最新ニュース

海外FX スリッページについて

海外FX スリッページについて
メカックス

海外FX スリッページについて

一般的に海外FXの場合は、スリッページがないものです。 これは、日本のFXと海外のFXの取引方法の違いから来ています。 日本のFX業者 OTC取引(Over The Counter) 相対取引/店頭取引/ノミと呼ばれる手法 海外のFX業者 電子取引所取引(ECN) 日本のFXの場合は、競馬のノミ行為と同じ仕組みなので、トレーダーを負けさせようとしているので、スリッページが起こりますが、海外のFXの場合は、直接売買する方式なので、スリッページがそもそも発生しないのです。

  • 2013/01/17 20:海外FX スリッページについて 14 回答No.1

関連するQ&A

現在FX会社でMJでUSD/JPYをメインに取引しているのですが、最近指標発表時に逆指値が10Pips以上スリッページが発生します。 最近では雇用統計で21Pips、ISMで15Pipsなどでした。(今までは3~6Pipsぐらい) その他、同時間帯で約定済み注文が注文済み欄に表示されず決済注文が出せない、新規注文が取り消せずに約定してしまい、前記のとおり決済できなず、システム全般が混乱していた時間帯が雇用統計で10分~20分程度、ISM非製造で5~10分程度でした。 この時、センターに電話すると、『当社のサーバーが脆弱のため・・・。決済注文は受け付けていません。』とのことでした。 さて、雇用統計もISM重要指標の為、ある程度のスリッページは仕方ないかとはおもうのですが下記に質問いたします。 (1)前記指標時、上記程度のスリッページは他社でも普通程度のスリッページですか? (2)前記指標時、注文・約定・決済などの取引の混乱は何処のFX会社でも起こりますか?? (3)前記トラブルはFanox系なら何処も起こりますか?また、Saxo,Gft系ではいかがですか? 仮に、他社でより良い環境の会社があるとして (4)取引システムに前記のような混乱が生じない、又は、生じにくい事を中心にスリッページが少ない会社で推奨の会社はありますか? (5) (4)に、更に常時のスプレッド(手数料含む)が少なく、指標時にも成行が成功し易いという条件を加えるとどこかありますか? 長くなりましたが、次回、雇用統計に間に合うように会社をシフトできればと思っております。 解る部分、答えられる部分だけでも結構ですので、よろしくお願いします。 尚、この会社は約定しずらいことで有名で、指標時に成行(スリッページ10Pips)が成功しない為仕方なく指値・逆指値で注文しています。

雇用統計発表時でもスプレッドがあまり開かないおすすめの海外FX業者はありますか? 以下の条件にあてはまる業者を探しています。今のところの候補はFXPROです。 ・米雇用統計発表時、USDJPYのスプレッドが10pips以下 ・100lotの取引で500倍レバレッジを掛けれる ・100lotの取引でも約定力に信用があり、約定が瞬時 ・強制ロスカットが20%以下 入金ボーナスは無しでも構いません。宜しくお願いします。

レバ規制もあり、最近初めてFXにて海外業者を使い出したものです。 口座は YouTrade という会社で開設して今取引をしているのですが、 新規注文し、約定してから指値・逆指値をする場合、最低15pips離れていないと 注文をいれられません。 海外FX スリッページについて 今まで国内の業者を使用していた時はそんな制約無かったかのように思うのですが、 海外業者は一律でそう決められているのでしょうか? もしその設定を解除できるのなら教えてください。もしくは、その規制の無い業者・ おすすめの業者があれば教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

指標発表時などに10pip下がったら売りから入る(売り注文を逆指値現在値-10pip)、というようなことをよくやるのですが、まれにサプライズが大きいと、想定外に値がジャンプしてしまうことがあります。 (たとえば現在値95.00円のときに94.90円まで下がったら売りで新規注文としているときに、いきなりジャンプして94.00で成約してしまうようなこと) 海外FX スリッページについて もちろんある程度のスリッページは許せるのですが、あまりに大きいスリップだと困ってしまいます。そのような場合はいっそ、成約させたくないのですが、そんなことができる業者はあるのでしょうか。

現在、くりっく365のインヴァスト証券で取引している(主にポンド通貨)のですが、最近妙にスリッページになります。 もちろん指標発表時などの動きの激しいときは仕方ないのですが、最近よくあるのは午後10~翌朝までの動きがゆっくりになったときです。レートを見るとその時はレートが次々に表示されるのではなく、10pipsくらいづつ増減したりしています。 スリッページといっても多少なら仕方ないと思うのですが、20~30pips離れて(しかも毎回悪い方向に)約定します。「買った瞬間に-30pipsでスタート」とかもあります。 ただ、それでも約定した直後にそのレートになるのであれば、「注文が遅れたんだな」と納得できるのですが、スリッページで離れて約定したにも関わらず、レートが何回か表示されてもそのレートまで落ちてないときもあります。これはおかしくないですか?それともよくあることなのでしょうか? 一応、分かりやすく例を挙げます。 1.180円10銭で買い、180円80銭まで上がる。 2.その後、5~10pipsくらいのわりと大きな幅で下げ始める。 (ただしレート表示間隔は、いつもよりはゆっくり) 海外FX スリッページについて 3.180円50銭まで落ちたので利確しようと決済。 4.しかし、実際に約定した価格は、180円20銭。 5.その後、何回かレート表示されるが180円40銭や180円30銭など。 6.少し経って180円10銭までレートを下げる。 これは単に業者側のサーバー(?)でレート表示が遅れているだけなのでしょうか?パソコンはハイエンドスペックなのでこちらのせいではないと思いますが…。原因が分かる方、もしくは同じような症状がある方がいましたら教えてください。

すみませんがご存知の方お教え下さい。 FXで決済の逆指値注文が注文レートより安値(-0.05pipsスリッページ)して不利なレートで約定したのですが、その会社提供のチャートではその約定した時間のレートの最安値が私が約定したレートよりも高値位置で表示されてありました。 その時間帯でのレートでは、チャートを見る限り私のほうが安値のレートなので、本来なら私が約定したレートがチャート上で最安値として表示されるべきではないでしょうか? 大幅なスリッページの場合、そのスリッページしたレートではチャート表示では無視されるのでしょうか? ・噂でFXは相対取引なので実際のレートより故意的に不利なレートで約定させ、その時点で会社の利益となるような経営をしている会社があるときいたことがあるのですがが実際のところどうなのでしょうか? ・インターバンクレートでの取引でコストが最も安いFX会社をご存知の方がいらっしゃれば、すみませんがお教え下さい。

スリッページは詐欺ですか? みんなのFXを半年くらい使っています。 今日の雇用統計の結果で、ポンド円132.000円に逆指値を入れていて保持していたポジションが 雇用統計の結果発表直後の高値が131.839円だったのですが132.012円で約定していました。 みんなのFXはスリッページの設定ができませんし、新規にしても決済にしてもスリッページで 約定した経験が今までないので、かなり驚いています。30分以上たった今も、本日の高値は 132円未満です。スリッページで決済されてしまったポジションについては、決済を取り消して 元に戻してもらえないのでしょうか。 スリッページには縁がないままできたので気にしたことがなく、人のブログ等で”駆られた” という意味がわからず、今しがたその意味がこのことなのかと? ポジションを戻してもらえないのであれば、大きなイベントを利用した『詐欺』とか『搾取』 には当たらないのでしょうか。金融庁さんはこのようなスリッページ流の狩りを改善するように 指導したりしているのでしょうか。 なんだか納得できずにモヤモヤしています。 どなたか何かご存知の方は一筆お願いいたします。

FXのリスクについての質問ですが、 色々見て回って 一番のリスクはスリッページによる損失だと思いました。 このスリッページは、実際どの程度なのでしょう。 今、ひまわり証券の通常口座で取引し始めたばかりですので この口座でのスリッページがどの程度か知りたいです。 海外FX スリッページについて 土日を挟んだ場合は1円以上平気でいくと思いますが。 最悪、土日はポジションを持たないので 逆指値を出している状態、取引時間帯で 変動が激しい場合のスリッページ がどのくらいか特に知りたいです。

こんにちは。 FXについていくつかご質問させて下さい。 私は6月5日16時ころに(ユーロ/円)で以下の注文を出していました。 --------------------------------------------- <新規>逆指値注文 138.000円(買) <決済>指値注文 138.330(利食い) <決済>逆指値注文 137.700(ロスカット) 海外FX スリッページについて --------------------------------------------- 相場の動き自体は20時から21時ころにかけて 予定通り円安方向に動いてくれて良かったのですが、 思わぬスリッページが発生していて結果は損失になっておりました。 ↓↓↓ --------------------------------------------- 新規約定値 138.582 (21:30) 決済約定値 138.330 (21:30) --------------------------------------------- いくら逆指値と急な変動だったとは言え、 60銭近いスリッページが発生するのは正直困ったものです。 しかも新規約定した直後、利食いのつもりで入れていた 138.330の決済注文が、こちらは指定した値段通りに、 新規注文と同タイミングで約定されておりました…。 新規と同時に損切が発生するとはガックリです。 そこで以下のご相談です。 1.新規逆指値注文の許容スリッページを指定できる業者はありませんか? (もしなければ他にスリッページが少ない業者などご存知でしたらお教え下さい) 2.IFOの決済注文を、レートを指定するのではなく、 新規約定値より+80銭、あるいは-80銭といったように指定できる業者はありますか? 他にみなさんが、スリッページを少なくするするために 気をつけていることなどをお教えいただけたら幸いです。 長くなってしまい恐縮ですが、 よろしくお願いします(><。)

約定力の高い海外FX業者おすすめTOP5!比較ポイントや重要性を解説!

海外FX

  • 海外FXでの約定力の重要性、約定力の比較ポイントがわかる
  • 約定力が高い海外FX業者おすすめランキングTOP5の紹介
  • この記事を読めば約定力の高い海外FX業者を選ぶメリットが理解できる

海外FXにおける約定力とは?

海外FXにおける約定力とは?

本来であれば注文と同じ内容で約定すると思われがちですが、 注文内容は海外の会社を経由して市場に到達するため時間のズレが生じ、実際の注文と約定には誤差が生まれる のです。

◆約定力の重要性を知るために理解すべきこと

  • 約定力が高いメリット
  • 約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が高いメリット

約定力が高いメリット

なぜなら、 約定力が高ければ狙ったところでポジションを持てる わけなので、トレーダーにとって好都合でしかないからです。

  • スプレッドが狭い環境を活かせる
  • スキャルピング取引に有利
  • 大きな取引も安心してできる

以下でこの3つを詳しく解説するので、「 約定力が高い=トレーダーに有利 」の理由を理解してください。

スプレッドが狭い環境を活かせる

FXではレバレッジやスプレッド 、ボーナス に目が行きがちですが、 実はいくらレバレッジが高くてスプレッドが狭くても「約定力」と言うベースが無ければ意味がなくなってしまう のです。

スキャルピング取引に有利

つまり、 「約定力の高さ」はスキャルピング では絶対条件の事項なのです。

基本的に、 短期取引になればなるほど「約定力」は大きなウェイトを占め 、スイングトレードなど長期トレードでは「約定力」より「スワップポイント 」などの要因が重要になる傾向にあります。

大きな取引も安心してできる

これは、海外FX業者が最適なレートを提供するために社内努力をしていると言うことになり、 最終的に居客であるトレーダーを大切にしているにつながる からです。

◆約定力を高く保つための社内努力

  • 多くのリクイディティプロバイダーとの契約
  • 優秀なサーバーとの契約
  • 社内ネットワークの強化

また、 単純に大きな取引で価格がズレれば、当然予定外の損失リスクが増えるわけですから、自然と大口トレーダーは約定力、つまり取引環境に力を入れている業者を選ぶ となってくるわけです。

ただ、 約定力などの取引環境を重視する海外FX業者はボーナスなどのプロモーション が少ない傾向にあるため 、初心者が始めて海外FXに挑戦する場合などは選びにくい業者が多いことは事実です。

約定力が低い場合に発生する不具合

約定力が低い場合に発生する不具合

  • リクオートや約定拒否
  • スリッページ

この2つの不具合が多い業者はトレーダーにとって不利益が多い業者とも言え、 特にスキャルピングなどの短期取引 では致命的なデメリットとなってしまう部分 です。

リクオートや約定拒否

名称約定の状態
リクオート予定した価格で約定されず、再度ポジションを持つかの判断を促す表示がされる状態。
再度約定する場合は、今の価格での約定となる。
約定拒否予定された価格で約定されず、再約定の表示もされない。
そのため、ポジションを持ちたいのならエントリー操作をもう一度する必要がある。

どちらも、 予定した価格でポジションを持てないと言う点では同じ で、FX取引の特性上どの業者でも起こりうる可能性のあることです。

つまり、約定力の低い業者は損益以前に 取引自体が思うようにできない可能性がある ことを意味するわけです。

スリッページ

ある意味スリッページは、 約定拒否より約定してしまっているので損益に直結する部分 と言えるでしょう。

この、エントリーしたタイミングと約定されたタイミングのズレは、 短期取引や値動きが激しい時間帯の取引ほど損失を受けるリスクが高くなる 状態なのですね。

そのため、 約定力の高さを判断する指針としては重要視しなければいけない部分 です。

しかし、少なくとも、 業者が約定力強化のために努力していることで大きく軽減できる部分 であることだけは覚えておきましょう。

海外FXの約定力の判断ポイント

海外FXの約定力の判断ポイント

そのため、 判断方法をしっかり持って業者を選定しなければいけない部分 でもあります。

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

ポイント1:約定力を表す数値

ポイント1:約定力を表す数値

なぜなら、この2つの数値は測定の条件が各社バラバラなので、 単純に数値の比較では判断できない部分 となってしまいます。

以下でこの2つの数値の意味を解説しますが、「 約定力の公表値は大切な基準だけど目安程度に使う 海外FX スリッページについて 」が賢明な使い方と言えます。

約定スピード

ただ、約定率についても業者の環境以外も影響してくるため数値での比較は難しい部分ですが、少なくとも「 数値を公表している=一定の約定力を確保している 」と言う判断材料となるでしょう。

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

ポイント2:約定力を表す数値の裏付け

  • リクイディティプロバイダーの数
  • サーバーの設置場所
  • サーバーの能力

リクイディティプロバイダーの数

リクイディティプロバイダーは 「LP」や「カバー先」 とも呼ばれ、FX業者にレートの配信を行っている為替市場に直接アクセスしている存在です。

海外FX約定力「LPイメージ」

リクイディティプロバイダーは銀行や証券会社など為替市場そのものといって良い存在で、トレーダーは上図のように「 トレーダー→FX業者→LP(カバー先) 」の流れでFX取引をしているわけです。

FX入門〜初心者おすすめ3社口座スリッページ比較 2022年1月版

図1 約定力第1位

1位. FXプライム by GMO:10

FXプライム by GMO2018年に矢野経済研究所が実施した「主要FX会社の約定率・スリップページ発生率調査」において、 約定率100% と診断されました。2020年7月1日~2021年6月30日営業日の最新値でも同社ウェブサイトによると99%の約定率だそうです。

下の図3を見ても、いかに他社のスリップページ発生率が大きいかがご理解頂けるでしょう。これは非常に大きいメリットなので「ABSの今井雅人によるFX初心者のための入門・始め方と口座比較」では一番最初に紹介させていただきました。

約定率100%、スリップページなし

図2 約定率100%、スリップページなし

調査対象6社でのスリップページ発生率

図3 調査対象6社でのスリップページ発生率

3位. SBIFXトレード:9点

SBIFXトレードは、スリップページが他のFX会社と比較しても業界最高水準だという 評判です。3度の2018年や2019年1月のトルコリラ暴落の際にも他社と異なりスリップページがあまり変わらなかったという評判を多く目にしました。

また、 SBIFXトレードでは、許容スリップページの設定が可能となっています。たとえば10pipsに設定すると、10pips以下ならば約定できることになります。11pipsも動くと約定できないわけです。

このスリップページという面から見ても、 SBIFX はFX入門者やFX初心者が安心して選ぶことができる会社の一つといえるでしょう。

結論

「今井雅人によるFX初心者のための入門・始め方と口座比較」の結論としては、マネーパートナーズとFXプライム by GMOがスリッページについてはもっとも優れているという結果となりました。

SBIFXトレードについては一応3位としましたが、許容スリッページについて外貨ex by GMOやGMOクリック証券にも用意されています。

口コミもいろいろなので、その他の5社については比較の対象にはしませんでした。約定率重視ならばマネーパートナーズまたはFXプライム 海外FX スリッページについて by GMOに口座を開設するのがおすすめです。

約定力が高い海外FX業者ランキング!スリッページがないおすすめ業者をご紹介

約定力の高い海外FX業者ランキング

ロボックス師匠

約定力が高い方がトレードに有利?

短期トレードでは約定力が高いFX業者を使うことが非常に重要です。約定力が高いほどトレードには有利なのです。

そもそも約定力ってなんだ?」「業者ごとに約定力は違うの?」と疑問に思うトレーダーもいらっしゃるかもしれません。

メカックス

ロボックス師匠

海外FXの約定力とは

約定力とは、注文を出した時にどれくらいのスピードでいかに有利なレートで注文が確定できるか、 海外FX スリッページについて FX業者の注文処理の能力 のことをいいます。

  • 業者が採用しているサーバー → 最新で大容量となるほど早くなる
  • サーバーの数・設置場所 → 数が多く、設置場所が近いほど有利
  • 業者の注文処理システム → 性能に優れたシステムほど早い
  • LP/リクイデティプロバイダー → 大手で多いほど有利なレートで確定しやすい

ロボックス師匠

メカックス

約定力とスプレッドはどちらが重要か

指値にしても成行にしても、注文が確定した時に「あれ?注文したレートとはかなり違うじゃないか!」と焦った経験を持つトレーダーは多いのではないでしょうか。

そこで、少しでも有利にトレードできるようにと、スプレッドを気にするトレーダーは多いと思います。しかし、ここに盲点があって、どんなにスプレッドが狭い業者を使おうとも、 約定力が低ければ注文が確定した時には想定以上にレートがずれることも多々ある のです。

スプレッドも確かに考慮すべき項目ではありますが、重要なのはスプレッドよりも約定力なのです。

ロボックス師匠

スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説!

まずはスリッページとはどんなものなのか、簡単にチェックしておきましょう。

注文レートと約定レートのズレ

スリッページはトレーダーの実質コストになる

スリッページが発生しやすい条件とは?

条件1|相場の急変時

条件2|流動性が低い相場

条件3|約定力の弱い業者を利用するとき

注文方式ごとのスリッページの違い

DD方式のスリッページ

NDD方式のスリッページ

スリッページを防止するには

NDD方式のFX会社を利用する

スリッページ許容幅を設定する

これでスリッページ許容幅の設定が完了です。

comment コメントをキャンセル

海外FXのボーナスを使った両建ては禁止!?絶対にやってはいけない事例

当ページを読んで分かること 両建ての基礎知識 ボーナスを利用した両建てについて 海外FX スリッページについて ボーナス利用の両建てが即バれる理由 両建てを禁止していない業者 海外FXの大きな魅力の1つに豪華なボーナスがありますよ .

FXで勝てない人間の本能「プロスペクト理論」を学ぶ

海外FXで節税するならふるさと納税が断然お勧め!基本からメリット・デメリットまで解説!

当ページを読んで分かること 海外FXに適応される税制について ふるさと納税の基本 ふるさと納税のメリット・デメリット 海外FX スリッページについて 海外FXのハイレバレッジを使って、莫大な利益を得てみたいと思う方も多いでし .

ABLENET VPSの契約方法|FX自動売買に最適な仮想デスクトップの導入方法を丁寧に解説

当ページを読んで分かること VPSの基礎知識 自動売買に最適な「ABLENET VPS」の契約方法 こちらのページでは、自動売買を行う際にも「ABLENET VPSの契約方法」をメインに解説していきま .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる