日本のバイナリーオプション業者

買いシグナル

買いシグナル
(1)上昇に勢いがついている時
もはや後戻りできない、ダマシはない、スピードが出た状態。

一目均衡表

一目均衡表は、昭和初期に細田悟一氏(ペンネーム:一目山人、都新聞社の商況部部長)が約2,000人のスタッフと7年をかけて完成させ、「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」という由来による相場分析手法です。
日本ではもちろん、海外のファンドマネージャーにも支持され、個人投資家の中でも最も人気の高いテクニカル指標の一つです。
一目均衡表は、転換線・基準線・先行スパン(2本)・遅行スパンの5本線を使い、時間論・波動論・値幅観測論の3つの理論から構成されています。

基準線と転換線を使った活用法

  1. ① 基準線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド
  2. ② ローソク足が基準線の上側にあれば強い相場、下側にあれば弱い相場と判断します。
  3. ③ 基準線が上向きの状態で、転換線が基準線の下から上へ抜ける(ゴールデンクロス)を「好転」といい買いシグナルとなり、逆に基準線が下向きの状態で転換線が基準線の上から下へ抜ける(デッドクロス)を「逆転」といい、売りシグナルとなります。

先行スパン1と先行スパン2を使った活用法

  1. ① ローソク足が雲の上方にあれば強い相場、下方にあれば弱い相場と判断します。
  2. ② ローソク足よりも雲が上にある場合 ⇒ 上値抵抗線
    ローソク足よりも雲が下にある場合 ⇒ 下値抵抗線
  3. ③ ローソク足が雲を下から上に突破した場合は上昇サインとなり 「好転」、逆にローソク足が雲を上から下に突破した場合は下落サインとなり「逆転」。相場の転換点として重要なポイントとなります。
    ※雲は抵抗帯の名のとおり、厚い場合は突破には日柄を要し、薄い場合は、影響が少ないので抜けやすく、転換しやすくなります。
  4. ④ 2本の先行スパンが交差した所(「雲のねじれ」などと呼ばれます)は相場の転換点(トレンドの転換、もしくは加速)となる可能性が高いとされています。

遅行線を使った活用法

遅行線は「売り」か「買い」かのタイミングを計る場合に見ます。 遅行線がローソク足を上回った場合を「好転」(買いシグナル)、逆に下回った場合を「逆転」(売りシグナル)と判断します。

買いシグナル

はじめにお読みください

売買シグナルとは

売買シグナル通知では、上記のような売買シグナルが発生したタイミングで通知を受け取ることができます。また、LINE FXでは、 シグナル最適化 (後述)を定期的に実施することで、パフォーマンスの高い売買シグナルを提供できるようにしています。

シグナル最適化とは

シグナル最適化… 使用するテクニカル指標のパラメーターを変えながら、バックテストを繰り返し行い、期間損益が最大となるパラメーターを見つけること
バックテスト… 過去のデータを⽤いて、⼀定期間にどの程度のパフォーマンスが得られたかをシミュレーションすること

LINEメッセージの内容について

①通貨ペア

②新規/決済の表示

「新規」なら新規注文、「決済」なら決済注文のシグナルになります。
※タイミングによっては、「決済」のシグナルから届くことや、シグナル最適化の前後で過去の「新規注文シグナル」に対する「決済注文シグナル」が通知されない場合があります。詳しくは こちら をご確認ください。

③シグナル名

④シグナルの基本情報

⑤新規注文の条件(シグナルの発生条件)

⑥シグナルの詳細情報

買い → 売り… 買いで新規注文して売りで決済注文する
売り → 買い… 売りで新規注文して買いで決済注文する

平均損益は、シミュレーション結果から抜粋して表示しています。
「シグナル詳細を見る」ボタンをタップすると、シグナル詳細画面でシミュレーション結果を確認できます。
シグナル詳細画面のシミュレーション結果の見方について詳しくはこちら

⑦注文ボタン

⑧決済注文の条件(シグナルの発生条件)

⑨新規注文シグナルの日時

⑩推定損益

決済注文シグナル発生時点に算出された推定損益が表示されます(数量は1万通貨)。
この推定損益は、仮に⑨の新規注文シグナル発生時に新規注文を行い、そのままポジションを保有したまま、決済注文シグナル発生時に決済注文を行えばいくらになるのかのシミュレーションになります。
※損益は「Bidレート」に対して、以下の仮のスプレッドを加味した仮の「Askレート」を基準に計算しております。

■売買シグナル損益計算上の仮のスプレッド
・USD/JPY 0.2pips
・EUR/JPY 0.買いシグナル 5pips
・GBP/JPY 1.0pips
・AUD/JPY 0.7pips
・TRY/JPY 1.7pips

⑪建玉/照会ボタン

⑫通知設定

シグナルの通知対象について

「おまかせ(パフォーマンス上位)」を設定した場合
設定した条件に該当するシグナルを「指定した勝率以上」で絞り込み、その中から「累積損益が高い順」に上位3位以内のシグナルを通知します。なお、このランキングは、シグナル最適化が実施される度に更新されます。
特定のテクニカル指標のシグナルを受け取りたいという希望はないが、直近でパフォーマンスの高いシグナルは受け取りたいという時にご利用ください。

「選択する」を設定した場合
選択されたテクニカル指標が使用されているシグナルを全件通知します。ただし、勝率の設定はこの場合でも有効です。
特定のテクニカル指標のシグナルのみ受け取りたいという時にご利用ください。

よくあるご質問

Q. 決済注文シグナルから届いたのですが?

Q. 過去に受け取った新規注文シグナルに対応する決済注文シグナルが届かないのですが?

A. シグナル最適化(原則毎週日曜日)が実施されると、各シグナルごとに新規注文条件・決済注文条件が新しくなり、売買ポイント・売買履歴等を含めて、 すべて再シミュレーション(買いシグナル 完全にリセット) されます。そのため、新規→決済の流れが途切れてしまうことがあります。

Q. LINEメッセージとシグナル詳細画面の表示内容が異なるのですが?

Q. シグナル最適化はいつ行っていますか?

Q. 通知がたくさん届くので通知の頻度を下げたいのですが?

Q. テクニカル指標のパラメーターは個別に指定できますか?(例えば、25日線が75日線を上に抜けた時だけ通知がほしいのですが?)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる