分けの指標は1種類(購入金額の多寡)のみですが、10個のグループに細分化するところがポイントになります。
デシル分析の方法論は意外とシンプルなので、こちらもExcelでデータの管理ができます。デシル分析は、マーケティングの専門知識がなくても効果的に活用できるので、ぜひ導入したいマーケティング手法の一つです。

顧客分析はAIを活用する時代に!?

現在では、顧客分析にAI(人工知能)を取り入れる試みが世界的にトレンド化し、成果を上げています。
具体例としては、AIが顧客データを分析して一人ひとりの好みを予測し、その人に最適なアイテムをセレクトしてくれるアパレルサービスや、店舗に設置したカメラの画像データをAIが分析して、顧客の動きや混み具合などに合わせて店内スペースの最適なレイアウトを提案してくれるサービスなどが試験運用または実用化されています。

GOLDEN LISTのご紹介

マーケティングにおける顧客分析の役割りや代表的な方法論を一通り解説してきましたが、以上のような基礎知識があれば十分に有効活用できる優れた顧客分析ツールがあります。
それが、コラボスの「GOLDEN LIST」です。

「COLLABOS GOLDEN LIST」

GOLDEN LISTは、コールセンター向けに最適化された顧客分析システムになります。
ちなみに、このGOLDEN LISTも、先ほどご紹介したような先進のAI技術を採用した画期的なサービスの一つです。

RFM分析やデシル分析は、Excelでもデータ管理できますが、やってみると意外と大変なもの。
その点、GOLDEN LISTなら、お預りした顧客データを、AIシステムを駆使して分析するのでお手を煩わせません。
セキュリティ面にも万全を期しているのでご安心ください。
「初期費用・導入費0円」、「PCとネット回線のみで利用可能」、「Excelでダウンロードできる」という手軽さもポイントです。

  • 優良顧客を増やしたい…
  • 休眠顧客を取り戻したい…
  • 離脱顧客を減らしたい…

以上のようなご要望に応えて、最も効果的なリストを最新のAIシステムがご提供する…GOLDEN LISTは、まさに次世代型の顧客分析ツールです。尚、GOLDEN LISTのサービス内容や導入手順に関して、不明な点については、ぜひお問い合わせいただけると幸いです。

マーケティング分析講座

今、かつてない程求められているのは「自部署」で得られるデータを使って「分析」できる力
ビジネスマンにとって、データと向き合うことのない日はありません。もっとも身近な売上データをはじめ、WEBサイトの訪問者数、資料請求数や来店者数、購入者数に地域や年齢、そして季節など日々多くの情報に囲まれビジネスを行っています。そして、その数や項目は増える一方です。
しかし、データの重要性は分かっているものの、違和感を感じながら仕事をしている人は多いのではないでしょうか?全くデータに基づかない「勘と経験」による表層的な議論で進む会議、他部署や外部から上がってくる「現象の一部しか説明できていないデータ」が、あたかも正しいことのように思われ、ミスリードされている状況など、悩ましい日々が続きます。
一方で、その状況に対して「データの分析が上手くできない」からそれを正すことや、新しい視座を見つけることができず、結局、昨年と同じ活動に終始してしまうこともあります。そこで、この状況を打開し、企業がマーケティング活動を実現していくためには「地に足のついた」分析を自部署で行えるキーパーソンを時間をかけずに育成していけるか否かが重要になってきます。しかし「専門のツールがない」「育成できる人がいない」などの理由で進めることが難しい現実もあります。

申込みはこちら

学ぶポイント

エクセル統計でできること:広告と売上の予測
「回帰分析」とは統計手法の中でもメジャーな方法です。2つの変数から法則性を見出し、そして将来の予測に使用することもできます。「広告と売上の関係」を導き出すこともできれば、「気温の変化の商品売上数の関係」など、様々な分野で応用できる手法です。

エクセル統計でできること:効果の予測から最適な予算配分をシミュレーション
講義では、架空の企業を用いた演習も行います。例えば、ダイレクトレスポンス型広告の手法をクロスチャネルで効果把握を行う視点について解説します。オフラインとオンラインの双方への申込数を予測するモデルを作り、利益を最大化するためのマーケティング施策予算配分のシミュレーションを行います。

申込みはこちら

  • 事業会社のマーケティング担当、デジタル担当、販売促進部の方。

カリキュラム

日程 講義内容
12/20 「分析できる力はなぜ必要か?
・デジタルマーケティング時代に求められるマーケターの分析スキルとは?
1/10 顧客の状態を把握する
・デシル分析
・RFM分析
・ピボットテーブルの活用など
1/17 消費者ニーズを把握する(基礎)
・アンケート解析
・テキストマイニングなど
1/24 統計によって効果を把握する(基礎)
・データの分布などの事前確認
・相関係数
・回帰分析など
1/31 統計によって効果を把握する(応用)
・回帰分析における留意事項
・疑似相関や交絡の考慮など
2/7 消費者ニーズを把握する(応用)
・ロジスティック回帰分析
・層別分析など
2/14 身近なビッグデータを活用
・グーグルトレンドやツイートの活用など(一部ワークショップ含む)
2/28 消費者行動の法則を活用
・数理確率モデルを用いた需要予測など

小川 貴史氏
株式会社カーツメディアワークス
執行役員 兼 デジタルマーケティング事業部長 シニアコンサルタント

イベントの映像機器オペレーターから広告業界のキャリアを開始。イベントディレクター、プロデューサーを経てから、総合広告代理店で営業とマーケティングプランナー職の双方を経験し、2010年8月から電通グループのインターネット専業代理店で新規営業を担当し実績を積む。2011年11月に(株)電通ダイレクトフォース(現(株)電通ダイレクトマーケティング)に転籍し、それ以降はマーケティングミックスモデリングなどの統計解析手法を学び、講演や営業活動を行う。2017年1月からデジタルマーケティングのコンサルティング及び実行支援を行うネットイヤーグループ(株)のアカウントマネージャー職としてカスタマーエクスペリエンスデザインを軸とした提案や支援を行う。2018年6月より現職。座右の銘は「マーケティングサイエンスをもっと身近に。」

エクセルを使った演習を行いながら、実際のビジネスの現場で使える統計の「基礎リテラシー」を養います。
さらに、皆さんのビジネススキルを上昇させるべく、講義終盤では「確率思考の戦略論」で紹介された需要予測法も行います。
最終的には線形回帰などによる「モデリング」とは何か?因果関係を考察するために注意すべきことまでを知り、戦略を描くための「データドリブン」なリテラシーを養います。

マーケティング分析で成果を最大限高めよう!オススメ分析方法7選

広告 分析

マーケティング

本日は、 マーケティング分析 についてお伝えします。

そこで今回は、的確なマーケティング戦略に欠かせないマーケティングの分析について、重要性や分析を行うための手法について記事を綴っていきます。 「どうやって分析すればいいか分からない…」 という方は今回の記事を読んで、分析の方法を理解してみましょう。

マーケティング分析とは?

マーケティング分析とは、商品・サービスの売上を最大限伸ばすために、 データを収集・管理して、成果を測定 することです。全ての情報からデータを収集してまとめ上げ、マーケティングの施策がどのように機能しているかを分析し、改善点を特定するといった流れになります。

また、マーケティング分析において重要なのが、分析したものをアウトプットまですることが重要です。前述したように、企業のマーケティング担当であれば、収集したデータを、全社的な戦略立案に役立てられる成果としてアウトプットするまでが重要ですし、あなたが個人で何かしらのビジネスに携わっている場合も、分析したデータを自らのビジネスの発展に役立てなければ意味がありません。「分析したからOK」ではなく、収集・管理・分析したデータを 自社・自身のために活用する までがマーケティング分析と言えるでしょう。

なぜマーケティング分析が重要なのか

マーケティング分析は、自社のビジネス・自身のビジネスの マーケティングの方向性を決める ために重要となります。

試してみよう!マーケティング分析方法7選

3C分析は市場環境を分析する手法です。3Cとは、 Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社) の頭文字から来ており、自社の商品・サービスをどのような顧客、どのような競合を相手に戦っていくのかの大枠を分析するのに有効的です。以下のことを考えて分析してみましょう。

  • Customer(顧客)…現在の市場規模はどの程度なのか、どのような顧客がいるのか、どのようなニーズがあるのかなど
  • Competitor(競合)…市場にどのような競合がいるのか、シェアはどれくらいなのかなど
  • Company(自社)…自社の強みは何なのか、競合との差別化ポイントは何なのかなど

4P分析は、基本的なマーケティング戦略に欠かせない4つの視点を組み合わせて戦略を考える手法です。 Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進) をそれぞれ関連付けてより効率的なマーケティングに結び付けるためのマーケティング分析手法です。マーケティング戦略を実行案に落とし込む時に活用します。

  • Product(製品)…どんな商品を売るのか(機能、効果、パッケージデザイン、ブランドイメージなど)
  • Price(価格)…いくらで売るのか、適切な額はいくらか、(定価、支払条件、支払方法など)
  • Place(流通)…どのように売るのか(場所、立地条件、流通経路など)
  • Promotion(販売促進)…どうやって顧客に知ってもらうか(広告宣伝活動、販促活動など)

SWOT分析

自社の商品・サービスの強みと弱み、または市場に潜むリスクや可能性を把握するための分析手法です。 SWOTは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(外部の脅威) の頭文字からきています。自社がコントロールできない外部環境にある機会、脅威を把握して、立ち向かうために、自社の持つ強み・弱みをどのように活かすかを考えることができます。

  • Strength(強み)…自社の活かせる強みとは何か
  • Weakness(弱み)…自社の克服すべき弱みとは何か
  • Opportunity(機会)…市場での機会はあるか
  • Threat(外部の脅威)…自社にとって脅威となるものは何か

5フォース分析

5フォース分析は、3つの内的要因と2つの外的要因から、自社にとってどれくらい脅威となるか、参入した際の収益性はどのくらいか、また、対抗していく上でどのように効果的に自社の資源を配分していくかを検討する材料とするものです。 新規事業への参入、事業の立ち上げ の際などに参入価値を測るのに適しています。

【外的要因】

【内的要因】

PEST分析

PEST分析は、 Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術) の4つの頭文字をとったもので、4つのマクロ要因に関して分析をして、会社の方向性を決めるために必要な情報を得るための手法です。

  • Politics(政治)…法律、条令、法改正など
  • Economy(経済)…経済状況、経済成長、景気動向など
  • Society(社会)…人口動態、流行、宗教、教育など
  • Technology(技術)…インフラ、イノベーション、特許など

STP分析

STP分析は、自社の商品・サービスのターゲットを把握するために使われる手法です。 Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング) の頭文字からきております。

  • Segmentation(セグメンテーション)…市場を細分化する
  • Targeting(ターゲティング)…細分化した市場の中でどの市場を狙うか決める
  • Positioning(ポジショニング)…ターゲティングした市場でどのような立ち位置にするか決める

バリューチェーン分析

  • 主活動 …購買物流、製造、出荷、販売、マーケティングなど、商品・サービスが顧客に届くまでの過程に直接関係する活動。
  • 支援活動 …全般管理、開発、人事管理、労務管理、会計、インフラ管理など、主活動を支える活動。

この 「主活動」と「支援活動」 の観点から、どこで付加価値が生まれているか、どこで多くコストがかかっているかなどを可視化することで、コスト削減や自社の強み・弱みを把握することに繋がります。

分析にも目的を持って実践しよう

顧客 ペルソナ

いかがでしたでしょうか。マーケティング分析はビジネスにおいてかなり重要で、様々な分析方法があります。あなたにあった分析方法をで分析していただければ幸いです。ただ、分析を行う際にも、必ず目的をもって実行しましょう。 何のために分析するのか、どのような結果を求めているうえでの分析なのか、 などを自らが意識しているうえで分析を行うと、効果的なものとなります。

「マーケティング分析を自らのビジネスに取り入れたい」 ということであれば、ぜひ盟生総研の LINE に登録して、お気軽に無料集客相談にご相談下さい。今だと登録者限定で、 「お問い合わせが獲得できるWEBメディア構築講座」 の動画もプレゼント中です。ぜひ受け取って、あなたのビジネスに生かしてください。

LINEでお気軽に集客相談ができます

盟生総研の公式LINEでは無料集客相談を受け付けています。
登録者限定でWEBマーケティング情報のコラム・WEB集客の最新情報などをお届けしています。

さらに盟生総研の公式LINEを登録してくれた方には特典として、
『問い合わせを獲得するメディア構築【概要編】&【実践編】』 の動画をプレゼントしています!ブログ、SNSを活用し1000人以上の見込み客を集めるためのWEB集客の基礎・基本を学ぶことが出来ますので、ぜひこちらも合わせて受け取って下さい!

盟生総研代表 葛西氏のもとでWEB集客、SEO対策、SNSマーケティング、セールスライティングなどを学び、2020年から集客コンサルタントとして、法人・自営業者などの集客支援サービスを開始。 現在は盟生総研株式会社マーケティング事業部にて、マーケティングコンサルタントとして顧客の支援に従事している。

Webマーケティングの基礎知識と手法を解説【初心者必見】

■SEO課題を自動抽出する 上位表示支援SEOツール

Webマーケティングの歴史

①インターネット黎明期

②SEO、リスティング広告の誕生期

③ブログ、SNS成長期

④コンテンツマーケティング浸透期

①インターネット黎明期

②SEO、リスティング広告の誕生

そこで登場したのがSEO(検索エンジン最適化)という概念です。

③ブログ、SNS成長期

2000年代に入ると、様々なブログサービスが台頭し始めます。livedoor Blog、アメーバブログなど、今では誰もが知る有名サービスはこの時期に誕生しました。

また、2006年にアメリカでTwitter、Facebook、YouTubeが、2010年にInstagramのサービスが開始されると、日本でのスマートフォンの普及に伴って2010年頃から爆発的な広がりを見せました。

④コンテンツマーケティング浸透期

2010年以降、新しいWebマーケティングの形として「コンテンツマーケティング」が浸透し始めます。今すぐにモノやサービスの購入を検討していなくても、興味関心がある、あるいは興味関心を持ちうる層に対して、Webサイトやブログ、SNSなどで情報を発信し、潜在層にアプローチし、購入までの顧客の態度変容を促していく手法です。

Webマーケティングの重要性

Webマーケティングのステップ

コンテンツSEOの7つの手順と方法

市場(customer):ターゲット顧客を可視化する

競合(competitor):競合他社を調査する

自社(company):自社の強みや課題を把握する

Webマーケティングの集客施策

SEO(検索エンジン最適化)

SEOは“Search Engine Optimization”の略、直訳すると「検索エンジン最適化」で、検索エンジンからの評価を上げる施策を行うことで、ページをより上位化させて自然検索流入数を増やしたり、クリック数・CV数が増えるようにしたりするための様々な施策を指します。

リスティング広告

バナー広告

アドネットワーク広告

アフィリエイト広告

リターゲティング広告

SNS広告

メールマガジン

Facebook:実名性を活かしたtoB領域でのモノ・サービスの販促に優れている

Twitter:トレンド性や速報性を活かし、2次拡散(リツイートなど)を狙える投稿が伸びやすい

Instagram:プラットフォームに溶け込むビジュアル力の高い投稿のエンゲージメントが高い

Webマーケティングの回遊・導線改善施策

LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)

LPOとはランディングページ最適化のことを指しており、Landing Page Optimizationの頭文字を取ったものです。

顧客は、情報を得るために広告や検索結果をクリックし、ランディングページ(LP)という最初のページに遷移します。このLPに対して、個々の顧客ニーズに合わせて最適化し、ページのCVRを上げるためのマーケティング手法のことを指します。

EFO(Entry Form Optimization:入力フォーム最適化)

Webマーケティングに有効なツール

TACT SEO

Googleアナリティクス(GA)

Googleタグマネージャー(GTM)

Webマーケティングの勉強に役立つ情報・資格

Googleデジタルワークショップ

Webマーケティングを外注したい場合は?

アルゴリズム

その場合、代理店やコンサルティング会社に外注したほうが、費用対効果が高まるケースも少なくありません。 広告やSNS運用などは代理店に依頼することで、様々な会社との取り組み実績を活かした提案がもらえることが多いので、リサーチするのも手でしょう。

✔自社サイトへの流入が低下している…

✔コンテンツを拡充したいけど何から始めればいいかわからない…

✔SEO施策による費用対効果が気になる…

6,400社とのお取り組み実績!SEOのお悩み相談してみませんか?

\お問合せ・サービス資料はこちら/

Webマーケティングと言っても、様々な手法やそれぞれの特徴があることがお判りいただけたかと思います。インターネットを強化しなければ!という思いで方針を定めずにいきなり実施しようとするのではなく、自社で実現したいことは何か、それをどう実現するのが最適なのかを明確にした上で、細かな手法を検討するのが成果への近道になります。

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。 自社サイトが上位表示できていない要因を網羅的に分析することが可能です。 入力時間は30秒!無料版、ぜひお試しください。

SEOに関して、何から着手すべきかわからない、なかなか成果がでないなどのお悩みがございましたら SEO無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの? マーケティングの分析手法
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

環境分析とは?効果の高いマーケティング施策を実現する方法

3C分析とは


顧客分析である3C分析とは、環境を分析する際に使われるフレームワークです。
上記で紹介したPEST分析と、これから紹介するファイブフォース分析と共に企業の戦略立てに使用される環境分析となります。

これは、 「Customer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の3つの要素を分析 します。

  • 購買人口:潜在地域、年齢層、男女比や潜在顧客想定人数など
  • 顧客ニーズ:顧客が抱える問題点などの顧客ニーズ
  • 購買決定者:購買決定者 / 意思決定者が誰かなど
  • 購買要因:価格、ブランド、興味など
  • 購買プロセス:いつ・どこで・何を・どのように・いくらで買うのか

3C分析内部バナー

競争環境(ファイブフォース分析)

ファイブフォース分析とは


ファイブフォース分析は、 自社が置かれている競争環境を把握するためのフレームワーク です。
そのうえで、自社の強みを活かし、どのようにすれば成功するのかの戦略を練っていきます。

  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 競合他社(同業者間)との敵対
  • 買い手の交渉力
  • 売り手の交渉力

ファイブフォース分析内部バナー

内部環境分析

主にSWOT分析を用いて行うことが多く、そのままの現状を捉えるのではなく、 自社の強みや弱み、市場の機会や脅威をポジティブに変換していく分析方法 です。 マーケティングの分析手法

SWOT分析

SWOT分析とは

SWOT分析内部バナー

環境分析の重要性

そのため、 現状や長所・短所を見極め、洗い出すことで、理想の具現化を図ります 。 マーケティングの分析手法
ただ、顧客のニーズは日々変動するので、競合も様々な手を売ってきているのが現状なので、より先を行くために市場の変化を把握することは重要なのです。

どんなにいい施策や、戦略でも、自社がおかれている環境が把握できてなければ、良い効果を発揮することができません。
なので、 細部まで環境の分析を行うように心がけることをお勧めします 。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる