無料講座

海外FXでトレーリングストップは不利

海外FXでトレーリングストップは不利
トレーリングストップを使った決済注文

Liberty

トレーリングストップを使った決済注文

図の通り、110円で新規買い注文をして買いポジションを持っている時に、トレーリングストップで1円幅の逆指値決済注文を発注します。買った時点からそのままレートが落ちていけば109円で逆指値決済されますが、図のように買った後にレートが上昇して行くと 決済注文レートも現在レートに合わせて上昇 していきます。つまり決済注文レートが、買った時点からの最高値より1円下のレート(トレーリングストップ幅として設定したレート幅)になるよう常にレートに追従します。そして、最終的に最高値から1円下がったところで逆指値決済が実行されます。

これがトレーリングストップの基本的な動きですが、単に逆指し値注文をするよりもトレーリングストップを利用した方が(逆指値決済により)海外FXでトレーリングストップは不利 リスクを抑えつつ、 含み益が出たらできる限り伸ばす ことができ、非常に合理的であることが分かります。

1-2.トレーリングストップは新規注文で使うとトレンドの切り替わりを狙い撃ちできる

トレーリングストップを使った新規注文

次にトレーリングストップを利用した新規注文について解説します。トレーリングストップを使うと トレンドの切り替わりを狙い撃ち してポジションを持つことができます。

しかし、素直に1円下がらず図のように上昇して行った場合は、 新規売り注文レートも現在レートに合わせて上昇 していき、最終的に最高値から1円下がったところで新規売り注文が約定して売りポジションを持つことになります。

図を見ると分かりますが、これはつまり 上昇トレンドから下降トレンドへの切り替わりを狙い撃ち できるということなので、非常に便利ですね。もちろん、約定したところで必ずトレンドが切り替わるとは言えませんが、テクニカル分析を行った上で適切にトレーリングストップを使うことでより正確にトレンドの切り替わりを狙い撃つことができます。

2.トレーリングストップを利用できるFX業者

【トレーリングストップが利用できるFX業者】
・SBI FXトレード
・ヒロセ通商[LION FX]
・外為どっとコム[外為ネクストネオ]
・YJFX[外貨ex]
・アイネット証券[ループイフダン]
・アイネット証券[アイネットFX]
・サクソバンク証券[スタンダードコース]
・サクソバンク証券[アクティブトレーダーコース]
・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]
・外為オンライン[外為オンラインFX]
・外為オンライン[くりっく365]
・FXブロードネット[ブロードライトコース]
・FXブロードネット[ブロードコース]
・FXブロードネット(クリック365)[スタンダードコース]
・楽天証券[楽天MT4]
・ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4]
・JFX[MATRIX TRADER]
・マネーパートナーズ[パートナーズFX]
・マネースクエア
・IG証券
・IG証券[大口]
・岡三オンライン証券[くりっく365]
・岡三オンライン証券[岡三アクティブFX]
・ライブスター証券[ライブスターFX]
・ひまわり証券[ループ・イフダン口座]
・ひまわり証券[レギュラー口座]
・マネックス証券[FX PLUS]
・ゲインキャピタル・ジャパン[MT4]
・FOREX EXCHANGE[俺のMT4]
・フィリップ証券[フィリップFX ミニ口座]

【トレーリングストップが利用できないFX業者】
・GMOクリック証券[FXネオ]
・GMOクリック証券[くりっく365]
・トレイダーズ証券[みんなのFX]
・DMM FX
・マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]
・FXプライム byGMO
・インヴァスト証券
・セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー]
・外為ジャパンFX
・トレイダーズ証券[みんなのシストレ]
・楽天証券[楽天FX]
・FXブロードネット(くりっく365)[シストレ365コース]
・新生銀行[新生銀行FX]
・ジャパンネット銀行[JNB-FX PLUS一般タイプ]

以上、トレーリングストップの解説とトレーリングストップが利用できる/できない国内FX業者の紹介でした!僕がおすすめしている国内FX業者のDMM FXは残念ながらトレーリングストップが利用できませんが、おすすめの海外FX業者であるXMでは利用できます!以下の記事でもお話ししていますがXMは 0円からFXが始められる ので是非試して見てください。では、また!

Liberty

【XMの特徴】
・レバレッジ888倍!
・海外FX業者の中では最も有名
・完全日本語対応
・万が一同社が倒産する場合でも投資家の資金は安全に守られる
・世界的に有名なトレードツールMT4で取引を行う(スマホアプリも有)
・自動売買プログラム(EA)が利用できる
・口座開設時に3,000円分のクレジットがもらえる
・入金時にクレジットがもらえる
・トレード毎にボーナスがもらえる
・最小100通貨から取引できる
・スプレッド最狭0pipsのXM ZERO口座がある

2.XMはレバレッジ888倍!

レバレッジ25倍だと、投資資金1万円で25万円までの取引しかできませんが、レバレッジ888倍なら 888万円 もの取引が可能になります。

「ハイレバは危険」 と巷では騒がれていますが、それは使い方次第ですし、やりようによっては危険どころかむしろ、 海外FXでトレーリングストップは不利 より安全に資産運用をできる ようになります。このあたりの詳しい話は以下で解説しています。

3.XMは海外FX業者の中では最も有名

XMは海外FX業者の中では最も有名だと言えるでしょう。有名で利用者の多い業者ということは、それだけ 信頼が厚く、取引もしやすい業者 だということです。

海外FX業者はXM以外にもたくさんありその中には素晴らしいサービスを提供している業者もありますが、実態のよく分からない業者も数多くあります。よく分からないマイナーな業者で取引をすると 出金拒否 をされたり、 業者自体が倒産して投資資金が返金されなかったり といった悲惨な目に遭ってしまう危険性もありますので、XMのような有名である程度信頼が担保された業者を利用するのがベターでしょう。

また、XMは 完全日本語対応 です。海外FX業者の中には日本語をサポートしていなかったり、サポートしているけれど所々ミスがあって使っていて不安になるようなところもあります。その点、完全日本語対応のXMは安心して取引ができますね。

4.万が一XMが倒産する場合でも投資家の資金は安全に守られる

XM公式ページにも記載されていますが、XMは 投資家の資金を同社の資金と完全に分けて優良金融機関で預託管理 しています。従って、万が一同社が倒産するような場合でも投資家の資金は全額返金されるので安心です。

5.XMは世界的に有名なトレードツールMT4で取引を行う(スマホアプリも有)

XMでは取引に世界的に有名なトレードツールである MT4 を利用します(MT5もあります)。MT4は使い始めは難しく感じるかもしれませんが、慣れると使いやすいです。ワンクリック注文やワンクリック決済、そして トレーリングストップ注文機能 など取引を効率よく行うための機能がたくさんあります。また、MT4では 自動売買プログラム(EA) が利用できるため、プログラムに完全お任せで資産運用を行いたい方にもおすすめです。

6.XMは特典がいっぱい!

【XMの特典】
・新規口座開設時に3,000円分のクレジットがもらえる
・入金毎に最大100%のクレジットがもらえる
・取引毎にロイヤルティーポイントがもらえる

6-1.XMでは新規口座開設時に3,000円分のクレジットがもらえる【実質0円から始められる】

このクレジットは新規口座を開設した時点で即座に反映されるので、 実質0円 から取引を始めることができます。「FXって危なそう、怖い。」と思っている方もXMなら1円も入金せずにFXを体験できるのでまずはやってみましょう。しかも、それで儲けられたらもちろん出金できますからね!

6-2.XMは入金毎に最大100%のクレジットがもらえる

XMでは、取引口座への入金毎に 最大入金額と同額分のクレジット がプレゼントされます。つまり、1万円入金したら1万円分のクレジットが貰えるので投資資金は2万円になるわけです。めちゃくちゃ嬉しいサービスですよね!プレゼントされるクレジットの具体的な内容は以下の通りです。

【入金時にもらえるクレジット】
・$500(5万円程度)まで:100%のクレジット
・$500超過分:20%のクレジット

【10万円入金した場合】
5万円分:100%のクレジットがもらえる → 5万円×1 = 5万円分のクレジット
残りの5万円分:20%のクレジットがもらえる → 5万円×0.2 = 1万円分のクレジット
トータル:6万円分のクレジットがもらえる。
従って、投資資金 = 入金額10万円 + クレジット6万円 = 16万円

6-3.XMは取引毎にロイヤルティーポイントがもらえる

XMでは、 ロイヤルティープログラム というものがあり、取引する度に ロイヤルティーポイント が貯まっていきます。貯まったロイヤルティーポイントは 現金やクレジットに変換できる ので取引すればするほど運用資金も増えていきます。また、貰えるとロイヤルティーポイントは、投資家の ロイヤルティーステータス によって変わってきます。ロイヤルティーステータスは以下の通り4段階あり、ステータスが上がると取引毎もらえるロイヤルティーポイントも上がります。

【ロイヤルティーステータスとポイント】
・Executive : 10XMP/Lot (口座開設時)
・Gold : 13XMP/Lot (30日以上)
・Diamond : 16XMP/Lot (60日以上)
・Elite : 20XMP/Lot (100日以上)

ロイヤルティーステータスは、口座開設後の 活動期間の長さ でステータスが決まります。口座開設時はExecutive、口座開設後30日経過するとGoldへ昇格といった感じです。Eliteまで行く時、 1Lotの取引毎に20XMP(ロイヤルティーポイント) がもらえるようになります。

7.XMでは3種類の取引口座が利用できる

【XMで利用できる口座の種類】
・スタンダード
・マイクロ
・XM Zero

スタンダード口座は、1Lot = 10万通貨の取引口座で最も標準的な口座です。取引は1000通貨単位で行えます。

マイクロ口座は、1Lot = 1000通貨の取引口座です。取引が 海外FXでトレーリングストップは不利 最小100通貨 から行えるので初めから大きな金額で取引するのが怖いという方におすすめです。

XM Zero口座は、 スプレッド最狭0pips を提供している取引口座です。その分手数料はかかりますが、スキャルピングメインの方には向いています。

以上、海外FX業者 「XM Trading」 の魅力についてお話ししてきましたがどうでしたか?XMは海外FX業者の中ではダントツで有名ですし、入金時のクレジットなどのサービスも豊富で、何より 0円から取引を始められる のでとりあえず1つ口座を作ってみてはいかがでしょうか。では、また!

FX取引から退場しないための極意 オートレール・ラボ

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

Exness(エクスネス)の評価と特徴

Exness(エクスネス)の評価と特徴

Exness(エクスネス)の大きな特徴は、無制限レバレッジと充実したハイスペックなトレード環境です。最近ではレバレッジ1,000倍や3,000倍、5,000倍を提供する業者も存在する中、 レバレッジ無制限を提供している唯一の海外FX業者がExness です。他に類を見ない極限までのハイレバレッジに特化した環境は、一攫千金を夢見るトレーダーの好奇心を掻き立て、幅広いユーザー層から注目を集めています。ハイレバレッジは資金効率が抜群に良いですが、リスクを伴うギャンブル的な面も持ち合わせています。しかし、 Exnessのスタンダード口座 では1ドルから入金可能であることに加え、 ゼロカットシステムと追証なしを提供している ので、思い切ってハイレバトレードにチャレンジすることができます。

1.レバレッジ無制限での取引が可能
2.ロスカットラインが0%で追証なし
3.少額入金で、ハイレバでもリスクヘッジがとりやすい
4.ソーシャルトレーディングなどの独自サービスが魅力
5.信頼性・透明性が高く安心感がある
1.ボーナスがない
2.ストップレベルがゼロではない

Exnessの強みやメリットを知りたい

Exnessのデメリットはどこにある?

Exnessは安全な会社?

Exness(エクスネス)はどんなFX会社?

Exness( エクスネス )は、2008年にPetr 海外FXでトレーリングストップは不利 ValovとIgor Lychagovによりロシアで設立された海外FX業者です。Exnessは過去数年間で目覚ましい成長を遂げており、特にアジア市場での注目度が高まっています。FXが盛んなアジア市場を固めるため、Exnessは2020年3月より日本顧客の受入れを再開しました。 公式サイト が完全日本語対応になり、日本語サポートも手厚くなるなど、日本のマーケット開拓に強い意欲が伺えます。

Exnessとは

Exnessとは

Exnessの安全性

Exnessグループが保有する主な金融ライセンス

Exnessの信託保全

Exnessでは、顧客資金の分別管理を行っていますが、信託保全はありません。信託保全がないため、万が一会社が破綻した際は、資金の返還は補償されてはいませんが、Exnessでは、分別管理が徹底されているので安心感はあるといえます。また、Exnessは監査機関として世界四大会計事務所の一つであるDeloitte Touche Tohmatsu(DTT)と提携しており、 Exnessの公式ホームページ にて、DTTによるExnessの管理資金等の 海外FXでトレーリングストップは不利 財務実績に関する報告書 を一般公開しています。Exness利用者からは出金処理が早いという点でも高く評価されていますが、財務実績報告でも、Exnessが保有する会社の資産額が顧客の資産額を十分に上回っていることが確認できます。このような取組みからも、Exnessが透明性の高い運営に重点を置いていることが伺えますね。

Exnessのメリット

Exnessのメリットはなんといっても、 ハイレバと極狭スプレッドによるハイスペックな取引環境 です。初心者から上級者まで、資金量が少ない人から多い人まで、様々なタイプのトレーダーの要望をカバーする取引環境が整っています。今、注目度No1の海外FX業者、Exnessの魅力を詳しく解説していきます。

レバレッジは無制限

Exnessの一番の特徴は 無制限のレバレッジ 。無制限といっていますが、実際には レバレッジ21億倍 になります。レバレッジは大きければ大きいほど少ない証拠金でハイリターンを狙えることから、ハイレバレッジを業者選びのポイントとするユーザーは多くいます。Exnessのスタンダード口座では、1ドル相当額から入金が可能ですので、非常に少ない証拠金で大きな利益を狙うことができます。ただし、最低入金額は、入金方法により異なりますので、詳しくは4章の入出金方法一覧をご確認ください。

さらに、Exnessでは 流行りのゴールドもレバレッジ無制限でトレードすることが可能 で、これらのハイレバレッジでの変動率の凄さは想像に難くないでしょう。

  1. 合計5ロット以上の取引と10回以上の取引回数が必要
  2. 口座残高が1,000ドル未満
  1. 口座残高による制限
  2. 取引銘柄による制限
  3. 経済ニュースや指標発表時前後
  4. 取引時間帯(土日の閉場、開場時や祝日)による制限

ロスカットラインは驚異の0%・ゼロカットも採用

ユーザーのニーズを満たす種類豊富な口座

Exnessではスタンダード口座の他に、プロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座を提供しています。これら4つの全ての口座で無制限レバレッジでの取引が可能です。ゼロ口座とロースプレッド口座は2019年末にプロ口座から細分化された新しい口座タイプで、プロ口座の低スプレッドでは満足できないユーザーのニーズに応えた口座になります。これら3つの口座の違いはスプレッドと手数料にあります。ロースプレッド口座とゼロ口座は、手数料が別途発生しますが、プロ口座より低いスプレッドが特徴です。さらに、スプレッドだけを見れば、 ほとんどの取引時間帯でスプレッド「ゼロ」 となるゼロ口座が一番優秀な口座になります。ただし、取引手数料は、最大7ドルのロースプレッド口座に比べ、ゼロ口座では7ドル以上とロースプレッドより高めの設定になっています。ゼロ口座は取引する通貨ペアや銘柄によって7ドル以上の取引手数料がかかりますが、取引にかかるコストがほぼこの手数料のみという点でコスト管理はしやすいというメリットがあります。

プロ口座は手数料が無料であることに加え、Exnessの口座で唯一Instant Execution(即時約定)を採用した口座のため、スリッページはほぼ起こらないというのが特徴です。プロ口座は愛用者が多く、上級トレーダーから根強い人気を誇る口座タイプです。このように、 Exnessの低スプレッド口座 はトレードスタイル合わせて選べるので、スキャルピングメインのユーザーにもおすすめです。

Exness(エクスネス)の口座タイプの違いや特徴を徹底比較 | Exness | FXプラス™

Exness(エクスネス)の口座タイプの違いや特徴を徹底比較 | Exness | FXプラス™

2022.03.海外FXでトレーリングストップは不利 29

  1. 1位:XAUUSD
  2. 2位:GBPUSD
  3. 3位:EURUSD

仮想通貨もトレードできる

Exnessでは仮想通貨のペアも取り扱っており、BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、SOL等、計26種類の仮想通貨を取引することができます。 仮想通貨は24時間、土日も取引が可能 です。仮想通貨を取り扱う他の海外FX業者では、土日は為替同様に取引ができない場合が多く、レバレッジやスワップなどを考慮しても仮想通貨を取引するメリットが無いのが現状です。(FXGTやbybitなど仮想通貨に特化した業者を除く)。

また、Exnessの 仮想通貨ではスワップの徴収が発生しません ので、スワップを気にすることなくレバレッジを利かせて長期保有できるというのはExnessを利用する大きなメリットのひとつといえるでしょう。

初心者におすすめのソーシャルトレーディング

Exnessのソーシャルトレーディング

Exnessのソーシャルトレーディング

コピーする側である投資家は取引が発生すると戦略プロバイダーの設定した手数料を支払いますが、損失で終わった場合は支払いの対象とはなりません。手数料は、戦略をコピーする際に詳細の確認ができますが、 利益率の高い人気トレーダーほど、手数料は高くなる傾向にあります 。Exnessのソーシャルトレーディングは、投資家としても、戦略プロバイダーとしても利用できるので、将来的にコピーされる側の戦略プロバイダーとなって報酬を稼ぐ事も可能です。なんといってもソーシャルトレーディングのいいところは熟練のトレーダーの取引を見れる事でもあり、これは右も左も分からない初心者には非常にメリットが高いサービスであるといえます。

無料のVPSを提供

  1. 500ドル(約5万円)以上の入金実績
  2. 100ドル(約1万円)以上の余剰証拠金

XMの無料VPSって、実際どう?VPSサービスを比較してみた | プロ達が語る海外FXコラム

2022.05.12

プロトレーダーにおすすめのプレミアプログラム

会員ステータス入金合計額四半期毎の取引量
プリファード20,000USD50milUSD
エリート50,000USD100milUSD
シグネチャー100,000USD200milUSD
プリファード
入金合計額20,000USD
四半期毎の取引量50milUSD
エリート
入金合計額50,000USD
四半期毎の取引量100milUSD
シグネチャー
入金合計額100,000USD
四半期毎の取引量200milUSD
海外FXでトレーリングストップは不利 海外FXでトレーリングストップは不利 海外FXでトレーリングストップは不利
ステータスプリファードエリートシグネチャー
優先お客様サポート
会員限定教材
強化されたトレーディング分析
特別プロモーションおよび報酬
専属アカウントマネージャー 海外FXでトレーリングストップは不利
担当Exnessアカウントマネージャーと対面
Exnessトップマネジメントと対面
年次プレミアガライベント
優先お客様サポート
プリファード
エリート
シグネチャー
会員限定教材
プリファード
エリート
シグネチャー
強化されたトレーディング分析
プリファード
エリート
シグネチャー
特別プロモーションおよび報酬
プリファード
エリート
シグネチャー
専属アカウントマネージャー
プリファード
エリート
シグネチャー
担当Exnessアカウントマネージャーと対面
プリファード
エリート
シグネチャー 海外FXでトレーリングストップは不利
Exnessトップマネジメントと対面
プリファード
エリート
シグネチャー
年次プレミアガライベント
プリファード
エリート
シグネチャー

Exness プレミア会員限定 現金報酬プレゼントキャンペーン | FXプラス™

Exness プレミア会員限定 現金報酬プレゼントキャンペーン | FXプラス™

2022.01.04

Exnessのデメリット

ボーナスがない

海外FXといえば、豪華なボーナスが特徴の一つですが、 Exnessでは一般口座向けには一切ボーナスを提供していません。 Exnessがボーナスを提供しない理由は、単なるボーナス目的ではなく、「本当にExnessで取引をしたいユーザー」に快適なトレード環境を提供することに注力したいという思いにあります。ボーナスで勝負しなくても独自の魅力的なサービスで顧客を満足できるという自信が伺えますね。ボーナスがないのは少し残念ですが、スタンダード口座は1ドルから取引が可能ですので、最小限にリスクを抑えて取引を開始することが可能です。

HyperSpeed NEXT トレール注文・時限成行注文の便利な使い方

「トレール」とは、「追跡」という意味です。トレール注文とは、レートの上昇・下落を追跡して、自動的に決済注文価格が変動する決済専用の注文方法です。 相場が有利な方向(利益が増加または損失が減少する方向)に動いた場合には、決済価格も相場を追跡して有利な価格に変更 されます。 相場が不利な方向(利益が減少または損失が増加する方向)に動いた場合には、変動せず最後に変更された価格 に留まります。トレール注文では、この相場に追随する値幅(トレール幅)を設定して注文します。

例えば、買のポジションを持っているときに「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとします。
レートが上昇(有利方向に変動)した場合は、決済価格も現在レートから50銭の幅を保って一緒に上昇していきます。レートが下落(不利方向へ変動)した場合は、決済価格は変わりません。レートが有利に動く限りその利益を追っていくことができ、 一番有利になったレートから50銭下回ったところで決済 することが可能なのです。

買建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

逆に売のポジションに対して「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとすると、レートが 下落(有利方向に変動)し続ける限りは決済されず、 レートが最安値から50銭上昇(不利方向に変動)した場合に 決済 されます。

売建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

トレール注文は便利な機能ですが、トレール幅をどのくらいに設定するべきかは相場の状況により考えてください。 トレール注文は逆指値と同様の効果 がありますので、激しく動いているときに トレール幅を狭くしすぎるとすぐに決済(損切) になってしまいます。逆に、なるべく決済されないように トレール幅を広くしすぎると、取れていたはずの利益が少なくなったり、損切となったりする 場合があります。

ストリーミング注文+トレール注文で利便性向上!
新規のストリーミング注文と同時に、決済のトレール注文を発注することができます。

例えば、為替相場が大きく動いている時、新規注文と同時に決済のトレール注文を出しておくと……
・為替相場のトレンドに乗って大きく値上がり(値下がり)してから決済できる
・ポジション成立後、急激にトレンドが反転するケースに備えたリスク管理ができる(逆指値と同様の効果)
というように、トレード時の利便性が向上します。

トレール注文を出してみましょう!

ではトレール注文の発注方法を見ていきましょう。
※トレール注文は「HyperSpeed NEXT」からのみ発注、変更、取り消しが可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる