FX初心者向け

オプション取引 理解度診断

オプション取引 理解度診断

オプション取引 理解度診断

バイナリーオプションは時間帯でラダー制とレンジ制を使い分ける

バイナリーオプションでは「ラダー制」「レンジ制」の2つの取引方法があり、それぞれの取引方法で向いている為替の状況が異なるからです。

バイナリーオプション、トレンド相場ではラダー制が向いている

【ラダー制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、指定したレートよりも高いか低いかを予測する取引です。

高いか低いかを予測するため、値動きのある相場が向いています。

バイナリーオプション、値動きが少ないときはレンジ制が向いている

【レンジ制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、目標レンジの内になるか外になるかを予測する取引です。

そのため、値動きの安定している相場の方が予測しやすくなります。

ラダー制はトレンド相場の時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯

・日本時間 9時~10時
・日本時間 17時~19時
(サマータイムは16時~18時)
・日本時間 22時~翌1時(サマータイムは21時~翌0時)

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯(夏時間)

ラダー制は値動きのある方が予測しやすいため、トレンドの発生する時間帯が向いています。

レンジ制は値動きが無い時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、レンジ取引に向いてる時間帯

【レンジ制に向いている時間】
・日本時間 11時~15時
(サマータイムの影響は受けない)

先ほどのラダー制とは反対に、 レンジ制は 為替相場の安定度を予測する取引であるため、 値動きの落ち着く時間帯が向いています。

各市場がオープンしてしばらくすると、値動きは落ち着く傾向にあるので、その時間を狙いましょう。

勝ちやすい時間帯と為替市場の関係

為替で勝ちやすい時間帯と市場の関係

3つの為替市場は値動きが大きくなる

中でも三大市場と呼ばれている、東京、ロンドン、ニューヨークの市場が注目すべき市場です。

通貨ペア別為替取引量シェアの推移

上記表を見てもらうと、 上位3つの通貨ペアが世界の取引量の46.8%を占めている のがわかります。三大市場はこれらの通貨発行国(地域)にあたります。

東京市場(アジア地域)

東京為替市場は午前9時頃から活発になってきます

9時から9時55分までは、仲値に合わせて取引量も増えて、米ドル/円の値動きが活発になってくるのです。 オプション取引 理解度診断

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが活発となる日本時間 9時~10時

【レンジ取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが落ち着く日本時間 11時~15時

ロンドン市場(ヨーロッパ地域)

ロンドン市場が開く17時からは取引参加者が増えるめ、値動きが活発になります。

19時頃になると欧州では昼休みに入るため、値動きは一旦落ち着つく傾向にあります。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・ユーロ/米ドルとポンド/米ドルの値動きが活発となる日本時間 17時~19時

ニューヨーク市場

「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」をはじめとした、米ドルを含んだ通貨ペアの取引が活発になる時間です。

特にロンドン市場と、ニューヨーク市場が重なる 日本時間22時~翌午前1時は、取引が最も活発になるトレンドの発生しやすい時間帯です。

日本時間22時〜24時:各種経済指標
ニューヨークの午前中には経済指標の発表が控えています。雇用統計など影響の大きい発表は相場を大きく動かします。

日本時間0時:ニューヨークオプションカット
通貨オプションの権利行使の期限時刻となっており、この時間の前後に為替相場が変動します。

日本時間1時:ロンドンフィックス(ロンドン市場の仲値)
実需要だけでなく、機関投資家の多くがこの時間を利確の目安しているため値動きが活発となります。
ロンドンフィックスの後は、東京の仲値後と同様に値動きは落ち着つく傾向にあります。

よくわかるFPシリーズ 2022-2023年版 合格テキスト FP技能士1級 3 金融資産運用

★2023年5月試験まで対応★
「サラっとよめてじっくりわかる」がテーマの、合格に必要な知識をすべて盛り込んだテキストです。
「苦手」をなくして「わかる!」を増やす、1級基本書の決定版です!

≪本書の特徴≫
●学ぶべき事項を確実にピックアップし、わかりやすく解説!
広大な1級FP技能士試験の試験範囲の中から、長年の試験傾向分析の蓄積を反映し、出題可能性の高いものを選択!
複雑な1級知識を極限までわかりやすく解説!
それぞれの論点について、「きちんとわかる」をコンセプトに、理解できるよう易しく解説した1級対策基本書です。

●重要論点や出題傾向の把握も容易!
各章の冒頭には、これから学ぶ論点の全体像を、出題傾向とともに示しました。
章扉に過去6回分の出題状況を掲載。
出題されたテーマには☆印がついているので、出題傾向を確認しながらメリハリのある学習を進めていけます。
論点の概要や重要度を把握してから学習に入れるので、学びやすさも抜群!

●豊富な図解等でサラっと読める!
各項目はコンパクトにまとめました。
図表や資料を多用し、また、重要な公式は色つきのアミかけで強調するなど、視覚的にスムーズに理解できるようになっています。
さらに末尾には「POINT!」として、覚えるべき事柄を入れているので、 ゴールを見据えながら学習を進められます。

●チェックテストで理解度を確認!
章末には、チェックテストが入っているから、インプットした内容をすぐに確認することができます。
知識の定着に最適です!

【旧版からの主な改正点等】
経済指標、投資信託の分類、証券取引所、株式市場等の指標、貸借対照表を使った安全性分析
金融サービス提供法、個人情報保護法
出題状況情報の更新
など

☆お得なセット販売(15%OFF)もございます☆
【2022-2023年版 FP技能士1級 よくわかるFPシリーズ 基礎学習セット】
くわしくは「セット販売(15%OFF)」をチェック!
※「2022-2023年版 基礎学習セット」は5/31(火)AM9:31よりご注文受付開始予定です。今しばらくお待ちください。

はじめに
本書の特長・利用方法
FP技能士・1級試験のしくみ

第1章 マーケット環境の理解
1 短期金融市場
2 経済指標
3 金融政策
チェックテスト

第2章 投資信託
1 投資信託の分類・費用
2 主要な投資信託
3 投資信託のディスクロージャー・評価
4 投資信託の個別元本方式
チェックテスト

第3章 債券投資
1 債券の仕組みと特徴
2 オプション取引 理解度診断 債券の売買
3 債券の種類
4 債券のリスク
5 債券の利回り計算
6 転換社債
7 EB債(他社株転換可能債)
チェックテスト

第4章 株式投資
1 株式の仕組みと特徴
2 信用取引
3 株式市場等の指標
4 オプション取引 理解度診断 株式の投資指標
チェックテスト

第5章 外貨建商品
1 外国為替市場
2 外貨建商品
3 利回り計算
チェックテスト

第6章 金融派生商品 オプション取引 理解度診断
1 デリバティブ取引
2 先物取引 オプション取引 理解度診断
3 オプション取引
4 スワップ取引
チェックテスト

第7章 その他の金融商品
1 信託商品
2 金投資
3 純金積立
チェックテスト

第8章 ポートフォリオ運用
1 ポートフォリオ理論
2 資本市場理論
3 パフォーマンス評価
チェックテスト

第9章 金融商品と税金
1 株式の課税関係
2 債券の課税関係
3 投資信託の課税関係
4 外貨建金融商品の課税関係
チェックテスト

第10章 セーフティネット
1 預金保険制度
2 その他のセーフティネット
チェックテスト

第11章 関連法規
1 金融商品取引法
2 金融サービス提供法
3 消費者契約法
4 個人情報保護法
5 犯罪収益移転防止法
6 預貯金者保護法
7 金融ADR制度
チェックテスト

宅地建物取引士
(宅建士)

日建学院なら!

全国の4倍! 高い合格率

平成27~29年度 直近3年間、合格者の約10人に1人は日建学院生でした!

宅建合格率 全国 15.4% 日建学院 64.0%

高い合格率を支える4つのポイント

オプション取引 理解度診断 無理なく続く週間学習サイクル

自宅での予習→通学での映像講義、理解度確認の小テスト→自宅での復習。
このサイクルを一週間の習慣にすることが、合格への一番の近道です。
でも、仕事の都合などで講義に行けない時もあるもの。そんな時も、日建学院なら安心。
欠席した映像講義を個別学習ブースで受講できるから、遅れた分を取り戻すことも簡単です。

不安を自信に変える熱いサポート

「仕事が忙しくて…」「成績が思うように上がらない…」など、学習には不安がつきものです。
日建学院は、このようなひとり一人の不安に、きめ細かく寄り添い、多くの合格者を輩出してきました。
日建学院は、決してあなたを一人にしません。

最強の講師陣&最高の映像講義

出題率の高いテキスト&過去問題集

日建学院のテキスト・過去問題集・宿題は、試験内容を熟知したスタッフが、
蓄積された膨大なノウハウをベースとして、最新の情報を取り入れながら制作しています。
「合格するために」必要な知識を効率良く身につけられる実践対応型の教材です。

不公正取引について

このような取引は、脱税やマネー・ロンダリングといった行為の温床となる可能性があることや、相場操縦といった不公正取引に利用される可能性があり、法令諸規則等により委託及び受託を禁止されています。
また、当社ではネット証券という事情を勘案して、お客さまの口座番号及びパスワードはご本人様で厳格に管理いただくことをお願いするとともに、ご本人様以外の方のご使用をお断りさせていただきます。
なお当社では、口座名義人以外の方が取引を行っている疑いがある場合には、犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づき、電話によるお客さまへの確認を実施させていただいております。

仮名取引のおそれがある事例

  1. 架空の名義で口座を開設し、取引をしているようなケース。
  2. 他人の名義を勝手に利用して口座を開設し、取引をしているようなケース。

借名取引のおそれがある事例

  1. 家族や友人から取引をすべて一任されているようなケース(口座の名義人の方が投資判断を行っていないケース)
  2. 数人のお客さまで一つの口座を利用して取引をしているようなケース。

4.空売り規制

空売り(信用新規売建て注文)においては、2013年11月5日、金融商品取引法施行令の一部改正により、価格規制適用銘柄(トリガー抵触銘柄) ※1 に対し、原則として直近公表価格以下の価格での発注が禁止(※2)されております(空売りの価格規制)。
個人投資家が行う信用新規売建て注文については、1回あたりの数量が売買単位の50単元以内の注文は同規制の対象外となります。ただし、50単元以内の注文を複数発注し、結果として発注数量が50単元を超えた場合(複数の証券会社および資金の所有者が実質同一人である場合の家族口座や法人口座等を利用したものも含む)は、一口の注文とみなされ空売りの価格規制の対象となります。

  • ※ 50単元以下に分割した注文については、当社規制ルールに基づいて、分割発注における50単元を越える注文は、その前の注文が約定されるまで注文を受付けませんでしたが、規制改正に基づき、価格規制適用銘柄(トリガー抵触銘柄) ※1 に対して規制するルールに変更いたします。
  • ※ 価格規制適用銘柄(トリガー抵触銘柄)につきましては、以下にてご確認ください。

当社では、取引時間中のお客さまの取引を全て売買監視対象として、空売り審査をおこなっており、一定時間おきに50単元以内に分割した数量を繰り返し発注した場合などは、価格規制を潜脱する目的をもった意図的な分割発注とみなし同規制の対象となりますので、十分にご注意ください。
50単元を超える信用新規売建て注文は、「価格規制ありの空売り」として金融商品取引所で空売りの価格チェックが行われ、価格規制に該当した注文はエラーとなり失効するため、空売り価格の判定が極めて容易に可能です。そのため、50単元超の信用新規売建て注文を発注する場合は、一度に発注して頂きますようお願いいたします。なお、50単元超の信用新規売建て注文が、数量削減訂正や一部約定により50単元以下となった場合も、継続して「価格規制ありの空売り」として取り扱わせて頂きます。
また、当社では50単元超の信用新規売建て注文について、成行注文ならびに執行条件に成行を含む注文は受付けておりません。あらかじめご了承頂きますようお願いいたします。

有料価格情報
配信サービス

•条件・・・個人顧客で閲覧しているサービスがレベル1※であり、かつその取引所で1ヶ月間の取引回数が4回以上であること取引所によっては上級サービスとしてレベル2を設けています。
オーストラリア証券取引所のみ1ヶ月間の取引回数が6回以上でかつ利用サービスがレベル2であることが条件になります。
•内容・・・課金されたすべての料金をキャッシュバック
•ご注意・・・キャッシュバックの判定は、毎月行いますが支払いは四半期ごとになります。

東京証券取引所

東京証券取引所への有料価格情報配信サービス申し込みについて

1.取引所のリストより「Tokyo Stock Exchange」項目の「購読」をクリックしてください。
レベル1/レベル2からご希望のサービスをご選択ください。その際は、必ず料金をご確認ください。

  • レベル1: 取引所の最良気配(買値・売値)、チャート、現在値などのリアルタイム市場データにアクセスできます。
  • レベル2: レベル1で閲覧できるデータの他、板情報(上下それぞれ5、合計10)の買値・売値のリアルタイム情報にアクセスできます。

Subscription-Tokyo-Stock-Exchange

2.開始時期の選択
東京証券取引所の申し込みページが開きます。画面上部より、有料価格情報配信の開始時期を選び、チェックを入れてください。
※「すぐに開始」を選択した場合、月中/月末であってもその月の全額分の課金となります。

Subscription-Tokyo-Stock-Exchange

3.申込者情報の記入
それぞれ日本語もしくは英語でご記入ください。
※青枠部の記入は不要です。

Subscription-Tokyo-Stock-Exchange

    オプション取引 理解度診断
  • Subscriber's Occupation (職業)
    例: homemaker(主婦), Business Person(会社員),Self-employment(自営業),Civil Servant(公務員)、Unemployment(無職)等
  • Subscriber's Name of Employer(s)(勤務先会社名)
  • Subscriber's Address of Employer(s)(勤務先住所)
  • Subscriber's Title(s) and/or Position(s)(役職)
    例: Owner(オーナー)、Executive(役員)、Manager(部長/課長)、General office employee.(一般社員)等
  • Subscriber's employment functions (description)(職務詳細)
    例:Sales(営業)、Back Office(管理)、HR(人事)、N/A(無職)など

4.投資家区分の選択
一般投資家、プロ投資家から該当するものを選択し、チェックを入れます。

Subscription-Tokyo-Stock-Exchange

該当するお客様:
個人のお客様もしくは、資本金が100万円かそれ以下であって、かつ本サービスを投資助言サービスに使用しない非上場会社、、あるいは定款に以下の内容が、法人の業務活動として含まれない会社。

  • 証券取引業務
  • 証券業における販売や投資
  • 金融取引
  • 投資顧問業
  • 情報発信行(市場データの配布)
  • 財務調査及び研究業

Subscription-Tokyo-Stock-Exchange

該当するお客様:
上記一般投資家の区分以外の方
※詳細は当社までご相談ください。

5.条項への承諾
申し込みページ内の各条項をご一読いただき、同意いただける場合「I AGREE」(承諾する)にチェックを入れてください。「購読」をクリックすると申し込みは完了します。

数々の受賞歴を誇る

複数デバイスからシームレスに取引可能
SaxoTraderGOを利用して、Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォンからすべての資産クラスにすばやく安全にアクセスしましょう。

パワフルな取引ツール
50を超えるインジケーターやオートチャーティティストを搭載。複数のデバイスをシームレスに切り替えることができ、ユーザー設定や環境設定が引き継がれるため、いつでも中断したところからトレードを再開できます。

多彩な商品を1つの取引ツールで取引可能
FXの全取扱通貨ペア150以上はもちろんのこと、指数・外国株式・商品・ETFなど8,000銘柄以上のCFDなど多彩な商品を取引可能です。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower オプション取引 理解度診断 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー オプション取引 理解度診断 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: オプション取引 理解度診断 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる