安定した取引システム

ダブルボトムのエントリーとターゲット解説

ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
この書籍ではトレンドフォローのエントリーポイント、決済のポイントなどを株式市場を例に紹介しています。多少のアレンジは必要ですが、内容としてはFX相場でも十分に応用することができる内容です。
使用するインジケーターはADXや移動平均線といったメジャーなものからヒストリカルボラティリティ、3-10オシレーターなどといったマイナーなインジケーターなどを併せてエントリーポイントを探る方法を紹介しています。
マイナーなインジケーターに関して、仮に表示することができない環境であったとしても、内容を理解すると他のインジケーターでも十分に代用が可能なことに気づくと思います。

記事の作り方を5つのステップで解説!基礎からわかる完全ガイド

一文が長くならないようにするのは、すぐにできて読みやすくなる文章テクニックです。基本的に、読者は文章の終わりを示す「句点」までを 1 つの文章の区切りとして読み進めます。そのため、いつまでも句点がないと、一文の前半部分が頭から抜け落ちて、理解しづらくなるのです。また、一文が長くなると、主語・述語や係り受けの関係など、文章を書く上で気をつけるべきことが増えていきます。なるべく一文を短くしながら、伝わる文章を目指しましょう。

・代名詞はなるべく使わない

代名詞とは、「あれ」「これ」「それ」といった言葉のこと。絶対に使ってはいけないわけではありませんが、記事内で代名詞を多用することはおすすめできません。なぜなら、文章の途中で代名詞が出てくると、読者は「代名詞が何を意味しているのか」を考えなくてはならないからです。場合によっては誤読につながるおそれもあります。

・ 5W1H を意識する

文章を書く際、5つの「W」と1つの「H」を意識するだけで、読者は情景を理解しやすくなります。いつ( When )、どこで( Where )、誰が( Who )、何を( What )、なぜ( Why )、どのように( How )といった要素が盛り込まれているか、確認しましょう。また、 5W に「どのくらい( How much / How many )」を入れて、「 5W2H 」とすることもあります。5W1Hは、すべてを入れる必要はありませんが、これらの要素があやふやになると、文章は途端に読みづらくなります。

STEP4 記事の見せ方を工夫する

記事の執筆が一段落したら、次に見せ方を考えます。例えば、写真やイラスト、図表を挿入したり、箇条書きを活用したり、文字の一部を太字にして強調したりといった方法です。

ビジュアル要素を入れる

写真やイラストについては、無料で使えるフリー素材もたくさんあります。ただし、フリー素材はほかのサイトでも利用されていることが多く、使いすぎると「よく見る感じのビジュアル」という印象を読者に与えてしまいかねません。有料の素材であれば、そのような心配は少なくなります。もちろん、自分たちで素材を用意できるなら、それがベストです。記事の見せ方によって、読みやすさがまるで変わってきますので、積極的に工夫していきたいところです。

STEP5 記事を読み直す(推敲、校正、校閲)

最後に、必ず記事を読み直しましょう。誤字・脱字があるだけで、記事の信頼度が大きく損なわれます。また、使うべきではない表現を使用していたり、出してはいけない情報を書いてしまっていたりする場合もあります。 STEP4 でご紹介した「読みやすい文章」になっているかどうかも、再度チェックしてみてください。事実関係の誤認識や数字などデータのミスも要注意です。このような点をすべて洗い出し、記事公開前に修正します。

記事を書くリソースがない場合は…

さまざまなコンテンツを作成し、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないお客様に、ナイルではコンテンツ制作代行のプランをご用意しております。

記事を推敲する

\質の高いコンテンツ制作で見込み客増加!資料ダウンロードはこちらから/

記事づくりは内製と外注、どちらがいいのか

すべて内製で作る

すべて記事を内製で作る場合は、テーマの選定からライティング、さらにはチェックまでを、社内で進めなくてはなりません。到底1人でできる作業ではありませんので、複数人で編集体制を作る必要があります。少なくとも、ライティング作業と記事チェックは別の担当者にして、ダブルチェックできるようにすべきです。

ほかにも、執筆だけ外部ライターに任せる方法もあります。原稿内容のクオリティが担保できることと、ダブルチェックがしやすくなることがメリットになります。ただし、外部ライターへの執筆内容をしっかりと共有しないと、こちらが意図した内容ではない原稿になる可能性があり、かえって手間がかかるケースがありますので注意しましょう。

すべて外注で作る

記事づくりを、すべて外注で行う場合は、テーマの選定からライターアサイン、記事チェックまでを、一括で任せることができます。記事制作のリソースがない場合や、記事の質を高めることが難しい場合は、外注を検討してみることをおすすめします。ただし、記事の制作単価が上がることはデメリットといえます。

杉田勝が初めて公開するエリオット波動の科学的アプローチ。エリオット波動を解説したDVDを発売。理論編¥3,990[発売中]、応用実践編¥6,090[予約受付中]。


■[応用実践編] DVD内容
●エリオット波動実践時の課題
●エリオット波動をより正確に捉えるために
●Divergence(ダイバージェンス、逆行現象)
●ダイバージェンスはなぜ起こるか
●SMAとEMA
●EMA
●20EMAと20SMA
●推進5波の特徴
●推進5波の見極め方
●推進5波の見極め方(複合形)
●推進波と20EMA
●推進波と20EMA(CASE1)
●推進波と20EMA(CASE2)
●推進波と20EMA(CASE1)
●推進波と20EMA(CASE2)
●推進波と20EMA

●エリオット波動とフィボナッチ・リトレースメント
1.2波のリトレースメント
2.第4波のリトレースメント
3.調整b波のリトレースメント

●波動間のフィボナッチ関係
A.a波とc波
B.トライアングルの各波
C.推進波間のフィボナッチ関係

●エリオット波動の実践トレード
H&S(ヘッド&ショルダーズ) ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
ダブルボトム ダブルボトムのエントリーとターゲット解説
ダブルトップ
3波ブレークを狙ったトレード

●トライアングル 収束三角形(contracting)
●5波/c波Diagonal Triangle(下げのウェッジフォーメーション)
●5波/c波Diagonal Triangle(上げのウェッジフォーメーション)
●2波の押し目買い
●2波の戻り売り
●20EMAがレジスタンス1波が20EMAを切る
●4波の押し目買い
●4波の戻り売り
●波動カウントのヒント
●エリオットのチャネリング


■発売日・価格
[理論編]価格:¥3,990[送料・税込]発売中
[実践編]価格:¥6,090[送料・税込] 9月発売予定。予約受付中

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる