初心者でもできる

はじめてのFX

はじめてのFX

はじめてのFX取引

外国為替証拠金取引(FX)は、1998年4月に外国為替及び外国貿易管理法(外為法)が改正されたことを契機として登場した個人向け金融商品で、投資家 の皆様は、一定の証拠金(担保)を取扱会社に預託することで、その証拠金の何倍もの元本があると想定して(レバレッジ効果)、例えば、円と米ドル、円と ユーロ、円とポンドなどの外国通貨の取引を行うものです。
外国通貨の取引というと外貨預金が代表的ですが、証拠金の数倍の取引ができるという点や、実際に取引を行う際の価格(為替レート)の部分を比べた場合、FXの方が投資効率の高い金融商品といえます。

外国為替証拠金取引(FX)と他の外貨商品との比較

はじめてのFX
外国為替証拠金取引(FX) 外貨預金 外貨建て投資信託
取扱機関 銀行、証券会社、商品取引会社、FX専門会社 はじめてのFX 等 銀行、信用金庫 証券会社、銀行 等
取扱時間 約24時間(土・日等を除く) 取扱金融機関の営業時間内 取扱会社の営業時間内
手数料 1米ドル往復で2~8銭程度 1米ドル往復で2円程度 1米ドル往復で1~4円程度
取引 売りからも買いからも可能 買いからのみ 買いからのみ
取引レート リアルタイムに変動 基本的に1日1回 基本的に1日1回

取引所為替証拠金取引「くりっく365」誕生の背景

外国為替証拠金取引(FX)のメリットと仕組み

外貨取引(交換)時の手数料が安い(他の外貨商品との比較)

例えば、外貨預金を始める際、まず預け入れ時に日本円から外貨に交換し、満期時(引き出し時)には外貨から円貨に再度交換します。この場合の外貨交換手数 料は金融機関や対象通貨によって異なりますが、米ドルの場合、一般的に売り買いの往復で1米ドルにつき2円の手数料がかかります。一方、FXの場合、外貨 交換時の手数料に相当する額は、1米ドルあたり往復で4銭~8銭程度と、外貨預金に比べて非常に低額となっています。

外貨の「買い」からも「売り」からも取引が可能

外貨預金や外貨建MMFといった外貨建投資商品は、外貨買いからしかスタートすることが出来ませんが、FXは外貨売りからスタートすることもできます。
たとえば、円高ドル安が進むことを予測した場合、ドルを売り(売ポジションを保有する)、ドル安となったところでドルを買い戻す(ポジション を解消する)ことができます。反対に、円安ドル高が進むことを予測した場合、ドルを買い(買ポジションを保有する)、ドル高となったところでドルを売る (ポジションを解消する)ことができます。
このように、円安にならないと為替利益が得られない外貨預金や外貨建MMFと異なり、FXは、円安でも円高でも利益を狙うことが可能です。また、外国為替証拠金取引は、一般的に外貨預金や外貨建MMF等のドルへの転換価格よりも有利な価格で売買を行うことが可能です。

レバレッジ効果で投資資金以上の外貨運用が可能

スワップポイントが受け取れる(高金利通貨の買い取引の場合)

高金利の通貨の買ポジションを持った場合、スワップポイントを受け取ることができます。
スワップポイントとは、金利の異なる通貨を取引・保有した場合に生じる金利差のことで、金利の安い通貨で金利の高い通貨を買うと、スワップポ イントを受け取ることになります。反対に、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うと、金利差はマイナスとなり、スワップポイントを支払うことになります。
たとえば、円に対してドルの買ポジションを持った場合、証拠金を担保に円を借りて、その円を売ってドルを買ったことになり ます。この際、円金利が年利1%で、ドル金利が年利5%だとすると、年利1%の金利を支払い、年利5%の金利を受け取ることができます。この差(5%- はじめてのFX 1%)に相当する金額はスワップポイントと呼ばれ、日割りした金額が日々計算され、ポジションを持った投資家に支払われます。 逆に、円に対してドルの売ポジションを持った場合、証拠金を担保にドルを借りて、そのドルを売って円を買ったことになります。こ の際、円金利が年利1%で、ドル金利が年利5%だとすると、年利5%の金利を支払い、年利1%の金利を受け取ることになります。この差(5%-1%)に相 当する金額がスワップポイントとなり、日割りした金額が日々計算され、ポジションを持った投資家が支払うことになります。
なお、スワップポイントは、ポジションを翌日以降に持ち越した場合に発生しますが、翌取引日の決済日が同じ日の場合に発生しません。
また、くりっく365のスワップポイントは、支払う場合も受け取る場合も同一の金額(一本値)ですが、店頭取引では、会社によっては、投資家 に支払うスワップポイントを少なく、投資家から受取るスワップポイントを多く設定している場合もありますので、取引に際しては各会社のスワップポイントを 比較する必要があります。

ほぼ24時間の取引が可能

株式等と異なり、為替は世界中の市場で取引されているため、24時間相場が変動します。 東京市場での取引が終わる夕方には、ロンドン市場などで取引が開始され、その後はニューヨーク市場、シドニー市場などで取引が行われ、再度東京市場での取引が開始されます。 また、わが国の祝日には関係なく、土・日曜日、元旦を除いた毎日、取引することができます。 取引が盛んに行われる時間帯は、東京市場とロンドン市場での取引が重なる18時ごろ(日本時間)から、ロンドン市場とニューヨーク市場での取引が重なる 24時ごろ(日本時間)にかけてです。中でも、為替相場に影響力があるアメリカの経済指標が発表される時間帯(現地時間の午前中)に為替相場は大きく変動 する傾向があります。 日中忙しくて相場動向をチェックすることや、発注を行うことができない投資家でも、時間帯を選んで取引できるため、株式等の日中しか取引できない市場の商品と比べて取引を行いやすいといえます。
なお、取引価格については、くりっく365では複数のマーケットメイカーが取引所に提示する価格の中から投資家にとって最も有利な価格を合成 し、取引所がくりっく365市場に提示しますので、同一時点であれば、どのくりっく365取扱会社を経由して取引しても、同じ価格が提供されています。 一方、店頭取引取引では会社が任意に設定する価格での取引となるため、一般的に会社毎に提示される価格は異なります。

どうやって利益が出るの?FXのしくみとメリット

●FXのメリット1:預けたお金よりも多くの金額が取引できる「レバレッジ」

最初に、FXはFXを取り扱う会社に預けたお金で行う「証拠金取引」だとお話しました。FXにはこのしくみを利用し、 FX会社に預けたお金(証拠金)の何倍ものお金で通貨を売買できる 「レバレッジ」 という取引方法があります。レバレッジとは「てこの原理」の“てこ”のことです。

●FXのメリット2:取引コストが外貨預金の10分の1〜数百分の1

ということは、 少なくとも2円以上動かないと利益が出ない ことになります。

一方、 FXは、米ドル/円は往復0.2銭としている会社が多い です。売買単位が1万通貨、つまり1万ドルなら、20円が実質の手数料となるわけです。 0.2銭以上動けば、利益が生じることを意味しますので、為替レートのちょっとした値動きでも利益を出しやすくなります。

●FXのメリット3:平日(及び祝日)ほぼ24時間いつでも取引できる

よくFXのイメージで「為替はいつも動いているので、ずっと見ていないとダメ」と思う人も多いけど、 注文方法によっては「ここで買う」「ここで売る」等、指定した売買もできるのでうまく使うニャ!

●FXのメリット4:外貨預金と異なり為替レートが下がるときにも儲けのチャンスがある

為替レートが下がりそうだな、というときは 「売ってから買う」 と使い分けることで、為替レートがどちらに動いても、チャンスがあるのです。

Tポイントを使ってFXを始めよう

だったら Tポイントを使ってFXをスタート してみるニャン。SBIネオモバイル証券(ネオモバ) では、持っているTポイントを使ってFXをスタートできるニャ!

●Tポイントを使ってFXを始めるメリット1:少額から取引ができる

つまり、1ドル=110円の時に1ドルを取引した場合
必要証拠金額は110円×4%=4.4円≒5円
約5円から取引可能ニャ!

●Tポイントを使ってFXを始めるメリット2:手数料がとても安い

●Tポイントを使ってFXを始めるメリット3:アプリには初心者向けの「ネオモード」がある

また、ネオモバのFXアプリにも注目。 ネオモバのFXアプリには初心者向けの「ネオモード」 が用意されています。

金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3125号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

金融サービス仲介業者 登録番号:関東財務局長 (金サ)第2号
加入協会:一般社団法人日本金融サービス仲介業協会

FXに関するご注意事項
SBIネオモバイル証券のFX(外国為替証拠金取引)の取引手数料は無料です。なお、SBIネオモバイル証券のサービスのご利用にあたっては、お取引の有無にかかわらず月額のサービス利用料をいただいております。
本取引の1取引通貨単位あたりの必要証拠金の額は、次の通りです。(レバレッジ25倍)
決済通貨が円貨の場合…前営業日取引終了時の当社レート(仲値)× 4% はじめてのFX
決済通貨が外貨の場合…前営業日取引終了時の当社レート(仲値)× 同時点の対外貨/円換算レート(仲値)×4%
※必要証拠金の額は、相場の急変等の理由により変更される場合があります。
※韓国ウォン/円の通貨ペアについては、1取引通貨単位=100韓国ウォンとなります。
本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動や、金利差調整額(スワップポイント)の支払いにより損失が生ずるおそれがあります。 また、取引金額に対して少額の証拠金をもとに取引を行うため、証拠金の額に比べ多額の利益を得ることもありますが、 その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があり、その損失の額は差し入れた証拠金の額を上回る場合があります。
本取引では、お客さまの証拠金維持率が当社の定める水準を下回った場合、未決済建玉のすべてを強制決済します(ロスカットルール)。ロスカットが適用された場合あっても、 相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性や、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。
スワップ損益は金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。 また、金利の変動によりスワップ損益が受取りから支払いに転じる場合もあります。
取引レートは2WAY方式で買値と売値の間には、通常、価格差(スプレッド)があります。 スプレッドは通貨ペアおよび売買数量によって異なり、外国為替相場の状況等により拡大する場合があります。
外国為替相場の急変時等において、安定的かつ適切な価格を配信できる状態にないと当社が判断した場合、 価格配信、注文受付および約定処理を停止する場合があります。
当社またはカバー取引先の業務や財産の状況が悪化した場合には、お客さまが損失を被る危険があります。
お取引の際は、外国為替証拠金取引に係るご注意、および契約締結前交付書面等をよくお読みいただき、 内容を十分にご理解のうえ、お客さまご自身の判断により行ってください。

書籍検索

電子書籍詳細

はじめてのFX
サイズ・頁数A5判・160頁
参考価格(税込) 0円
発行日 1970.01.01

"1日目 FXをはじめたいけど FXの超基礎知識 01 はじめてのFX そもそもFXって何? 興味津々だけど、どんな投資法かいまいちわかりにくい 02 FXの儲けの仕組みは? 為替相場が動くからこそ、FXは利益が出せる! 03 為替が動くって…? 円高・円安の仕組みを知ろう! 外国の通貨の価値が変わるのには意味がある 04 FXは有利な投資っていわれるけど、なぜ? いくつかあるFXの優位性をみてみよう 05 ドルを持っていないのにドルが売れる? 証拠金取引だからこそできる技 06 どうすれば取引ができるの? FXの取引をはじめる前に知っておきたいこと 07 取引の前にこれだけは知っておこう FXでの投資は、怖くないことを確認しよう コラム FX取引ができるまで 2日目 FXのまずはここから FX会社に口座を開こう! 01 FXも証券会社を使って投資するの? FX取引はインターネットからFX会社に口座開設申し込みをする 02 どのFX会社を選んだらいいの? FX会社選びのポイントをおさえておこう 03 口座開設はこうやってする まずはここから! 流れを抑えれば簡単!! 04 FX会社と取引をはじめる前に FXをはじめる前に注意事項を再確認しておきましょう コラム 会社を選んだら、まず取引を! はじめてのFX 3日目 FXは投資スタイルが肝心 あなたに合った負けないFXとは? 01 あなたに合ったFXの投資スタイルを見付けよう 超短期から中・長期まで、FXの投資期間を考えてみよう! 02 FXで利益を出すために覚えておきたいこと 為替相場の先行きを予測する方法とは 03 FXの売買の仕組みを知ろう 外貨を「売る」「買う」とは…? 基本をおさえておこう 04 損を受け入れるのがFXで負けないポイント FX投資で重要な損を受け入れる「損切り」をマスター 05 注文方法の指値、成行…ってなに? 投資には独特の言葉遣いがあり、まずはそれらを覚えましょう 06 利益確定や損切りに利用できる注文方法 多彩な注文方法をきちんと覚えることがFXで負けないことにつながる

07 最強の注文方法「IFDOCO」を習得しよう! IFDOCO注文なら、発注から利益確定・損切りまで自動で行える! コラム 格言を覚えて投資に役立てる 4日目 為替が動く仕組みを研究すればFXは勝てる? ファンダメンタルズ分析の基本

01 こんなときに為替は動く! 為替が動く基本要素を知って、FXを有利な投資にする

02 ファンダメンタルズ分析って何? 経済が為替相場を動かす仕組みを理解する

03 ファンダメンタルズ分析の欠点も知っておこう 為替予想はひとつの手法だけに頼らないこと

04 経済指標をチェックして為替の今後を占おう 発表されると一瞬で相場が大きく動くこともある コラム 世の中の動きに敏感になろう

5日目 この先は円高?円安? チャートを読もう! はじめてのFX テクニカル分析の基本 01 テクニカル分析? チャートって何? テクニカル分析とはチャートを読み解くこと 02 ローソク足を極めて、相場を読もう ローソク足の基本を覚えて今後を予測する 03 トレンドラインを覚えよう 相場の傾向をつかむ方法のひとつ 04 相場の転換点を見極めよう! チャートには相場の変わり目を示す暗示が隠されている 05 移動平行線でトレンドをつかむ 移動平均線の意味を確実に覚えて投資に生かす 06 移動平均線が交差すると何かが起こる!? 期間の違う移動平均線を同時に表示してできること はじめてのFX 07 さまざまなテクニカル指標もチェック ローソク足や移動平均線のほかにも覚えておきたい コラム 「ユーロドル」取引にチャレンジ

6日目 さあ、取引をはじめてみよう! 実際の為替売買に挑戦する 01 はじめてのFX はじめてのFX FX会社にログインして資金を移動しよう まずはログインして、FX取引に必要な資金を入金する 02 注文をしてみよう! はじめてのFX でもその前に… 発注してFXデビューする前に知っておくべきこと 03 大損をしない取引をするためには? FXの多彩な注文方法を活用して、負けに備える 04 利益を確定しよう! 損も受け入れよう FXは利益確定とともに、損切りできるかが重要 コラム FXの税金も知っておこう!

7日目 もっと勝ちたい! 負けたくない! FXで負けない投資方法とは? 01 成功の記憶と失敗の記憶を大切にしよう! メンタルを鍛えて、冷静な取引ができるかがカギ 02 もう一度、投資の目的を振り返ろう! 投資スタイルを確立するのが負けないFX FX取引で覚えておきたい米国の経済指標 覚えておけば投資のタイミングがわかる!FXの時間割 "

はじめてのFX取引 通貨ペア選びの第一歩

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

紀伊國屋書店

第1章 始める前にこれだけは知っておきたい!未経験でも10分でわかる「FXの基礎知識」(FXは海外旅行時の外貨両替と仕組みは同じ;為替レートは、通過の人気度によって変動する ほか)
第2章 勝ち組トレーダーの売買に相乗りできる!最先端システム「ソーシャルトレード」とは?(初心者がFXで安定的に利益を確保するのは難しい;サラリーマントレーダーが勝てない理由 ほか)
第3章 ソーシャルトレードを始めよう!失敗しない「専業トレーダー」を選ぶ(「ZuluTrade」で毎月40万円のこづかいを確保する;早めにデモ口座を卒業しよう ほか)
第4章 ソーシャルトレードを使いこなす!レバレッジに合わせた「リスク管理術」(シグナルプロバイダーの戦略を調べる;シグナルプロバイダーの詳しい情報をチェックする ほか)
巻末付録 ソーシャルトレードを実際にやってみる―口座の開き方からトレード結果の確認まで(デモ口座を開設してみる;ウイザードで設定してみる ほか)

著者等紹介

向山勇[ムコウヤマイサム]
金融ジャーナリスト。マネー誌編集長を経て、2004年に独立。株式、FXなどのトレードを実践しながら、その経験をベースに投資に関する書籍、ムックの執筆、編集に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

外部のウェブサイトに移動します

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる