最新ニュース

株式投資家必見

株式投資家必見
税金対策を目的に不動産投資をはじめたCさんは、都内で比較的新しいマンションを購入。家賃10万円、ローン返済額や管理手数料などを合わせて月々の支払い9万円で2年間順調に運用していました。 ところが2年経ったところで入居者が転居。 退去前から新しい入居者の募集はかけていたものの、 一室のみでも収支がプラスになるよう設定していたため、周辺のマンションに比べて家賃が高く、入居者がなかなか集まりませんでした。半年ほどで新しい入居者は決まりましたが、それまで空室だった期間の収入はありません。ローン返済額を自己資金から持ち出すことになり、大きな赤字が出ました。 また周りのマンションよりも高かった家賃を見直し、 家賃を5,000円ほど下げインカムゲインも減り、損失が大きくなってしまいました。

株式マーケットとのこれからの付き合い方

内藤 忍

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院修士課程卒(MBA)。金融機関勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。マネックス・ユニバーシティなどグループ会社の代表取締役を歴任後、株式会社資産デザイン研究所代表取締役就任。著作は40冊を超え、「初めての人のための資産運用ガイド」はシリーズ24万部のベストセラーに。 早稲田大学、明治大学などで、資産運用に関する講座を開講。 毎週金曜日配信の資産デザイン研究所メールは、配信数47,000通を超える人気。ブログ「SHINOBY'株式投資家必見 S WORLD」も毎日更新中。 閉じる

株式マーケットとのこれからの付き合い方

  • 株式マーケットとのこれからの付き合い方
  • グロース株が良いか、バリュー株が良いかは後からしかわからない
  • 個別銘柄で集中投資はリスクが高すぎる
  • 銘柄選択と投資タイミングは考えない方が良い
  • インデックスファンドの積み立てが最も合理的な株式投資法
  • 世界株式インデックスに20年間積立投資するのが勝率の高い株式投資法

金融引き締めが続けば株式マーケットにはマイナス

グロース株が良いか、バリュー株が良いかは後からしかわからない

個別銘柄で集中投資はリスクが高すぎる

銘柄選択と投資タイミングは考えない方が良い

インデックスファンドの積み立てが最も合理的な株式投資法

世界株式インデックスに20年間積立投資するのが勝率の高い株式投資法

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

家計再生のプロ横山光昭の強い投資をする家計のツボ

内藤忍の「お金から自由になる方法」

いま、注目のテーマ

バフェットに学ぶ 高配当株の選び方 株主優待 初心者

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。 株式投資家必見
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

株式投資家必見

【特徴③】配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されます

プチ株 ® で株式をご購入いただいた場合も、お客さまご本人名義の正規の株主となるため、配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されます。また、プチ株 ® を買い足して単元株とすることもできます。

このようにプレミアム積立 ® 株式投資家必見 (プチ株 ® )は手数料無料で手間をかけずに小額から株式投資をスタートできる当社のサービスとなっております。さらに株数が株主優待対象基準株数を超えれば株主優待を受け取ることもできます。
では実際にどのくらいの銘柄が投資対象になりえるのでしょうか?次項でご説明します。

月々3,000円以上積立であれば3,000銘柄以上が対象に

プレミアム積立 ® (プチ株 ® )は500円以上1円単位で株式の積立投資が可能です。しかし、指定した金額が1株の株価を下回っている場合は買付されません。つまり実際には500円以上1円単位かつ1株以上1株単位の買付となります。では積立金額ごとに対象銘柄がどのくらいあるのか見てみましょう。
なお、プレミアム積立 ® (プチ株 ® )では単元株数が1株の銘柄は買付対象となりませんが、下表では2020年6月26日の終値のみで銘柄を絞り込んだため、単元株数が1株の銘柄を除外しておりません。実際の対象銘柄数とは差異が発生することをご了承ください。

株価が500円以下の銘柄だけでも600以上あります。さらに、株価が3,000円以下まで条件を拡大すると実に3,000銘柄以上が対象となります。つまり月々3,000円以上の投資を行うのであれば上場銘柄の8割前後が投資対象になるといえるでしょう。気になっているあの銘柄も3,000円以下の株価であればプレミアム積立 ® (プチ株 ® )での投資が可能になります。
ただし注意いただきたいのが、プレミアム積立 ® (プチ株 ® )は買付当日のストップ高水準で投資金額を判定することです。仮に投資金額を3,000円で設定していた場合、株価が3,000円以下でも当日のストップ高水準が3,000円を超過していた場合には買付が実行されません。ストップ高水準を考慮したうえでの金額設定を念頭に置いていただきたいと思います。

投資は確かに難しい。だから勉強を始めよう!

  • 知識がなさ過ぎて大損するのではないか・・・
  • どのくらいの金額が必要か分からない。
  • どこまで勉強してから始めるの?
  • 経済動向が分かっていないといけないのでは・・・
  • 決算資料が理解でき、業績の推移を把握しなくてはいけないのでは・・・
  • テクニカル分析に精通していないといけないのでは・・・
  • そもそも銘柄が多すぎて何を選んだらよいのか分からない。

もっともな疑問や不安だと思います。しかし、投資初心者の方で経済状況を把握し、決算資料や業績の推移を理解し、テクニカ分析に精通、さらには全ての銘柄を把握している人なんているのでしょうか?ましてや長年の投資家の方でも難しいかもしれません。 はじめはみんな初心者です。投資経験を積みながら、時には失敗をしながら学んでいく人が多いのではないでしょうか。もちろん株式投資に関するリスクや最低限の知識は身に着けたうえで投資をスタートしていただくことが前提ではありますが、いざ、投資をしてみないと分からないことはたくさんあると思います。そして一つ理解すると新たな疑問が湧き、また学んでいくのです。これは自身の資金で投資をしているからこそできることだと思います。最初のきっかけは好きな企業や身近な企業、株主優待などでよいと思います。投資をすることで経済や企業に興味が湧き、学びに繋がり、また投資に生かせるという好循環が生まれるのです。 株式投資家必見
しかし、一度の投資で多額の資金を動かして、一度の失敗が致命傷になるような状況は避けねばなりません。そのためにもまずは少額で少しずつ、コツコツ投資を行うプレミアム積立 ® (プチ株 株式投資家必見 ® )は初心者の方にお勧めしたいと思います。また、プレミアム積立 ® (プチ株 ® )を利用すると価格変動リスクを軽減できる可能性もあります。次項でご説明します。

価格変動を軽減できる?ドルコスト平均法とは

大きく上下を繰り返していることがよくわかるでしょう。株式相場が上昇している時に株式に投資をすれば、利益を得る可能性は高まります。一方で、相場が急落した2007年や2008年の2年間は厳しい結果となった可能性が高いでしょう。しかし、株や債券に限らず、金融商品の価格が一方的に上がり続けることもなければ、逆に下がり続けることもありません。長期的な上昇相場においても、短期で切り取れば波のように上下に動いているものです。そうした短期的な相場の上下に惑わされることなく投資を続けて行くことが、安定した資産運用のコツでもあります。
では、長期で安定的に資産を運用していくには具体的にどう投資に取り組めばいいのでしょうか。そのための代表的な手法として挙げられるのが、「ドルコスト平均法」です。これは、“定期的に”“決まった金額”を“同じ銘柄”(例えば株式や投資信託などのうち1銘柄)に投資することで、購入価格をならして(平準化して)いくというものです。そしてプレミアム積立 ® (プチ株 ® )は正にドルコスト平均法を利用した投資といえます。
では実際、「ドルコスト平均法」の効果がどのようなものかを見てみましょう。下のグラフは投資対象を日経平均株価として、資金100万円を2007年に一括投資した場合と、2007年から毎月1万円ずつ、100ヶ月間積立投資を行った場合の投資成績を比較したものです。

2007年、2008年は大きな下落相場となったこともあり、一括投資の場合は当初投資金額の100万円を回復したのは2014年11月でした。実に7年物歳月を要したのです。一方でドルコスト平均法での積立の場合は着々と運用額が増回していることが分かります。
このように「ドルコスト平均法」を使うと、相場の下げた局面で多くの株数を購入できるうえ、購入単価がならされるため、相場下落による損失拡大のリスクを軽減することができます。
また、ドルコスト平均法では、“定期的に”購入するわけですから、自分の判断で売買のタイミングを計る必要もありません。これも、ドルコスト平均法のメリットの1つです。
一方で上昇相場が継続する際には一括投資の方が大きなリターンが得られる場合もあります。
下のグラフは投資対象を日経平均株価として、資金100万円を2012年に一括投資した場合と、2012年から毎月1万円ずつ、100ヶ月間積立投資を行った場合の投資成績を比較したものです。

前編ではプレミアム積立 ® (プチ株 ® )の概要と投資初心者におすすめの理由、ドルコスト平均法による投資のメリット、デメリットをお伝えしました。後編ではプレミアム積立 ® (プチ株 ® )を続けることによりいずれは株主優待をもらうという投資手法に触れて、参考銘柄を紹介したいと思います。また、リスクを軽減するための銘柄分散についてもご説明いたします。

投資の落とし穴 | 絶対にしてはいけない3つの行動【初心者必見】

生活が今より豊かになったらと考え、自分なりに勉強してまずは低リスクと言われている投資信託を始めてみたBさん。

投資は今回が初めてでどんな商品を買えばいいのか迷い、利用している証券会社の人気ランキングを調べました。

上位に入っているものなら間違いないだろうと思い、新興国投資型の商材を購入。

最初の1年程度は利益が出ていたのですが、その後伸び悩み数年経って繰上償還*になってしまった時には、元本割れになってしまいました。

*繰上償還:市場環境の変化などによって当初の運用が困難になった際に、信託期間(運用期間)の満了日前に返還されること

このような失敗事例が起こる理由は「 証券会社の人気ランキングには、投資家からの人気が高く売れているものだけでなく、証券会社が売りたいと思っている商材の場合もあるから 」です。

このような流行りのある商品は短期的にみると儲かるものの、世間からの注目度が下がったとき、価値も急落してしまう可能性があります。 長期保有向きではないため、長い目で見ていると損をするケースも少なくありません。

「値動きに一喜一憂したくない」「細かな売買をしなくてはいけない投資は面倒」と感じている方には、不動産投資をおすすめします

3.不動産投資の失敗事例

空室リスクを甘く見て区分マンション1室をCさん

税金対策を目的に不動産投資をはじめたCさんは、都内で比較的新しいマンションを購入。家賃10万円、ローン返済額や管理手数料などを合わせて月々の支払い9万円で2年間順調に運用していました。

ところが2年経ったところで入居者が転居。

退去前から新しい入居者の募集はかけていたものの、

一室のみでも収支がプラスになるよう設定していたため、周辺のマンションに比べて家賃が高く、入居者がなかなか集まりませんでした。半年ほどで新しい入居者は決まりましたが、それまで空室だった期間の収入はありません。ローン返済額を自己資金から持ち出すことになり、大きな赤字が出ました。

また周りのマンションよりも高かった家賃を見直し、 家賃を5,000円ほど下げインカムゲインも減り、損失が大きくなってしまいました。

かと言って高額ローンが必要な一棟マンション投資だと初心者の方にはハードルが高くなるため、 区分マンション投資を家賃保証付きで、実績のある管理会社のもとで行う のがおすすめです。

投資初心者は大きな失敗を避けるためにするべきこと

リスクや費用をもれなく洗い出す

株式やFXなどでは相場の大幅な下落、不動産なら空室リスクや住環境の変化、自然災害など考えられる リスクはすべて洗い出しましょう

それらを踏まえて 余裕のある収支計画を立てることで、不測の事態に陥ったときにも対応できます

出口戦略も計画する

株式投資では株を取得した額よりも高く売ること。不動産投資では購入した物件を別の投資家により高く売ることで、 キャピタルゲインを最大化 できます。

また運用で損失を出してしまったときに、 売却益が救いになることもあります

損失を被って市場から退場しないよう、あらかじめ どうなったら損切するのか、不動産を売却するのかルールを決めておく ようにしてください。

まずは小さな投資をはじめてみる

投資には知識やスキルだけでなく 心の余裕も必要 です。

損失を回避したり、投資で成功したい方は、資産価値の上下によって一喜一憂しないように 数千円や数万円から投資を行う訓練をしておきましょう

セミナー等でプロから話を聞く

投資では自分だけの考えや判断に頼るのではなく、 株式投資家必見 経験者などプロの視点で検討することも大切 です。

セミナーや投資の担当者を参考にする際は、必ず経験や実績が豊富な方のアドバイスを聞く ようにしましょう。

【まとめ】投資で失敗しないためにはリスク管理とアドバイザー選びが重要

株式投資や投資信託というのは基本的に「予測不可能な社会問題」が起こることで上下します。だからこそ過去の社会問題ではどんな動きをしたのか、どんな方法でその情報を誰よりも早く入手するかなどの勉強が常に必要になってきます。 初心者が株式や投資信託を行う場合は勉強と運用を日々行わなければならない のです。

一方不動産投資は不動産を取り扱う投資会社との取り組みになるので、ある程度の事は任せられますしもし社会的リスクがあったとしてもアドバイスを受けられるので、 値下がり中に慌てて売ってしまって損をした、というリスクを回避しやすくなります。

グランヴァンでは不動産投資をはじめたい初心者に向けて、マンション経営の賢い戦略についてお伝えするセミナーを開催しています。

知人におすすめしたいNo.1不動産投資会社(*1)が教える「オンラインマンション経営セミナー」

不動産投資CTA_比較検討

不動産投資の成功には、信頼できるパートナーの存在が必要不可欠です。

もしも今「不動産投資をはじめてみたいけど不安だ. 」そうお考えの方がいらっしゃいましたら、グランヴァンが開催する「不動産投資セミナー」へ参加してみませんか?私たちは、お客様のサポートを追求してきた結果2016年に「紹介営業100%達成企業」(※2)となり、2019年から4年連続 「知人におすすめしたい不動産投資会社No.1 」 (※1)に選ばれています。

*1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2022年2月期_サイトイメージ調査 *2「新たにご購入いただく方が、既存のオーナー様・知人の方からの紹介、もしくは知人の方」を紹介営業と定義しています。2016年6月~2019年6月に100%を達成

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる