FXブログ

暗号資産

暗号資産
テラ(LUNA)*** …米ドルや韓国ウォンをはじめとした各国の法定通貨の価格に連動する「ステーブルコイン」を発行するプロジェクト。

暗号資産は新たな資産クラスとなるのか?

ビットコインやそのネットワークに対する人気が下がる要因はすぐに思いつきませんが、このサイクルにおける最大のリスクは、レイ・ダリオ氏の言葉を借りれば、「beautiful deleveraging (美しいデレバレッジ期)」になるのではないでしょうか。連邦準備制度理事会が金融の引き締めに動き、インフレを抑えながら財政赤字の縮小に向け経済を減速させることに成功したら、価値の保存手段に対するニーズは薄まるかもしれません。

ヘッジ手段にはならないビットコイン
ニューヨーク大学教授 ヌリエル・ルービニ氏

マクロ資産としてのビットコイン
ゴールドマン・サックス投資調査部 グロ ーバル為替・金利・新興国投資戦略共同統括 ザック・パンドル

ビットコインが長期的な投資対象に適しているかどうかはともかく、「価値の保存」という貨幣の持つ機能を果たし始めているのは事実です。ビットコインが成功するためにはそれが社会で幅広く採用されるものになることが不可欠ですが、たとえばS&P 500 で 6 番目の大企業、テスラがビットコインを保有し、著名なマクロヘッジファンドのブレバン・ ハワードが暗号資産への投資を開始、また暗号資産の取引所であるコインベースがNasdaqに上場するなどの動きがみられています。ビットコインが長期的に価値の保存手段として成功するかどうかは未知数ですし、マイニングに要する資源の消費による環境問題は今後逆風になる可能性もありますが、暗号資産の普及は当面進みそうです。

ビットコインの価格変動も他のマクロ資産の動きと似てきました。たとえば、2021年3 月 17 日の連邦準備制度理事会の会合でのハト派的な内容がショックとして受け止められ、マクロ資産は想定どおりの動きを示しました。ビットコインはゴールドと同様に上昇しましたが、ボラティリティはその約 4 倍になりました。ビットコインはこういうものだと投資家は割り切るべきです。投機的な側面がありバリュエーションの不確実性も高い資産クラスである以上、その時々の経済状況と比べ、価格の変動が上下両方向に行き過ぎる傾向にあります。これまでも投機的な動きに続いた大幅な価格下落が何回も繰り返されてきました。

新たな資産クラスとしての暗号資産
ゴールドマン・サックス投資調査部 コモデ ィティ調査チームグローバル統括 ジェフ・カリー

仮想通貨の一覧・まとめ

イーサリアムは、さまざまな契約を自動化する「スマートコントラクト」を実行可能な分散型プラットフォームです。イーサリアムでは、Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)をはじめとするさまざまな技術によって、オリジナルブロックチェーンとも呼ばれるビットコインの課題に取り組んでいることが特徴です。このイーサリアム上でDAppsを稼働させるために必要となるネイティブトークンが、私たちが仮想通貨取引所で購入できるイーサ(ETH)です。ICOに利用されるイーサリアムの稼働に必要となるイーサは、暗号資産の時価総額ランキングで上位に位置するメジャーアルトコインです。

リップル(XRP)

XRP

ADA(エイダ/カルダノ)

ADA(エイダ/カルダノ)

SOLANA(ソラナ)

Solana(ソラナ)

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)

コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)

コスモスは「Internet of 暗号資産 Blockchains」(インターネット・オブ・ブロックチェーン)の実現を目標としたプロジェクトおよびエコシステムです。 「Internet of Blockchains」とは、ブロックチェーンから構成されるインターネットを指します。例えば、ビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンを接続して使用する事はできませんが、「Internet of Blockchains」ではコスモスをハブとして機能させる事で相互乗り入れを可能にする事を目指しています。つまり、インターオペラビリティの実現がコスモスの目的です。

ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)

ビットコインキャッシュ

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

NEM(XEM)

NEM

Lisk(LSK)

Lisk

モナコイン(MONA)

モナコイン

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック

ファクトム(FCT)

ファクトム

オーガー(REP)

オーガー

オーガーは実世界での未来予測で報酬を獲得できる非中央集権の未来予測市場プラットフォームです。オーガーを利用することで、世界中の人々が未来予測市場を構築しマーケットクリエイター(ブックメーカー)になれることが特徴です。イーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトとして開発されたオーガーは、その機能を利用した入出金システムを完備しており、将来は金融商品への応用が期待されるとして注目されています。 [btn ]オーガーの詳細を見る[/btn]-->

ステラルーメン(Stellar Lumens)

ステラルーメン

Basic Attention Token(BAT)

Basic Attention Token

Basic Attention Token(BAT)はWebブラウザ「Brave」に紐づく仮想通貨で、従来のWeb広告におけるユーザー・メディア・広告主それぞれの抱える課題を解消しようという試みのもとで生まれたものです。Braveではユーザーが広告閲覧やユーザー情報の提供をコントロールすることができ、またBraveが許可した特定の広告を閲覧することでユーザーはBAT(BATポイント)を入手し利用することが可能となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる