オプション取引活用術

株の分析手法の基礎知識

株の分析手法の基礎知識

セガ、Qlikのデータ分析製品群を導入--約450のレポートを自動生成

セガのゲームコンテンツ&サービス事業本部 事業企画部 ビジネス&データ分析課課長の竹内公紀氏は、Qlikの導入によってデータアナリストがデータを深掘りし、より複雑な分析に時間を割り当てることができるようになったと、業務の効率化に対する手応えを感じている。また、「外部データとの接続が容易になったことで、数多くの社員が市場の動きから俯瞰的なものの見方を養い、より多面的にゲームタイトルを評価できるようになっている。『次の面白いこと』へアクティブに挑戦する環境が整ってきたと感じる」と、語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

巨額買収に衝撃--「買収王」が率いるブロードコムとは

「Web3」が実現する新しい成長と分配--中核技術はブロックチェーン

マイクロセグメンテーションの概念と仕組み

メインフレームを作り続けるIBM、クラウドシフトを進める富士通、それぞれの思惑とは

  • 第0回:ソフトウェア/アプリを定着化させるユーザーデータ分析の可能性
  • 経営課題としてアクティブインテリジェンスを訴求--クリックテックが2022年の事業戦略
  • データによる意思決定のベストプラクティス実現を支援--クリックテック・今井氏
  • 丸亀製麺のトリドール、データ分析基盤に「Qlik Sense」を導入
  • セガトイズ、契約書のレビューと作成に「LegalForce」--リスクを表面化

関連ホワイトペーパー

  • 今、必要とされる認証基盤とは? IDaaSの概要と実装で押さえるべきポイントを解説
  • クラウドリフトの課題をまるごと解消するVMware Cloud on AWSの国産マネージドサービス
  • クラウド移行先進企業も、これから検討の企業も、VMware Cloud on AWSが最適な理由とは
  • Microsoft ソリューションをトータルでサポート!Azure活用なら大塚商会にお任せを!
  • VMC on 株の分析手法の基礎知識 AWS活用の不安を払拭、モダンなIT環境を実現「ITモダナイゼーション クリニック」
  • ムダがクラウドを高くする? 徹底的な最適化でDX予算も獲得できるクラウド移行術
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 株の分析手法の基礎知識
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • テスラ「Model Y」日本で販売開始、619万円で8月納車
  • グーグル、世界の地表をほぼリアルタイムで監視する「Dynamic World」を公開
  • 「Chrome」、ウェブサイトの通知が迷惑かをAIで推測しブロックへ
  • 三井物産とKDDI、スマートシティ向けの合弁会社--社長は「飛び級制度」第1期生
  • 12インチ「MacBook」復活と15インチ「MacBook Air」投入の可能性

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

「Tableau Online」の後継製品「Tableau Cloud」--ビジネスユーザー向けのデータ分析機能が追加

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license 株の分析手法の基礎知識 from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (株の分析手法の基礎知識 c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

マイクロ波基礎知識

[参考文献]
3) J規格(J55011(H27) 工業, 科学及び医療用装置からの妨害波の許容値及び測定法
4) http://www.tele.soumu.go.株の分析手法の基礎知識 jp/j/sys/ele/medical/protect/index.htm 2019年9月18日閲覧
5) https://www.arib.or.jp/kikaku/kikaku_tushin/desc/std-38.html 2019年9月18日閲覧
6) 電波法第百条、電波法施行規則第四十五条、無線局免許手続規則二十六条、無線設備規則第六十五条第一項

3.マイクロ波加熱の原理について

(1)誘電体のマイクロ波加熱の原理

図4は、低い周波数の電波を水の永久双極子に照射した場合を示しています。
この場合は変化する電界に対し永久双極子は瞬時に追従して方向を変えます。
このような場合、水は発熱しません。

一方、高過ぎる周波数の電波を永久双極子に照射した場合が図5です。
この場合は電界の変化が早過ぎるので双極子は全く追従できず変化しません。
このような場合も発熱しません。

これに対し、図6は、電界の変化が程々の電波を水に照射した場合を示しています。
この場合は電波の電界の変化に対し時間遅れで永久双極子が追従しています。
このように時間遅れが生じている間で水は電波からエネルギーを吸収し発熱するというものです。
そして、マイクロ波がその程々の周波数ということです。

(2)誘電体のマイクロ波加熱の式と物質の誘電特性について

式(1)は誘電体が吸収するマイクロ波電力P 1 を理論的に求めた式です。

式(1)において、比誘電率ε r と誘電体損失角tanδは物質(誘電体)特有の値となります。
また、その積、すなわち、ε r ・tanδを誘電損失係数(単に、損失係数とも呼びます)と言い、これは誘電体が吸収するマイクロ波電力の程度を表しています。

アプリケータ内に w [ 株の分析手法の基礎知識 kg ] の液体( 初期温度 T 1 [ ℃ ] )を入れた容器を置き、P A [W]のマイクロ波電力を t [s] 照射したところ液体の温度が T 2 [℃] になったとします。
この液体が吸収したマイクロ波電力 P B [W] は式(2)、加熱効率ηは式(3)となります。
例えば、液体が水の場合、水の比熱 4180 [ J / (kg・K) ]を用いれば、マイクロ波吸収電力が算出できます。

(a)で、誘電体の比誘電率 ε r と 誘電体力率 tanδ は、その誘電体特有の値であることを説明しました。
図7は、いろいろな物質の比誘電率ε r と誘電体損失角 tanδ 株の分析手法の基礎知識 を示す特性図です[11]。

図で、上横軸が電力半減深度Dの目盛で、右下に下がる線が同じ電力半減深度を結ぶ線です。 大雑把に言うと、電力半減深度の浅い右上の物質ほどマイクロ波吸収が大きい物質、電力半減深度の深い左下の物質ほどマイクロ波吸収が小さい物質であると言えます。 勿論、正確な比較は誘電損失係数ε r ・tanδの大小で判断しないといけません。

(3)マイクロ波による金属板の加熱

(a)金属板に浸透するマイクロ波の表皮の深さ[12]

図8は、各種非磁性金属の表皮深さの周波数特性を示しています。例えば、アルミニウムは、周波数が2.45GHzのとき、表皮深さδが約1.67μmになります(表3もご参照ください)。この表皮の深さδは、金属表面の電磁界強度を100%としたときに36.8%になる深さを意味します。そして、アルミニウムの板厚の20 μm = 約12×δは、減衰率が104(dB)に相当します。減衰率の100dBは、金属の表面で1000kWのマイクロ波が裏面では0.1mWになることを意味します。

式(6)は金属板が吸収するマイクロ波電力P m の式です。

式(6)から、金属板が吸収するマイクロ波電力は、厚さδの金属薄膜に、薄膜表面上の磁界強度に等しい電流が流れたときの損失(ジュール損)と同じことが分かります。したがって、P m / |H t | 2 すなわち、1/(2δσ)は、金属による損失の違いを表す係数となるので、損失係数と呼ぶことにします。

(c)金属板が吸収するマイクロ波電力の計算結果

[参考文献]
7) Chaplin, M. F., Water Structure and Science, Applied Science London South Bank University, http://www1.lsbu.ac.uk/water/microwave_water.html 2019年9月18日閲覧
8) IEC 60050-841国際電気技術用語集
9) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p13
10) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p16
11) 電子レンジ・マイクロ波食品利用ハンドブック 肥後温子編 日本工業新聞社 昭62年 p16
12) マイクロ波工学の基礎 秋本利夫・松尾幸人共著 廣川書店 昭43年(4版) p42
13) 電子回路設計シリーズ「マイクロ波回路」 石井宗典他 日刊工業新聞社 昭和44 p23
14) マイクロ波工学の基礎 秋本利夫・松尾幸人共著 廣川書店 昭43年(4版) p43
15) 理科年表 平成21年(机上版) 自然科学研究機構 国立天文台 代表者台長編 丸善 平成20年 p408
16) http://hyperphysics.phy-astr.gsu.edu/hbase/Tables/magprop.html#c2 2019年9月5日閲覧
17) http://www.jssa.gr.jp/contents/faq-article/q6/ 2019年9月5日閲覧 株の分析手法の基礎知識
18) https://www.toishi.info/metal/teikou.html 2019年9月5日閲覧

4.マイクロ波加熱の特長

・内部加熱
・高速加熱・選択加熱
・高い加熱効率・高速応答と温度制御性
・均一加熱・クリーンなエネルギー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる