FX投資

分析方法も解説

分析方法も解説
物質は化学的には原子、分子、イオン等などが数多く集まってできている。これらはいずれも質量を持っているが、これら化学物質をイオンの状態にし、その質量を測定することにより原子量/分子量、分子構造、存在量(濃度)、存在形態などを明らかにするのが質量分析法である。また、質量分析法はfg (10 -15 分析方法も解説 g)レベルあるいはそれ以下の検出が可能な極めて高感度な手法であることや、分子量が100万におよぶタンパク質なども測定可能なため、その有用性は高く、現在最も広く用いられている分析手法の一つである。測定は質量分析計を用いて行うが、質量分析計は試料導入部、イオン化部(イオン源)、質量分離部(アナライザー)、検出部(検出器)、真空排気部(真空ポンプ)、装置制御・データ処理部(データシステム)等からなる。測定時には、導入した試料をイオン源でイオン化し、気相に存在するイオンにする。イオンは、その質量/電荷比(m/z )によって運動性が異なるため、種々の原理を用いてアナライザーでその分離を行い、検出器を用いて検出する。アナライザーおよび検出器は、イオンが他の粒子に衝突し、分離・検出が損なわれないよう、十分な平均自由行程が確保できる真空度に保たれている。質量分析計で用いられるアナライザーの主な種類とその分離の原理を表1に示した。また、最近は複数のアナライザーを用いて質量分析を行うMS/MS 法も主にLC/MS/MS 法などとして広く用いられるようになっている。

KSFとは?KGI・KPIとの違いや分析方法、設定例を紹介

この記事では、「KSFとは何か」「KGIやKPIとの違い」「KSFの設定例」「KSFを抽出するためのフレームワーク5選」などについて解説します。KSFについての理解を深めるうえでご活用ください。


それでは、「KSFとは何か」について解説します。

KSFとは

KSF(Key Success Factor)は「重要成功要因」と訳され、事業を成功させるために必要な要因を指します。

KSFは、市場の動向や競合の参入・撤退などの外部要因と、自社の強みや後述するKGI(最終目標)達成に必要な要素などの内部要因の2つです。
外部環境分析から外部要因を、内部環境分析から内部要因を明確化します。

KSFと似ている用語には、CSF(Critical Success Factor)などがあります。

KSFがなぜ必要か

KSFとKGI・KPIとの関係

KSFと似た言葉に、KGIKPIがあります。
同じようなアルファベットの略称なので区別しづらいですが、事業目標を達成するうえで、KGI・KPI・KSFの各内容と3つの関係を理解することは重要です。

KGIとは

KGIは、抽象的な目標ではなく、具体的な数値での設定が大切です。
たとえば、ECサイトでの売上増加に対するKGIを設定する場合、単なる「売上アップ」ではなく、「半年以内に単月の売上2,000万円を達成」など具体的に設定します。

KPIとは

KPI(Key Performance Indicator)とは「重要業績評価指標」などと訳され、KGI達成に必要となる、各プロセスの目標を数値化した指標を指します。
KPIは、特にWebマーケティング・営業などで用いられるケースが多いです。

KSFとKGI・KPIとの関係

KGI:2ヶ月で3kg減量
KSF:「運動」「食事制限」など
KPI:
・毎日40分ウォーキングする(運動)
・1日1600kcalの摂取に抑える(食事制限) など

KSFの設定例

KSF分析のためのフレームワーク5選

KSFとは?KGI・KPIとの違いや分析方法、設定例を紹介


KSFの抽出・選定においては、フレームワークによる分析が有効です。
ここでは、一般的に用いられることが多いフレームワーク5選を紹介します。

3C分析とは、次の3つの視点をもとにKSFを抽出するフレームワークです。

  • Customer(顧客・市場):顧客層や顧客ニーズなど
  • Competitor(競合):競合他社の現状や市場シェアなど
  • Company(自社):自社の強みや弱み、評価など

3つの頭文字「C」を取って、3C分析と呼ばれています。CustomerとCompetitorは外部要因、Companyは内部要因です。

まず、Customer(顧客・市場)分析を行い、どのような人が顧客ターゲットなのか、顧客ニーズにはどのようなものがあるのかといった、顧客層・顧客ニーズ、市場動向・環境などの現状や変化を把握します。
この分析で、KBF(購買決定要因)の抽出が可能です。

次に、Competitor(競合)分析を行い、競合他社の現状や市場シェア、強みや弱み、受けている評価、顧客ニーズへの動向などを把握します。

その後、Company(自社)分析を行って、自社の強みや弱み、どのような評価を受けているかなど、現状の把握と競合との比較を行います。

5F(Five Forces)分析とは、次の5つの視点をもとにKSFを抽出するフレームワークです。

  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 売り手の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 競合他社との敵対関係

新規参入・代替品の脅威は外部要因、それ以外は内部要因です。

外部要因として、新規参入の脅威には、法改正や規制整備、技術革新、経済成長率の低下など、新規参入するうえでの脅威が挙げられます。
代替品の脅威として挙げられるのは、代替品になり得る商品やその価格、提供価値などです。

内部要因として、売り手の交渉力には企業数や力関係といったサプライヤーの現状など、買い手の交渉力には販売業者数などの、各交渉力の強化により利益低下につながる脅威が挙げられます。
競合他社との敵対関係として挙げられるのは、競合や業界の現状など、競争関係の激化につながる要素です。

5F分析によって、業界における現状の明確化や、自社の「機会」と「脅威」の分析ができ、業界における差別化を保てる地位獲得のためのKSFを抽出します。

SWOT分析

  • Strength(強み)
  • Weakness(弱み)
  • Opportunity(機会)
  • Threat(脅威)

SWOT分析とは?

4つの頭文字「S・W・O・T」を取って、SWOT分析と呼ばれています。StrengthとWeaknessは内部要因、OpportunityとThreatは外部要因です。

まず、外部要因のうち、自社にとってプラスとなるOpportunity(機会)、マイナスとなるThreat(脅威)を分析します。
機会や脅威として挙げられるのは、技術革新による変化や経済情勢、ビジネスチャンスまたは危険要素になり得る環境変化や、競合の参入や撤退といった動向、顧客層やニーズの変化などです。

次に、内部要因のうち、自社にとってプラスとなるStrength(強み)、マイナスとなるWeakness(弱み)を分析します。
強みや弱みとして挙げられるのは、商品・サービス力、技術力や運用経験、情報のアピール方法、競合と比較した強みや弱みなどです。

PEST分析

PEST分析とは、次の4つの視点をもとにKSFを抽出するフレームワークです。

  • Politics(政治的要因)
  • Economy(経済的要因)
  • Society(社会的要因)
  • Technology(技術的要因)

4つの頭文字「P・E・S・T」を取って、PEST分析と呼ばれています。すべて外部要因です

Politics(政治的要因)では、法律や条例、税制や政権交代などの政治的要因が、自社にどのような影響を与えるかを分析します。
想定される例としては、薬事法や派遣法の改正など、業種によってはダイレクトに影響を受ける法改正においては、市場の勢力図が変わるタイミングでもあるため、早めの対応が必要などの分析結果です。

同様に、経済成長や株価・金利などのEconomy(経済的要因)、社会構造や消費行動などのSociety(社会的要因)、イノベーションや特許などのTechnology(技術的要因)を分析し、自社への影響を把握したうえでKSFの抽出につなげます。

バリュー・チェーン

バリュー・チェーンとは、企業の活動を、製造やサービスなどの「主活動」と、人事労務や技術開発などの「支援活動」に分け、どのプロセスでどのくらい「付加価値」が生じているかを明確化するフレームワークで、内部要因の分析に用いられます

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる